Category: BLOG (page 1 of 2)

ただほど怖いものはない⁈カナダのフリーヘルスケア制度と中国共産 (創価)化の関係

 

カナダに移民する道を選んだ私。

いちばんの理由はなんだったろうか?と考えてみると、日本での仕事ばかりの生活に疲れて、逃げ出すように来てしまった…

そんな計画性のない無茶な理由で移民を目指す人は、どれだけいるかは不明ですが、カナダに移民してくる人の多くは、「フリーヘルスケア」を目当てに来ていると言われています。

そう、一部の薬代などを除いて、病院代が無料なのです。

ともすると、その昔知り合いだった人も言ってたように、病院代がただなんだから、大したことなくても子供を病院に連れて行かなきゃ損らしいそうです。

私は、昔から病院嫌い。

大人になってから花粉症に悩まされて、皮膚に塗るかゆみ止めをもらうために皮膚科に行ったり、仕事でストレスが溜まっていた時に食べた物に当たって、当時住んでいたところの近所の町医者に行ったくらい。

歯医者と眼医者は必要に応じて行っていたので、カナダのフリーヘルスケア制度でカバーされないのは残念ですが。

タダだからか、こちらの病院で特に緊急病棟はいつも激混みで、数時間以上待たされるのはザラのようです。

が、今年は、コロナ騒動が起きてから、いつも混んでいる病院も、いっ時はガラガラだったようで…

コロナに感染するのを恐れて病院に行くのを避けているか?

それとも、無駄に病院に通ってコロナ感染者扱いを受けたくないからか?

ロックダウンなどが行われていた頃、オンタリオ州にある病院Markham Stouffville Hospitalでは、コロナ(COVID-19)感染患者の呼吸器が取れたことを祝って、集中治療室で働く医者や看護師たちが、ダンスを踊っている様子を映した動画がSNSで出回っていました。


テレビやネット上でコロナの恐怖を煽っている割には、この映像からその危機感は全く伝わってきませんね。

中国・武漢で始まったと言われているコロナパンデミックは、アメリカのトランプ大統領にも「チャイナウィルス」などと呼ばれていますが、なんと、創価学会が引き起こした茶番劇であることがラプト理論で明らかになりました。

厳密に言えば、大本教・出口王仁三郎のコロナ計画を、今の時代に実行したのが創価学会ということです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

池田大作は、元々は、大本教分派の生長の家の信者だったそうで、なんと中国人でした。

なぜ政府やマスコミは、このようにコロナ禍を捏造したのでしょうか?

その主な理由は上記動画にあるように、企業や土地の強奪をして、コンピューター管理のスマートシティの建設がありました。

スマートシティ建設は、原発事故のあった福島ではすでに開発が進んでいるようです。

あれ、原発や放射能って危ないんじゃなかった?って感じですよね?

そう、コロナ茶番と似たようなことが、原発でも行われていたんです。ただの風邪のコロナや、存在しない原発・放射能で恐怖を煽って人々を追い出しては、安く土地やビジネスを買い上げてきたのです。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

そのほかには、ワクチン接種の強制や、李家などユダヤ人の移民があります。

【麻生太郎と安倍晋三はユダヤの末裔!!】水面下で進むユダヤ人日本移住計画

「チャイナウィルス」の背後にはまさしく中国人=李家(イルミナティ13血流の一つ)の存在があったのです。

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

カナダや世界のあちこちに中国人移民が増えている理由にも、繋がってくると言えます。

李家の安倍晋三も、辞任後はカナダかドバイに行きたいなどと言っていましたが、それもこのユダヤ人つながりのコネがあったからでしょうね。

カナダが中国・共産国のようだと感じている人がいるのも、納得です。

創価学会の存在は、世界は192カ国以上と言われ、カナダにもトロントにあるナショナルオフィスを始め、主要都市にはその活動拠点があります。

創価学会は、仏教がベースにありますが、仏教もヒンドゥー教も共に「サナト・クマーラ」という悪魔を拝んでいます。

池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

ちなみに「サナト・クマーラ」の仏教名は、「梵天」。ヒンドゥー教の釈迦も悪魔崇拝者でした。

やはり「釈迦」は紛れもない悪魔崇拝者でした。その確固たる証拠をお見せします。

カナダのトルドー首相が、親中家として知られているのも、悪魔崇拝つながりでしょう。

現に彼の母はフラワーチルドレン(ヒッピー)でした。ヒッピーと言えば、平和を求めるとしながらやっていることは、フェミニズム運動やら、ドラッグで覚醒やら、フリーセックスなど。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

フェミニズムのトルドーが、首相になる前に掲げていた項目でもっとも注目を浴びたのが「大麻の合法化」。2018年10月に大麻が合法化されました。

また、トルドー首相は、「LGBT」のプライドパレードにも積極的に参加するほど、その思想を応援。

悪魔崇拝思想がこのようにして、見事に繋がってしまいます。そしてその創価思想が、ゆとり教育へと繋がっていったのでしょう。

ゆとり教育が浸透しているカナダ。中国共産化していると言われるカナダ。共に、カナダでの創価学会(=李家)の力が強くなっていることを表していると言えそうです。

RAPT×読者対談〈第109弾〉カナダは次の秦氏=ロスチャイルドの拠点となる。

コロナ騒動で、世界征服を目論む悪魔教・創価学会。

悪魔を拝んでいるからこそ、私たちの想像を絶する悪の数々を起こすことができるんでしょう。

そんな悪魔を拝む人々が世界の政治やマスコミを操っているのですから、カナダのフリーヘルスケア制度もかなり微妙ですね。

「ただほど怖いものはない」とは、よく言ったものです。

#カナダ移民 #カナダ移住 #カナダ留学 #ヘルスケア #コロナの影響 #ただほど怖いものはない # #theway #oneway #blusky #wildflowers #countrysidephotography

女の幸せとは〜与えられた個性才能を知って、開花させること。

 

所々、紅葉が見られるようになりました。

季節の変わり目に加えて、時代の変わり目を感じる頃。

今まで常識とされてきた物事が覆される、変化の時が訪れています。

従来の社会の常識に従って、引かれたレールを歩んできた人生から、個々に与えられた個性や才能を生かして、実力をつける人生を歩む時代に入りました。

私たち人間は、それぞれみんなに個性や才能が与えられていました。

でも、どれだけの人が自分の個性や才能について、真剣に考え求めてきたでしょうか?

誰しも幼い頃は、将来何になりたいか考えては夢見たことがあっても、大人になるにつれていつの間にか、学校教育や社会で一般的とされているように、良い大学に行って、大企業に就職すること=安定した成功かのように、夢が作られた現実へと変わってしまったのではないでしょうか?

もしくは女性なら、大企業に勤めている男性と結婚して、子供を産むこと=女の幸せであるかのように錯覚してきたのではないでしょうか?

せっかく個性や才能が与えられていたというのに、それを探し求めたり、それで実力をつけたりすることもなく…

私は、こんなみんな同じような考え方をする社会にいつも疑問を抱いていました。

特に、結婚して子供産むことについては、一般的であっても、不思議で仕方がありませんでした。

なんで、子供が欲しいかも分からないのに、子供を産んでいないと友人や親戚からも不思議がられたり、幸せを逃しているかのように言われたりしなきゃいけないのか。

「子供を産むことを前向きに考えてみて」と叔母に言われたこともありましたが、私にとっての幸せの定義とは違うような気がするのにな、、、そう思っていました。

そんな「一般的」な思想を作り上げて、マスコミを通してあらゆる分野で洗脳してきた人達がいた…

ということをラプト理論で知ってから、私たちが生活してきた社会は、どこまでも本来の世の法則に反したやり方で、本質を見失うように仕組まれてきたことに気づかされました。

それを知った時は、それはそれは衝撃でしたが、私が抱いてきた社会への疑問や感じた矛盾について、みるみると明らかになっていきました。

ラプトブログが示してくれた真理の存在。

その本来あるべき世界において、私たち人間の幸せとは、与えられた個性才能を探し求めて、そこで実力をつけることに成功への秘訣がありました。

それを知らずに過ごしてきた、嘘で固められた常識に囚われた生活。

そこから解放されるときがきた、それを実感し始めては、希望が湧いてきます。

子供がいない人にも、いる人にも、届けたい。

現代を生きる私たちに与えられた最高の贈り物。

BLOG by RAPT

RAPT有料記事139(2017年1月21日)自分の中に眠っている個性と才能を開花させてこそ、真の救いが完成する。

#紅葉 #季節の変わり目 #時代の変わり目 #青空 #快晴 #子供のいない人生 #未婚 #幸せとは #秋の空 #change #colourchange #fallishere #autumnishere #bluesky #colouredtrees #country

「引かれたレール」を作った悪魔教・創価の存在に気づけば見えてくる真理の法則=「幸せへの道」

 

ふと、人生を振り返ってみる。

私は、いったいどこに向かって走ってきたのだろう?

ごく普通の家庭に生まれ育って、学校に行って、働いて、疲れて、移住した。

これまでの40年強の人生を振り返ると、心の中から不安が無い日よりも、何かしらの心配事を抱えて暮らした日の方が圧倒的に多かったなと。

記憶を辿ってみれば、小学校2年から卒業するまでは、在日の男子にいじめられ続けたし(先生は助けてくれなかった)、

中学に入って、生徒数もクラスも増えて、その男子から離れることができたけど、常に何かが心配だった。

放課後に部活をして体を動かしているときだけが、不安感や心配事から解放されたけれど…

そんな状態や環境で学ぼうものなら、集中することなんてできず、中間や期末テストのたびに、静まる時間帯を求めて、夜遅くまで起きてみても、学ぶ(暗記する)どころか、教科書を読んでは眠気が襲って、金縛りにあるのがオチ。

高校に入ってからも、いじめに遭うことはなかったけど、学校の先生の個々の生徒に対する対応や、部活生活から感じた様々な不公平感。

思い起こせば、随分と暗い10代の生活だったけど、海外に住む親戚から帰国するときにもらった、お土産の絵本やお菓子のパッケージデザインに惹かれて、いつしか海外に行きたいということが明るい夢になっていった。

そうして英語の勉強と面接だけでいける推薦枠で、短大の英文科に入ってみた。

高校までずっと共学の環境に身を置いていた私は、短大に入って女子ばかりの環境にしばらく馴染めず…

(共学だからといって、会話するのはいつも女子の友人達だけだったけど)

女子しかいない環境から作られる雰囲気は、なんとも殺伐としたと記憶している。

そんな短大で、英語の勉強をした訳だけど、、、気づけば、次のステップはみんな普通に就職すること。

バブル経済が崩壊した時と同じくして私の就職活動は始まった。

履歴書は、手書きで軽く100通は書いたけど…

世間では就職難が始まっていた頃。

なんとか世間一般でいう入社時期前までには就職先が決まったものの…短大卒の女子は、働き始めて3年くらいの間に、会社で旦那を探して結婚するみたいな風潮が少なからずあって、人の人生って、ずいぶん限られた中で生きなきゃいけないんだなって不思議だった。

勉強して、短大なり大学なり行って、そこで結婚相手を見つけて、男性はそこで一生働いて出世することが次の目標になって、女性は子供を持って家庭に入るみたいな。

何に向かって人生走ってきたんだろう?

そんなある意味単純な質問の答えすら持たずに、周りと同じように生きようとしたところで、幸福感は湧かないし、もちろん不安や心配が心から消えることはなかった。

日本にいた時の私は、結婚することなく、何度と転職を繰り返しては、常に新しいことを求めていた気がする。

とは言え、社会に出て働くという限られた中で。

20代後半からは、残業続きで、タクシー帰りの日々を過ごした。

それでも仕事が終わらない気がしては、休日出勤したり。

周りからは、そんなに働いてばかりいないで、結婚相手を見つけて子供を産んで家庭に入った方が良いよ、と何度と言われた。

何に向かって走っていたんだろう?

残業と周りからのプレッシャー、先が見えなくなって、海外移住が次の夢に。

振り返ってみれば、私の人生選択って、一般的な女性の人生を歩むことに疑問を抱えるばかりに、その環境から逃げ出してしまった感じ。

逃げ出した後でラプトブログに出会って気づいたことはこちら→(海外移住しても救われない。自分が変われば、どこにいても幸福でいられる。

そうして今もカナダにいるわけですが、、、

ある時、カナダ移民してきた中国人に対する冗談を聞いた。

「中国という共産主義国から逃げ出してカナダに来てみたものの、現状は、もう一つの共産主義国に移動したにすぎないね。」

これを聞いた当時の私の心境は、かなり微妙…日本から逃げるようにして移民してきた先が共産主義国の手が伸びていたところだった!とは。

その現実を理解するようになるまでには数年かかったけど、ほとんどの移民者にとってカナダはイメージの良い国。

だから、カナダを共産主義国呼ばわりするような移住者はいないし、カナダで生まれ育った人の多くは、カナダは先進国だと思って疑わないから、気を悪くするかもしれない訳で…

そして世界的に起こっているコロナ騒動。

それを引き起こした犯人がなんと創価学会だったという衝撃的な事実がラプト理論で明らかになってからと言うもの、現代社会で常識とされていることも元を辿れば、創価の根底にある大本教の宗教思想だったとは。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

さらに、池田大作はなんと中国人で、コロナで来年に延期された東京オリンピックは、創価学会と中国共産党の祭典だったと言う…


中国共産主義や、創価学会などのカルト宗教とは無関係に生きてきたつもりの自分の人生が、なんと、その思想にどっぷり使って生きてきた(「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。)ということが分かって、

私の人生で経験してきた不公平感や不条理、一般的とされていることへの疑問、常につきまとってきた不安や心配の原因こそが、創価学会に繋がったという…

言葉を失いますね。

日本にいた時から、そして今ではカナダでも、そして世界中どこにいても、多かれ少なかれ、私たちは彼らの嘘で作られた罠の中で生かされてきたのです。

だから、その思想の元に作られた常識の中で、幸せになろうと思ってもがいては、やれ健康ブーム、やれスピリチュアル、やれヨガだ、、、と、彼らの金儲け話に足を突っ込んでしまうようになっているのが、厳しい現実でした。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

とはいえ、世の中には社会の仕組みになんの疑問をもたない人もいるので、そういう人たちにとっては、世の中は不公平なものとして受け入れては、真実を追求することの方が怖いことなのかもしれません。

今回、コロナをきっかけに、コンピュータ管理の社会「スマートシティ」を世界的に作ろうとしているのが、大本教の計画を実行に移した創価学会であることがラプト理論で暴かれました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

これまでにも、この世の中のカラクリを様々な事件・事故を通して真相を追及してきたラプトブログ

世の中には、今こそたくさんのユーチューバーやブロガーなどが、それぞれの政治的立場を持って、真実を知るべきだ、覚醒しろなどと言っていますが、そこには、嘘も本当も混ぜこぜに語られているものが多く、人々は混乱させられるばかり。

今回ラプト理論で分かったこと、GoogleもYouTubeも創価関連企業だということ一つとっても然り。

Googleのサーチエンジンは、創価の悪事がバレるような記事は、検索に上がってこないように仕組まれていました。

そんな、この世の誰も暴けなかった複雑に入り組んだ社会のシステムとそのカラクリを、シンプルに解いてくれたのがラプトブログ。

そこから、過去に起きた事件・事故をはじめ、世の中のカラクリを知ると、嘘のような本当の話、彼らは悪魔を本気で拝んでいたことに繋がるのです。

創価学会のようなカルト宗教思想というのは、まさに、悪魔の思想な訳なのです。

池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

このような壮大な話が隠されてきたと知った今、自分の人生を振り返ってみると恐ろしくなります。

ラプト理論を知らずに、あのままカルト思想が作った世の中の常識に従って、その思想をもとに作られた社会システムの中で、「引かれたレール」に乗るだけの人生を歩んでいたなら、、、それは、ただの生き地獄。

だから、不安や心配が付き纏うのが当たり前だった訳です。

不安や心配が付き纏うのが当たり前の人生なんて、本来は、当たり前じゃないのです。

だから今こそ、常識とされてきたことを破壊するとき。

その方法もラプトブログにあります。

世の中のルールに従っても幸せになれない原因は、この世の中に存在する目に見えない法則があることを理解できなかったからにほかならないのです。

その法則こそが真理であり、人々が抱える不安・心配から解放されて幸せに生きるための原因でした。

人間がロボットのように扱われるような奴隷社会から抜け出し、本来の人間らしく生きられる自由を勝ち取ってほしい、そう願って止みません。

RAPT有料記事491(2020年8月22日)自分の評価も他人の評価も全く何の意味もない。ただ主が評価した通りに、あなたの運命が決まるからだ。

無駄なことは一つもなかった、そのことを知ることができた人生の取扱説明書

 

東京で働いていた時、よく疑問に思っていたことがあります。

なぜ、人は、上司に媚びを売ったり、物事や状況を複雑に捉えては、

自ら迷路に足を突っ込んでしまったりするのか?

 

そうして、非効率に、無駄が増えてしまう…

 

何をするにも無駄なことをするのが嫌いだった私は、

仕事であろうが、仕事以外のことであろうが、

なんでも効率よくやりたくて、その方法をいつも考えてきました。

 

「無駄をできるだけ省くには、どうしたらいいか」

その方法をいつも模索しては、やってみる。

 

そうやって効率よくなんでもこなしたいと日々心がけていると、

必然的に、身の回りで起こることで理にかなわないことに疑問を持ったり、

知らないことは学んで知識をつけたりしては、

常に正しい答えを求め続けてきたような気がします。

 

中でも特に辛いことが起こった時は、知らない分野の情報も、

分かりたいと調べ続けては、思えば強力に答えを求めていました。

 

そうして辿り着いたのがラプトブログ。

 

そこからたくさんのことを学びましたが、今日取り上げたいのは、

真面目に正しく生きたいと真実を求める人が経験することに

無駄なことが一つもない、ということが分かったことです。

 

そのことを知った時の喜びは、私にとって、計り知れない感動でした。

 

私たちが生活してきた社会では、真面目がバカを見るとか、

正しく生きることがどこか格好の悪いことであるような風潮がありました。

 

でも、それが正しいわけでもなく、むしろ、悪人が作り上げた罠でしかありませんでした。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

 

そんな世の中のカラクリを知ってからは、

今まで学んできたことすべて、

特別重要には思えなかったような些細なことも、

不思議な形で役に立ってることを実感するようになりました。

 

知りたいことは、まだまだあるけど、

どうやったら分からないことに答えを見つけることができるか、

それが分かったから、これほど心強いものはありません。

 

今世間では、コロナパンデミックの最中、

多くの人々がそれぞれの持つ情報によって、

様々な不安に苛まれています。

 

将来に不安を抱えて生活しています。

 

ですが、ラプト理論で真実を知った私は、

今が一番希望に満ち溢れた気持ちで生活できている感じです。

 

その感覚は、何にも変えがたい祝福だと思います。

 

誰しも幸せになりたいと願っては、人によっては、

自己啓発や、スピリチュアルなどに手を出したりしたかもしれません。

 

ですが、それらでは、私たちは洗脳されるだけで、

幸せになるどころか、不幸な気持ちになることがほとんどでした。

 

なぜなら、人生をどう生きるべきかその方法を正しく説明してくれる

ものではなかったからです。

 

清く正しく生きたいと心から願っている人にこそ知って欲しい、

人生の取扱説明書「ラプトブログ」。

 

RAPT×読者対談〈第86弾〉人生の取扱説明書の値段はいくらが適正か?

 

「メープルシロップ」のオススメの食べ方と、「マクロビ」と「コロナパンデミック」の関係

先日、インスタグラムにサーモンのオーブン焼き・メープルシロップ醤油汁漬けを夕食にした時の写真をあげました。

すると、嬉しいことに、「メープルシロップ醤油汁に漬けてオーブン焼き!なるほど!やってみます?」とコメントをいただきました。

また、別の方からも、英会話番組でメープルシロップのことを耳にしたお子さんにおねだりをされて、ちょうど、初めてメープルシロップ買って、ホットミルクやチーズにかけて食べていたところに、私が魚料理に使っていることを読んで、「グリルでやってみようかな」と。

カナダの産物として知られるメープルシロップ、その昔、移住するずーっと前に旅行でカナダに来た時に、お土産を何にするか迷っては、メープルシロップは日本人に馴染みがないし、重たいし…

そう考えて、メープルシロップ風味のクリーム入りクッキーなどをお土産にしたものでした。

が、いつの頃からかパンケーキが日本でも流行ったり、「カルディ」や「成城石井」などの輸入食品店などが増えたこともあってか、さらには英会話番組にまで出てくるとは、メープルシロップの地名度は広がっているのかな?

とは言っても、せっかく買ったのにも関わらず、「なかなか消費できない」なんて感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんなわけで、今日は、メープルシロップのおすすめな食べ方を写真と共にいくつかご紹介します。

その後に、「メープルシロップ」と「マクロビ」と「コロナパンデミック」が繋がる小話・裏話も書いていますので、そちらもよろしければご一読ください。

メープルシロップのオススメな食べ方

1 定番の食べ方はやっぱりパンケーキ:休日のブランチに

Photo by Kobby Mendez on Unsplash

 

2 ヨーグルトにかけて:フルーツをトッピングしてデザート代わりに(小腹が空いた時にも◎)

 

3 魚肉料理に:醤油と意外にも相性が良いメープルシロップ。醤油とメープルシロップの組み合わせは、ご飯にも合います。

ちなみに↓写真にあるのが、冒頭で触れたサーモンのオーブン焼き、メープルシロップ醤油汁漬け。ご飯はバスマティライスにターメリックで色付けしてみました。

 

4 グラノーラを作る時に:ホームメイドのグラノーラ食べたことありますか?市販のとは比べ物にならないくらい美味しくできるんです(レシピはこちらからどうぞ)。

メープルシロップは、ハチミツより粘り気が少ないため混ぜやすく扱いやすいですが、スナックのようにかたまりをつまんで食べるにはハチミツの方が適しています。

 

5 ナッツのスナックを作る時に:アーモンドやウォルナッツを、メープルシロップと他の材料とを混ぜてローストすると軽いスナックが作れます。

 

6 コーヒーに入れて。メープルシロップ風味に甘いコーヒーが楽しめます。

 

 

メープルシロップが、マクロビで推奨される理由とコロナパンデミックの関係

 

 

そもそも、メープルシロップがどのように作られるかご存知ですか?

産地のカナダでは、例年3月〜4月上旬頃、「シュガーブッシュ」と呼ばれるメープルシロップになるサップが取れる森林で、メープルシロップの製造過程が見られる場所があります。

メープルの木に蛇口のようなものとバケツが取り付けられてサップが取り出されるのですが、取れたサップは大きな鍋でグツグツ煮て、ライト、アンバー、ダークと主に3種類のフレーバーが作られます。

場所によっては、採取から煮詰めている様子などを見学した後に、パンケーキとソーセージと一緒に味見ができるレストランが併設されているところもあったり。

私は、その昔カナダで語学学校に通っていた時に、学校のアクティビティで行ったことがありますが、蛇口とバケツが取り付けられている様子は、どこか愛らしく、見たことがなかった製造過程も、興味深く観察したことが思い出されます。

そんなメープルシロップを私が料理などに積極的に使うようになったきっかけが、母の病気を機にマクロビを知って興味を持ち始めてからでした。

マクロビとは↓↓↓

------(ウィキペディアより)------

マクロビオティックの特徴

玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。

おおむね以下のような食事法を共通の特徴とする。

  • 玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などを主食とする。
  • 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
  • なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。
  • 砂糖を使用しない。甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。
  • 鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布や椎茸を用いる。
  • なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
  • 肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
  • 厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。
  • 皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
  • 食品のアクも取り除かない。
  • コーヒーは身体を冷やすので避ける。
  • 「一物全体」「身土不二」「陰陽調和」の、三大理念を柱に持つ。

------------------

要約すると、食べ物には陰陽があって、体を冷やすもの(陰)、体を温めるもの(陽)に分類して陰陽のバランスをとるという思想。

ざっくり言って、菜食主義。そこには、オーガニックとか、ノーミート とか、ローカルとか、ホールフーズなどと言った「健康ブーム」に関わる言葉がいっぱい付随して出て来ます。

上記の太字・下線にしたところを見てもらうと、マクロビでは、砂糖の使用はしないとあって、代わりにメープルシロップなどの甘味料を使うように推奨されていますよね。

この砂糖を使用しないという思想は、今や、マクロビ食をしていない人の間でも、健康意識が高い人もそうでない人の間でも、ある意味一般常識化しているでしょうか。

砂糖(白砂糖)はダメとか、癌の原因になるとかっていう情報が、いつの間にか行き渡った印象すらあります。

マクロビに興味を持っていたのはかれこれ5年くらい前、私はすでにカナダに住んでいたので、メープルシロップは入手しやすいから、当時は、それで代用すれば良いのねって感じでしたが、陰陽論という東洋思想が根本にあるマクロビが勧める甘味料が、なぜか西洋なメープルシロップ。

ふと、考えてみると、違和感というか、何でだろう?と疑問を抱きました。

砂糖はダメでもメープルシロップは良い。同じ甘味料なのにどう違うのか?

そんな疑問を正当化させるかのように、ダメな砂糖の定義はいつの間にか精製された白砂糖のことをさすようになった感が否めませんが、当時は、なるほど「白砂糖として精製された砂糖が体に悪いのね」と言葉通りに解釈しては、それ以上突っ込んで考えることも調べることもしませんでした。

ですが、日本に帰国した時にお店で見たメープルシロップの値段が、カナダのものとさほど変わらなかったので、そこでもなぜだろう?とちょっと疑問に思ったのを覚えています。

普通なら、現地(ローカル)の産物はその土地で安く買えるはずのもの???メープルシロップで言えば、カナダの産物なのでカナダで買う方が安いはず?

そんな疑問に対する答えを「Raptブログ」の下記の記事で見つけました。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

私の母が血液の癌(白血病)であると言われて、抗がん剤治療を何度もやって他界した後、数年経ってから目に入ってきたこの衝撃的なタイトル、読まずにはいられませんでした。

母が入院中にも色々な人の体験談やいわゆる専門家と言われる人たちや病院のウェブサイトなどそれはそれはたくさん読みました。

福島原発事故があってから2年経つか経たないかのタイミングで母が入院したこともあって、放射能のせいなのか?と原発関連の本も読んだりしました。

で、どれを読んでも、しっくりこなかった…

その理由が分かったのも、上記の記事でした。

どこのウェブサイトやブログにも出てこなかった、現代社会におけるそれこそ癌のような存在の「大本教」という悪魔教団体とその教祖「出口王仁三郎」。

「砂糖がダメ」という話も然り、結局のところ、大本教・出口王仁三郎の弟子だった「岡田茂吉」が出所だった、ということを「Raptブログ」で知って、やっとしっくりきました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

で、この「岡田茂吉」が、砂糖はダメでもメープルシロップなら良いと言っていたその意図は、もちろん人々の健康のためを思って言っているのではなく、上級国民の利権のため…

余談ですが、

メープルシロップが強盗にあったという話が、Netflix(ネットフリックス)の番組「Dirty Money」で見られます。

カナダ最大のメープルシロップ強盗事件。大量のメープルシロップが、2011年、2012年の数ヶ月にかけて盗まれたと言う話。

その量は、3,000トンに及んだとかで、被害額は$18.7 million dollars(日本円にして約15千万円ほど)。10,000桶ほどのメープルシロップが、誰にも気づかれずに盗まれたと言う実話だそうです。

普通の庶民にそんな大量なメープルシロップを盗むことなど到底できないでしょうから、おそらく上級国民たちの利権争いに関わったマフィアが逮捕されたというオチではないかと思われます。

現にカナダは、イギリス連邦国の一つなので、日本の天皇のような象徴的な感じでエリザベス女王の存在があるところ。

そんな彼女が、前ローマ法王とカナダの前首相であるスティーブン・ハーパーと共に有罪判決が下されたのは、メープルシロップ強盗事件の翌年のこと。

〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

ここに何かしら上級国民の争いが関係しているのかもしれませんが…

話を戻して、、、

大本教のようなカルト思想は、嘘も本当も混ぜこぜにして話をするのが特徴で、その内容がただ複雑だったり、この砂糖の話に見られるような矛盾があったりします。

さらに、今世間を騒がせているコロナパンデミックもなんと「大本教」「出口王仁三郎」の計画的犯行だったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

健康ブームや環境ブームの詐欺もかなり問題ですが、存在しないコロナウィルスの恐怖を煽るマスコミ報道を考えると、もう、開いた口が塞がりません。

最近ツイッターで日本の小学校の様子(フェースマスクなどつけさせられている子供達)を見ては、本当に胸が痛みます。

なんと彼らは、コロナで騒動を引き起こして、人々から土地を略奪してそこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしているのだそうです。

で、福島原発事故もその一件、人工地震を起こして、放射能で恐怖を煽って人々を避難させると言う名目上追い出しては、すでにスマートシティ化は進んでいるようです。

感の良い人はお気づきになられたかと思いますが、例によって、原発も放射能も存在していませんでした。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

ここまでに紹介しただけでも、癌という病気は存在しないは、原発も放射能も存在しないは、そして今回のコロナウィルス…

どこまでも、大本教のカルト宗教思想が元にある社会の中で、彼らが作り上げた嘘まみれの常識の中で、私たちは生活してきたのです。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

メープルシロップの話から、マクロビ、大本教、コロナパンデミックの話へと繋がってしまいましたが、これを知っておくのと知らないのでは、今後の人生の選択に大きな影響(それも悪い方に)を与えます。

万が一、ガン宣告などをされようものなら、何も知らなければマスコミが普段から言ってきたように、高額な医療費を払って抗がん剤治療を受けたり、手術をしたり、放射線治療をしたりするでしょう。

もしくは、ネットで情報を集めると、自然療法という一見聞こえの良い治療法を選んだりするかもしれません。

どちらにしても、私たち庶民にとっては自分の命と引き換えに、彼らのビジネスおよび上級国民たち内部の利権争いに加担することになりかねません。

それとも、「癌という病気は存在しない」ことを知って、無駄に恐怖感を煽られることなく人生を選択して行くか。

福島原発事故の時にあったように、他の土地に移動したり、海外移住までしては、まんまと彼らが土地略奪しやすいように行動してしまうことにもなりかねません。

ヴィーガンやマクロビなどの思想にしても、大事なのはその思想を学ぶことではありませんでした。

むしろ、それらがカルト思想から来ていることを知って、無駄に彼らの利権争いに利用されないようにしたり、彼らに勧められる健康法なり、そこから派生する健康食品やサプリなどのビジネスに無駄に時間やお金をつぎ込むのではなく、社会の仕組みを知ることが重要ではないでしょうか。

誰しも、健康的な食生活には関心があると思いますが、ヴィーガンやマクロビなどの菜食主義の元にある思想は、決して健康に良いものとは言い難いものでした。

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

結局のところ、嘘で作られた常識から抜け出して、複雑化した情報を善と悪に見極める力をつけて、いかにシンプルにかつ論理的に物事を考えることができるかが、健康的な生活への鍵ではないでしょうか。

まずは、常識とされてきたことを疑ってみることが必要かもしれませんね。

人生の目的を見直そう〜大本教の宗教思想からきた「常識」から抜け出す時、救いに気づく時

 

コロナパンデミックが起きてから、人々は今までになく将来に不安を抱えて生きています。

新型コロナウィルスを本当に恐れて外出を控えては、さらにテレビからマスコミが垂れ流す情報を聞いて、感染したらどうしようかと不安に思って生活している人たちもたくさんいます。

または、パンデミックが原因で仕事やビジネスを失ったり、何かしらの悪影響を受けた人たちは、コロナウィルスの恐怖の上に将来をどのようにして生きていけばいいのか、先の見えない状況に絶望的な気持ちになっているかもしれません。

なんでこんな災難に見舞われているのだろうか、何のために私たち人間は生きているのだろうか、そんな人生の根本的な疑問が頭をよぎった人も多くいるのではないでしょうか。

このパンデミックは、多くの人にとって人生最悪の出来事のように感じられているかもしれませんが、私は、人生の目的を真剣に考えるきっかけになったのではないかと思っています。

パンデミックが起きる前は、人々は考えることから遠ざかった世界で生きてきたからです。

いやいや、毎日色々考えて生きてきたし、考えないで生きている人なんていないと反論されるかもしれませんが、私がここで上げたいのは、「何を元に」「何を判断基準に」人生の選択をしてきたか、また、「何を」人生の目的として生きてきたかということです。

コロナパンデミックを通して明らかになったことの一つは、いかに人々がマスコミの言うことに振り回されて生きてきたかと言うこと。

彼らがマスコミで報道してきたことは、実は、真実とは遠くかけ離れたもので、それをいかにも「常識」であるかのように錯覚させられてきたということです。

今回のことほど大きな惨事でも起きない限り、人々に気づかれないように密かに行われてきた洗脳活動、その矛盾が表にで始めることがなかったでしょう。

人々は長いこと、マスコミが嘘をつくわけがないと信じ、疑うことなどする由もなく、むしろ、彼らの言うことをそのまま聞いては、ただ受け身の生活をしてきたというのが現状です。

そうして、そこで言われてきたことを「常識」として捉えては、多くの人がその引かれたレールに乗って、誰もが似たような人生を歩んできました。

そこには個々が持つ個性も才能もほとんど関係がないどころか、それらを引き延ばすような教育が行われるようなことはありませんでした。

ひたすら大企業に就職するために、良い大学に行くことを目的に勉強し、安定を得るために大企業で働く。その安定=お金を手に入れることこそが成功であり、その成功を掴めば幸せかのように考えさせられてきました。

そして今そんな時代も去って、大企業に入ったからと言って会社が終身雇用をしてくれるような「安定」時代も終わり、大企業こそ率先して45歳以上の社員をリストラするような時代になっています。

こんなハズではなかった…

「常識」とされてきた人生の歩み方、引かれたレールに乗って行けば安泰だと思って生きてきたのに…

人々の考えが及ばなかったところは、「常識」とされてきたことが「真実」からかけ離れたものだったということ、それを知ることも疑問視することもなかったことではないでしょうか。

この世の「常識」は「真実」から遠くかけ離れている。

それなりに考えて人生を設計してきたつもりが、真実からかけ離れた大きな賭けに出てしまったという…

「みんながやっている」=「常識」と言う変な安心感を合わさっては、作られた常識を元に人生の選択をしてきたというわけです。

先日、この「常識」の背後にあったのは、大本教の宗教思想であったことが、Rapt理論で明らかになりました。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

人々が生活してきた社会の背後には、このカルト思想が蔓延していたのです。

この宗教思想は、世間で一部の人によって騒がれている様々なムーブメントとしても宣伝されてきました。例えば大麻やLGBT推進、ヴィーガンなどが上げられます。

そんな宗教思想があったとは気づかずに、良いことだと思って、それらのムーブメントに乗ってしまった人もいるでしょう。時にオシャレに、仕掛けられる彼らのイメージ戦略に乗せられては、特にヴィーガンなんて体にいいのかも?とすら一瞬でも思ったり。

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

そこに、動物愛護とか、環境ブームなどの思想がヴィーガンと合わさると、毛皮のコートをきている人に襲い掛かったりすると言うような、凶暴性をあらわにする人たちが出てきたりしたのも、カルト宗教思想が背後にあったと分かれば納得です。

似たような凶暴性はトランプ支持者からも垣間見られますが、トランプ支持者と言えば、「Qアノン」とか「Qarmy」と言う団体が有名で、これも大本教と関係していました。


本当に今この世の中で起きていることには、みんな大本教の宗教思想の元にあったのです。政治家や芸能人がこれらの運動の広告塔となってマスコミで宣伝するのは、そのカルト思想を広げるためのものだったのです。

でも何で、そんな宗教思想を常識化させてまで広めるのか、何の目的にそんなことをするのか、私たち一般庶民には考えてみても想像することは難しいでしょう。

そこには大きくいって二つの目的があったと思われます:

その一つを「目に見える」ことで言うと、コロナパンデミックを引き起こして、コンピューター監視管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしたこと。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

もう一つを「目に見えない」ことで言うと、「無宗教」の世界を作って、人々から救いの存在を隠してきたこと。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

人口の6割が「無宗教」であると言われる日本において、「無宗教」はむしろいいことのように思われてきたかもしれませんが、それこそがすでに彼らの計画通りの目論見であったのです。

さらに、「無宗教」は、キリスト教、イスラム教に続く第3番目にその人口数があると言われて久しい状況…

キリスト教が主流だと言われてきたヨーロッパの中でも、チェコやエストニアは、なんと人口の半数以上が今や「無宗教」であるそうです。

私たち日本人にとってあまり馴染みのないチェコやエストニアですが、両国および私が住むカナダにも共通していることは、大麻に対する規制が少ないこと。

チェコは医療大麻が合法であり、個人的な使用のために最大15グラムを所持することができるそう。エストニアは、大麻は合法ではないものの、個人での使用目的の場合、4分の1オンス以内の大麻所持は非犯罪化されており、大麻に寛容な人々だと言われているそうです。(こちらより)

カナダでは2001年に医療用大麻が合法化され、2018年には大麻の個人使用も合法化されています。

大麻推進といえば、大本教思想に基づく「救いのない世界」を作るための仕掛けの一つ。LGBTも然り…

彼ら悪人たちは、性の乱れが文明を壊すのに有効であることを知っています。人々が信頼を置いてきたマスコミというツールを使って、これらの思想をカルトだと気づかれないように、オシャレに宣伝する方法も熟知しています。

これらの洗脳工作を人々に見破られないようにするためにも、彼らは、善と悪をごちゃ混ぜにして複雑に語るのも得意です。

LGBTとかフェミニズムなどに見られるのは、平和主義的なイメージを彷彿させる「自由・平等・愛」という一見聞こえの良い言葉と、カルト思想からくるこれらのムーブメントを混ぜこぜにしては、なんとなくそれらしいイメージを作って宣伝するのです。

これらの宣伝方法は、複雑に嘘も本当も混ぜているがために、冷静になってちょっと考えてみると、多くの矛盾点に気づきます。

例えば、ヴィーガンやマクロビで、世界の平和は食からと言いつつ、肉を食する人を排除するかのごとく、動物愛護や環境ブームと無理やり結び付けては難しく語ったり、時に攻撃的になったりしては平和主義とは遠く離れている感じがします。

また、LGBTや一昔前のヒッピーが主張する「性の自由」とか、フェミニズムが訴える「男女平等」にしても、「自由」や「平等」を主張しているにも関わらず、食の自由はないと言う矛盾があるように思うのは私だけでしょうか。

いづれにしてもこのようにして、大本教のカルト思想のムーブメントは、一種のファッショントレンドのように芸能人を使って宣伝、その宗教思想を世界に広げてきました。

ビートルズが宣伝したヒッピー運動を思い浮かべるとより分かりやすいですが、これらのムーブメントはどれもニューエイジ・ムーブメントと深い関わりがありました。

ニューエイジは、悪魔教である神智学が根源にある、1960年代アメリカ合衆国西海岸を中心地とした霊(霊性・スピリチュアリティ)の進化論を唱えた思想のことを言って、ヒッピーと呼ばれた若者の間で流行しました。

日本では、「スピリチュアル」と呼ばれる精神世界に受けつがれたようですが、それを広めたのがまさに大本教でした。自己啓発も然り。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

ヒッピームーブメントが去った今もなお、政治家がフェミニズムを主張したり、LGBTや大麻を推進するのは、ニューエイジや大本教の宗教思想が背後にあるからなのです。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

ニューエイジ思想は、ヒンズー教に由来した「超越瞑想」を生み出した「マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー」が始め、オウム真理教の麻原彰晃に影響を与えたものでもあります。

オウム真理教と言う名前を聞けば、多くの日本人にとってこのニューエイジ思想が、悪魔教以外の何物でもないことは感覚で分かると思います。

悪魔教の特徴は、このように善も悪もごちゃ混ぜにしてその思想をファッションのように宣伝し広めること。その上に、彼らの都合の良いようにルールや法律が新しく加えられていっては、複雑化した社会ができてきました。

そんな複雑な社会構造の中で生きてきた私たちは、自然と人生の目的を見失ってきました。もしくは、人生の目的を履け違えて生きてきました。

目的を履き違えた人生とは、同時に「幸せ」対する概念も履き違えていたことを意味します。こうしたら幸せになると言う考えも、悪魔教の人間が作った「常識」の元に変質してきました。

例えば彼氏彼女を作るが上げられますが、彼氏・彼女を作ったところで、普段抱えている不安や心配が消えるわけではありませんし、彼氏・彼女がいることで出てくる問題もあります。

それどころか、今や知り合ったばかりの人と性行為をすることは、当たり前、そんなことをしても幸せになれるどころか、むしろ、虚しい気持ちになる経験をした人は多いのではないでしょうか。

LGBTが盛んなカナダでは、州によって違いがありますが、オンタリオ州、サスカチュワン州、ノバスコシア州では、なんと「8歳」から性教育が始まります。

ニューファンドランドでは、LGBTを教育の中で知らせるのは14歳からで、バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州やマニトバ州の幼稚園児は、身体の部位の名前を正しく知ることが求められるようです。

(以下参照:https://www.arcc-cdac.ca/postionpapers/39-Sex-Education-in-Canada.pdf)

性教育を早く始めることを善とし、その内容が細かく時に曖昧に矛盾ばかりであることには触れず、こうして複雑化されたルールから生まれるのは、混乱もしくは沈黙しかありません。

言うまでもなく、こんなに複雑化したルールの中に生活していたら、目の前に突きつけられた情報を吸収するだけで一杯一杯になって、でも、食べていかなければいけないから、お金も稼がなければいけない。

そうこうして目先のことに囚われているうちに、人生の目的を履き違えてしまうように見事に計画されていると考えられる訳です。

そんな忙しく苦しい生活をしながらも、人間は誰しも幸せになりたいと願っていますし、そのためにも人生に目的を見つけたいとも思うものですが、大本教思想の社会においての人生の目的は、彼氏彼女を作ることに始まり、次に、結婚することにあったり、子供を産むことにあったりしてきました。

まるで人生のステージ毎に目的が設定されていて、それぞれのステージで彼らのビジネスにお金を使うように仕組まれているかのように。

人々はこうして彼らの作った目的を自分の目的であるかのように追求しては、本来の目的を失い、幸せの履け違いの中で生きてきました。

私も20代の頃は、周りと同じように彼氏を探したり、若くして結婚していく友人を見ては、私もいつか結婚するのかなと、どんなウェディングドレスが着たいか想像してみたり、中々結婚したいと思うような人に出会えずにいれば「幸せになれない」ような変なプレッシャーを感じていました。

30代になると周りからのプレッシャーは、結婚を通り越して子供を産むことに変わりました。その頃に付き合いのあった友人には、「さっさと子供作っちゃいなよ」と、旦那がいるわけでもない私からすれば無茶振りにしか思えないことを当たり前のように言われたりもしました。

これがトラウマになったと言うわけではありませんが、「女性は子供を産むもの」と言う概念が「常識」とされていることに疑問を感じていました。

そんな私に対して、「子供が欲しいと思わないなんて信じられない」とブチ切れられて以来、連絡が途絶えた人もいました。

確かに一般的には、女性の幸せの定義は子供を産むことにあるのかもしれませんが、そうじゃない人もいますし、子供がいないからって不幸に思わない人もいるのです。

彼ら悪人が作った「常識」と違うことを思ったり、考えたりする人を排除するカルト性は問われない不公平感すら感じざるを得ませんでした。

それから何年も経った昨年、私はRaptブログに出会って世の中のカラクリを知るうちに、今まで感じてきた「常識」とされてきたことへの違和感や、矛盾に感じてきたことに対して、しっくりくる「答え」をもらうことができました。

先にも上げたように、「常識」とされてきたことが「真実」とは遠くかけ離れていたこと、さらに、その「常識」が大本教の宗教思想の元に作られたものであったこと…

このことがはっきりと分かるようになって、大本教が作ろうとしているのが「救いのない世界」であることを考えたら、逆手にとって考えてみれば、救いのある世界があることが見えてきたのです。

そのことをわかりやすく教えてくれたのがRaptブログでした。

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

「無宗教」という概念そのものが、大本教のカルト思想の元に作られたものであったことに気づきました。

そんな彼らが人々から隠してきたものによって、救いのない世界を作ろうとしてきたのです。それが、「真理」であり、その存在がある「霊界」でした。

「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。

私は「霊界」の存在を知って始めて、私たち人間にも救いがあったことを知りました。そこには、「救い」という概念的な言葉が表す目に見えない存在に隠された秘密がありました。

人間が幸せに生きるために本当に必要な知恵や知識、または、真の人生の目的がそこに秘められていました。

その「救いのある世界」は、奥深いけれどとてもシンプルなものでした。

反対に、「救いのない世界」がどこまでも浅はかで、だからこそ嘘に嘘を重ねて矛盾ばかりの複雑さを好むという性質もはっきりと見えるようになりました。

そうしてようやく、矛盾ばかりの社会で抱えてきた不安や恐怖、正しい答えがない複雑な社会から抜け出して、その真実を求める人々に伝えていく時がきました。

これこそが「愛」のある世界。

大本教のカルト思想が充満した社会では、人々は日々の生活に追われてはロボットのように仕事をして、「愛」について考える余裕などありませんでした。

その世の中の仕組みがわかって、真理の存在を知ってからたった1年だけでも、私の人生は大きく変わりました。

中でも、自他共に認める変化は、無駄にあふれる情報に踊らされなくなったことです。

Raptブログに出会う以前は、様々な詐欺(とはもちろん知らず)に騙されてきました。私の場合は特に、健康ブーム関連でした。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

ヨガに癒しを求める人たちへ:それ危険です!(Part 2)

私のようにオーガニックとか、マクロビとか、健康意識を持った人は今やたくさんいると思います。

良いものだと宣伝され、おしゃれなライフスタイルに憧れる人も多いわけで、そこにカルト思想の作ったあらゆる仕掛けがあったとしても、気づかずに無駄に知識をつけたりした人もいると思います。

私もそうでしたが、今は逆に、その無駄につけた知識が役立つ時がきました。無駄につけた知識があったから、Rapt理論で、それを仕掛けた大本教の宗教思想と彼らの目的とすること(人々から救いを奪うこと)をはっきりと理解できたのです。

長年洗脳されてきた「常識」を頭の中から取り除くことは容易ではありませんが、Rapt理論で語られた世の中のカラクリのお陰で、頭の中が正しい言葉・情報・知識に入れ替わっていくと、自分でも驚くほど、世の中で起こっていることや「善」と「悪」が明確に、冷静に見ることができるようになりました。

コロナの嘘、マスコミの嘘に騙されないために知っておきたい、世界のカラクリと真実

こうして、彼らが勝手に作った、「人生の目的」についても、全くもって履き違えたものであったことも今は分かるようになりました。

大企業に勤めることも、安定を手に入れるという妄想も、結婚して子供を産むことが女の幸せだという発想も、本来の「人生の目的」とかかけ離れていたために、それらをしても幸せを感じているとは言い難い状況だったのです。

「真の人生の目的」は、救いのある世界に、真理の心情にありました。それはとっても短にあったのにも関わらず、世の中のあらゆる物に気を取られたり、仕事に娯楽に溺れたりしているうちに、長いこと見失ってきました。

コロナパンデミックをきっかけに、私たち人間の持つべき「人生の目的」を確認する時がようやくきたのです。

それを、惜しげも無く教えてくださるのがRaptさんであり、Raptさんが伝えてくださる真理の言葉です。

こんな言葉が存在するとは、衝撃でした。今まで誰も教えてくれなかった内容の濃い話。

今まで聞いてきた大本教思想のものとは全く違います。彼らのように小手先のトリックを教えたり、簡単にお金を稼ぐ方法という名の彼らの金儲けビジネスに無駄に時間やお金を費やすのをスッパリ辞めることができる時がきました。

Raptさんの伝えてくださる御言葉からは、自分の個性や才能を見つけだして、それぞれの個性に合ったものの分野で、確実に実力をつけていく方法を具体的に学ぶことができます。

自分の個性に合ったことで実力がついて、それで成功するならどれほど確実なものでしょうか?

これこそ、これからの時代に特に必要になってくる幸せになるための方法です。

この世に簡単にお金を稼ぐ方法などありません。たとえ合ったとしても、自分の個性や才能に合っていなければ、人が成功したという方法でいくら実践しても、上手くいきません。

それが人生の法則の一つです。

今までの間違った情報を正してくれたRaptブログ、間違った認識を直して、真の実力をつける方法を伝授してくれるのがRaptブログの有料記事です。

Raptさんの伝えてくださる御言葉ほど、この世で本当の宝物だと感じたものはありません。

その御言葉を聞き続けて1年、こんなに混沌とした世の中に生を持っていながらも、私は、将来に希望を持って日々生活することができるようになりました。

真の「人生の目的」について知った今は、たくさんの人にこの感動を分かち合いたい気持ちでいっぱいです。

BLOG BY RAPT

 

今回の記事を書くきっかけになった御言葉はこちら↓

RAPT有料記事139(2017年1月21日)自分の中に眠っている個性と才能を開花させてこそ、真の救いが完成する。

RAPT有料記事284(2018年6月11日)我々人間がこの世に生まれてきた目的は、霊魂の救いと成長のためだ。

コロナの嘘、マスコミの嘘に騙されないために知っておきたい、世界のカラクリと真実

 

前回の記事では、私たちが生活してきた社会は、思っていたものとは全く違うものであったこと、それを知らずに、社会の法律やルールに従っては、私たち庶民が上級国民達にとって都合がいいように行動するため、洗脳工作が行われていたことについて書きました。

また、そのような状況から抜け出すことができる方法をRaptブログで見つけたことにも触れました。

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

この救いのない「無宗教」社会において、人々は目先の問題ばかりに囚われては、物事をシンプルに捉えることも、大きな視点で見ることもできなくなり、日々のルーティンをロボットのようにこなしています。

そうして、そこには必然的に愛のない社会ができあがってきました。

私が住むカナダも、すっかり愛のない社会になってしまった感が否めません。

例えば、ある人の家の敷地内に植えてある木の枝が伸びて、隣の家にほんの少しはみ出しただけで、市役所に通報されては罰金を課せられたり、敷地の広い田舎にある家の庭で鶏を飼っていた人の隣人の通報で、役所の人がその家を訪ねに来ては、8匹飼っていた鶏を6匹に減らされたという話を聞いたことがありました。

正直、近所の人の家で何が行われているかいちいち観察して通報するって、政府のスパイみたいではないですか?少しの飛び出た木や、人ん家の鶏が危害や不都合をもたらしたならまだしも、それでも、政府機関を絡める前に近所の人どおし話せば済むことではないでしょうか?

私たちはマスコミや学校教育を通して、このように、彼らに都合良く私たちが行動するように教え込まれてきたのです。

まるで、人の気持ちを考えない、知能を必要としない作業をプログラミングされた、愛を知らないロボットのように。

学校の授業で暗記物が多いのも、物事が起こる理由やその背景に疑問を持ったり、考えたりすることのないように仕組まれた洗脳工作のようなものだったと考えられます。

社会に出てからも、毎朝仕事に行く前にマスコミの垂れ流す嘘を聞きながら支度をしては、嘘の情報も何度と聞いているうちに、いつの間にか常識的にその情報を捉えるようになってきました。

そして、今回のコロナパンデミックで、テレビで流される情報だけを見聞きしている人々は、得体の知れない新型コロナウィルスであると信じては恐怖に怯え、マスコミで言われる通り外出自粛をした結果、日光浴不足で元気が出なかったり、家にこもりすぎて精神的に病んでしまった人も少なくありません。

このように、嘘の情報が常識化してきた社会が、直接人々の心や健康にもたらす害は計り知れません。

私は、Rapt理論を通して「コロナは嘘」だと分かっていたので、外に散歩に出かけて日に当たったり、たったそれだけでも気持ちが晴れています。

なぜ世の中は混沌としてしまったのか。

Raptブログは、その状況を作り出しているのが世界の上級国民たちであること、彼らが人々を支配する体制を作るために引き起こしてきた悪事の数々、この世のカラクリを解いてくれました。

彼らエリート達は、テレビと言うメディアを使って信用を売りにしては、実はその情報は多くの嘘が混じっていただけでなく、彼らが意図的に起こしてきた悪事の数々を隠すために利用してきた…

そんな想像を絶するカラクリがあったとは、私たち庶民は疑う余地もなかったのではないでしょうか。

「無宗教」人口の多い日本、「無宗教」というカルト思想の世界の住人である私たちの多くは、彼らが仕向けた洗脳工作に長いこと騙されてきました。

そうやってマスコミの言うことを鵜呑みにするように洗脳されて、その情報を元に人生の選択をしてきたのです。

例えば、癌の早期発見という悪質な詐欺。

早期発見しようとマスコミで宣伝、人々は不安を煽られて病院に足を運んだり、癌になった時のためにと、芸能人が宣伝する保険会社からガン保険に加入したりしています。

海外に住む人も、日本に帰国するたびにそれなりのお金を支払っては健康診断や乳がん検査を受けるという人の話も耳にします。

まさか、「癌という病気は存在しない」とは…

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

もしかしたら、いきなりそんなこと言って余計な不安を煽るなとおっしゃる人もいるかもしれませんが、残念ながら、マスコミや政治家が嘘をつくわけないと言う「信じたい」気持ちは、真実を見極めることから遠ざけてしまいます。

これがマスコミ洗脳の恐ろしさ。

ですが、それに長いこと洗脳され続けていると、彼らが煽るがままに不安になっては、進められるがままに必要のないところにお金を使ってしまうことになります。

今までずっと信じ込んできた存在を疑うことはできればしたくはないものですが、マスコミや政治家は、嘘つき・詐欺集団で、悪人以外の何者でもありません。

私たち庶民はそんな彼らの目論見通り、彼らのつく巧妙な嘘に騙され続けてきたのです。

マスコミ情報を鵜呑みにして、自分の頭で考えないことが、どれだけ恐ろしいことでしょうか?

どんな人のことも、どんな情報も疑ってかかるのは悪いことではありません。むしろ、賢く生きるために必要な知恵でした。

マスコミが言うままに、テレビに登場する御用学者や専門家、時に有名人の話に耳を傾けては、「あの有名人が言っているんだから間違いない」と言う根拠のない妄想が生まれます。

そうしているうちに、もれなく彼らのつく嘘に騙されては、彼らの金儲けビジネスに貴重な時間やお金をつぎ込んでしまう、かなり危険な行為に自ら足を踏み入れてきたのです。

癌の早期発見やガン保険に促すことを思い出してみても、そもそも「癌という病気は存在しない」のですから、その悪質な詐欺には、驚きを通り越して怒りが込み上げてきます。

でも、彼らのこのような悪事の行い方が理解できると、マスコミが巧みに私たち庶民を騙してきたこと、そうやって作った仕組みを使って上級国民とその関係者だけが稼いできたという詐欺だらけの社会に生きてきたことがよく見えてきます。

北朝鮮とカルトと政界と芸能界を結ぶヤクザ「住吉会」(陰謀論を否定する堀江貴文のドス黒い闇)

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

もちろん、信じるか信じないかは個々の自由ですが、繰り返し声を大にしてお伝えしたいのは、マスコミの垂れ流す情報や専門家の言うことを、自分で考えたり確認したりすることなく、そのまま鵜呑みにするのは危険だということです。

「専門家の言うことを信じる」方が断然楽ですし、人を疑うのも疲れます。

ただ、人を疑わずとも、与えられた情報が理に適っているかどうかを考えたり、正しい情報なのかどうか疑問に思ったりすることは少なくともできると思います。

私も母が白血病だと言われて入院したことを機に、自分で情報を取りに行くようになり、最初は、どこから手をつければいいのか分からず戸惑いました。

あふれる情報の中から納得できる・理に適う情報を探すのに苦労しました。それについては下記の記事に書いています。

あふれる情報に惑わされた日々からRaptブログは解放してくれた。やっと出会えた人生の生き抜き方

それでも、知りたいことから自分で情報を探し始めると、自然と物事を洞察したり分析したりする力がついてきて、自分で考えるようになっていきました。

「分からないことを知りたい」が原動力になって、自分の頭であれこれ考えるようになると、マスコミの話しが「理に適っていないのでは?」と感じるようになりました。

とは言え、この時はまだRaptブログに出会っていなかったので、色々な情報を読んでは混乱していきました。特に、この専門家はこういうけど、あの専門家は違うことを言うのように、専門家の言うことが違ったり。

なので、専門家の言うことを聞けって言われても、どの専門家が正しいのか?を見極めるために疑問に思うことを調べては、次の疑問につながるという出口のない迷路に迷い込んだかのようでした。

そんな中、「癌は遺伝性」という説があるからでしょうか、家族に半ば無理やり連れられては、日本郵政のガン保険に入りました。海外で暮らす私でも受け取れるのか、といった質問を家族がしていたのを思い出します。

私のことを心配してくれているのは分かるのですが、私は全然乗り気ではありませんでした。どうしても何かがしっくりこなかったのです。

この時は母が入院したので日本に帰国していましたが、カナダに住み始めてから、私はテレビを見なくなっていたので、必要以上にテレビに洗脳されることから免れていました。

それが、テレビから情報を得る家族との意見の違いを作る要因になったことは、言うまでもありません。

「癌という病気は存在しない」とは当時は知る由もありませんでしたが、それでも、副作用ばかりの抗がん剤治療を受けて辛そうな母の様子を見ては、癌を治すはずのその治療法に納得することなどできませんでした。

抗がん剤治療を受けるための長期入院を3回繰り返して母は他界。それから数年経って私は、Raptブログに出会いました。

そして「癌という病気は存在しない」という上記リンクの記事を読んで、これが探し求めた真実だと分かりました。

母の入院中に経験したこと、人々の取る行動を観察したことを考えても、理に適った解釈をすることができました。

テレビ脳が恐ろしいのは、マスコミが言うことしか聞き入れられなくなってしまうこと。だからそれ以外のことを言われても理解に及ばないし、物事の判断基準が伝えられた情報の中で決まることです。

マスコミ以外の情報があってもそれを知ろうとするどころか、今まで聞いてきたことと違うことを知ることが怖いかのように、目を塞いでしまいます。

真実を知らないことの方がどれほど怖いことでしょうか。

不安や恐怖を減らしたいと、早期発見のために病院に行くのも、癌になった時のことを考えてガン保険に入ったりするのも、マスコミが報道することの範疇で、何度も何度も聞いて行くうちに、真実かどうかを通り越して、常識としてとらわれるようになってきました。

このような状況が一般とされてしまったわけですから、それと違う発想を持ってこられた日には、「不安にさせるような事は言ってくれるな」と反発したり、拒否したりして、ますます真実を知ることから遠ざかってしまいます。

ここでも負の連鎖。

母が入院中、担当医が「芸能人にも同じ治療をする」と話してきては、それを聞いて家族は安心感を得ていました。家族なのにまるで赤の他人かのうように私とは感じ方が違いました。

家族からすれば、私のことを外国に住むエイリアンのように思っていたかもしれませんが、そんな私からすると、芸能人と同じ治療だから何が話のポイントなのか全くもって不明で、説得されるようなものではありませんでした。

むしろ、芸能人=庶民より上の人間であり、そんな上級国民と同じ治療だから、安心とでも言いたいのか?と悪意さえ感じました。

それでもテレビ脳人口が多いので、多数決で真実が負けてしまうという、嘘が常識になっている世の中の現状を見ては、心が痛みます。

それに追い討ちをかけるかのように巷では「肩書きのない人の話は信用ならない」という考え方が出回っています。

人と会話をしていても、「それ、誰が言ってる情報?」と聞かれる機会って結構ありますよね。

中には、マスコミからの情報、ある政治家がテレビで言ってたこと、学校の先生が言っていたこと、掛かりつけの医者が言ってたことなどなど、人々は肩書きのある人をその分野の専門家とみなして、その人たちの話は聞くという傾向があります。

そんな状況を上手く利用するかのように、それぞれの分野の専門家の話を聞けと言う、自称キチガイ医師の「内海聡」氏がいます。

私はRaptブログで真実を見つける前に、彼の話を「バクロスTV」とか「内海塾」などのチャンネルをユーチューブで見ていました。

彼の話の中に、「各分野でその道の専門家になれば、人はその人の話に耳を傾ける」と言うようなことが出てきました。

これも、今思えば人々が自分で考えるのではなく、専門家の言うことを鵜呑みにするように誘導しているように思いますが、彼の場合は、薬を使わない治療を進めているので、中でも、東洋思想の分野でそれぞれが専門家になりましょうと言う意味合いで話していた感じがしました。

内海聡氏の話の中でも私は、食の陰謀論やワクチンが毒というトピックをよく聞いていました。特にワクチンに関しては、その危険性を原材料を説明しながら訴えているのを見て、毒性が強そうなものばかりで作られているなという印象を持っていました。

彼の話しでは、薬を使う西洋医学や農薬なども否定していて、代わりに自然農法とかオーガニックが良いって言う発想に繋がるようになっています。

とは言え、彼自身はハワイで健康とはあまり関係のない普通の弁当屋をやっているそうです。


ハワイは日本人も多いし、アメリカに9箇所ある生長の家(大本教分派)の会館のうち5箇所はハワイにあって、医者という肩書きとコネを使えばいろんなビジネスができるのでしょう。

私の知り合いにも、彼の話に感化されて、40過ぎてから学校に3年間通った後、鍼師になった人がいました。

彼女は、福島原発事故を機に人生が変わったと言っていました。放射能を恐れ、家族に脱原発の話をしても、山本太郎に投票するように説得しても、聞いてもらえない。

けど、鍼師という「専門家」になれば、家族が話を聞いてくれるかもしれないと熱く語ってくれたのを思い出します。

「内海聡」のいうところの「専門家の話を聞く(専門家になって人を説得できる)」は、このようにして東洋思想の各分野へと誘導されて行くのだとのちに気づきました。

健康ブームにはまっていた私も同様に、彼のこのような話を聞いては、ナチュロパス の資格を取ろうと本気で考え、学校まで探していました。

そんな時にRaptブログの下記の記事を読んで、スッパリとこのカルト思想から抜け出し、ハマっていた健康ブームとも縁を切ることができました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

健康的なものに興味はあったけど、カルト宗教思想に引きづり込まれるのは断固としてごめん!一見聞こえがいい自然療法なのに、心の何処かに何か引っかかるものがあったのは、こういうことかと納得しました。

上記の記事にあるように、自然農法は「世界救世教」という新興宗教と関連があり、その教祖「岡田茂吉」は、元々「大本教」の信者だったようです。

彼が大本教に入信した理由が、「薬が病気の本(もと)ではないか」という自分の考えと、大本の薬毒の教えが一致していたから。

医原病や薬害の専門家であると言う「内海聡」と考え方が同じです。

とは言え、私もそうでしたが、健康ブームにハマっている人の中でも、この「大本」と言う宗教の名前を聞いたことがない人は多いと思います。

でも、この記事の冒頭でも少し触れたように、今世間を騒がせているコロナパンデミックを仕掛けた犯人こそがこの「大本教」でした。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

世界的に起こっているコロナ騒動を起こしたほどの力を持っていながら、その名前が今まで表に出てこなかった隠れカルト宗教が「大本教」であり、政治家を含む多くの有名人がその信者である可能性が高いことが次々とRapt理論で分かってきました。

板垣退助はロスチャイルドの傀儡で、その子孫である中田敦彦は大本教の工作員だった。

芸能界は大本教信者と満州人脈の巣窟である。(コロナパンデミックを焚きつける芸能人たちの正体)

トランプを熱烈に支持するQアノンも、大本教だった。

こうなってくると、彼らのような「有名人」やテレビに出てくる「専門家」が言うことほど当てにならないことがよく分かります。

もうお腹いっぱいって位に、彼らの作ってきたカルト思想に、マスコミの嘘に洗脳されてきたことを思っては吐き気すらしてきます。

この「コロナの嘘」であるパンデミックは、そんな彼ら悪人の正体をあらわにするキッカケにもなりました。

彼ら悪人とは、神様に反逆したユダヤ人の末裔で、本気で悪魔を拝んできた人たちでした。彼らは悪魔崇拝をして、あらゆる悪智恵を得ては、人々をあらゆる事件事故に巻き込んできたのです。

そうして、原爆や人工地震、原発事故などを起こしては、財産や土地を略奪してきたと言う恐ろしい歴史がありました。

今回のコロナパンデミックも、ビジネスや土地を略奪して、そこにコンピュータ化社会「スマートシティ」を作って、世界統一政府を目指すと言うなんとも一般庶民の私たちの想像を絶するものでした。

ここでちょっと複雑なのは、そのユダヤ人の末裔たちが内部で利権争いをしていること。そして、その争いが多くの矛盾を生んでいることです。

そんな矛盾の例の一つは、彼らが支配するマスコミを使って、各分野の専門家の言うことを聞けと言いつつ、IT専門のビル・ゲイツが専門外の医療分野のワクチン摂取を推奨しています。このワクチン推奨に関しては同じくIT専門のホリエモンも同様。

この矛盾を隠すかのように、要は、なんの分野でもいいからまず、有名人になって、自分の話に耳を傾けさせるという魂胆が見えてきます。

そうして、カルト思想に人々を巻き込み、人々は彼らの出版した本を買って読んだり、本くらいで済めばいいですが、その他にも様々な彼らの金儲けビジネスの餌食にされてきたのです。

本を出版するにも、カルト宗教団体とその資金力でもなければ難しいわけですし。

こうして、無宗教だと思っていた一般の人々も、オシャレに演出されたヴィーガンや、LGBTなどのライフスタイルがファションのように持て囃されては、知らずにそのカルト思想に足を踏み入れて行くのだと分かるようになりました。ヨガも然り…

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

ヨガに癒しを求める人たちへ:それ危険です!(Part 2)

私たちが常識としてきたことや、正しいものだと思っていた情報は、必ずしも真実ではありませんでした。

私たちが生きてきた世界が思っていたものとは全く違ったという意味は、このように驚くほどの「悪魔崇拝」要素に囲まれて生活してきたにも関わらず、その実状を全くもって知らなかったというところに行き着きます。

何かを学んでいるのに、彼らの嘘を常識的に捉えることを学んでいたので、真実を知るという意味においては無知だったと言うパラドックス…

「知らぬが仏」という言葉は、このカルト思想社会を正当化するためにある言葉だった感じがしてきます。

知らない方が幸せといったニュアンスで使われることの多いこの言葉は、人々が苦悩や抱えている問題などを「考えない」瞬間を持つだけで、スピリチュアルと同様、人々が救われることは絶対にありません(なんせ悪魔を拝んでいるのですから)。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

どんな問題も悩みも、その原因が何かを自分で考えたり追求してこそ、その答えが得られます。それをしないのは、問題に目をつむって過ぎ去るのを待つのと同じこと。

「時が解決する」という言葉も考えないようにするために作られた言葉かも知れませんね。

私たちがこれからの将来を正しい情報を元に選択していくためには、有名人や専門家が言っているからとその話を鵜呑みにするのではなく、自分で考えて真実を追求するしか方法はありません。

マスコミに出てくるような専門家の言うことを聞こうは、自分で考えることから遠ざける「無宗教」カルトの仕掛けた詐欺であることを肝に命じて、まずはRaptブログで真実を学びながら、自分で考える力をつけて、正しい知識を学んで欲しいと心から願います。

Raptブログ

かなり深い学びを得られると思う、今回の記事に関連するRaptブログの記事はこちら↓

RAPT有料記事57 (2016年4月9日)真に知るべき知識を数多く得て生きる。

RAPT有料記事172(2017年5月15日)嘘を常識とする世の中ではなく、真実を常識とする世の中に作り変えなさい。

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

 

私が一番好きな季節とその風景の中、未だ世間はコロナパンデミックの話題で持ちきりでしょうか。

こちらでもスーパーなど開いている限られたお店では、ソーシャルディスタンスが定着しつつあります。

このルールが始まったばかりの頃は、なんとも殺伐とした雰囲気が漂っていましたが、時間と共にそれも緩まってきているような、そんな感じがし始めた今日この頃。

それでも、マスコミが作るコロナの恐怖に怯えている人達の話を聞いたり、反応を見ては、なんとも切ない気持ちになったりします。

日本の友人の子供達は、ステイホームでテレビを見る機会が多いからでしょうか、コロナウィルスを恐れて、ゴールデンウィークは、外出自粛を積極的に頑張ると話していました。

また私の英語の先生は、週に一度、電話で話す時の冒頭で「ソーシャルディスタンスにステイホーム、ちゃんと守っている?」が挨拶がわりになって、1ヶ月以上が過ぎた先週のレッスンの時には、「僕も妻もここ最近なぜか寝起きが悪いから、コーヒーを二杯飲んでなんとか乗り切っている。」と言いました。

私が住むカナダは、ただでさえ冬が長く、日照時間は貴重で、人々は普段からビタミンDが必要だと、会話のところどころに出てくるのですが、今回のステイホームを律儀に守った人達にとっては、必然的に日に当たる時間が奪われ、そうして健康状態にもひっそりと悪影響を及ぼしていると考えられます。

マスコミの情報を鵜呑みにすることが、害になることを表した一つの例。

そんなマスコミの影響力が未だ強い中でも、政府の対応の仕方に矛盾を感じたり、周りにコロナウィルスにかかった人がいないこととマスコミの報道とのギャップに疑問を覚えた人も少なくないようで、中にはコロナの嘘を知って色々と調べるうちに、今までの価値観や常識としてきたことが180度変わってしまったという人もいたり。

かたや、コロナの報道の嘘を知ったからなんなの?と思う人もいて、自分の生活にそこそこ満足していたり、コロナ騒動のせいで仕事がなくなることもなかった人たちの中には、真実を知る必要性を感じない人もいます。

この発想こそが、「無宗教」がもたらした愛のない社会。その底知れぬ深さを垣間見ては、胸が締め付けられる思いがしました。

どんな状況におかれていても、単純に考えて、コロナの恐怖を煽る報道が嘘だと分かれば、無駄にステイホームすることなく、散歩に出かけて日光浴をするだけでも気分転換になることは想像できますし、気分転換できれば、ストレスからくる家族の喧嘩なども避けられるかもしれません。

親戚や友人にこの状況を伝えてあげることができれば、より多くの人が無駄な不安から解消されることにもなりますが、真実を聞かされてすんなり受け入れる人もいれば、政治家が言うことを疑わずにきた人達にとっては、全く逆のことを言われて理解が追い付かずに反発するだけであったり。

自分のことだけで精一杯な人も多く、そうするとどうしても自分さえ良ければいい的な考えが先に立ってしまうようになった愛のない現代社会。

そんな愛も、救いもない「無宗教」社会を作ろうとしたのが、今回のコロナパンデミックを引き起こした犯人でした。

コロナウィルスは、マスコミで言われているような得体の知れないものではなく、コロナパンデミックは、大本教・出口王仁三郎による計画的犯行であったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

そんな悪人達がコロナパンデミックを起こした目的は、世界各地の都市から土地を略奪して、そこにコンピューター管理の街、「スマートシティ」を作ること。

私が昔から大嫌いだった言葉に「長いものに巻かれろ」があります。この処世術とか言われている発想こそ、あちら側の仕掛けだったのだろうと考えるとしっくりきてしまいます。

長いものに巻かれていれば、人々はロボットのように自分の頭で物事を考えることをしなくなって、そんなロボット化する世界には愛など不要なので、コンピューター管理社会にはもってこいです。

マスコミの報道からは、そんな話はもちろん出てきませんし、むしろ、人々がマスコミの報道通りにコロナウィルスを恐怖に思って、自発的にその場所から離れてくれたら、スマートシティを作りやすくなるというカラクリ。

長いこと嘘の情報で人々を洗脳し、時に恐怖を煽っては、言われた通りに従う、自分でものを考えない人達を作ってきたというわけです。

こんな普通の人間では思いつかない悪事の裏には、大本教・出口王仁三郎のカルト思想がありました。

その大本教が目指した世界こそが、私たち庶民から救いを遠ざけるための「無宗教」という概念を植え付けることでした。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

現に、私も無宗教家庭で生まれ育って、自然と自分は無宗教だと思ってずっと生きてきましたし、親戚に創価学会の人がいたこともあって、宗教に対して良いイメージが全くありませんでした。

創価学会の信者の親戚は、普段特別会話をするわけでもないのに、選挙の前にだけ、公明党に投票するように電話をしてくるとか、そのついでに聖教新聞を取るように勧められては、私の母はいつも嫌な気持ちになっていたのを見てきました。

そんなある意味短にあった創価学会も、大本教も同じ「国常立尊」という悪魔を拝んでいるというのですから、開いた口が塞がらないだけでなく、カルト思想というのは、その名の通り、まさに悪魔崇拝からくるのだということが分かりました。

 「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

私は、昔から創価学会と公明党の繋がりに疑問がありました。なんで政治に宗教が絡むのか。

また、宗教に良いイメージがないがために、どういう仕組みになっていて、社会においてどのような役割を果たしているのか、調べてみたいと思うこともなく、むしろ、変に知って騙されれたくないという気持ちの方が強くて、避けてきました。

今思えば、こうやって自ら「無宗教」という彼らが作ったカルト思想にどっぷり浸っていたとも言えます。

そうして、知らずにカルト・大本教の目指した救いのない世界の中で、奴隷のように扱われてきたことにも気づかずに、ずっと生きてきました。

これこそが、カルトが作り出した「無宗教」というカルト宗教。信者になろうとする必要はなく、ただ、テレビを見たり、新聞を読んだり、有名人のユーチューブ情報を聞いていれば、自然と洗脳されていきます。

そうして、嘘が充満した情報の中で、政治家は嘘をつかないと信じ切って、いつの間にか間違った情報の認識が常識化してしまうという…

私はこの社会構造が分かって、日本に無宗教人口が多い理由がよく理解できました。

そんな奴隷社会に生きているとはつゆ知らず、カルト宗教の思想にまみれた生活を送ってきたお人好しな日本人の私たち…

習慣のように初詣に出掛ける行為が物語っているように、神社には神がいるとかいないとか、そういうことを考えて追求するのではなく、ただ文化・風習的に出掛けて、願掛けをする(それも彼ら悪人が崇める悪魔に…)。

この行為一つをとってみても、カルト宗教に入ってしまった人の特徴と同じことを表しています。

そのカルトの特徴とは、人が自分の頭で考えないようにすること。その為にも、上層部は、無駄に物事を複雑に話しては、なんとなくそれらしきことを言っているかのように振る舞って、人々を混乱させ、終いには、思考停止状態に持っていく…

カルトの世界は、指導者に従って認められることが重要視されるようで、指導者の意見に従ったり、機嫌を伺ってさえいればいいので、指導者が言っていることが正しいかどうか、自分の頭で考えることからは自然と遠ざかっていきます。

この構図は、会社勤めをする人の働く環境においても同様に、自分の頭で考えて仕事をするというよりは、常に上からの指示に従って仕事をしなければいけない、少なくともそのような雰囲気が漂っています。

そのため、上司に認められるために仕事をする人が本当に多いこと…

東京で働いていた時の私は、そんな同僚の立ち振る舞い方を見ては、人々はなんのために、どんな自分になりたくて仕事をしているのか疑問でした。

仕事をする目的が上司に気に入られることになってしまうと、あちこちで無駄が出てきては、どんどん複雑化していくので、そんな上に媚を売るような同僚と一緒に仕事をするのは、煩わしい以外の何物でもありませんでした。

救いのない無宗教社会のように、本来の目的を見失ったプロジェクト内容からは、もはやなんのためにこの計画を行うのか、肝心な部分が抜けていきました。

決まって、横のつながりの人間関係も複雑になっていき、誰々のやり方は良くないなどとぶつぶつ文句をいっては、味方を増やしたいがために周りを取り込もうとしたりする無駄が発生するという、悪循環。

仕事をしにきているのか、自分に同調してくれる仲間を探しにきているのか、全くもって意味不明でした。

そんな私の社会に対する疑問に対して、理に叶う答えを与えてくれたのがRaptブログでした。

そこには、宗教には本物の宗教があったこと、本物は徳を高めるものだったことが記されていて、それを知った私は宗教というと悪いイメージばかりが先行していた理由を含めて、非常に納得することができました。

本物の宗教は人の徳を高めますが、カルトは人の徳を貶めます。しかし、なぜかこの世にはカルトに入って活躍し、光り輝く人がいます。

誰からも聞いたことがなかった宗教の話に、「本物の宗教は人の徳を高める」という美しい言葉の響きに感動しました。

私は、いつの頃からか、ことわざとか、名言と言ったものを読むのが好きでした。短い文章のなかに「なるほど」と思うことが凝縮されている言葉、それらを読むだけで賢くなったような気分に浸ってみたり。

Raptブログに出会ってからは、興味のなかった政治・経済・歴史などの分野の話を、それも長文にも関わらず興味深く読んでいる自分に気づきました。

そうして世の中のカラクリに気づけば気づくほど、無宗教社会が作り出した矛盾にも気づくことができるようになりました。

私は、10年以上前にテレビを見なくなってから、マスコミが嘘で人々を洗脳していることや、そんな嘘も嘘だと分からずに信じて何度も聞いていれば、いつの間にか常識であるかのように錯覚させられる社会で、人々が生活していることにも薄々気づいていました。

ですが、無宗教というカルト思想の中で暮らしていたとは、到底気づきませんでしたし、まさか、救いのない世界を作るために無宗教があったとは想像を絶するものでした。

それが大本教などのカルト宗教が目指した世界であることが理解できるようになると、それを逆手にとって考えてみれば、救いのある世界を作るためには、本物の宗教しかないことに行きつきます。

救いのない世界では、マスコミが垂れ流す情報を受身で聞いて、自分でものを考えられないようになってきました。

救いのある世界では、真理の御言葉を自発的に聴きたくなるし、深い内容の話を聞いたり、今まで分からなかったことに対する答えが出てくるという本当に素晴らしい体験ができています。

こうして、真理の御言葉を聞いて悟ることができると、自分の頭の中にこびりついていた嘘の常識や間違った考えがなくなっていくのです。

自分の頭の中が正しい言葉に入れ替わっていくと、世の中に氾濫している嘘の情報に惑わされることも自然と減っていきます。

こうしてたくさん悟ることができれば、世の中のカラクリもより明確に理解することもできますし、たくさんのことが分かるようになれば心配事がどんどん減って、心に平安を得ることができるのです。

これが救いのある世界。

その真理の存在を知れば、上司の顔色を伺って仕事をするようなこと自体が、なんとも取るに足りないことであることに気付きますし、自分のために何一つ為にならない無意味なものであることが良く分かります。

この世の中は、思っていたものとは全く違いました。

世の中の法律やルールを守っているだけでは幸せになることができない理由は、救いの存在がすっぽり隠されてきたからだったのです。

私は、Raptブログでこの衝撃的事実を知り、Raptさんが伝えてくださる真理の御言葉を聞いていくうちに、この偉大なる真理の存在を悟ることが出来ました。

そのおかげで、「無宗教」というカルト宗教が作り出した思想から抜け出すことが出来ました。そうして今までに経験したことのなかった心の平安を得ることが出来るようになりました。

この救いの御言葉こそが、愛の賜物です。

救いのない現代社会に欠けていたのは、まさに愛の存在でした。その愛の存在こそが神様であり、その存在を隠して人々が救われることのないように、彼ら悪人の奴隷でい続けるようにとしてきたのが、大本教などのカルト宗教でした。

私たちは、神様の偉大なる歴史の中に生きていたのです。

にも関わらず、唯一の人々の救いである神様の御言葉から遠ざけられ、本気で悪魔を崇める悪人たちが作った法律・ルールの中で、それに従って生きてきたのです。

だから、本当の幸せの意味などわからないままに、目先のことに捕らわれては、ひたすら救いのない、間違った道を歩んできた…

人は誰しも幸せになりたいと願って生きているはずです。

ならば、真理の御言葉を聞いて、今まで間違った道を歩み続けてきたことを理解して、軌道修正をしてこれからの人生をいきたいと思いませんか?

コロナパンデミックは、神様の存在を人々からずっと隠してきた悪人達によって引き起こされました。もう一度そのことをじっくり考えて、真理の存在に気づいて欲しいと願います。

そして、愛の御言葉を聞いて、分からなかったことの答えをたくさん受けて、本当の意味での心の平安を得て欲しいと思います。

心の平安無くして、幸せな人生を歩むことはできません。

幸せな人生とは、分からなかったことが分かるようになっていくことで不安から解放されることであり、何か行動を起こす時にも分かってから行動することができるようになることでもあります。

これがどれほど確実な人生の歩み方であるか、想像して見てください。

その具体的な方法をRaptさんが御言葉から惜しげも無く伝授してくださっています。

人の徳を高める本物の御言葉が聞ける唯一の場所はここにありました。

Raptブログ

人のため・自分のために生きてきた人生から、真理を求める人生へ

 

コロナパンデミックで世間はすっかり活気を失い、仕事やビジネスを失う人が日に日に増えて、そのストレスに気が狂いそうになったり、自殺者も出てきています。

こちらでも、高速道路をまたぐ橋の上から飛び降りる人が出てきていたり、家賃を支払うために若い20代の女性は自分の卵子を売って稼いだり、オンラインで家賃を代わりに払ってくれそうな人を探したり…

世の中の混乱状態は悪化する一方です。

そんな中、家賃を払わなくてよかった生活から、家賃を払い始める生活に向けて少しづつ動き始めました。

今までは事実婚パートナーの家に住み、その彼の仕事を少し手伝う生活をしてきましたが、40代半ば、新たな人生の始まりです。

コロナ騒動のため仕事を探すのが結構大変な状態で、ある求人に応募したら、なんと競争率1500倍…

そんな状態ではありますが、パートナーの人生の中で生きてきた私の人生から、真理を求めて生きる人生を歩むことにしました。

自活ができて、引っ越してから証を書こうかと思っていたのですが、数日前に、パートナーにこれからは別々の人生を歩む話をする機会を持つことができたので、途中段階ではありますが、証を書くことにしました。

ここに至るに当たって、前回の証でちらっと触れたのですが、私の書いたあるツイートをきっかけに、私が見過ごしていた重大なことに気づかせてくれた、姉妹の方が2名いらっしゃいました。

そして下記の記事に出会うことができました。

VOL.118 異性の罪について、または主に使われる祝福について。

私は、去年の初夏から有料記事を読み始め、少しづつ過去の記事を購入するようになっていましたが、この記事や他の過去の記事を十分に読めていませんでした。

さらに、10年付き合ってきたパートナーとの事実婚を、勝手に結婚と同様に捉えていた自分がいたので、相手に迫害されるようなことがあったら、別れようと勝手な解釈をして来てしまったのです。

信仰歴が未だ一年未満と浅い私ですが、従おうと努力し、今年に入ってからは特に御言葉に従って、情報拡散やブログ書きを行い、新しいことに挑戦の一つとしてユーチューブ動画も作ってみました。

こうして世の中の情報に触れる機会が増えて、肉的なことに夢中になっては、体にかかる負担が増えて疲れていきました。

肉的に偏って、霊的なことがおろそかになっていた事に気づき始めたそんな時にツイートしたことをきっかけに、最大の盲点に気づかされることになりました。

その気づきがツイッターのフォロワーの方から来たこと、正直なところ、一瞬どう捉えたらいいのか戸惑いましたが、年末にパートナーと言い争いになった時、これは迫害か?と、その明け方に神様について生きますと宣言していた自分を思い出しました。

にも関わらず、その時はまだ事実婚=結婚と捉えていたので、裁きの翌日に「君の言い分は理解している」的なことをパートナーに言われ、それからは私の明け方の祈りの時間を理解してか、朝食を自分で食べて出かけるようになってくれたので、迫害が消えたかのように思っていました。

とんでもない、そもそもの理解が間違っていたんですから…

今思えば、仮に今、入籍しようと彼に言われても、その結婚は決してうまくいかない事は分かっているのですから、そう考えれば事実婚は結婚していることとは違うことが分かります。

そうこうして答えを求めて過去の御言葉読み、聖書を読み、霊的により時間をさくようになっていた時に、別々の道を歩む話をする機会は自然にやって来ました。

特別心を決めてこの日に言おうと計画を立てて言ったわけではありませんでしたが、異性の罪を犯していたことに気づいてからは、「すんなり別れることができますように」とお祈りしていたので、そのように神様が導いてくださったのかもしれません。

この罪に気づくまでは、彼にもこの真理の存在を知って、救われて欲しいと願ったこともありました。

でも同時に、二心状態では、彼が真理の存在を悟るようにといくら願っても、叶わないことにも気づきました。

別れの話に彼はまさかそんな話が出てくるとは想像もしなかったようですが、無宗教だと思って40数年生きてきた日本人の私が、クリスチャンの道を行くと言うので、神様の存在を否定してはいなかった彼も、これはただ事ではないように感じたようです。

さらに、彼の友人の知り合いの20代の女性が、実際に卵子を売って家賃を払っている人の話を聞いて、どれだけこの世の中が堕落してしまったかを考えたら、私がクリスチャンの道を行こうとする意味が少し理解できたようでした。

私にとって罪であることは、彼にとっても罪です。と言うことは、このまま関係を続ければ、二人の意見の違いから喧嘩が増えて行くだけでは済まず、二人とも救われることはありませんし、ましてや人を救うこともできなくなってしまいます。

今まで彼の人生の中で生きてきた私は、自分で人生を選択するというよりはどちらかと言うと、ただついて行くだけの存在になっていました。

そうして日々生活してきては、諸処にぶち当たる困難。なんで物事がスムーズにいかないのか、問題が多々あるのか分かりませんでした。

この異性の罪に気づくまで、そんな状況を心のどこかで相手のせいだけにしていた事にも、最近になってようやく気づきました。異性の罪は、相手にも私にも両側に当てはまるのに。

その上、私は相手の所有する家に住み、外に仕事に行くわけでもなく、自活できていませんでした。そう思ったら、パートナーとの関係において罪深いのは私の方だったかも…

いづれにしても、私が出て行く事で、彼も異性の罪から離れることができるので、何をするにも困難だった状態から少しでも解放されるかもしれない、そんな風にも感じるようになりました。

パートナーは、友人達と共に北米の陰謀論をいつも聞いていました。みんな決まってトランプに好意的になっていきました。

で、悪者はカナダのトルドー首相。いやいやみんな悪者ですが…と言いたいところでしたが、そんなことがポイントではないので口を閉じました。

私の信仰が日に日に深まって行くにつれて、彼らの中には、どんどん発言が凶暴になって行く人をみては、残念に思うようになっていきました。

こうして、真理の救いから遠ざかって行く様子を目の当たりにして、心苦しくなっていきました。

ある日、パートナーの友人の元クリスチャンと話す機会があった時、この彼は「イエス・キリストのように十字架にかけられたくない」と言いました。

それを聞いたのは、私が信仰を持ってからまだそれほど月日は経っていませんでしたが、そう言う解釈をしているのかと悲しくなりました。

「自分さえ良ければいい」「自分を守らなければ」と言う考えが先立っているとしか思えず、非常に残念に思ったのを覚えています。

真理の御言葉を聞いて悟れていたら、そのような発想には陥ることはないのに…

お金を稼ぐ事で成功したような気分になるような社会に生きてきた結果、このようにして人は自分のことで精一杯な気持ちになって行くのだと思いました。

確かに、政府の作る法律が増えたり、税金が増えたり、日々の請求書や家賃および住宅ローンなどの支払いがあれば、それを支払うことが日々の悩み事とになって、人々の生活を支配してきました。

でも、真理の存在とその世界がどのような仕組みになっているかを知るようになると、お金を稼ぐために頑張っても、その先に真の幸せなどないことが分かります。

現に、別れ話の時に彼は「何が正しいのか、もう分からない。」と言いました。

この言葉には、彼の老後計画の中には一応私の存在があって、彼なりに頑張って日々暮らしてきたところに、ずっと彼の人生の中で暮らしてきた私が出て行くと言うので、私には確固たる確信が持てるもの=信仰があること、その信仰は、彼のクリスチャンの友人からは見たことがないものだったのだと思います。

Raptさんの伝えてくださる神様の御言葉は、どこからどうとっても紛れもない真理で、その言葉の深さは一言では言えないけれど、別れ話の時に仮に一言で言うなら、「真理を知ったら、正しい道がそこにしかないことがわかる」と伝えました。

これこそが進むべき道。

彼が納得するように話すためにも加えて伝えたことは、「貴方は、そのつもりはなかったにしても、いつもハードな道を歩んできた。ハードな道を歩む事になってしまったのは、真理とその世の法則を知らずに行動していたからだと言うことが分かった。だから、あえてその道=間違った道を歩むことはできないし、貴方にも歩んで欲しくない。」と言いました。

意見も性格も強いパートナーは、今まで彼自身を疑うことはそうそうありませんでしたが、「僕も変わりたい。」と言いました。

そんな発言がまさか出てくるとは到底想像もしていなかったのでビックリしましたが、真理からくる御言葉から得られる悟り=愛は、説得力があり、本当に強いことを深く感じました。

この異性の罪をはっきりと悟った時も、神様はたくさんの感動を与えてくださいました。また、彼に別れ話をしてからも、さらなる悟りが出てきては、どこからともなく湧いてくる感動を感じています。

そうして、この道こそが正しい道であることを確信することができています。

「僕は君に何をしてあげられるか?」と聞かれ、「何もいらないけど、貴方にも真理を見つけて救われて欲しい。」と言いました。

この異性の罪に私がまだ気づいていない頃、パートナーにも救われて欲しいと願っていたことがありました。あのまま罪に気づかずにいれば、叶うこともなかった願い。

それにも関わらず、この罪に気づいて、それに向かって動こうとしていることを神様は応援してくださっているのか、彼が少しづつ救いの道について、考えるようになってきました。

こうして、神様は導いてくださっているのか、とその深い愛を感じざるを得ません。

そんな深い愛の存在、人々の救いをあらゆる形で遠ざけてきた悪人=イルミナティ。

そんな悪人達は滅びなければいけません。そのためには心の救いを得た私たちが、多くの人にこの真理の存在を証していく必要があります。

今回この罪に気づかせてくださった姉妹の方々、神様の存在は知らずともそれなりに善良に生を送ってくれただろう私の先祖にも感謝しています。

私の母親は、私たち子供のことはもちろん、常に人のことを優先する人でした。言わずとも父親が必要なものを察して、それを行う人でした。

その姿を見て育ったからか、私も人の気持ちを察する(時にうかがう)のは上手な方だったと思います。

おそらくパートナーにとって、察してもらえる状態が心地良かったこと、でもそのせいか、彼の強い性格も重なって、彼は人の気持ちを察することがあまりできない人になっていました。

だから相手がどう考えているか疑問に思うことがあれば、聞かなきゃいけないけど、聞いたとしても相手がその気持ちをはっきり伝えることができるとは限りません。

私も何度と何を考えているか聞かれても、彼の性格を考慮したり気持ちを察すれば、自分の気持ちを全部ぶちまけることはできませんでした。

でも全てお見通しの神様には、素直に気持ちを伝えることができます。これからは、自分の気持ちばかりを神様に聞いてもらうのではなく、Raptさんのように神様の心情をもっと悟って生きたい。

Raptさんの御言葉から学んだように、神様の心情を理解することができれば、人の気持ちを察することも自然とできるようになります。

そうなれば、上手く相手に真理を伝えることが出来るようになって、人々を救いたい神様の心情を察して行うことにも繋がると思います。

私は今まで人の気持ちを察することしかして来なかったので、これからは神様の心情を理解できる人間になれるようにもがいて成長し、人々を救いのある、その方法が分かる「Raptブログ」に導いていきたい。

そして、神様から受ける愛の大きさがどこまでも偉大であることを、多くの人に知ってもらいたいと思います。

その愛の御言葉はRaptブログに。

悪人支配の世の中から解放されて本当の自由を得るには、真理を証して人々を救いに導くことにありました。

 

コロナパンデミックの影響で、世間は活気を失い、人々は先が見えない状況に不安を抱かずにはいられない状態になっています。

アメリカではすでに1700万人以上もの人が失業したとも言われるほどに、経済的な打撃はかなり大きくなりそうです。

そんなコロナパンデミックのカラクリについて、とても分かりやすく説明されている動画が「KAWATAとNANAのRAPT理論」から配信されました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

今回のコロナウィルスのパンデミックは、例によってユダヤ人によって人為的に起こされていること、そして、世界各地の都市を乗っ取っては、そこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしていることが分かりました。

その背景には、カルト宗教の「大本(おおもと)教」の計画がありました。

大本教の教祖である「出口王任三郎」は、天皇家やこの日本を支配している「麻生太郎」や「安倍晋三」同様に、ユダヤ人の末裔でした。

大本教は、神道系の新宗教とされていますが、Rapt理論で分かっているように、神道もユダヤ人が作った宗教であるだけでなく、なんと嘘のような本当の話、本気で悪魔を拝んできた悪魔崇拝でした。

そして、この大本教が求めた世界が、人々から救いを奪った無宗教な世界を作ること。この発想こそが、神様に反逆したユダヤ人の特徴をよく表していました。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

神道は「悪魔崇拝」であり、生みの親は「ユダヤ人」だった。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

そもそもユダヤ人とは、紀元前11世紀ごろに「イスラエル」を建国して、聖書の神様「ヤハウェ」を崇めることで、大きく栄えた民族でしたが、彼らの中から神様に反逆する者が現れては、神様を崇めるのではなく悪魔(サタン)を拝むようになっていきました。

そんな彼らが忌み嫌ったのが、「イエス・キリスト」でした。

イエス・キリストは、今から2000年以上も前に、神様が遣わした人類の救い。多くの人が救われるということを知り、「ペトロ」や「パウロ」などの弟子たちによって、キリスト教は広まっていきました。

しかし、ユダヤ人達はイエス・キリストを迫害し十字架にかけて処刑、彼の弟子達も迫害して殺害してしまいました。

その上、キリスト教に悪魔崇拝の要素を吹き込んで、真の教理を捻じ曲げては、ことごとく真の救いを人々から奪ってきたという異常なほどの悪質な行いをしてきたのです。

こんな話をしても聖書を知らない私たち日本人にとっては、大昔に外国で起きたことでどこか他人事のように感じられるかもしれません。

ですが、私がこのことをRaptブログで知ったとき初めて、日本に無宗教人口が多いことが理解できました。私たち日本人の多くは、救いのない無宗教国家にずっと生かされてきたということです。

無宗教国家と言えば、なんの宗教も信じないイメージがあって、創価学会とか幸福の科学などの宗教にアレルギーがある日本人も多い中、ある意味いいことのような印象すら覚えるかもしれません。

しかし、このような仕組みを作ってきたのが大本教のような隠れカルト宗教であり、その根底には悪魔を拝む神道(道教)や仏教(密教)のようなカルト思想があったのです。

なので、無宗教だと思っていても、多くの日本人は正月になれば初詣に出かけたり、厄年にはお金を払って厄除けなどをしに神社に出かけては悪魔崇拝に加担してきたことになります。

こうして、カルトのその本性は隠されたまま、日本人の生活に当たり前のように習慣的に浸透してきました。

 

現に、私自身ずっと無宗教であると思ってきました。

親戚に創価学会の人がいたり、高校・短大生の時は、クラスメートから電話が掛かってきては宗教の勧誘を受け、宗教に対して良い印象がありませんでした。

一度は、どっかの仏教系宗教の教理本らしきものが送りつけられてきたので、開封せずに送り返したこともありました。

働き始めたばかりの頃は、先輩同僚の間で「かもめのジョナサン」の本の話がよく持ち上がっていたのを記憶しています。

かもめのジョナサンーウィキペディア

この本は、一言で言えば自己啓発本で、一見すると宗教とは違うもののように思うのですが、1970年にアメリカで出版当初はヒッピー文化とあいまって口コミで広がったそうです。

ヒッピー文化といえば、キリスト教文明に批判的で、新しいムーブメントや哲学や宗教、およびスピリチュアルな体験を求めたとされます。

そうしてニューエイジ・ムーブメントに繋がっては、日本では精神世界の名で広まったのちにスピリチュアルへと受け継がれていったというのです。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

このような流れを見ても、世界は常に悪魔崇拝者がキリスト教に反する行いをあらゆるムーブメントなどを持って繰り広げられてきたと言えます。LGBTも然り。

感が良い人はお気づきだと思いますが、大麻合法化の動きや、異常な動物愛護運動、環境問題の嘘などについても、悪魔崇拝者である世界に散らばったユダヤ人=上級国民=イルミナティによって仕掛けられて来ました。

私はRaptブログに出会うまで、健康ブームにはまっていて、マクロビを独学で勉強したことがありました。

マクロビは、ヴィーガンの前進的なものですが、ヴィーガンはどちらかというと動物愛護に対する感情が強く現れているのに対して、マクロビは、食べ物にも陰と陽があって、体を冷やす食べ物とあたためる食べ物があるという思想。

桜沢如一によって提唱された「食養+陰陽論」のことをマクロビと言って、それの元にある陰陽論思想もまたユダヤ人の作ったものでした。

その根底にある悪魔崇拝を広めるべく、マクロビがアメリカで普及していった時の最初の弟子がヒッピー達だったことも、偶然ではないでしょう。

「ジョン・レノン」や「ヨーコ・オノ」もマクロビ食を実践していたと言われていますし、「ビートルズ」は、この「東洋思想」に興味を持っては、インドまで出向いてヨガ・瞑想の修行を受けたりもしていました。

東洋思想は、自由と平等と博愛などの聞こえの良い言葉を捻じ曲げたカルト思想と共に、表立ってカルトだと分からないように、時におしゃれなイメージを加えては、有名人を使って宣伝して来ました。

このようにして人々をカルト思想に巻き込んで、本当の救いから遠ざけてきたわけです。

東洋思想が西洋に渡り逆輸入されることで日本でも流行る。菜食主義やヨガなどはその良い例だと思います。

「スティーブ・ジョブス」など多くの著名人が東洋思想に傾倒していたカラクリは、こういうことだったわけですね。

Raptブログに出会ってから、今まで自分で選択してきたつもりの健康法などの物事や考え方全てが、彼らユダヤ人によって仕組まれてきた洗脳工作であったことに気づきました。

そして健康法だけに限らず、あらゆる分野で行われて来た洗脳工作の共通点は、悪魔崇拝者によるキリスト教潰しに通づると言えます。人々から救いを隠して奪うなんて、これぞ最も悪なる洗脳です。

中でも日本人の私達は、唯一の救いであったキリスト教の存在を隠された社会の中で長いこと生活してきて、本当の意味での善悪の区別すら自分ではっきりつけられず、知らずのうちに悪魔崇拝の仕掛ける罠に引っかかっては、悪人の仕掛けた人生を進むべき道だと思わされてきました。

それと違うことをしたりして目立とうものなら、「出る杭は打たれる」…

そんな状況だから、悪魔崇拝者が作った自己啓発やスピリチュアルの本を読んでも救われないのは当然ですし、健康ブームに乗ってマクロビなどを実践しても、健康的な生活というより活力がなくなったような感覚を覚えたり、極め付けに有名陰謀論者の話を聞いては恐怖を煽られて、「この世の中に救いなどない」と絶望的な気持ちになっていくのです。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

そんな時に出会ったRaptブログで、私は悪魔崇拝について学びました。

悪魔崇拝という言葉を初めて目にした時には、そんなものがこの世に存在するのか?と疑うほど、私は宗教に対する知識を持ち合わせていませんでした。

が、悪人たちが悪魔を拝んで悪知恵を得て人の想像を絶する規模の悪事を働いていること、人々が救われない無宗教社会を作ってきたことが分かるようになってくると、悪人たちに悪魔がついているなら、私たちには神様がいるのではないか、ということが理解できるようになっていきました。

そして、この神様の存在こそが、悪魔崇拝者であるユダヤ人達がひたすら隠してきた人々の救いだったことをはっきりと気づくことができたのです。

まさかこのような壮大な歴史があったとは誰が想像することができたでしょうか?聖書に書かれているような壮大な歴史の中に生かされていた私たちという人間の存在は、決して過去の話ではなく、現在も続いていたわけです。

それに気付かずに生活してきたわけですから、それはそれは、理不尽なことがしょっちゅう起きては、分からないことが多すぎて苦しかったわけです。

真理の存在なしに、この世の中のカラクリや仕組みを理解しようと思っても、無駄な足掻きだったのです。

こんな壮大な歴史は、反逆者ユダヤ人によって、複雑にかつ密かに進められてきました。その悪事の数々を、誰もが分かるようにシンプルに解いてくれたのがRapt理論でした。

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

天皇家の闇関連記事

こんな誰も語ることのなかった真実を解き明かし、Rapt理論を組み立てて、誰もがわかるように書き上げたRaptさんのワザはまさに神業です。

Raptさんは、聖書を何度も読んでいたから、聖書に出てくるユダヤ人の特徴を熟知されており、そのユダヤ人の末裔の正体を暴いて世の中のカラクリを紐解いてこられました。

普通の人は、人々から救いを奪うというそんな悪なる発想が存在していたことすら知り得ないですし、ましてやそんな悪人がいるなどと疑う余地もなかったのではないでしょうか。

彼らユダヤ人は、人々から救いを奪いつつ、自分たちの奴隷のようにするためには手段を選ばず、今回のコロナパンデミックのような恐怖をでっち上げては、私たち庶民をどこまでも貶めようとしてきたのです。

そんな中でも、私は恐怖を感じることなく、むしろ心持ち穏やかに生活することができているのも、Raptさんの伝えてくださる神様の御言葉を聞いてきたから。

真理の御言葉は、これを聞いたことのない人には想像するのが難しいかもしれませんが、どこまでも現実的かつ具体的で、例えば、悪魔の思想に引っかかるないようにするためには、悪魔の手口にはどんなものがあるかと言ったことが分かるようになります。

そうすることで、誘惑に負けることがなくなって、悪魔の手口に引っかからないようにできます。

宗教は弱い人のものという悪人が作り上げた発想を持っている人もいまだ多いかもしれませんが、弱い人のものではなく、むしろ正しい道を見つけられる人のものだったのです。それが分かるとさらに強くなれます。

善良に生きてきた人ほど見つけやすいその正しい道は、悪人社会にどっぷり浸かって来た私たち人間には見つけることが出来なかったでしょう。

その真理に気づき、本当の世の中の成り立ち方を知り、誰も語ることができなかった奥深い話を、教授してくださるのがRaptさんなのです。

そのRaptさんが解いた世の中のカラクリをRaptブログから読めることも感謝ですが、さらにRaptさんが伝えてくださる神様の御言葉を聞けること、これがどれほどの奇跡か計り知れません。

真理の言葉を聞けば、悪人達の仕掛ける罠とその特徴を自分で見極めることができるようになります。

また、庶民の私達がどのように人生を生きるべきか、そしてどのようにして成功を手に入れていくべきか、それらの方法をRaptさんがご自身の経験を含めて分かりやすく説明してくださいます。

神様の存在を知ってからというもの、私も神様の存在を証しすることができる人間になれるようにともがく日々を送っています。

そうして、少しづつ神様から構想やひらめきをいただけるようになってきました。

実力はお金で買えない。真理の愛の言葉に従って、努力し成長することで備わるのが真の実力であることをRaptブログは教えてくれました。

この証を書いた1ヶ月ほど前は、特に今年に入ってからの御言葉に従って、Rapt理論を元にカナダの状況や自分の興味のある分野で記事を書いたり、ユーチューブで動画も作り始めたりして、とにかく夢中になって作業をしていました。

その結果、パソコン作業が続いて体がバリバリに硬くなっていて、肉的に偏った状態を露わにしました。

そんな時に私が投稿したあるツイートに対して、フォロワーの方から質問を受けました。

一瞬、疑われるようなことを書いてしまったかとヒヤッとして落ち込みそうになったのですが、そのことをきっかけに、私の今後の人生の方向転換にも関わる重大な悟りを得ることができました。

これについては、時が来たら証しできればと思っているのですが、この大きな悟りを得た時は、神様が力づけてくれるかのように感動が押し寄せてきました。

そのお陰で落ち込みそうになった気持ちが一気に吹き飛び、その悟りを元に進んでいけばいいのだと確信しました。

時を同じく聞いた過去の御言葉に、肉的に疲れたら、霊的に癒すと言った内容の話が出てきました。

また、霊的にも肉的にも、様々な実力をつける話が出てきました。そこには霊的に肉的にバランスを取るのもそうですが、体調管理と言ったことも含まれていました。

私は確実に運動不足でした。朝から晩までパソコン付けになって肉的に偏って、それ以外のことを全ておろそかにしていました。

それからは、もっと霊的に実力をつけようと聖書を読む時間を増やし、聖書にある神様の御言葉をより理解するために、Raptの最初の頃の有料記事を読むようになりました。

何事も継続できなければ意味がなくなってしまいますし、そこまで努力したことも無駄になってしまいかねません。

そうして霊的な行いに集中して挽回しようと思っているうちに(あと、また誤解されてしまうような内容を書いてしまったらどうしようという消極的な気持ちにもなっていたと思います)、今度はブログ記事を書く肉的な作業から遠ざかってしまいました。

すると、徐々に神様の存在が遠ざかって行くような感じがし、同時に、霊的な解放感が薄れて行くのを感じました。

これではいけない、バランスが必要だと気づいた頃に、読んだ下記の記事でさらに目が覚めました。

RAPT有料記事416(2019年10月28日)真の義人とは人の評価など気にせず、最後まで主の御心を成す人のことを言うのだ。

今回のコロナパンデミックで明らかになったように、悪人支配社会に加速がかかっています。

世界中のあちこちの都市でコロナを使った嘘で人々の恐怖を煽って、土地を略奪をしてはそこに「スマートシティ」なるコンピューター管理の世界を作ろうとしている悪人たち。

同時に今回のコロナ騒動は、多くの人が政府の対応のおかしさに気づくきっかけにもなっています。現に、多くの一般の人たちが、病院がガラガラだということを知ったり、テレビでは芸能人がコロナになっているのに、自分の周りにはかかっている人がいないことに違和感を感じたり。

そうやって次に出てくる人々の疑問は、悪人支配社会から解放されて、真の自由を手に入れるにはどうしたらいいのか?ということではないでしょうか。

その答えを私はRaptさんの伝えてくださる御言葉で見つけました。この「答えが見つかる」「分からなかったことが分かる」という体験ができることこそが御言葉を聞く醍醐味。

そして、奴隷社会から救わるためにも、人類が救われるためにも、悪人の滅びをお祈りしています。

そこで大事なのは、その祈りを神様に叶えてもらうためには、私達一人一人が真理を悟って、Raptさんを悟って、御言葉からたくさんの悟りを積み重ね、それを証していく必要があることにも気づきました。

今はそれを行う時です。

悪人達が長い間私たちに隠してきた神様の存在。神様は目には見えないけど確実にいらっしゃいます。

Raptさんが証してくださったように、目に見えないその偉大なる真理の存在を証しするには、自分の個性才能を磨いて行くようにと、その方法を具体的に御言葉を通して教えてくださいます。

1日2日でできるような簡単なものではありませんが、私はそこに生きる意味と希望を見つけました。

コロナパンデミックが露わにした人々の反応は、自分のことしか考えない人があまりにも多いこと。それを感じてはとても残念だと思いました。

そんなんでは、いつまで経っても悪人の支配から解放されることはありません。

私たちが、本当の自由を手に入れるためにもまずは、一人でも多くの人に私達には救いの道があったことを知って欲しいと思います。

そして、救いの道、確かな成功への道を御言葉からしっかりと学んで、まずは不安から解放されて、どこまでも正しい道を歩む努力をしていきたいものです。

悪人支配の世界では、正しく生きる純粋な人は成功するどころか、どこか格好悪いことのように思わされてきました。

しかし、そんな悪人思考から解放される時が来ました。

正しく生きる、またはその努力をして、確かな幸せを手に入れることほど、確かな生き方はありません。

そうして神様の愛を知って、自分の人生が良い方向へ確実に変わって行くことを実感してもらいたい。

たくさんの人が自分にもできるという希望を持って、有意義な人生を送れるようにと願ってやみません。

人を救いたい一心で神様と共に歩まれてきたRaptさんの人生から、そのRaptさん伝えてくださる神様の御言葉から、正しい道を学んで、多くの人々が栄える本当の平和な社会が作られる日が来る日を信じて。

BLOG BY RAPT

« Older posts

© 2020 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑