Tag: RAPT

あふれる情報に惑わされた日々からRaptブログは解放してくれた。やっと出会えた人生の生き抜き方


 

Raptブログに出会ってからまだ半年も経っていない者ですが、たった数ヶ月の期間でも、今まで40年強生きてきた中で、誰も教えてくれなかった息苦しさの理由を知ることができました。

無宗教家庭に育って、高校は英語教育に力を入れていると言われる学校に入り、プロテスタント系の短大に行ったにも関わらず、聖書に興味を持って自主的に読むことがないだけでなく、聖書の授業では60点と、その授業をパスするのにギリギリの点数といった、とても恥ずかしいレベルでした。

そんな私がRaptブログに出会ってからその御言葉から気づかされたことは、過去に起きた苦しい出来事の数々は、全て神様を信じることで得られる悟りを知るための艱難であったということがわかりました。

その艱難の一つは、母が白血病だと言われて、何度と長期に渡る抗癌剤治療をして、亡くなるまでの間3年半。

なぜ、母のように何も悪を行っていない人が、一昔前まで難病と言われていたような恐ろしい病に見舞われてしまったのか。

ずっと理解できずに辛い思いをしました。

ですが、誰しもこのような艱難が自分や家族の身に起こらない限り、人生についてどう生きるべきかを考えるという、一見当たり前のように思われることを見過ごしたまま、日々の生活に追われてしまいます。

そしてある日突然、艱難に見舞われては、「神様がいたらこんな災難は起こらないはず。神様なんていない。」

そうやってそこから何も悟ることも学ぶこともなく、だから答えも得られず、ただどこにもやれない気持ちに蓋をしてしまいます。

もしくは、衝動にかられたように神社仏閣に行って願かけをしては、「神様にお願いしたから大丈夫」と、他人任せにして何かをやった気になってしまったりもします。

私の母が入院した時も、そうでした。

無宗教の家庭だったにも関わらず、母が入院した時に家族が真っ先に行こうと行った先が神社でした。

私的にはそれがとても不思議でしたし、ある意味、都合よく災難が起きた時だけ神頼みをするなんて、返って罰当たりな感じすらしました。

当時の私は神様の存在をよく理解していませんでしたが、神社には神様はいないような気がしていました(実際、悪魔崇拝の場であったとは…)。

それに神社に行く時間があったら、気落ちしているだろう母の病室に顔を出す方が先にすべきことではないか、とも思いました。

こういう時に、人間が取る行動の背景には、普段から蓄積されてきた受け身の情報が垣間見られるものだ、ということも分かりました。

「お医者様の言うことを聞けばよくなると信じて」「芸能人にも同じ治療をする」これらの言葉は、家族にある種の安堵感を与えたようでした。

しかし、私はインターネットで毎晩夜な夜なありとあらゆるものを読み漁っていたので、母の病院生活の中で観察したことと読み漁ったことの間には、腑に落ちないことばかり。

とは言え、入院しているのは私自身ではないので、勝手にこうしたい、こう思うなどと言うことすら無意味な状態、むしろ、家族と対立するだけでした。

家族には理解してもらえないやり切れない思いを、病院に通う道中空を見上げながら、一人心の中で気持ちを吐き出し、頭の中を整理しようとしていました。

この時にはまだ神様の存在を確信してはいませんでしたが、Raptブログに出会って御言葉を聞くようになってから、あの時も、神様が私が悟りを得られるように見守っていてくれたのではないかと思います。

母が入院するようなことがなければ、真剣に情報収集をしたりすることもなかったでしょうし、家族と自分のもつ感覚がここまで違うことにも気づかないままだったと思います。

また、母が入院してしまったことと家族との葛藤があまりにも辛くて、家族以外の昔からの友人に話をしてみても気分が晴れることはもちろんなく、本当に神様のような存在以外、私の悩みに対して答えをくれる人はいないのではないかと、神様の存在について考えるようになりました。

空に向かって自分の中に抱えている葛藤を考えている時だけが、母親の治療のことを考えて出てくる不安や、家族との意見の相違についてイライラするといった負の感情から解放されました。

とは言え、急に神様の存在をどう理解したらいいのかも分かりませんでしたし、どう対話したらいいのかもわからないままであったのは、言うまでもありません。

また、あの時神様の存在をはっきり理解していたら、意見の違う家族との間で私はさらに苦しい思いをしていたかもしれないとも思ったりもします。

母親の入院中にあったもう一つの大きな悩みは、カナダで勤めていた職場を辞めることになったことでした。

母親の入院が長引き、当時勤めていた職場の上司は数ヶ月ほど私の戻りを待っていてくれたのですが、ある時メールが来て、「7月から戻ってこれないなら、これ以上は待てない。」と言われました。

迷いましたが、母が退院するまで側にいようと決めて、退職することにしました。

カナダに戻っても職場を探すところからまた始めなければいけないこと、給料が途絶えた不安がありましたが、この経験がのちに会社奴隷に戻るのではなく、ブログなどの在宅で日本でもカナダでもできる仕事探しのきっかけとなりました。

これなら隙間時間を使って、在宅でお小遣い稼ぎができるかも?そんな気持ちで始め、いくつかの有料記事を購入したりして、ブログ作りをして見たものの、そう簡単にはお小遣いを稼ぐことはできませんでした。

Raptさんのある日の御言葉で、「世の中そうそう簡単に稼げる方法などない。」と聞いてからは、それまで変にしがみついていたお金を稼ぐことが成功のような考え方を、綺麗に払拭することができました。

神様から答えを得て救われたと感じた瞬間の一つ、お金持ちになったわけじゃないのに、すごく気持ちが満たされて楽になりました。

こうして、御言葉に従っていけば、艱難に見舞われても、「悟り」を得られることで迷うことなく、人生を有意義に生き抜けると確信しました。

悟りを得るタイミングも神様は見計らってくださっていると感じています。

母親を亡くしたことへの気持ちの整理には時間がかかりましたが、その間も、何度も「知らぬが仏」なのだろうか、「物事起こるべくして起きる」とはどう言うことなのか、真理を求め続けました。

そうしてRaptブログと言う、世の中の隠されてきた秘密を見事に解き明かす「神業」の学問に出会うことができました。

有料記事で御言葉を聞くうちに、現在起きていることだけではなく、過去に起きたことからも、「悟る」と言うことの意味を知ることができ、「物事は起こるべくして起きる」と言うことがわかるようなりました。

「真実とはこういうことだったのだ」と、衝撃を受けるとともに、深く感動しました。

この御言葉に従順に義を行なっていけば、正しい生き方ができると確信するとともに、物事を善と悪に区別することができるようになることを、Raptさんが明かして下さっています。

これが人生を生き抜く方法なんだと迷わず前進して行くことができると、今まで得たことのないエネルギーを感じています。

最近では、私の物事に対する発想や発言が変わって来ているようで、今までは、ああでもない、こうでもないと陰謀論系の話を挑戦的に持ちかけて来た友人が、言い返してこなくなりました。

さらに、私には直接言わないものの、この彼と共通の友人と会う機会があった時に、「あのなんかすごい感じの人は最近なんて言ってるの?」と聞かれたりもしました。

挑戦的な友人がどうも共通の友人に Raptブログの話をしているようです。

今まで目にしたり、耳にしたり、親や学校の先生に言われてきたりしてきたことの中に、一切含まれていなかった、本当の世の中の仕組みに、その中で生き抜く方法。

それを知らずに80年も100年もの長い人生を楽しく生きたいと考えるから、それはそれは惑わされたり、騙されたりの連続でも仕方がなかったと言えるでしょう。

世間の父親が子供に言うように「私の家で生活する間は、私の規則に従え」ではありませんが、神様に与えてもらった人生を、神様に従わずして生きたとして報われるどころか、生き方がわからなくて当然です。

そうやって迷っているすきにサタンがやってくる。そのサタンによって支配され続けてきた。

Rapt様の御言葉を通じて、自分がこれから残りの半生をどう過ごしていくべきかを日々悟り、たくさんの悟りを得られるようにするためにも聖書を読んで行きます。

私はカナダに住んでいるので、いづれはRapt様の御言葉から悟ったことを、迷える人々に英語で伝えていけるようにして行きたい、それが私の夢であり希望です。

生き方に迷う、真実を求める多くの人にRaptブログの有料記事を読んでもらえますように。

最後に、Kawataさんのブログを参考に、Raptブログ「誰でも世界を変えられる」のYoutubeビデオのリンクを貼らせていただきます。



あなたも、私も、誰でも世界を変えられる。

壮大な話のように思えますが、世の中の秘密を暴いて恐怖を煽るような他の陰謀論者と違って、Rapt様はこの混沌とした世の中をどう生きるべきか、その方法を具体的に示して下さっています。

こんな最強な御言葉は他にあり得ません。なぜなら神様からの愛の啓示だからです。

一人でも多くの世界中の人にRaptブログが広がり、一人でも多くの人が救われて有意義な人生を過ごされることを切に願います。

Who designs luxury priced Milliken Carpets patterns?


 

If you are an interior designer or decorator, you probably hard about Milliken & Company which specialty chemical, floor covering, and performance materials.

When I was attending interior decorating classes at Humber College, we had guest speakers and designers to share their stories and promote their products for future interior decorators.

One time, we had a speaker from Milliken & Company.  The representative explained the company she was working for and the collections they carried.

The assignment for the class was to create a floor covering design either for residential, hospitality or commercial spaces.

We were supposed to design one pattern in three colour variations and submitted on presentation boards.

And each one of us had to present the assignment in front of our instructor of the class, other students and the Miliken Carpet representative.

At the end of the presentation, three students’ designs were chosen by the Miliken Carpet representative.

 

My design for a floor covering is taken to Milliken Carpet

My design was actually chosen. And I was happy about it, temporally.

The next minute, she asked three of us to give her a CD containing the carpet design we did.

She said she would have taken the design back to Milliken Carpet’s office and adjust them to produce Milliken Carpet’s product: their floor covering business.

Just like that our carpet designs were taken by Milliken & Company.  What we received was a comment of “good work”.

I wondered… Is this how Milliken Carpet creates the floor covering design? -from an interior decorating student???

It would have been better at least if Milliken Carpet hires us even as a part-time assistant designer to provide carpet designs for them.

 

Milliken Carpet became a global company, not because of its good design but the connection

As such, Milliken Carpet isn’t necessarily designing their floor coverings yet how does it become a global company?

Milliken Carpet was founded in 1865 by Seth Milliken and William Deering.

Today, Milliken Carpet became one of the global companies

“With over 35 manufacturing facilities located in the U.S., U.K., Belgium, France, China, India, Mexico, and Australia and other sales and service operations throughout the Americas, Europe and Asia, Milliken’s more than 7,000 associates work to deliver innovations that do good for the world, create new experiences, and build for the future.”

(from indeed – online job hunting site)

The reason why Milliken Carpet is expanded in the world like other global corporations is not that their designs are exceptionally good but they have connections to the governments (elite, globalist, establishment and freemason).

In fact, Seth Milliken was a U.S. Representative from Portland Maine and William Deering who was an American businessman and philanthropist.

Many designers, investors and businessmen/women who claim themselves as philanthropists are using the connection and control the system – and this way they make fortune from the industries with cheap labour.

Ralph Lauren, Diane von Fürstenberg (formerly Princess Diane of Fürstenberg), George Soros, Bill Gates, Mark Zuckerberg (Facebook), Warren Buffet (Berkshire Hathaway) and so many more so-called “elite” people have related to the Illuminati families.

One good example of this situation, I pick up Yoko Ono. Despite the fact that Yoko Ono cannot sing or perform well as an artist, in fact, she was really terrible singing along with John Lennon when they performed in Toronto in the ’60s. She became famous just because she was from one of those families.


As you can now imagine, in the world we live in, this has been happening hundreds and thousands of years – nothing has changed from the bible stories.

Dirty secrets of KonMari method behind Netflix

 

What can we do in this system?

I figured this out when I found RAPT blog (in Japanese).

He blogged about how the system works in the world by using events, accidents and even natural disasters happened in Japan.

By reading his blog articles, I was shocked but they made sense to me knowing all those events were actually made by the people; the Japanese government and the emperor who are part of the “Li family (non-Japanese, one of the 13 Illuminati families)”.

They even cause artificial earthquakes, use cancer (which doesn’t exist in the RAPT theories) or vaccine and make a fortune.

And since they own the media, they broadcast news work convenient for them, therefore, fake news for people (brainwashing).

This situation isn’t only in Japan.  It’s in all the Western countries.

Who are those people?  They were the descendants of the Jewish who went against God for thousands of years.

It would be hard to comprehend what I am writing here is something you have never heard from anywhere.

Milliken & Company is just one of the examples of a global company.  There are many big corporations in the world that don’t pay taxes when they make us pay more and more.

 

Dear designers;

If you haven’t found a job as a designer or decorator, don’t blame yourself assuming you don’t have enough skills.

Because that is not the case here.

 

RAPT theories proved to me so many corruptions in the world.

Because he is a Christian and read the bible so many times, he was able to figure the truth out with praying God every day for 25 years.

 

I was never a religious person and I thought I was an atheist and that is a good idea.

But, an atheist is another group that the elite want you to categorized in.

Left, right, LGBT, feminism, veganism, whatever the group you might be in, we are divided by them so that easier for them to conquer us.

The biggest corruption could be Christianity is conquered by the Vatican which worships idols (which is ban in the bible) and celebrates Christmas as Jesus Christ’s birthday when there are no written dates of Jesus’s birthday in the bible.

 

RAPT is a real Christian who receives “God’s Word” every day now.

I listen to God’s Word through RAPT is a real saviour.  I didn’t know I needed those words.  I didn’t know God is actually exists.

But the Word is powerful, truthful and a lot of common sense that people are forgotten.

Because of his words which I listen to every day, I started to sew again.  I always loved sewing but I quit when my mom got sick.

And when my mom was in a hospital, I was trying to find ways to make money home. I studied Forex, online business, rich dad poor dad, and tried network marketing even.  I must have been really desperate.

Now I know there is no way you can make money quick kind of things.

So I go back where I liked to be in sewing to create artworks – this makes true sense to me.

I could have gone back to work for a job, but I didn’t because I didn’t want to. That is why I struggled to find a way to make a living.

During these couple of years, I struggled but now I know I don’t want to go back to work like I used to, to be a slave for those people who are controlling people.

My time is precious so is yours.  We need to work for good.

For me, I would like to spread RAPT’s messages out for people who are seeking for the truth.

How to make a triangle zipper earphones pouch

© 2020 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑