GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: コロナパンデミック

「メープルシロップ」のオススメの食べ方と、「マクロビ」と「コロナパンデミック」の関係

先日、インスタグラムにサーモンのオーブン焼き・メープルシロップ醤油汁漬けを夕食にした時の写真をあげました。

すると、嬉しいことに、「メープルシロップ醤油汁に漬けてオーブン焼き!なるほど!やってみます?」とコメントをいただきました。

また、別の方からも、英会話番組でメープルシロップのことを耳にしたお子さんにおねだりをされて、ちょうど、初めてメープルシロップ買って、ホットミルクやチーズにかけて食べていたところに、私が魚料理に使っていることを読んで、「グリルでやってみようかな」と。

カナダの産物として知られるメープルシロップ、その昔、移住するずーっと前に旅行でカナダに来た時に、お土産を何にするか迷っては、メープルシロップは日本人に馴染みがないし、重たいし…

そう考えて、メープルシロップ風味のクリーム入りクッキーなどをお土産にしたものでした。

が、いつの頃からかパンケーキが日本でも流行ったり、「カルディ」や「成城石井」などの輸入食品店などが増えたこともあってか、さらには英会話番組にまで出てくるとは、メープルシロップの地名度は広がっているのかな?

とは言っても、せっかく買ったのにも関わらず、「なかなか消費できない」なんて感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんなわけで、今日は、メープルシロップのおすすめな食べ方を写真と共にいくつかご紹介します。

その後に、「メープルシロップ」と「マクロビ」と「コロナパンデミック」が繋がる小話・裏話も書いていますので、そちらもよろしければご一読ください。

メープルシロップのオススメな食べ方

1 定番の食べ方はやっぱりパンケーキ:休日のブランチに

Photo by Kobby Mendez on Unsplash

 

2 ヨーグルトにかけて:フルーツをトッピングしてデザート代わりに(小腹が空いた時にも◎)

 

3 魚肉料理に:醤油と意外にも相性が良いメープルシロップ。醤油とメープルシロップの組み合わせは、ご飯にも合います。

ちなみに↓写真にあるのが、冒頭で触れたサーモンのオーブン焼き、メープルシロップ醤油汁漬け。ご飯はバスマティライスにターメリックで色付けしてみました。

 

4 グラノーラを作る時に:ホームメイドのグラノーラ食べたことありますか?市販のとは比べ物にならないくらい美味しくできるんです(レシピはこちらからどうぞ)。

メープルシロップは、ハチミツより粘り気が少ないため混ぜやすく扱いやすいですが、スナックのようにかたまりをつまんで食べるにはハチミツの方が適しています。

 

5 ナッツのスナックを作る時に:アーモンドやウォルナッツを、メープルシロップと他の材料とを混ぜてローストすると軽いスナックが作れます。

 

6 コーヒーに入れて。メープルシロップ風味に甘いコーヒーが楽しめます。

 

 

メープルシロップが、マクロビで推奨される理由とコロナパンデミックの関係

 

 

そもそも、メープルシロップがどのように作られるかご存知ですか?

産地のカナダでは、例年3月〜4月上旬頃、「シュガーブッシュ」と呼ばれるメープルシロップになるサップが取れる森林で、メープルシロップの製造過程が見られる場所があります。

メープルの木に蛇口のようなものとバケツが取り付けられてサップが取り出されるのですが、取れたサップは大きな鍋でグツグツ煮て、ライト、アンバー、ダークと主に3種類のフレーバーが作られます。

場所によっては、採取から煮詰めている様子などを見学した後に、パンケーキとソーセージと一緒に味見ができるレストランが併設されているところもあったり。

私は、その昔カナダで語学学校に通っていた時に、学校のアクティビティで行ったことがありますが、蛇口とバケツが取り付けられている様子は、どこか愛らしく、見たことがなかった製造過程も、興味深く観察したことが思い出されます。

そんなメープルシロップを私が料理などに積極的に使うようになったきっかけが、母の病気を機にマクロビを知って興味を持ち始めてからでした。

マクロビとは↓↓↓

------(ウィキペディアより)------

マクロビオティックの特徴

玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。

おおむね以下のような食事法を共通の特徴とする。

  • 玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品などを主食とする。
  • 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類を食べる。有機農産物や自然農法による食品が望ましい。
  • なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べるのが望ましい。
  • 砂糖を使用しない。甘味は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用する。
  • 鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主に昆布や椎茸を用いる。
  • なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩はにがりを含んだ自然塩を用いる。
  • 肉類や卵、乳製品は用いない。ただし、卵は病気回復に使用する場合もある。
  • 厳格性を追求しない場合には、白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。
  • 皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。
  • 食品のアクも取り除かない。
  • コーヒーは身体を冷やすので避ける。
  • 「一物全体」「身土不二」「陰陽調和」の、三大理念を柱に持つ。

------------------

要約すると、食べ物には陰陽があって、体を冷やすもの(陰)、体を温めるもの(陽)に分類して陰陽のバランスをとるという思想。

ざっくり言って、菜食主義。そこには、オーガニックとか、ノーミート とか、ローカルとか、ホールフーズなどと言った「健康ブーム」に関わる言葉がいっぱい付随して出て来ます。

上記の太字・下線にしたところを見てもらうと、マクロビでは、砂糖の使用はしないとあって、代わりにメープルシロップなどの甘味料を使うように推奨されていますよね。

この砂糖を使用しないという思想は、今や、マクロビ食をしていない人の間でも、健康意識が高い人もそうでない人の間でも、ある意味一般常識化しているでしょうか。

砂糖(白砂糖)はダメとか、癌の原因になるとかっていう情報が、いつの間にか行き渡った印象すらあります。

マクロビに興味を持っていたのはかれこれ5年くらい前、私はすでにカナダに住んでいたので、メープルシロップは入手しやすいから、当時は、それで代用すれば良いのねって感じでしたが、陰陽論という東洋思想が根本にあるマクロビが勧める甘味料が、なぜか西洋なメープルシロップ。

ふと、考えてみると、違和感というか、何でだろう?と疑問を抱きました。

砂糖はダメでもメープルシロップは良い。同じ甘味料なのにどう違うのか?

そんな疑問を正当化させるかのように、ダメな砂糖の定義はいつの間にか精製された白砂糖のことをさすようになった感が否めませんが、当時は、なるほど「白砂糖として精製された砂糖が体に悪いのね」と言葉通りに解釈しては、それ以上突っ込んで考えることも調べることもしませんでした。

ですが、日本に帰国した時にお店で見たメープルシロップの値段が、カナダのものとさほど変わらなかったので、そこでもなぜだろう?とちょっと疑問に思ったのを覚えています。

普通なら、現地(ローカル)の産物はその土地で安く買えるはずのもの???メープルシロップで言えば、カナダの産物なのでカナダで買う方が安いはず?

そんな疑問に対する答えを「Raptブログ」の下記の記事で見つけました。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

私の母が血液の癌(白血病)であると言われて、抗がん剤治療を何度もやって他界した後、数年経ってから目に入ってきたこの衝撃的なタイトル、読まずにはいられませんでした。

母が入院中にも色々な人の体験談やいわゆる専門家と言われる人たちや病院のウェブサイトなどそれはそれはたくさん読みました。

福島原発事故があってから2年経つか経たないかのタイミングで母が入院したこともあって、放射能のせいなのか?と原発関連の本も読んだりしました。

で、どれを読んでも、しっくりこなかった…

その理由が分かったのも、上記の記事でした。

どこのウェブサイトやブログにも出てこなかった、現代社会におけるそれこそ癌のような存在の「大本教」という悪魔教団体とその教祖「出口王仁三郎」。

「砂糖がダメ」という話も然り、結局のところ、大本教・出口王仁三郎の弟子だった「岡田茂吉」が出所だった、ということを「Raptブログ」で知って、やっとしっくりきました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

で、この「岡田茂吉」が、砂糖はダメでもメープルシロップなら良いと言っていたその意図は、もちろん人々の健康のためを思って言っているのではなく、上級国民の利権のため…

余談ですが、

メープルシロップが強盗にあったという話が、Netflix(ネットフリックス)の番組「Dirty Money」で見られます。

カナダ最大のメープルシロップ強盗事件。大量のメープルシロップが、2011年、2012年の数ヶ月にかけて盗まれたと言う話。

その量は、3,000トンに及んだとかで、被害額は$18.7 million dollars(日本円にして約15千万円ほど)。10,000桶ほどのメープルシロップが、誰にも気づかれずに盗まれたと言う実話だそうです。

普通の庶民にそんな大量なメープルシロップを盗むことなど到底できないでしょうから、おそらく上級国民たちの利権争いに関わったマフィアが逮捕されたというオチではないかと思われます。

現にカナダは、イギリス連邦国の一つなので、日本の天皇のような象徴的な感じでエリザベス女王の存在があるところ。

そんな彼女が、前ローマ法王とカナダの前首相であるスティーブン・ハーパーと共に有罪判決が下されたのは、メープルシロップ強盗事件の翌年のこと。

〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

ここに何かしら上級国民の争いが関係しているのかもしれませんが…

話を戻して、、、

大本教のようなカルト思想は、嘘も本当も混ぜこぜにして話をするのが特徴で、その内容がただ複雑だったり、この砂糖の話に見られるような矛盾があったりします。

さらに、今世間を騒がせているコロナパンデミックもなんと「大本教」「出口王仁三郎」の計画的犯行だったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

健康ブームや環境ブームの詐欺もかなり問題ですが、存在しないコロナウィルスの恐怖を煽るマスコミ報道を考えると、もう、開いた口が塞がりません。

最近ツイッターで日本の小学校の様子(フェースマスクなどつけさせられている子供達)を見ては、本当に胸が痛みます。

なんと彼らは、コロナで騒動を引き起こして、人々から土地を略奪してそこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしているのだそうです。

で、福島原発事故もその一件、人工地震を起こして、放射能で恐怖を煽って人々を避難させると言う名目上追い出しては、すでにスマートシティ化は進んでいるようです。

感の良い人はお気づきになられたかと思いますが、例によって、原発も放射能も存在していませんでした。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

ここまでに紹介しただけでも、癌という病気は存在しないは、原発も放射能も存在しないは、そして今回のコロナウィルス…

どこまでも、大本教のカルト宗教思想が元にある社会の中で、彼らが作り上げた嘘まみれの常識の中で、私たちは生活してきたのです。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

メープルシロップの話から、マクロビ、大本教、コロナパンデミックの話へと繋がってしまいましたが、これを知っておくのと知らないのでは、今後の人生の選択に大きな影響(それも悪い方に)を与えます。

万が一、ガン宣告などをされようものなら、何も知らなければマスコミが普段から言ってきたように、高額な医療費を払って抗がん剤治療を受けたり、手術をしたり、放射線治療をしたりするでしょう。

もしくは、ネットで情報を集めると、自然療法という一見聞こえの良い治療法を選んだりするかもしれません。

どちらにしても、私たち庶民にとっては自分の命と引き換えに、彼らのビジネスおよび上級国民たち内部の利権争いに加担することになりかねません。

それとも、「癌という病気は存在しない」ことを知って、無駄に恐怖感を煽られることなく人生を選択して行くか。

福島原発事故の時にあったように、他の土地に移動したり、海外移住までしては、まんまと彼らが土地略奪しやすいように行動してしまうことにもなりかねません。

ヴィーガンやマクロビなどの思想にしても、大事なのはその思想を学ぶことではありませんでした。

むしろ、それらがカルト思想から来ていることを知って、無駄に彼らの利権争いに利用されないようにしたり、彼らに勧められる健康法なり、そこから派生する健康食品やサプリなどのビジネスに無駄に時間やお金をつぎ込むのではなく、社会の仕組みを知ることが重要ではないでしょうか。

誰しも、健康的な食生活には関心があると思いますが、ヴィーガンやマクロビなどの菜食主義の元にある思想は、決して健康に良いものとは言い難いものでした。

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

結局のところ、嘘で作られた常識から抜け出して、複雑化した情報を善と悪に見極める力をつけて、いかにシンプルにかつ論理的に物事を考えることができるかが、健康的な生活への鍵ではないでしょうか。

まずは、常識とされてきたことを疑ってみることが必要かもしれませんね。

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

 

私が一番好きな季節とその風景の中、未だ世間はコロナパンデミックの話題で持ちきりでしょうか。

こちらでもスーパーなど開いている限られたお店では、ソーシャルディスタンスが定着しつつあります。

このルールが始まったばかりの頃は、なんとも殺伐とした雰囲気が漂っていましたが、時間と共にそれも緩まってきているような、そんな感じがし始めた今日この頃。

それでも、マスコミが作るコロナの恐怖に怯えている人達の話を聞いたり、反応を見ては、なんとも切ない気持ちになったりします。

日本の友人の子供達は、ステイホームでテレビを見る機会が多いからでしょうか、コロナウィルスを恐れて、ゴールデンウィークは、外出自粛を積極的に頑張ると話していました。

また私の英語の先生は、週に一度、電話で話す時の冒頭で「ソーシャルディスタンスにステイホーム、ちゃんと守っている?」が挨拶がわりになって、1ヶ月以上が過ぎた先週のレッスンの時には、「僕も妻もここ最近なぜか寝起きが悪いから、コーヒーを二杯飲んでなんとか乗り切っている。」と言いました。

私が住むカナダは、ただでさえ冬が長く、日照時間は貴重で、人々は普段からビタミンDが必要だと、会話のところどころに出てくるのですが、今回のステイホームを律儀に守った人達にとっては、必然的に日に当たる時間が奪われ、そうして健康状態にもひっそりと悪影響を及ぼしていると考えられます。

マスコミの情報を鵜呑みにすることが、害になることを表した一つの例。

そんなマスコミの影響力が未だ強い中でも、政府の対応の仕方に矛盾を感じたり、周りにコロナウィルスにかかった人がいないこととマスコミの報道とのギャップに疑問を覚えた人も少なくないようで、中にはコロナの嘘を知って色々と調べるうちに、今までの価値観や常識としてきたことが180度変わってしまったという人もいたり。

かたや、コロナの報道の嘘を知ったからなんなの?と思う人もいて、自分の生活にそこそこ満足していたり、コロナ騒動のせいで仕事がなくなることもなかった人たちの中には、真実を知る必要性を感じない人もいます。

この発想こそが、「無宗教」がもたらした愛のない社会。その底知れぬ深さを垣間見ては、胸が締め付けられる思いがしました。

どんな状況におかれていても、単純に考えて、コロナの恐怖を煽る報道が嘘だと分かれば、無駄にステイホームすることなく、散歩に出かけて日光浴をするだけでも気分転換になることは想像できますし、気分転換できれば、ストレスからくる家族の喧嘩なども避けられるかもしれません。

親戚や友人にこの状況を伝えてあげることができれば、より多くの人が無駄な不安から解消されることにもなりますが、真実を聞かされてすんなり受け入れる人もいれば、政治家が言うことを疑わずにきた人達にとっては、全く逆のことを言われて理解が追い付かずに反発するだけであったり。

自分のことだけで精一杯な人も多く、そうするとどうしても自分さえ良ければいい的な考えが先に立ってしまうようになった愛のない現代社会。

そんな愛も、救いもない「無宗教」社会を作ろうとしたのが、今回のコロナパンデミックを引き起こした犯人でした。

コロナウィルスは、マスコミで言われているような得体の知れないものではなく、コロナパンデミックは、大本教・出口王仁三郎による計画的犯行であったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

そんな悪人達がコロナパンデミックを起こした目的は、世界各地の都市から土地を略奪して、そこにコンピューター管理の街、「スマートシティ」を作ること。

私が昔から大嫌いだった言葉に「長いものに巻かれろ」があります。この処世術とか言われている発想こそ、あちら側の仕掛けだったのだろうと考えるとしっくりきてしまいます。

長いものに巻かれていれば、人々はロボットのように自分の頭で物事を考えることをしなくなって、そんなロボット化する世界には愛など不要なので、コンピューター管理社会にはもってこいです。

マスコミの報道からは、そんな話はもちろん出てきませんし、むしろ、人々がマスコミの報道通りにコロナウィルスを恐怖に思って、自発的にその場所から離れてくれたら、スマートシティを作りやすくなるというカラクリ。

長いこと嘘の情報で人々を洗脳し、時に恐怖を煽っては、言われた通りに従う、自分でものを考えない人達を作ってきたというわけです。

こんな普通の人間では思いつかない悪事の裏には、大本教・出口王仁三郎のカルト思想がありました。

その大本教が目指した世界こそが、私たち庶民から救いを遠ざけるための「無宗教」という概念を植え付けることでした。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

現に、私も無宗教家庭で生まれ育って、自然と自分は無宗教だと思ってずっと生きてきましたし、親戚に創価学会の人がいたこともあって、宗教に対して良いイメージが全くありませんでした。

創価学会の信者の親戚は、普段特別会話をするわけでもないのに、選挙の前にだけ、公明党に投票するように電話をしてくるとか、そのついでに聖教新聞を取るように勧められては、私の母はいつも嫌な気持ちになっていたのを見てきました。

そんなある意味短にあった創価学会も、大本教も同じ「国常立尊」という悪魔を拝んでいるというのですから、開いた口が塞がらないだけでなく、カルト思想というのは、その名の通り、まさに悪魔崇拝からくるのだということが分かりました。

 「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

私は、昔から創価学会と公明党の繋がりに疑問がありました。なんで政治に宗教が絡むのか。

また、宗教に良いイメージがないがために、どういう仕組みになっていて、社会においてどのような役割を果たしているのか、調べてみたいと思うこともなく、むしろ、変に知って騙されれたくないという気持ちの方が強くて、避けてきました。

今思えば、こうやって自ら「無宗教」という彼らが作ったカルト思想にどっぷり浸っていたとも言えます。

そうして、知らずにカルト・大本教の目指した救いのない世界の中で、奴隷のように扱われてきたことにも気づかずに、ずっと生きてきました。

これこそが、カルトが作り出した「無宗教」というカルト宗教。信者になろうとする必要はなく、ただ、テレビを見たり、新聞を読んだり、有名人のユーチューブ情報を聞いていれば、自然と洗脳されていきます。

そうして、嘘が充満した情報の中で、政治家は嘘をつかないと信じ切って、いつの間にか間違った情報の認識が常識化してしまうという…

私はこの社会構造が分かって、日本に無宗教人口が多い理由がよく理解できました。

そんな奴隷社会に生きているとはつゆ知らず、カルト宗教の思想にまみれた生活を送ってきたお人好しな日本人の私たち…

習慣のように初詣に出掛ける行為が物語っているように、神社には神がいるとかいないとか、そういうことを考えて追求するのではなく、ただ文化・風習的に出掛けて、願掛けをする(それも彼ら悪人が崇める悪魔に…)。

この行為一つをとってみても、カルト宗教に入ってしまった人の特徴と同じことを表しています。

そのカルトの特徴とは、人が自分の頭で考えないようにすること。その為にも、上層部は、無駄に物事を複雑に話しては、なんとなくそれらしきことを言っているかのように振る舞って、人々を混乱させ、終いには、思考停止状態に持っていく…

カルトの世界は、指導者に従って認められることが重要視されるようで、指導者の意見に従ったり、機嫌を伺ってさえいればいいので、指導者が言っていることが正しいかどうか、自分の頭で考えることからは自然と遠ざかっていきます。

この構図は、会社勤めをする人の働く環境においても同様に、自分の頭で考えて仕事をするというよりは、常に上からの指示に従って仕事をしなければいけない、少なくともそのような雰囲気が漂っています。

そのため、上司に認められるために仕事をする人が本当に多いこと…

東京で働いていた時の私は、そんな同僚の立ち振る舞い方を見ては、人々はなんのために、どんな自分になりたくて仕事をしているのか疑問でした。

仕事をする目的が上司に気に入られることになってしまうと、あちこちで無駄が出てきては、どんどん複雑化していくので、そんな上に媚を売るような同僚と一緒に仕事をするのは、煩わしい以外の何物でもありませんでした。

救いのない無宗教社会のように、本来の目的を見失ったプロジェクト内容からは、もはやなんのためにこの計画を行うのか、肝心な部分が抜けていきました。

決まって、横のつながりの人間関係も複雑になっていき、誰々のやり方は良くないなどとぶつぶつ文句をいっては、味方を増やしたいがために周りを取り込もうとしたりする無駄が発生するという、悪循環。

仕事をしにきているのか、自分に同調してくれる仲間を探しにきているのか、全くもって意味不明でした。

そんな私の社会に対する疑問に対して、理に叶う答えを与えてくれたのがRaptブログでした。

そこには、宗教には本物の宗教があったこと、本物は徳を高めるものだったことが記されていて、それを知った私は宗教というと悪いイメージばかりが先行していた理由を含めて、非常に納得することができました。

本物の宗教は人の徳を高めますが、カルトは人の徳を貶めます。しかし、なぜかこの世にはカルトに入って活躍し、光り輝く人がいます。

誰からも聞いたことがなかった宗教の話に、「本物の宗教は人の徳を高める」という美しい言葉の響きに感動しました。

私は、いつの頃からか、ことわざとか、名言と言ったものを読むのが好きでした。短い文章のなかに「なるほど」と思うことが凝縮されている言葉、それらを読むだけで賢くなったような気分に浸ってみたり。

Raptブログに出会ってからは、興味のなかった政治・経済・歴史などの分野の話を、それも長文にも関わらず興味深く読んでいる自分に気づきました。

そうして世の中のカラクリに気づけば気づくほど、無宗教社会が作り出した矛盾にも気づくことができるようになりました。

私は、10年以上前にテレビを見なくなってから、マスコミが嘘で人々を洗脳していることや、そんな嘘も嘘だと分からずに信じて何度も聞いていれば、いつの間にか常識であるかのように錯覚させられる社会で、人々が生活していることにも薄々気づいていました。

ですが、無宗教というカルト思想の中で暮らしていたとは、到底気づきませんでしたし、まさか、救いのない世界を作るために無宗教があったとは想像を絶するものでした。

それが大本教などのカルト宗教が目指した世界であることが理解できるようになると、それを逆手にとって考えてみれば、救いのある世界を作るためには、本物の宗教しかないことに行きつきます。

救いのない世界では、マスコミが垂れ流す情報を受身で聞いて、自分でものを考えられないようになってきました。

救いのある世界では、真理の御言葉を自発的に聴きたくなるし、深い内容の話を聞いたり、今まで分からなかったことに対する答えが出てくるという本当に素晴らしい体験ができています。

こうして、真理の御言葉を聞いて悟ることができると、自分の頭の中にこびりついていた嘘の常識や間違った考えがなくなっていくのです。

自分の頭の中が正しい言葉に入れ替わっていくと、世の中に氾濫している嘘の情報に惑わされることも自然と減っていきます。

こうしてたくさん悟ることができれば、世の中のカラクリもより明確に理解することもできますし、たくさんのことが分かるようになれば心配事がどんどん減って、心に平安を得ることができるのです。

これが救いのある世界。

その真理の存在を知れば、上司の顔色を伺って仕事をするようなこと自体が、なんとも取るに足りないことであることに気付きますし、自分のために何一つ為にならない無意味なものであることが良く分かります。

この世の中は、思っていたものとは全く違いました。

世の中の法律やルールを守っているだけでは幸せになることができない理由は、救いの存在がすっぽり隠されてきたからだったのです。

私は、Raptブログでこの衝撃的事実を知り、Raptさんが伝えてくださる真理の御言葉を聞いていくうちに、この偉大なる真理の存在を悟ることが出来ました。

そのおかげで、「無宗教」というカルト宗教が作り出した思想から抜け出すことが出来ました。そうして今までに経験したことのなかった心の平安を得ることが出来るようになりました。

この救いの御言葉こそが、愛の賜物です。

救いのない現代社会に欠けていたのは、まさに愛の存在でした。その愛の存在こそが神様であり、その存在を隠して人々が救われることのないように、彼ら悪人の奴隷でい続けるようにとしてきたのが、大本教などのカルト宗教でした。

私たちは、神様の偉大なる歴史の中に生きていたのです。

にも関わらず、唯一の人々の救いである神様の御言葉から遠ざけられ、本気で悪魔を崇める悪人たちが作った法律・ルールの中で、それに従って生きてきたのです。

だから、本当の幸せの意味などわからないままに、目先のことに捕らわれては、ひたすら救いのない、間違った道を歩んできた…

人は誰しも幸せになりたいと願って生きているはずです。

ならば、真理の御言葉を聞いて、今まで間違った道を歩み続けてきたことを理解して、軌道修正をしてこれからの人生をいきたいと思いませんか?

コロナパンデミックは、神様の存在を人々からずっと隠してきた悪人達によって引き起こされました。もう一度そのことをじっくり考えて、真理の存在に気づいて欲しいと願います。

そして、愛の御言葉を聞いて、分からなかったことの答えをたくさん受けて、本当の意味での心の平安を得て欲しいと思います。

心の平安無くして、幸せな人生を歩むことはできません。

幸せな人生とは、分からなかったことが分かるようになっていくことで不安から解放されることであり、何か行動を起こす時にも分かってから行動することができるようになることでもあります。

これがどれほど確実な人生の歩み方であるか、想像して見てください。

その具体的な方法をRaptさんが御言葉から惜しげも無く伝授してくださっています。

人の徳を高める本物の御言葉が聞ける唯一の場所はここにありました。

Raptブログ

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑