GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: コロナウィルス

陰謀論だと決めつける前に!コロナワクチンは、絶対に打ってはいけません‼︎

 

コロナワクチンを接種する人が増えるにつれて、続々とその危険性が問題になっています。

とは言っても、テレビなどの主要メディアからの情報では、今だにコロナの恐怖を煽り、ワクチン接種を勧めているのが現実のよう。

週末にかけて、いつものようにインスタの投稿を見ていると、勤め先で集団接種が始まるとか、一度はワクチンは受けないと説得できたかと思った親御さんがやっぱり打つことにした、などのエピソードが目に飛び込んできました。

そんな様子を知っては、みんなにワクチンの危険性をもっと積極的に伝えなければ!そう思い、家族・友人達に下記のリンクをシェアしました。

「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発」

実は、相手の受け取り方を考えるあまりに、衝撃的なタイトルのものは避けた方が良いのではないか?そんな風にも考えたりしていました。

私の家族にしても何人かの友人にしても、信じがたい怖い話は聞きたくないという感じが伝わってきていましたし、そのような怖い話は、テレビ、マスコミがいう通り、「陰謀論」だと決めつけて信じているようでもありました。

ですが、その言葉を使うのも、コロナパンデミックも、カルト宗教思想からきていた訳で…

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

中でも、コロナワクチンに関しては、人口削減が一つの目的であることが分かっていますが、このこと一つとってみても、まさかそんな悪さをする人がいるわけない、ましてや世界中の政治家や専門家や、教育機関までもがグルになって口裏を合わせるはずがない、おそらくそう信じてきたでしょうし、そうあって欲しいのだと思います。

それは、私も同じでした。誰だって、生まれてからずっと嘘が常識となった社会で生きてきたなどと考えたくはありません。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

ですが、これほど大きな被害が次々に出てきているのにも関わらず、主要メディアは一切それらを報道せず、コロナの死者数は報道しても、ワクチンで亡くなったかは報道しない。

真実が出回ろうものなら「陰謀論」として決めつけ人々を洗脳しながら、言論弾圧をしているこの現状は、もはや見て見ぬ振りはできません。

受け入れるか入れないかは結局のところ人それぞれかもしれませんが、真実を知っているのに、それを言わずに万が一のことがあったら…

そう考えたら居ても立っても居られず、あえて嫌でも読みたくなるだろう衝撃的なタイトルの上記の記事をシェアすることにしたのです。

 

*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。

 

一番に返事をくれた友人は旦那さんと共に、すでに一度接種していました。

噂でコロナワクチンは1度だけじゃなく、2度、3度と打つようだと聞いていたので、その彼女に何回打つ予定なのか聞いてみたところ、2回で、2回目は来月ということでした。

この情報に驚きながらも、コロナワクチンを打った理由を教えてくれたのですが、どうも、彼女の学生時代からの友人の父親(持病なし)がコロナに感染して亡くなったと聞いて、急いで打ったとのこと。

なので、「コロナが存在しない」とは信じられない、かといってファイザーの元副社長が言うことを無視することもできない、一体何を信じたらいいのか…という様子だったので、下記のツイートと合わせてこちらのコロナ関係の記事だけでも毎日チェックしてみて欲しいと、「うん、チェックしてみる。」で話しを終えました。

次に返事をくれたのは、一回り上の元同僚だった友人。驚いたようでもありますが、「確かに、日本でもテレビやマスコミが扇動させている感は否めないかな。」とのことでした。

そんなやりとりをしていたところに学生時代からの日本の友人から連絡が入りました。

「情報ありがとう。ワクチン接種の話はまだ高齢者にしかないけれど、接種すべきかどうしたものかと思っていたところだったの。」と。

と言うのも、彼女の友達の友達のお母さんが、ワクチン接種した1週間後に突然亡くなったそうで…64歳の基礎疾患なしで元気な人だったらしく、亡くなる前夜も元気だったのに、朝には泡吹いて硬直していたと聞いて、ワクチンとの関連性はわからないけど、その話を聞いたらやっぱり怖いなと思っていたとのことでした。

こちらカナダの状況はどうかと聞かれたので、私の身の回りで聞いた、ワクチン接種後二日後にシャワーで亡くなった人の話と、コロナ騒動が始まった時から情報の二極化があったこと、各国で目につく矛盾の対応(ワクチンを打ったら大金がもらえたりなど)をシェアして会話を終えました。

で、もう一人の友人は、彼女の意思とは別に、すでにワクチン接種済みの旦那から、ファイザー製ワクチンの予約を入れられそうで、怖いとこぼしていました。

その彼女は、幼い子供が二人も居るし、家を買ったようで、それこそ万が一のことが起きたら誰がいったい子供の面倒を見るのかと…

今回、情報をシェアして分かったことは、コロナワクチンの話がこんなにも様々な状況と混乱を生んでいるのだと言う事と、カナダは日本よりも接種がかなり進んでいるような印象を受けたこと。

どこから情報を得るかによってそれぞれのとる行動が違うけれど、共通して言えるのは、短で聞いた実体験がやはり説得力があるのではないかということでした。

私自身、今回この情報をシェアして友人たちと情報交換する中で、白血病だと診断されてから長期に渡る三回の抗がん剤治療の後に亡くなった母のことを思い出しました。

やり方が似てる…

存在しない癌という病気に使われるのが抗がん剤(猛毒)。年齢とか、体重などを計算に入れて割り出された化学療法の種類と内容、そして余命。

最初は半年に渡る抗がん剤治療をし、一度は退院したものの、再発したと言われ再入院、再再発でまた入院して少し経ってから、余命は3ヶ月だと伝えられました。

今でも忘れられない母が言った言葉。「もう、長く生きられないのね。」

当時は、まさか癌が存在しないとは知りませんでしたが、母の死から2年半が経とうという頃にRaptブログに出会い、癌が存在していなかったことを知った時、ストンと今まで疑問だったことがやっと理解できてスッキリしました。

○癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

○癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

○癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

と同時に、何処にもやれない怒り交じりの感情が全くなかったとは言えませんが、この体験を通して、とんでもない悪人が存在していること、それが世界を牛耳る上級国民であったことがはっきりと理解できるようになりました。

コロナが存在しないということがRapt理論で明らかになった時も、お店に入る時にマスクをしなければいけない煩わしさがあるくらいで、世の中の情報に踊らされる必要もなく、普通に生活してくることができました。

今回、友人にシェアした元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の訴えで、コロナワクチン接種者の見込み寿命は、長く見積もっても「3年」だと証言したのを読んだ時に感じたことは、多少の個人差はあれど、政府やテレビ、マスコミで勧められるがままにワクチンを接種することで、長く見積もって「3年」ということなんだろうなと想像してしまいました。

まず始めに2〜3回、その後毎年打つように勧められるようになるとかならないとか?

そうして、寿命は計算される(できる)ものだと考えられます。

さらにいうなら、私たちは幼い時から様々なワクチンを接種してきましたし、人によっては、毎年インフルエンザのワクチンを接種しています。

それがもたらす影響がどれほどのものか…

シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

母を取り戻すことはできませんが、母の入院していた病院に毎日、何ヶ月も、3年半に渡って通った私が経験してきたこと、疑問に思ってきたことを、コロナ禍の状況と合わせて人々にシェアすることで、一人でも多くの人が、間違った情報に惑わされることなく、間違っても存在しない病気のために、命を落とす可能性があるワクチン・抗がん剤を打つという選択をすることなく済みますように。

「陰謀論」という言葉に騙されず、正しい情報を見極める力が持てますようにと願います。

一児の母としてワクチンの危険性を知って(十二弟子・ミナさんの証)

【新手の人口削減計画】癌もウイルスも存在しないのに、癌細胞をウイルスで死滅させる新薬を厚労省が承認

厚労省が妊婦もコロナワクチンを接種できると騙し、妊婦と胎児の殺戮を促す

ファイザー元副社長イードン博士 ワクチン接種による子供の死亡リスクは50倍だと語る

ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

会社でのコロナワクチン集団接種をはっきり断られた方の話

癌、放射能、コロナの恐怖など、常識とされていることが、真実からかけ離れていることを教えてくれたラプトブログ。

 

昨晩から明け方にかけて雨が降りました。

今は晴れ間が出てきて、栽培中のトマトとラディッシュの様子を見に外に出てみると、湿気があって、今日は暑くなるかもという感じです。

それでも、雨なのか朝露なのかがついた木々は清々しく、体で感じる湿気と目で見る木々の涼しげな様子にギャップを感じました。

こんな風に自然の風景を頻繁に見るようになったのは、ラプトブログに出会って、御言葉を聞き始めてから。

散歩に出るようになったのは、寒さが和らいだ頃。今年はコロナ騒動で外出自粛「ステイホーム」が騒がれ始めた頃でした。

世間では、コロナ騒動でお店が閉まったり、遊びに行ける場所がなくなったり、ソーシャルディスタンスなども推奨されていたために、ハイキングトレイルに散歩やサイクリングにくる人が増えた感じでした。

私は、コロナパンデミックが計画的に行われたものだと言うことラプト理論から学んでいたので、無駄に恐怖を煽られることもなく、むしろ、散歩をしながら綺麗な風景を見ては写真に収めたりして、今まで見過ごしてきた短にあった自然を楽しむようになりました。

そうしてインスタにも以前よりも楽しんで写真をあげるようになりました。

御言葉を聞き始めてから1年と2ヶ月。

自然の写真を撮ることもそうですが、他にも最近新たに挑戦したことは、家庭菜園+ガーデニングです。また、ちょっと離れていた物作りも再開しました。

こちらでインテリアの勉強をして、その中で図面を書いたり、何か作ったりと少しづつ色々学んだのですが、中でも私は生地を使って何かを作るのが好きでした。

いっ時は、ポーチやトートバッグ作りにハマって作っていたこともありましたが、母親が入院したのを境に、日本に戻っていた時期から、いつの間にか物作りから離れ、健康オタクになっていきました。

母が入院中、放射能の本や健康食関連の本をいくつも読んだり、インテリアの勉強の延長で風水セラピストの資格を取ったりもして、、、何でもいいけど、母が少しでも良くなってくれたら…そんな思いが過剰な健康ブームへの入り口でした。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

その後母は、再発、再々発と抗がん剤治療を経て他界。生まれて初めて経験した親の死は想像以上に辛いものがありました。

あれから数年経ってラプトブログで、癌という病気は存在しないこと、原発も放射能も存在しないことを知りました。

一瞬「え?」っとあまりにも衝撃的な内容に驚きましたが、私が母の入院中に経験したことで、府に落ちなかったことの数々の理由がはっきりと分かりました。

そもそも存在しない病気に対して、やれ抗がん剤治療だ、すごい副作用だといった議論をするというナンセンス。

癌も、放射能も怖いものとマスコミに取り上げられていましたし、私の家族はじめ、周りにいた人たちも誰一人としてテレビで報道されていることが嘘だらけだとは疑っていませんでした。

お人好しの日本人、平和ボケの日本人などと言われたりしますが、そんな私たちをマスコミの洗脳によって作りあげ、真実をことごとく隠してきた人達が存在していたのです。

癌が悪い病気なのではなくて、悪人によって癌という病気が作り上げられては、抗がん剤や、健康食品などで彼らが儲ける仕組みになった社会に暮らしてきたという…

平和ボケした私たち日本人にとっては、「まさか政治家が嘘をつくわけない」、と思って過ごしてきたでしょうし、彼らがつき続けてきた嘘、その内容があまりにも大きいので、理解が及ばないかもしれません。

また、医者が言うことが府に落ちなくても質問しちゃいけない風潮すらあるのが、今の日本社会なんだということも私は経験しました。

何が正しくて、何が間違っているのか、本質を見極めることを失ったまま、嘘も本当も、善も悪もごちゃ混ぜの中で、マスコミの情報に流されて暮らしているのです。

その失われた本質を見抜くには、真理の言葉を聞くしかありませんでした。当時の私は、真理の言葉というのが存在していることすら知り得ませんでした。

それをどこまでも分かりやすく教えてくれたのが、ラプトさんが伝えてくださる御言葉でした。

巷にあふれている情報のほとんどは、企業や個人(上級国民)の利害関係のもとに出回っていました。

そのため、その中で庶民の私たちが必要とする正しい情報を見極めるのは、相当困難でした。

健康情報一つとっても然り、癌に効く食べ物だとか、食事法だとか、人参ジュースがどうのって、、、癌という病気が存在しないんですから、議論のあり方そのものが間違っていたのです。

嘘も大きくつけば、見抜かれにくいとでも言わんばかりに、政治、経済、歴史、科学、始め、文化芸術にもその思想が植え付けられて、常識となってしまった社会。

そして今年に入って、コロナ騒動が始まりました。

私は、ラプト理論でコロナの真相を知っていたので、コロナに感染したらどうしようなどという恐怖を持つこともなく生活してこれたので、もちろん精神的に病むこともなく過ごせてきましたが、嘘が常識の社会で生きてきた私たちのほとんどは、いつの間にか難しく語られた矛盾だらけのマスコミの情報に流されて生活してきました。

そうして、無駄に恐怖を感じたり、そこから派生する精神的なダメージを負ったり、無駄にお金を使ったり(例えば、がん保険)など。

ラプトブログに出会ってから、私はずっと、一人でも多くの人に真実を知ってほしいと願ってきました。

けど、躊躇することばかりでした。

それは、世間で常識とされてきたことが真実からあまりにもかけ離れているからです。

うまく伝わらなかったら、大事な家族・友人から真実を遠ざけることにもなってしまうかもしれないし。

とは言え、年々増え続ける癌患者に、原発を恐れては海外移住したり、健康ブームに無駄にお金をつぎ込んだり…

そのような様子を見たり聞いたりしては、本当に心が痛みました。

マスコミが作り上げた恐怖のほとんどは、私たちの頭の中に植え付けられてしまっています。

だから、今まで長いこと信じてきた政治家や専門家の言うことと違うことを書く私のような人に嫌悪感を感じる人もいるのかもしれませんし、真実を知るのが怖いと思う人もいるかもしれません。

それでも、伝えたい。

真実を知って楽になってもらいたい。

これほどシンプルに世の中のことを理解できるようになったり、混沌とした社会の中にいながらもどう生きていけばいいかが分かったり、どうやったら不安を払拭できるか、その方法までも教えてもらえるような場所は他にはない、ということが確信できたからには伝えずにはいられません。

一人でも多くの人が、ラプトブログで世の中のカラクリをシンプルに理解し、唯一正しい情報=御言葉を学んで、心配や不安から解放されて欲しい。

そう願って今日は筆をとりました。

ーーー

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

この世の「常識」は「真実」から遠くかけ離れている。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

 

私が一番好きな季節とその風景の中、未だ世間はコロナパンデミックの話題で持ちきりでしょうか。

こちらでもスーパーなど開いている限られたお店では、ソーシャルディスタンスが定着しつつあります。

このルールが始まったばかりの頃は、なんとも殺伐とした雰囲気が漂っていましたが、時間と共にそれも緩まってきているような、そんな感じがし始めた今日この頃。

それでも、マスコミが作るコロナの恐怖に怯えている人達の話を聞いたり、反応を見ては、なんとも切ない気持ちになったりします。

日本の友人の子供達は、ステイホームでテレビを見る機会が多いからでしょうか、コロナウィルスを恐れて、ゴールデンウィークは、外出自粛を積極的に頑張ると話していました。

また私の英語の先生は、週に一度、電話で話す時の冒頭で「ソーシャルディスタンスにステイホーム、ちゃんと守っている?」が挨拶がわりになって、1ヶ月以上が過ぎた先週のレッスンの時には、「僕も妻もここ最近なぜか寝起きが悪いから、コーヒーを二杯飲んでなんとか乗り切っている。」と言いました。

私が住むカナダは、ただでさえ冬が長く、日照時間は貴重で、人々は普段からビタミンDが必要だと、会話のところどころに出てくるのですが、今回のステイホームを律儀に守った人達にとっては、必然的に日に当たる時間が奪われ、そうして健康状態にもひっそりと悪影響を及ぼしていると考えられます。

マスコミの情報を鵜呑みにすることが、害になることを表した一つの例。

そんなマスコミの影響力が未だ強い中でも、政府の対応の仕方に矛盾を感じたり、周りにコロナウィルスにかかった人がいないこととマスコミの報道とのギャップに疑問を覚えた人も少なくないようで、中にはコロナの嘘を知って色々と調べるうちに、今までの価値観や常識としてきたことが180度変わってしまったという人もいたり。

かたや、コロナの報道の嘘を知ったからなんなの?と思う人もいて、自分の生活にそこそこ満足していたり、コロナ騒動のせいで仕事がなくなることもなかった人たちの中には、真実を知る必要性を感じない人もいます。

この発想こそが、「無宗教」がもたらした愛のない社会。その底知れぬ深さを垣間見ては、胸が締め付けられる思いがしました。

どんな状況におかれていても、単純に考えて、コロナの恐怖を煽る報道が嘘だと分かれば、無駄にステイホームすることなく、散歩に出かけて日光浴をするだけでも気分転換になることは想像できますし、気分転換できれば、ストレスからくる家族の喧嘩なども避けられるかもしれません。

親戚や友人にこの状況を伝えてあげることができれば、より多くの人が無駄な不安から解消されることにもなりますが、真実を聞かされてすんなり受け入れる人もいれば、政治家が言うことを疑わずにきた人達にとっては、全く逆のことを言われて理解が追い付かずに反発するだけであったり。

自分のことだけで精一杯な人も多く、そうするとどうしても自分さえ良ければいい的な考えが先に立ってしまうようになった愛のない現代社会。

そんな愛も、救いもない「無宗教」社会を作ろうとしたのが、今回のコロナパンデミックを引き起こした犯人でした。

コロナウィルスは、マスコミで言われているような得体の知れないものではなく、コロナパンデミックは、大本教・出口王仁三郎による計画的犯行であったことが、Rapt理論で明かされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

そんな悪人達がコロナパンデミックを起こした目的は、世界各地の都市から土地を略奪して、そこにコンピューター管理の街、「スマートシティ」を作ること。

私が昔から大嫌いだった言葉に「長いものに巻かれろ」があります。この処世術とか言われている発想こそ、あちら側の仕掛けだったのだろうと考えるとしっくりきてしまいます。

長いものに巻かれていれば、人々はロボットのように自分の頭で物事を考えることをしなくなって、そんなロボット化する世界には愛など不要なので、コンピューター管理社会にはもってこいです。

マスコミの報道からは、そんな話はもちろん出てきませんし、むしろ、人々がマスコミの報道通りにコロナウィルスを恐怖に思って、自発的にその場所から離れてくれたら、スマートシティを作りやすくなるというカラクリ。

長いこと嘘の情報で人々を洗脳し、時に恐怖を煽っては、言われた通りに従う、自分でものを考えない人達を作ってきたというわけです。

こんな普通の人間では思いつかない悪事の裏には、大本教・出口王仁三郎のカルト思想がありました。

その大本教が目指した世界こそが、私たち庶民から救いを遠ざけるための「無宗教」という概念を植え付けることでした。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

現に、私も無宗教家庭で生まれ育って、自然と自分は無宗教だと思ってずっと生きてきましたし、親戚に創価学会の人がいたこともあって、宗教に対して良いイメージが全くありませんでした。

創価学会の信者の親戚は、普段特別会話をするわけでもないのに、選挙の前にだけ、公明党に投票するように電話をしてくるとか、そのついでに聖教新聞を取るように勧められては、私の母はいつも嫌な気持ちになっていたのを見てきました。

そんなある意味短にあった創価学会も、大本教も同じ「国常立尊」という悪魔を拝んでいるというのですから、開いた口が塞がらないだけでなく、カルト思想というのは、その名の通り、まさに悪魔崇拝からくるのだということが分かりました。

 「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

私は、昔から創価学会と公明党の繋がりに疑問がありました。なんで政治に宗教が絡むのか。

また、宗教に良いイメージがないがために、どういう仕組みになっていて、社会においてどのような役割を果たしているのか、調べてみたいと思うこともなく、むしろ、変に知って騙されれたくないという気持ちの方が強くて、避けてきました。

今思えば、こうやって自ら「無宗教」という彼らが作ったカルト思想にどっぷり浸っていたとも言えます。

そうして、知らずにカルト・大本教の目指した救いのない世界の中で、奴隷のように扱われてきたことにも気づかずに、ずっと生きてきました。

これこそが、カルトが作り出した「無宗教」というカルト宗教。信者になろうとする必要はなく、ただ、テレビを見たり、新聞を読んだり、有名人のユーチューブ情報を聞いていれば、自然と洗脳されていきます。

そうして、嘘が充満した情報の中で、政治家は嘘をつかないと信じ切って、いつの間にか間違った情報の認識が常識化してしまうという…

私はこの社会構造が分かって、日本に無宗教人口が多い理由がよく理解できました。

そんな奴隷社会に生きているとはつゆ知らず、カルト宗教の思想にまみれた生活を送ってきたお人好しな日本人の私たち…

習慣のように初詣に出掛ける行為が物語っているように、神社には神がいるとかいないとか、そういうことを考えて追求するのではなく、ただ文化・風習的に出掛けて、願掛けをする(それも彼ら悪人が崇める悪魔に…)。

この行為一つをとってみても、カルト宗教に入ってしまった人の特徴と同じことを表しています。

そのカルトの特徴とは、人が自分の頭で考えないようにすること。その為にも、上層部は、無駄に物事を複雑に話しては、なんとなくそれらしきことを言っているかのように振る舞って、人々を混乱させ、終いには、思考停止状態に持っていく…

カルトの世界は、指導者に従って認められることが重要視されるようで、指導者の意見に従ったり、機嫌を伺ってさえいればいいので、指導者が言っていることが正しいかどうか、自分の頭で考えることからは自然と遠ざかっていきます。

この構図は、会社勤めをする人の働く環境においても同様に、自分の頭で考えて仕事をするというよりは、常に上からの指示に従って仕事をしなければいけない、少なくともそのような雰囲気が漂っています。

そのため、上司に認められるために仕事をする人が本当に多いこと…

東京で働いていた時の私は、そんな同僚の立ち振る舞い方を見ては、人々はなんのために、どんな自分になりたくて仕事をしているのか疑問でした。

仕事をする目的が上司に気に入られることになってしまうと、あちこちで無駄が出てきては、どんどん複雑化していくので、そんな上に媚を売るような同僚と一緒に仕事をするのは、煩わしい以外の何物でもありませんでした。

救いのない無宗教社会のように、本来の目的を見失ったプロジェクト内容からは、もはやなんのためにこの計画を行うのか、肝心な部分が抜けていきました。

決まって、横のつながりの人間関係も複雑になっていき、誰々のやり方は良くないなどとぶつぶつ文句をいっては、味方を増やしたいがために周りを取り込もうとしたりする無駄が発生するという、悪循環。

仕事をしにきているのか、自分に同調してくれる仲間を探しにきているのか、全くもって意味不明でした。

そんな私の社会に対する疑問に対して、理に叶う答えを与えてくれたのがRaptブログでした。

そこには、宗教には本物の宗教があったこと、本物は徳を高めるものだったことが記されていて、それを知った私は宗教というと悪いイメージばかりが先行していた理由を含めて、非常に納得することができました。

本物の宗教は人の徳を高めますが、カルトは人の徳を貶めます。しかし、なぜかこの世にはカルトに入って活躍し、光り輝く人がいます。

誰からも聞いたことがなかった宗教の話に、「本物の宗教は人の徳を高める」という美しい言葉の響きに感動しました。

私は、いつの頃からか、ことわざとか、名言と言ったものを読むのが好きでした。短い文章のなかに「なるほど」と思うことが凝縮されている言葉、それらを読むだけで賢くなったような気分に浸ってみたり。

Raptブログに出会ってからは、興味のなかった政治・経済・歴史などの分野の話を、それも長文にも関わらず興味深く読んでいる自分に気づきました。

そうして世の中のカラクリに気づけば気づくほど、無宗教社会が作り出した矛盾にも気づくことができるようになりました。

私は、10年以上前にテレビを見なくなってから、マスコミが嘘で人々を洗脳していることや、そんな嘘も嘘だと分からずに信じて何度も聞いていれば、いつの間にか常識であるかのように錯覚させられる社会で、人々が生活していることにも薄々気づいていました。

ですが、無宗教というカルト思想の中で暮らしていたとは、到底気づきませんでしたし、まさか、救いのない世界を作るために無宗教があったとは想像を絶するものでした。

それが大本教などのカルト宗教が目指した世界であることが理解できるようになると、それを逆手にとって考えてみれば、救いのある世界を作るためには、本物の宗教しかないことに行きつきます。

救いのない世界では、マスコミが垂れ流す情報を受身で聞いて、自分でものを考えられないようになってきました。

救いのある世界では、真理の御言葉を自発的に聴きたくなるし、深い内容の話を聞いたり、今まで分からなかったことに対する答えが出てくるという本当に素晴らしい体験ができています。

こうして、真理の御言葉を聞いて悟ることができると、自分の頭の中にこびりついていた嘘の常識や間違った考えがなくなっていくのです。

自分の頭の中が正しい言葉に入れ替わっていくと、世の中に氾濫している嘘の情報に惑わされることも自然と減っていきます。

こうしてたくさん悟ることができれば、世の中のカラクリもより明確に理解することもできますし、たくさんのことが分かるようになれば心配事がどんどん減って、心に平安を得ることができるのです。

これが救いのある世界。

その真理の存在を知れば、上司の顔色を伺って仕事をするようなこと自体が、なんとも取るに足りないことであることに気付きますし、自分のために何一つ為にならない無意味なものであることが良く分かります。

この世の中は、思っていたものとは全く違いました。

世の中の法律やルールを守っているだけでは幸せになることができない理由は、救いの存在がすっぽり隠されてきたからだったのです。

私は、Raptブログでこの衝撃的事実を知り、Raptさんが伝えてくださる真理の御言葉を聞いていくうちに、この偉大なる真理の存在を悟ることが出来ました。

そのおかげで、「無宗教」というカルト宗教が作り出した思想から抜け出すことが出来ました。そうして今までに経験したことのなかった心の平安を得ることが出来るようになりました。

この救いの御言葉こそが、愛の賜物です。

救いのない現代社会に欠けていたのは、まさに愛の存在でした。その愛の存在こそが神様であり、その存在を隠して人々が救われることのないように、彼ら悪人の奴隷でい続けるようにとしてきたのが、大本教などのカルト宗教でした。

私たちは、神様の偉大なる歴史の中に生きていたのです。

にも関わらず、唯一の人々の救いである神様の御言葉から遠ざけられ、本気で悪魔を崇める悪人たちが作った法律・ルールの中で、それに従って生きてきたのです。

だから、本当の幸せの意味などわからないままに、目先のことに捕らわれては、ひたすら救いのない、間違った道を歩んできた…

人は誰しも幸せになりたいと願って生きているはずです。

ならば、真理の御言葉を聞いて、今まで間違った道を歩み続けてきたことを理解して、軌道修正をしてこれからの人生をいきたいと思いませんか?

コロナパンデミックは、神様の存在を人々からずっと隠してきた悪人達によって引き起こされました。もう一度そのことをじっくり考えて、真理の存在に気づいて欲しいと願います。

そして、愛の御言葉を聞いて、分からなかったことの答えをたくさん受けて、本当の意味での心の平安を得て欲しいと思います。

心の平安無くして、幸せな人生を歩むことはできません。

幸せな人生とは、分からなかったことが分かるようになっていくことで不安から解放されることであり、何か行動を起こす時にも分かってから行動することができるようになることでもあります。

これがどれほど確実な人生の歩み方であるか、想像して見てください。

その具体的な方法をRaptさんが御言葉から惜しげも無く伝授してくださっています。

人の徳を高める本物の御言葉が聞ける唯一の場所はここにありました。

Raptブログ

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑