GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: 自由

愛の意味を履き違えていた人生に気づかせてくれたRaptブログ。真の愛はここにあった。

 

世の人々は誰しも愛を求めて生きています。

親から子への愛、恋人からの愛、旦那・妻からの愛・・・愛は物質的に目には見えません。

目に見えないからこそ理解するのが難しいものであって、私たちは真の愛を見失ってきました。

それは、俗に言う愛ではありませんでした。

私はずっと愛という意味をわからずに生きてきました。

Raptさんの御言葉に出会うまで。

○Rapt有料記事

ーーー

その昔付き合っていた人に言われたことがあります。

「自分の愛する人(彼のこと)を街中で偶然見つけたら、(私は)声をかけたいと思わないのか?」

私の心の中での答え(素直な気持ち)は「愛する人って誰のこと?」でした。なので、声をかけたいと思うか思わないか、「思いません」でした。

声をかけるとしたら、「知っている人だから」と考える方がしっくりきました。

ではなんで付き合っていたんだ?と言われてしまうでしょうが、正直わかりません。わかるのは愛していたから付き合っていたわけではないこと。

仕事ばかりしていた30代前半、いつも疲れていたし、いつも何かに不安を抱えていたし、独身のまま人生を生き抜く覚悟もできていなかったし。

そんな時に現れた彼だったので、この負の状況が少しでも変われば?と淡い期待があったのだと思います。

今思えば、彼と付き合ったことでさらなる面倒な感情に振りまわされることになりました。

私が男性の同僚と話して入れば、「俺のことは気にならないのか」と言われたり、私が彼を尊敬していないのが言葉尻から感じられたのでしょう、何度とブチギレては私の部屋から出て行きました。

その度に私は、「あー一人の時間ができてよかった」と思っていました。

私の部屋を出て、彼はタバコを吸いに行っていました。

私はタバコが異常に嫌いだったので、彼はタバコを辞めようとして頑張ってはいましたが、怒ったりした時には感情を抑えられなくなるのでしょう。

精神を安定させるためにタバコを吸って、それを隠すためにガムを食べて(隠せないけど)、そうして私の部屋に戻ってこようとチャイムを何度と鳴らしました。

そんなブチギレも一度二度くらいまでは我慢しましたが、三度目がやってきた大晦日の日に私は別れることにしました。

世の中の人々は恋人を作って、どれだけ愛を感じているんだろう?疑問でした。

親からの愛は感じて育った割に、昔からどこか冷めていた私は、恋人を欲しいと思ったことはあっても、愛を真剣に欲しいと考えたことはありませんでした。

「恋人=愛」という勘違いをしていたからだと思います。

だから恋人ができてもときめくこともあまりありませんでした。友達が恋人と結婚していくのを見ては、私も想像してみたりするのですが、「みんなどれくらい愛して結婚するんだろう?」という疑問だけしか湧いてきませんでした。

そんな私もこれが本当に誰かを好きっていう気持ちではないかと錯覚した彼がいました。彼はユダヤ人系カナダ人でした。

日本で英語教師をしたことがあった彼は、日本に滞在中には相撲を取ったりもしたようで、変わった人だなと当時思っていました(今思えば悪魔教繋がり…)。

○神道とユダヤ教と悪魔教のつながり。悪魔教が日本に伝わった経緯。

彼はヒッピーに傾倒していて、パープルのジーンズを履いていたり、タイダイのTシャツを着たり、ピースマークのベルトをしたり。とても特徴的な人でした。

○悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

彼の行動や考え方が私が今まで出会って来た人たちとは全く違ったので、色々と新鮮に映りました。

それに英語は実践で練習できるし、外国で一人でいるよりも心強いし、そういう気持ちもありました。

また、カナダに長く残りたいという気持ちが出て来たこともあって、彼への気持ちも強くなって行きました。

こうして、愛する気持ちの履き違えが起きたわけですが、ワーホリのビザが切れて帰国するときに、彼との関係は終わりました。

「君は自然を愛していない」

余談ですが、カナダには日系カナダ人の環境活動家、デービッド・スズキがいます。彼の娘セヴァン・スズキは、最近出てきた16歳の環境活動家グレタの前身的存在でした。

○RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

当時の私の彼はデービッド・スズキの活動にも共感していました。

「君は自然を愛していない」は、私に対する別れる理由でした。

彼は夏の週末の間にキャンプのガイドをしていました。国立公園などにキャンプ好き、旅行好きな人たちを連れて行っていたほど、彼は自然が好きだったようです。

私も一度その彼にキャンプに連れて行かれましたが、カヌーを漕いだり、途中にはカヌー担ぎながら歩いたり、火を起こしたり、そんなこと上手くできませんでした。

そんな使えない私に愛想つかしたのもあるのでしょう、自然を愛していないレッテルを貼られてしまいました。

正直意味がわかりませんでしたが、このようにわからないことすら、考え方が違う変な新鮮さを持って、当時は勘違いな気持ちを愛だと思っていたので、お別れの時は辛かったです。

「時間が解決する」そう言われて、帰国しました。本当に時間が解決してくれました。真の愛ではなかったから。

それから20年ほどが経ってRaptブログに出会いました。

ユダヤと日本の深いつながりや、ニューエイジについて読んだときに、私が経験した彼との恋愛、彼自身が悪魔を崇拝していたわけではないけれど、悪魔崇拝者によって世の中の人々は長い間洗脳され、「自由・平等・博愛」という作られた概念、罠の元に生活をしてきたのだということが、はっきりとわかりました。

そしてRaptさんの御言葉を聞くようになってから、世の中の人々がいかに愛の意味を履け違えているかがどんどんわかるようになってきました。

同時に、私にとってずっと疑問だった愛のこと、しっくりこない、愛がわからなかった気持ちを理解することができるようになりました。

私たちが愛だと思ってきたのは、世界を支配する人たち、イルミナティによって作られてきた悪魔思想。

○悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

○世界を支配しているのはイエズス会 (イルミナティ) であり、イエズス会のトップは天皇です。

彼らの仕掛ける巧妙な罠に私たちはハマるようにされてきました。悪魔崇拝者たちは、世の人々のモラルの低下を企んできました。

ニューエイジのヒッピーなんかは典型的なわかりやすい例です。

自由や、平等や、愛を求めているにも関わらず、彼らの行いは、フリーセックスだの、男女平等という概念を表すのにフェミニズムだの、終いには、LSDやマリファナでトリップすることすら正当化する有様。

最近で言えば、LGBTも要は同じようなものですね。

○「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

ヒッピーやLGBTがしていることは、悪魔崇拝者によって仕掛けられた罠にハマって、自らのモラルの低下に貢献する以外の何者でもありません。

現に彼らは神様の御言葉である聖書を悪用してきたのです。

悪魔崇拝者たちは、反キリスト教をうたい、真の愛である神様に反逆し、その真の愛を人々に知られないように隠し続けてきました。

○キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

そうしてキリスト教は禁欲だと人々に誤解を与え、反キリスト運動としてヒッピーやLGBTを誕生させて、世の人々を巻き添えにしてきました。

それを知らない人々は、これらの運動に参加して、知らずのうちに神様に反逆行為を行ってきているのです。なんと恐ろしいことでしょう。

こういった世の中の仕組みを理解しないことには、真の自由も、平和も、愛も得られないわけです。

真の自由を求め、あらゆる人生の悩みから解放されたい人へ。Raptブログは人生のバイブルです。

Raptブログがこれら全てを教えてくれました。聖書こそ真理であると気づき、そこから世の中の秘密を解いて、わかりやすく説明してくださいました。

Raptさんの御言葉は神様の御言葉です。

これに気づかずに幸せになれるわけがありません。むしろ混沌とした世の中から抜け出すことは、一生かけても無理でしょう。

真の神様の愛、神様と愛をなすことを知らずに、幸せにはなれないのです。

Raptさんの御言葉は私がずっと疑問だったことに答えをくれます。そんな話は聞いたこともなかった!という話が次々に聞けます。

その話から様々な悟り・気づきを得られるようになると、こうやって一つ一つ理解できることが増えていくのです。

私にとっては真の愛についての疑問もRaptさんの御言葉のおかげわかるようになりました。

今まで愛についてよくわからなかったのは、俗的な愛と言われていることと、自分の心の底にある気持ちが一致しなかったからだと今は分かります。

それがわかった今は、愛に悩める多くの人にRaptさんの御言葉を聞いてもらいたい。

人を助けるためだけに活動されているRaptさんの神の御言葉を広めたい、そういう愛の気持ちでいっぱいです。

悪魔崇拝者からでたヒッピーやLGBTの活動に加担している場合ではありません。我に返ってみてください。

真の愛を求めるなら、Raptブログしかありません。

それに気づいて、真の愛を得て、多くの人が救われますように。

○ Rapt有料記事

真の自由を求め、あらゆる人生の悩みから解放されたい人へ。Raptブログは人生のバイブルです。

 

世の中の人は誰だって人から指図されるのではなく、自分で自由に物事を行いたいと考えています。

それにも関わらず、知らず知らずのうちに、悪魔崇拝が作り出した「自由」を使った戦略に巻き込まれては、有名陰謀論者の意見に加担したり、カルト思想に傾倒したり、フェミニズムになったりして、それぞれの敵を作って戦わさせられているという有様。

また、これらの思想に傾倒することがなかったとしても、世の中の人の多くは、社会の奴隷として、会社の社畜として生活しているのが現状です。

その生活は自由とは程遠いところにあります。なぜならそこには「真理」が欠けているから。

真理は長い間隠されてきました。

その真理は聖書にありました。

聖書にある数々の御言葉は、悪魔崇拝者たちによって悪用されてきました。

そしてその真理に気づかせてくれたのが、Rapt理論に神様の御言葉でした。

Raptさんの御言葉だけが、真の自由を得るための道を示してくれる、人生の生き方バイブルです。

○Rapt有料記事

ーーー

母が白血病で入院したことをきっかけに、私は情報収拾をするようになりました。

母の入院生活を支えるために、日本とカナダを往復する生活を数年続けました。

その間、カナダでの仕事を失っては、新しい働き方を探したり、放っておいてもお金が貯められるような投資を探してみたり、労働ビザから移民申請をしたりと、なかなか心が落ち着く暇がありませんでした。

躾が厳しい母の元で育ち、物心ついた頃には、英語を勉強しに海外で暮らしてみたい、実家を出て一人暮らしがしたい、そうやって誰かに縛られない自由を求めるようになっていった私。

当時付き合っていた彼に反対されながらワーキングホリデーのビザを取ってはカナダへ行き、新しい人との出会い、新しい土地での生活に自由を得た感覚を味わいました。

そうして帰国した後は、いわゆる英語を使って仕事がしたいと、派遣登録をしてすぐに就職先が決まりました。

数ヶ月後にはその企業と直契約をしてもらうことになって、お給料も少し上がって(派遣会社に支払っていた手数料分が私に支払われたのでしょう)、日本でも念願の一人暮らしを始めました。

そんなある日、当時住んでいた建物の一室で殺人事件が起きました。

その日家に帰えると警察が建物の外に立っていて、例によって黄色テープが張られていました。警察の人に後で話を聞きにいくと言われて、部屋にとりあえず帰えることができました。

朝何時に家を出たか、普段と変わったことで気づいたことはないか、そんな質問を警察の人にされたと思います。

その殺人事件の話は当時新聞にも載りました。

警察官を彼氏に持つ中国人女性が、中国からの留学生に殺されたということでしたが、殺害された日の朝、この女性は警察官の彼氏に電話をして、お金を工面して欲しいと相談していたそう。

この彼氏はその日は仕事なので代わりに同僚に彼女の家に行ってもらったところ、死体を発見したと。

のちに出た記事には、中国人の彼女は高級腕時計を警察の彼にプレゼントしていただとか。イマイチ腑に落ちない不思議な殺人事件でした。

なんとなく物騒な感じがしたので、本来なら退去する前にある程度期間を持って大家さんに連絡しなければいけませんが、一人暮らしの女性である私の気持ちを理解してくれて、すぐに一度実家に戻ることにしました。

この殺人事件があった一人暮らしをしていた建物は、川崎市にありました。私は、幼少時にも数年間川崎市で過ごしていました。

私は麻生区にあった幼稚園に行きました。当時家族で住んでいた二階建てのアパートの裏には、小さな山がありました(あの辺りは坂が多いエリア)。

アパートの部屋に入るための玄関は建物の裏側にあったので、山の麓をいつも目の前で見ていました。

そんなある時、父親が仕事から戻って玄関のドアを開けた私は、父親の背後に人影を見ました。

その人影は、黒いとんがり帽子を被って、ホウキにまたがっている、そう、いわゆる魔女でした。

怖いと思ったわけでもないですが、誰にも信じてもらえないだろうという気がして、そのことは誰にも話すことなく時は過ぎて行きました。

そして、私が幼稚園を卒業すると同時にそのアパートから引越しをして、魔女を見たことは、ずっと忘れていました。

そして何年も経って私が確か小学校高学年だった頃、あるテレビ番組で、純粋な子供は幻を見ることがあるといった話が流れていました。

その時私は両親に、思い出したように、幼稚園の時に魔女を見た話をしてみました。

案の定、またまたなにとぼけたことを言っているんだで話は終了したわけですが、Raptブログに出逢って聖書を読むようになって読んだ箇所に「老人は夢を見、若者は幻を見る」と出てきて、ふと魔女を見た話を思い出しました。

この経験もあってか、Raptブログで人々の生活は悪魔崇拝者によって支配されていることがわかった時、悪魔崇拝者が崇める存在である悪魔(サタン)が存在していることは、抵抗なくすんなり頭の中に入ってきました。

それにRaptさんが解かれたRapt理論で出てきた、数々の信じられないレベルの詐欺や事件の種明かしは、悪魔でも拝んでなければ出てこない発想であることは、言うまでもありません。

Rapt理論で様々ことを学びましたが、中でも「悪魔が存在する」気づきは、人々が本当の意味で自由な生活を望むなら、知らなきゃいけない鍵となる悟りだと感じています。

これに気づかず、「世の中そんなに悪い人はいない」「政治家が嘘をつく訳が無い」「テレビは正しい情報を流している」と信じていたから、数々の詐欺に引っかかってきたのだということ、腑に落ちなかったことが一気に理解できるようになりました。

Raptブログを読んだことがない人にとっては、悪魔崇拝者たちとは一体誰か想像もつかないでしょうが、彼らは天皇を含む世界の皇族として、政治家として、その姿を堂々と公然の場に出してきた人たちです。

○アメリカCIAが悪魔崇拝のため幼児誘拐および人身売買のネットワークを構築。その調査報告について。

最近の歴史では、彼らは私たちの知らないところで、テレビ・新聞などのメディアを使って、世の人々をあらゆる洗脳の闇に陥れてきました。

中でも「自由」というテーマは、彼らが私たちを使って、互いに戦わせるような仕掛け、社会秩序の混乱やモラルの低下を目的とする裏があります。

自由を求めて、平等を求めて、博愛を求めて…そうやって聞こえのいい言葉を使って人々を取り入れ、そこから出てくる感情や思想を悪用し、人々同士を戦わせ混乱に導く。

戦争、ヒッピー運動、フェミニズム運動、LGBT、環境運動(ヴィーガン)などは、まさに悪人たちによって仕掛けられた罠のいい例です。

彼ら悪人たちは、イルミナティという裏社会を牛耳ることで金持ちに成り上がった、悪人中の悪人で、ジョン・レノンやオノ・ヨーコ、ハリウッドスターなどの有名人を仕立て上げ、彼らの影響力を使って、自由を求める世の人々の中に悪魔思想を浸透させようとしてきました。

○悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

2016年のアメリカ大統領選キャンペーンが始まってから特に、アレックス・ジョーンズなどの陰謀論者の話を聞く人が周りに増えたのですが、彼らはトランプこそが第二のジョン・F・ケネディかのように尊敬し、アメリカこそが自由の国を表してくれると感じているようです。

一見本当かも?と思わされるような感覚がなかったと言ったら嘘になりますが、私は、このことがずっと引っかかっていました。

というのもこれらを信じる周りの人たちの話からは、自由や平和を願う感情というよりは、殺伐とした空気感しか感じられなかったからです。

自由を得ることは殺伐さを産むものなのか?

Raptさんの御言葉を聞いて生活をし始めてからは、この「自由」こそが最大の盲点の一つではないかと考えるようになっていきました。

私の周りにいる陰謀論をかじった人達は、ロックフェラーだの、ロスチャイルドなどの世界を牛耳るファミリーの存在はもちろん知っています。

でも、彼らが悪魔(サタン)を本気で崇めて次々に残酷な悪事を起こしてきたという、目に見えない霊的な話を理解するのが難しいようです。

この霊的な、霊界の話こそが、悪魔崇拝者によって隠されてきた最大の秘密だというのに…

彼らによって創られた肉的・物質的な社会の中で、人生何十年と生活してきた世の人々。

特に男性はこの目に見えない霊的な話が嫌いなのか、その割には陰謀論は男性の方が女性よりも興味を持っているようか感じがします。

世の男性たちは、一般的に言っても、物事をより物質的に捉える傾向がありますし、論理も目に見える数字だったりから組み立てるのが上手です。

が、有名陰謀論者の話を聞いている私の周りにいる男性たちの話から感じられるのは、自由を得るにはどこか野蛮な発想があることがずっと気になっていました。

彼らは、アメリカこそが自由の国だと信じていたり、アメリカの憲法こそが人々の自由のためにあるのだと私に訴えてきます。

そして銃こそが人々が自由になるための武器であるとも思っているようです。

今年の6月から有料記事を購読するようになって、Raptさんの御言葉を日々聞いていくうちに、「自由」の本当の意味が履き違えられているように感じ始めました。

現に、Raptさんがすでに一般記事にしている下記リンクの記事を読めば、まさにリベラリズム、自由という言葉が悪魔崇拝者たちのアジェンダであることがわかります。

○ロスチャイルドによる25カ条の「世界革命行動計画」

この25カ条の中には、「政権奪取にはリベラリズムを説くだけで十分である」ことや、「「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を生じさせることも可能だ。」とあります。

まさに、アメリカを中心に起きた様々なムーブメントはこのアジェンダ通りの策略で、陰謀論をかじり悪事の一部を知った気になった人たちまでも、すっかりこの策略の手の中に収められてしまっていると考えると、しっくりきました。

それでも彼らは懲りもせずに、僕はいくつもの情報源を元に情報を得ているんだと、数あれば信憑性が高まると言いたいのか。

私的には、いくつもの有名陰謀論者の記事を読んで混乱するだけ、不安が募るだけだったところにRaptブログに出会って、他の情報源を得る必要が基本なくなったんだけどなと心の中で思いましたが、敢えて口にはしませんでした。

結局のところ、隠された秘密である目に見えない霊界の話を抜きにしては、悪魔の仕掛けた社会を理解することも、その数々の罠から抜け出すことも難しいということ。

そして霊界には全知全能の神様がいるということ。神様の御言葉である聖書は、悪魔崇拝者たちの間で悪用されてきただけでなく、彼らによってねじ曲がった教理を教え込まれたり、聖書を正しく読まれないように仕掛けられてきたのです。

そんな状況の中で生活してきた世の人々が、真の自由を求めたところで、それは得られるはずもなく、ただただ悪魔崇拝者たちの奴隷として、サタンの奴隷として働いてきたわけです。

Raptさんの御言葉を聞く数が増えるごとに、いろんなことが分かるようになっていくと、孤独に信仰生活をしていても寂しくないし、今まで混乱していた頭の中がスッキリしていくことによって、さらに気づきを得られるようになって嬉しいと思える時もあります。

そうすると、今まで恐怖を覚えていた人にも動じることなく、強く立ち向かっていくことができるようになってきました。

畏れる人を間違わなければ、悪魔の誘惑に溺れることなく、強く生き抜ける

Raptブログの一般記事を読んでいた時は、知識がどんどん積み重ねられて頭が良くなっていくような感覚を覚えましたが、有料記事を読み始め、Raptさんの御言葉聞き始めて、従ってみると、今まで抱えていた多くの謎や悩みの答えを得ることができるのを実感しています。

それがどれほど心強いことでしょうか。

そうしてサタン支配下の世の中でどういきていけば良いのかが見えてくるのです。

○RAPT有料記事416(2019年10月28日)真の義人とは人の評価など気にせず、最後まで主の御心を成す人のことを言うのだ。

悪魔崇拝者思想が作った「自由」の罠を見抜けなければ、サタンの支配に貢献するだけ。そこには世の人々が互いに戦い合うことはあっても、救いはもちろんのことサタンの奴隷状態から解放される、真の自由などありません。

そもそも、人々が戦うのは間違っていますし、本当の悪人の裁きは、私たちが義を行うことで、神様が成してくれるものなのです。

聖書の言葉を引用させてもらえば、私たち人間は、「善をもって悪に勝ち」、「自分で復讐せず、神の怒りに任せる」ーローマの信徒への手紙12-18, 19, 21

Raptさんの御言葉を聞いて義を行い続けていけば、本当の意味での「自由」手に入れられます。というか、Raptさんの御言葉を聞くしか、世の人々が幸福な人生を送る方法はないのです。

毎日分かることが増えるのは救いですし、唯一精神的に成長できる方法だと感じています。

そのことに一人でも多くの人が気づいて、悩みから解放され、真の自由を手に入れて、幸福な人生を歩んで欲しいと願います。

 

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑