先日、インスタグラムにサーモンのオーブン焼き・メープルシロップ醤油汁漬けを夕食にした時の写真をあげました。

すると、嬉しいことに、「メープルシロップ醤油汁に漬けてオーブン焼き!なるほど!やってみます😋」とコメントをいただきました。

また、別の方からも、英会話番組でメープルシロップのことを耳にしたお子さんにおねだりをされて、ちょうど、初めてメープルシロップ買って、ホットミルクやチーズにかけて食べていたところに、私が魚料理に使っていることを読んで、「グリルでやってみようかな」と。

カナダの産物として知られるメープルシロップ、その昔、移住するずーっと前に旅行でカナダに来た時に、お土産を何にするか迷っては、メープルシロップは日本人に馴染みがないし、重たいし…

そう考えて、メープルシロップ風味のクリーム入りクッキーなどをお土産にしたものでした。

が、いつの頃からかパンケーキが日本でも流行ったり、「カルディ」や「成城石井」などの輸入食品店などが増えたこともあってか、さらには英会話番組にまで出てくるとは、メープルシロップの地名度は広がっているのかな?

とは言っても、せっかく買ったのにも関わらず、「なかなか消費できない」なんて感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんなわけで、今日は、メープルシロップのおすすめな食べ方を写真と共にいくつかご紹介します。

その後に、「メープルシロップ」と「マクロビ」と「コロナパンデミック」が繋がる小話・裏話も書いていますので、そちらもよろしければご一読ください。

メープルシロップのオススメな食べ方

1 定番の食べ方はやっぱりパンケーキ:休日のブランチに


Photo by Kobby Mendez on Unsplash

 

2 ヨーグルトにかけて:フルーツをトッピングしてデザート代わりに(小腹が空いた時にも◎)


 

3 魚肉料理に:醤油と意外にも相性が良いメープルシロップ。醤油とメープルシロップの組み合わせは、ご飯にも合います。

ちなみに↓写真にあるのが、冒頭で触れたサーモンのオーブン焼き、メープルシロップ醤油汁漬け。ご飯はバスマティライスにターメリックで色付けしてみました。


 

4 グラノーラを作る時に:ホームメイドのグラノーラ食べたことありますか?市販のとは比べ物にならないくらい美味しくできるんです(レシピはこちらからどうぞ)。

メープルシロップは、ハチミツより粘り気が少ないため混ぜやすく扱いやすいですが、スナックのようにかたまりをつまんで食べるにはハチミツの方が適しています。


 

5 ナッツのスナックを作る時に:アーモンドやウォルナッツを、メープルシロップと他の材料とを混ぜてローストすると軽いスナックが作れます。


 

6 コーヒーに入れて。メープルシロップ風味に甘いコーヒーが楽しめます。


 

 

メープルシロップが、マクロビで推奨される理由とコロナパンデミックの関係

 


 

そもそも、メープルシロップがどのように作られるかご存知ですか?

産地のカナダでは、例年3月〜4月上旬頃、「シュガーブッシュ」と呼ばれるメープルシロップになるサップが取れる森林で、メープルシロップの製造過程が見られる場所があります。

メープルの木に蛇口のようなものとバケツが取り付けられてサップが取り出されるのですが、取れたサップは大きな鍋でグツグツ煮て、ライト、アンバー、ダークと主に3種類のフレーバーが作られます。

場所によっては、採取から煮詰めている様子などを見学した後に、パンケーキとソーセージと一緒に味見ができるレストランが併設されているところもあったり。

私は、その昔カナダで語学学校に通っていた時に、学校のアクティビティで行ったことがありますが、蛇口とバケツが取り付けられている様子は、どこか愛らしく、見たことがなかった製造過程も、興味深く観察したことが思い出されます。

そんなメープルシロップを私が料理などに積極的に使うようになったきっかけが、母の病気を機にマクロビを知って興味を持ち始めてからでした。

マクロビとは↓↓↓

------(ウィキペディアより)------

マクロビオティックの特徴

玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。

おおむね以下のような食事法を共通の特徴とする。
  • 玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などを主食とする。
  • 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
  • なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。
  • 砂糖を使用しない。甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。
  • 鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布や椎茸を用いる。
  • なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
  • 肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
  • 厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。
  • 皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
  • 食品のアクも取り除かない。
  • コーヒーは身体を冷やすので避ける。
  • 「一物全体」「身土不二」「陰陽調和」の、三大理念を柱に持つ。
------------------

要約すると、食べ物には陰陽があって、体を冷やすもの(陰)、体を温めるもの(陽)に分類して陰陽のバランスをとるという思想。

ざっくり言って、菜食主義。そこには、オーガニックとか、ノーミート とか、ローカルとか、ホールフーズなどと言った「健康ブーム」に関わる言葉がいっぱい付随して出て来ます。

上記の太字・下線にしたところを見てもらうと、マクロビでは、砂糖の使用はしないとあって、代わりにメープルシロップなどの甘味料を使うように推奨されていますよね。

この砂糖を使用しないという思想は、今や、マクロビ食をしていない人の間でも、健康意識が高い人もそうでない人の間でも、ある意味一般常識化しているでしょうか。

砂糖(白砂糖)はダメとか、癌の原因になるとかっていう情報が、いつの間にか行き渡った印象すらあります。

マクロビに興味を持っていたのはかれこれ5年くらい前、私はすでにカナダに住んでいたので、メープルシロップは入手しやすいから、当時は、それで代用すれば良いのねって感じでしたが、陰陽論という東洋思想が根本にあるマクロビが勧める甘味料が、なぜか西洋なメープルシロップ。

ふと、考えてみると、違和感というか、何でだろう?と疑問を抱きました。

砂糖はダメでもメープルシロップは良い。同じ甘味料なのにどう違うのか?

そんな疑問を正当化させるかのように、ダメな砂糖の定義はいつの間にか精製された白砂糖のことをさすようになった感が否めませんが、当時は、なるほど「白砂糖として精製された砂糖が体に悪いのね」と言葉通りに解釈しては、それ以上突っ込んで考えることも調べることもしませんでした。

ですが、日本に帰国した時にお店で見たメープルシロップの値段が、カナダのものとさほど変わらなかったので、そこでもなぜだろう?とちょっと疑問に思ったのを覚えています。

普通なら、現地(ローカル)の産物はその土地で安く買えるはずのもの???メープルシロップで言えば、カナダの産物なのでカナダで買う方が安いはず?

そんな疑問に対する答えを「Raptブログ」の下記の記事で見つけました。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

私の母が血液の癌(白血病)であると言われて、抗がん剤治療を何度もやって他界した後、数年経ってから目に入ってきたこの衝撃的なタイトル、読まずにはいられませんでした。

母が入院中にも色々な人の体験談やいわゆる専門家と言われる人たちや病院のウェブサイトなどそれはそれはたくさん読みました。

福島原発事故があってから2年経つか経たないかのタイミングで母が入院したこともあって、放射能のせいなのか?と原発関連の本も読んだりしました。

で、どれを読んでも、しっくりこなかった…

その理由が分かったのも、上記の記事でした。

どこのウェブサイトやブログにも出てこなかった、現代社会におけるそれこそ癌のような存在の「大本教」という悪魔教団体とその教祖「出口王仁三郎」。

「砂糖がダメ」という話も然り、結局のところ、大本教・出口王仁三郎の弟子だった「岡田茂吉」が出所だった、ということを「Raptブログ」で知って、やっとしっくりきました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

で、この「岡田茂吉」が、砂糖はダメでもメープルシロップなら良いと言っていたその意図は、もちろん人々の健康のためを思って言っているのではなく、上級国民の利権のため…

余談ですが、

メープルシロップが強盗にあったという話が、Netflix(ネットフリックス)の番組「Dirty Money」で見られます。

カナダ最大のメープルシロップ強盗事件。大量のメープルシロップが、2011年、2012年の数ヶ月にかけて盗まれたと言う話。

その量は、3,000トンに及んだとかで、被害額は$18.7 million dollars(日本円にして約15千万円ほど)。10,000桶ほどのメープルシロップが、誰にも気づかれずに盗まれたと言う実話だそうです。

普通の庶民にそんな大量なメープルシロップを盗むことなど到底できないでしょうから、おそらく上級国民たちの利権争いに関わったマフィアが逮捕されたというオチではないかと思われます。

現にカナダは、イギリス連邦国の一つなので、日本の天皇のような象徴的な感じでエリザベス女王の存在があるところ。

そんな彼女が、前ローマ法王とカナダの前首相であるスティーブン・ハーパーと共に有罪判決が下されたのは、メープルシロップ強盗事件の翌年のこと。

〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

ここに何かしら上級国民の争いが関係しているのかもしれませんが…

話を戻して、、、

大本教のようなカルト思想は、嘘も本当も混ぜこぜにして話をするのが特徴で、その内容がただ複雑だったり、この砂糖の話に見られるような矛盾があったりします。

さらに、今世間を騒がせているコロナパンデミックもなんと「大本教」「出口王仁三郎」の計画的犯行だったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

健康ブームや環境ブームの詐欺もかなり問題ですが、存在しないコロナウィルスの恐怖を煽るマスコミ報道を考えると、もう、開いた口が塞がりません。

最近ツイッターで日本の小学校の様子(フェースマスクなどつけさせられている子供達)を見ては、本当に胸が痛みます。

なんと彼らは、コロナで騒動を引き起こして、人々から土地を略奪してそこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしているのだそうです。

で、福島原発事故もその一件、人工地震を起こして、放射能で恐怖を煽って人々を避難させると言う名目上追い出しては、すでにスマートシティ化は進んでいるようです。


感の良い人はお気づきになられたかと思いますが、例によって、原発も放射能も存在していませんでした。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

ここまでに紹介しただけでも、癌という病気は存在しないは、原発も放射能も存在しないは、そして今回のコロナウィルス…

どこまでも、大本教のカルト宗教思想が元にある社会の中で、彼らが作り上げた嘘まみれの常識の中で、私たちは生活してきたのです。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

メープルシロップの話から、マクロビ、大本教、コロナパンデミックの話へと繋がってしまいましたが、これを知っておくのと知らないのでは、今後の人生の選択に大きな影響(それも悪い方に)を与えます。

万が一、ガン宣告などをされようものなら、何も知らなければマスコミが普段から言ってきたように、高額な医療費を払って抗がん剤治療を受けたり、手術をしたり、放射線治療をしたりするでしょう。

もしくは、ネットで情報を集めると、自然療法という一見聞こえの良い治療法を選んだりするかもしれません。

どちらにしても、私たち庶民にとっては自分の命と引き換えに、彼らのビジネスおよび上級国民たち内部の利権争いに加担することになりかねません。

それとも、「癌という病気は存在しない」ことを知って、無駄に恐怖感を煽られることなく人生を選択して行くか。

福島原発事故の時にあったように、他の土地に移動したり、海外移住までしては、まんまと彼らが土地略奪しやすいように行動してしまうことにもなりかねません。

ヴィーガンやマクロビなどの思想にしても、大事なのはその思想を学ぶことではありませんでした。

むしろ、それらがカルト思想から来ていることを知って、無駄に彼らの利権争いに利用されないようにしたり、彼らに勧められる健康法なり、そこから派生する健康食品やサプリなどのビジネスに無駄に時間やお金をつぎ込むのではなく、社会の仕組みを知ることが重要ではないでしょうか。

誰しも、健康的な食生活には関心があると思いますが、ヴィーガンやマクロビなどの菜食主義の元にある思想は、決して健康に良いものとは言い難いものでした。

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

結局のところ、嘘で作られた常識から抜け出して、複雑化した情報を善と悪に見極める力をつけて、いかにシンプルにかつ論理的に物事を考えることができるかが、健康的な生活への鍵ではないでしょうか。

まずは、常識とされてきたことを疑ってみることが必要かもしれませんね。