Month: March 2020

実力はお金で買えない。真理の愛の言葉に従って、努力し成長することで備わるのが真の実力であることをRaptブログは教えてくれました。


 

世間ではコロナウィルス騒動で、次々に学校や娯楽施設が閉鎖になっています。また、物が中国から入らなくなったり、それによって仕事ができず減ったり、事業が破綻したり…

ただでさえ、税金はあがっても賃金が上がらないどころか、日本は先進国の中でも賃金が低い国へとなりつつあります。

バブル経済で浮かれていた時代はまるで大昔のよう、その時代に働いた経験を持った人たちも今や退職して、その年金暮らしは決して楽なものではないようです。

今まではたいした実力などなくても、普通に学校を出て働きに行けば、適度に稼ぐことができ、食べることに困ることもなく、若い人たちも家族を持って養っていくことができました。

そんな一見「普通」の生活が送れていた時がいつの間にか過ぎ去って、今では、日々の暮らしの中で常にお金の心配が付きまといます。

まして老後のことなんて考えたくもありません。

働いて給料が入れば普通に生活できていたのに、そのお金はもはや今までのようには入らなくなってきました。

そうすると、副業に手を出す人も増え、企業は副業解禁せざるを得なくなっています。副業を探していると、「簡単に稼ぐ方法」とか、「不労所得を作る」などの金儲け話に行き着くことも多く、知らずのうちに罠に引っかかってしまったりもします。

「不労所得」話に騙される前に!Raptブログで世の中のカラクリを知って将来への不安を希望に変える

これらの話に乗ってしまったことがある人はお分かりでしょうが、その道で成功したと言う人がそのノウハウを教えてくれたりするのですが、結局のところ、成功者たち自身、そのノウハウをセミナーや教材などにして売って、稼いでいるというのが実状です。

私も「3ヶ月で10万円が稼げるようになる」のようにうたっていたブログで稼ぐ方法が書かれた有料教材を購入したり、健康ブームに溺れていた時はその延長でネットワークビジネスも試してみました。

世間一般的には、それぞれの分野で成功するにはその分野で稼いだ人に習えと言われていますが、真似ても上手くいかないし、それでも上手くいかないのは自分のやり方のせいだと思っていました。

が、上手くいかない本当の理由を分かりやすく教えてくれたのは、Raptブログでした。

RAPT有料記事442(2020年2月8日)他人と同じこと、似たようなことをする者ではなく、自分独自の味を引き出し、自分の個性を開花させて行う者となりなさい。

人それぞれ違った個性や才能が与えられているので、人の真似しても上手くいかないのは当然のこと。

自分が稼ぐことしか考えていない世の中に溢れている「成功者」は、この真実を教えてくれることはありませんし、この真実を知らないかもしれません。

その代わり、ブログで稼ぐ系の成功者なら、トピックやニッチマーケットの選び方、キーワードの探し方や、芸能ネタの書き方など、今思えば跳んだお門違いな物をノウハウとして伝授します。

中には、自分が選んだトピックでネット検索しては、上位にあがってきた3記事くらいを読んで、その中でなるほど〜って感じたものを使って文章を構成したり、言葉尻を変えたり、なんていうやり方を教えている人もいました。

自分の実力をつける方法を教えるのではなく、小手先のトリックを学ぶだけのようなそのやり方は、学んで実践しても全く上手くいきません。

それでも自分が書いたブログが読まれるようになる理由があるとすれば、自分で文章力を磨く努力をするからではないかと思います。

そんなある時導かれたRaptブログ。トピックは一つどころか多岐に渡って書かれていて、その内容の濃さも半端ない。こんな話聞いたことがなかった、衝撃でした。

今まで参考にしていたいわゆる自称成功者は、一つの分野に絞れと言っていたし、確かに、たくさんの分野の知識を学んで記事にするとしたら、それには相当の知識と努力が必要になるので、普通の人は続かないのがオチでしょう。

当時の私は健康やオーガニック分野でブログを書いて、それで稼ぎたいなどと淡い期待を抱いていました。そんな中、同じテーマで書かれた人の記事をいくつも読んでは、大まかに言って、みんな話す内容が一緒。

そこには、個性も才能も全く感じられず、ただ調べた情報のサマリーが書いてあるだけのものでした。が、それが返って、みんな同じことを言うから、この情報は正しいのか?と言う変な錯覚を産んだりもしました。

そんな中、ちょっと目立つ切り口で書かれた健康系ブログは、食の分野を陰謀論的に語っているものでしたが、それもいくつか読んでいれば、大体同じように全てロックフェラーが悪いとして書かれていました。

このように色々な情報に惑わせれながらも、それでも、真実の健康を求め続けた私は、Raptブログに出会うことができました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

この記事に出会った時は、タイトル読んだだけで、今まで健康的な生活のためと思って使った時間とお金が、全て無駄だったことに瞬時にして気づきました。

まさに目覚めた感じです。

それからは、Raptブログの記事をたくさん読みました。あまりにも興味深い、誰も持ち合わせていなかった視点と、それを証明する文章構成力に、複雑なこともシンプルに解き明かしている内容に、美しい写真に、とにかく全てに魅了されました。

一体どんな人がこのブログを書いているのだろう?と次第にRaptブログの有料記事を読むようになっていきました。

そこには、全く想像もしていなかった世界の話がありました。

そこには、自分の個性や才能を伸ばす話がありました。

そこには、人間の成長および、徳を高める話がありました。

RAPT有料記事237(2017年12月30日)あなたが悟った分だけ、あなたの人生も変わり、霊界も変わり、この世の中も変わる。

RAPT有料記事139(2017年1月21日)自分の中に眠っている個性と才能を開花させてこそ、真の救いが完成する。

RAPT有料記事340(2018年12月31日)霊的に成長し、豊かに聖霊に満たされた人は、人生の道に迷うことがなく、常に自分の行くべき道を見分けることができる。

生まれて初めて、今まで味わったことのない感動を覚えました。

同時に、私たちを支配してきた悪人=上級国民が、私たち庶民から隠してきた世界が「霊界」であったことを知った時の怒りを通り越したなんとも言えない気持ち。

その隠された世界について書かれているのが「聖書」だったこと。

それこそ「真理」だったこと。

そこにしか、人々が真に成功する道がなかったこと。

初めて世の中のあり方が明確に見えてきました。

真の救いというのは、こういうことだったんだ…

目に見えないから、意識することもなかったし、その目に見えない世界を隠したい悪人たちによって、私たちが真理の御言葉に気づかないようにあらゆる仕掛けが行われてきた…

とんでもない壮大な歴史の中に存在していた、自分というちっぽけな存在。

それが分かった時、今まで囚われてきた目に見える物質的なものから解放された感じがしました。

その時の解放感は、上手く言葉で表せませんが、真理って強くて揺るがないものであり、全ては「愛」原動だった…

実力はお金では買えません。お金に仕えて、全てをお金のために行えば、何事も上手くいきません。

愛に仕えて、愛を原動に何事も行って初めて成長することができ、人生に迷うことなく、正しい道を歩んでいけるのです。

RAPT有料記事440(2020年2月1日)常に主に合わせて変化し、成長してこそ、この世がどんなに激しく変化したとしても、常に成功し、栄えて生きることができる。

私は昨年初夏にRaptブログに出会って、それからというもの毎日Raptさんの伝えてくださる神様の御言葉を聞き、従う努力をして、真実の情報拡散が上手くできるように祈ってきました。

今年に入ってから、ブログを書くにしても、少しづつですが、構想やアイデア、ひらめきが来るようになった感覚を味わい始めています。

なんでそう言えるのかというと、そのアイデアを受けた時に感じた喜び、そしてそれを書き始めてから目に入って来る情報が、今までの自分の力で見つけることができなかったものだと、感じられたからです。

Raptさんがどのようにこの世のカラクリを解いてきたか、御言葉で語っていらっしゃったことを自分の祈りに取り込んでいくことで、自分では想像もしなかったことが思いついたり、情報が目についたり。

書き始めてから書き終える時までの過程においても、書いている自身がカラクリを解くとは何かを感じられる感覚が得られた気がするのです。

そうして、このまま従っていけば、確実に実力が付いていくのを感じられるようになりました。

同時に、まだまだ実力不足で、Rapt理論を元にこの世のカラクリをもっともっと解こうとしても、せっかく構想が受けられたような気がしても、Raptさんのように毎日記事を更新するのには、到底及びません。

真の情報拡散をしたいと始めてから、毎日のようにRaptブログを読んでは、その深い内容と謎の解き明かし方の視点、どれを取ってみても、神様の存在を強く感じます。

お金で買えるものから得られるいっ時の満足感など、本当にどうでもいい。実力はお金では買えない。真理の愛、真理の言葉だけに本当の成功の秘密がありました。

BLOG BY RAPT

カナダのロスチャイルド化は、トランプ主導で行われている可能性大。


 

前回は、Rapt理論にある血液型の記事を元に、そこに血液型ダイエットをかけて、世界を牛耳るイルミナティの勢力争いを考察してみました。

人間の血液型を無理やり四種類に分けたのは、我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類するためでした。

血液型ダイエットから見るイルミナティの勢力争い。トランプは天皇派=ロスチャイルド。

「O型」の多い北米で、トランプ大統領の血液型は「A型」で、天皇と近い存在の麻生太郎や、北朝鮮リーダーの金正恩と同じ血液型でした。

「A型」はRapt理論の「大和族(秦氏)」=「ロスチャイルド」であること、また陰謀論では、トランプがビジネスで失敗した時にお金を貸したのがロスチャイルドなので、トランプは秦氏側のエージェントではないかと言われています。

RAPT×読者対談〈第109弾〉カナダは次の秦氏=ロスチャイルドの拠点となる。

そしてお隣の国カナダは、そんなロスチャイルドの拠点になると言われています。アメリカに比べると存在の薄いカナダですが、世界の大財閥であるユダヤ人のロスチャイルド家の拠点となるとなれば、目を見張るものがあります。

そんなカナダの首相は、ジャスティン・トルドー。若くして首相になったことや、おしゃれな靴下を履いているという、正直くだらない理由で、日本でもちらっとニュースに持ち上がったでしょうか。

私はてっきり彼がロスチャイルド家のエージェントかと思っていたのですが、前回の血液型の記事の延長で、トルドー首相の血液型を調べてみてふと思ったのは、カナダをロスチャイルドの拠点にする動きは、実はアメリカのトランプ大統領主導ではないかということでした。

というのも、トルドー首相の血液型は「O型」でした。ということはRapt理論で言う「月派」にあたります。「月派」は「出雲族」と協力関係にあって、まとめて「チュルク族」。カナダにいる原住民「イヌイット」もチュルク族でした。

———-(以下、Raptブログのこちらより転載)———-

で、「カナダ」にはもともと「イヌイット」なる原住民が住み着いていました。

この「イヌイット」は「モンゴロイド」であり、「モンゴロイド」であるということは、つまり「チュルク族=出雲族」です。だから、日本人の顔をしています。

---------------------(以下、こちらから転載)

イヌイット (Inuit) は、カナダ北部などの氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系諸民族の1つで、人種的には日本人と同じモンゴロイドである。

エスキモー最大の民族である。


〈イヌイット〉

---------------------(転載ここまで)

ちなみに、なぜ「モンゴロイド」が「チュルク族」であり、「チュルク族」が「出雲族」だと言えるのかが分からない方は、以下のリンクをご参照ください。

RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。

このように、「カナダ」の原住民は「出雲族」です。

また、国王である「エリザベス女王」もまた「出雲」である可能性が高いです。

なぜなら、イギリスの国旗に「青(紺色)」があるのは、エリザベス女王が「出雲族」であるからと考えられるからです。(ちなみに、「赤」がロスチャイルドですね。)

s_f-015
〈イギリスの国旗〉

で、今やこの「エリザベス女王」は、日本の天皇と同じく、「国王」ではなく単なる「象徴」、つまりお飾りのような存在になってしまっているわけですが、これは「カナダ」で「ロスチャイルド」の勢力がそれだけ強くなったという証拠でしょう。

しかも、「カナダ」では2013年に「エリザベス女王」に対する逮捕状が公表されました。

〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

———-(転載終わり)———-

これだけ見ても私たち庶民が知らないところで、日々勢力争いが行われているだけでなく、幼児虐殺などという悍ましい事件が起きていたわけですが、例によって彼らは「上級国民」なので、彼らにとって都合の悪いことは、庶民に知らされることは今までありませんでした。

そんなカナダで若くして首相になったトルドー。2015年10月の選挙で首相になった彼が、最初に行なった政策が、シリア難民の受け入れでした。同年年末までに25,000人のシリア人難民がカナダに移動してきました。

Canada meets target to resettle 25,000 Syrian refugees

彼はその後、選挙キャンペーン中に約束した様に、大麻合法化をさせたり、積極的にLGBTのパレードに参加したりして、一部の人から確固たる人気を集めてきました。

昨年2019年10月に行われた選挙で再選したトルドー首相ですが、その投票率はなんとたった30%強。

ほとんどの普通のカナダ人は投票に行くことすらしなくなったからこそ、一部の投票した人(市民権を持つ移民者、LGBT関係の人、大麻を吸いたい人)によってトルドーが再選したと言えそうです。

トルドー首相がやっていることをみると、安倍首相のそれと被ります。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。

違うところは、カナダはすでに世界的に知られる移民国家になってしまったけど、日本はある意味これから。

日本の移民の受け入れについて、昨年ローマ法王が来日した際に「日本も移民を受け入れろ」とニュースになっていましたね。

普通に考えてなんで宗教リーダー的な存在の彼が、移民問題について口出しするのかと思うでしょうが、この世の中は、イルミナティによって支配されており、その彼らの勢力争いのもとに全てはあったと言うことなんですね。

この世界は「天皇=ロスチャイルド」と「バチカン=ロックフェラー」の抗争の上に成り立っています。

トルドー首相は、ロスチャイルド家の存在が強くなるカナダで、日本の「出雲族」の安倍晋三のように、アメリカのお伺いを立てながら政策をしているのでしょう。

パッと見はアジアと関係なさそうなトルドーですが、何気に繋がりを持っています。

その一つは、トルドーの母方の先祖は、シンガポールに入植した最初のアングロ・サクソン系だとか。下記リンクには、トルドー首相がシンガポールに訪れた際に、彼の先祖の名前が記されている公園でセルフィーをとってる姿の写真があります。

Canadian Prime Minister Justin Trudeau traces family links to Singapore at Fort Canning Park

シンガポールの国旗には、「三日月」と「星」が描かれています。


 

「三日月」と「星」は、イスラム教のシンボルでもありましたね。

安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。

 

さらに、トルドー首相は、何度と家族で民族衣装をまとってメディアに登場しては、やり過ぎだと言われています。

「justin trudeau family picture」の画像検索結果
<写真はこちらより>

 


<写真はこちらより>

そんなイスラムよりな印象のトルドー首相とは正反対に、イスラム教徒を激しく迫害するのが、お隣の国アメリカの大統領トランプです。

 

———–(以下、Raptブログこちらより転載)———–

さらに言うなら、つい先日、アメリカの大統領として「ドナルド・トランプ」が選出されました。

webw161109-trumpelect-thumb-720xauto
〈アメリカ大統領ドナルド・トランプ〉

 

選挙戦当日まで、日本やアメリカのメディアはこぞって「トランプ」をバッシングしていました。

なので、誰もが「ヒラリー」が選出されるに違いないと思っていたはずです。

ところが、いざ蓋を開けてみると、なぜか「ヒラリー」ではなく、「トランプ」が選出されてしまった。

そして、この「トランプ」は「イスラム教徒」を激しく迫害し、かつアメリカへの移民を禁止(規制)しようとしています。

上にも書いたように「イスラム教」は「出雲族」ですし、実際に「イスラム教徒」の大半は「チュルク族」であり、「チュルク族」とは「出雲族」のことです。(詳しくは以下のリンクをご参照ください。)

RAPT×読者対談〈第105弾〉関ヶ原の戦いより千年前に起きた天下分け目の戦いの真相。またはカタカムナと安倍晋三の深いつながり。

つまり、「トランプ」は「イスラム教徒」をバッシングすることで、「出雲族」に対する敵対心を露わにしているわけです。

ですから、表向きだけを見ると「ドナルド・トランプ」は「秦氏」側のエージェントに見えます。(これについては以下の記事でも書きました。)

RAPT×読者対談〈第109弾〉カナダは次の秦氏=ロスチャイルドの拠点となる。

しかも、このリンク記事にも書きました通り、「トランプ」は「秦氏」のエージェントだった「ヒトラー」と全く同じことをやっています。

「ヒトラー」は「アーリア人至上主義」を唱え、白人こそが世界で最も優れた民族であると主張し、「ユダヤ人」を激しく迫害することで「チュルク族(出雲族)」を叩き潰そうとしました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

これと同様、「トランプ」も「アメリカ至上主義」を唱えて、白人(アメリカ人)こそが世界で最も優れた民族であると主張し、かつ「イスラム教徒(または移民)」を激しく迫害することで、「チュルク族(出雲族)」を叩き潰そうとしています。

しかも、ヒトラーが迫害した「ユダヤ人」は漂流民族です。

一方のトランプも「移民」を禁止していますが、「移民」とはある意味、「漂流民族」のことでもあります。(今現在、公に「ユダヤ人」を迫害することはできないので、「移民」を禁止したわけでしょう。)

どれもこれも、二人ともやることが全く同じです。

で、そのヒトラーが「第二次世界大戦」のきっかけを作ったわけですから、今度は「トランプ」が「第三次世界大戦」のきっかけを作る予定かも知れません。

全く誰からも支持されていなかったはずの「トランプ」がアメリカ大統領に選ばれたのは、まさにこの「第三次世界大戦」勃発のためだったと考えられるわけです。

しかし、このように考えると、「トランプ」は本当に「秦氏」なのか、という疑いが出てきます。

戦争をしたいと思っているのは「秦氏」と「出雲族」の両方の勢力だからです。

彼ら双方が、どちらも「源平合戦」に最終決着をつけたいと思っているに違いないからです。

ということは、「秦氏」と「出雲族」が結託して「トランプ」を擁立し、「トランプ」を使って世界大戦を引き起こそうとしている可能性が考えられます。

実際、前の記事にも書きましたが、彼が選挙演説をする際、「赤」「青」「黄」の三色のネクタイをしめていました。(「トランプ大統領」でグーグル画像検索すれば分かります。)

しかも、「トランプ」が大統領に当選した直後、「出雲族」の「安倍晋三」がすぐに「トランプ」と会談し、「トランプ」のことを手放しで賞賛しました。

———–(転載終わり)———–

 

こうやって見てみると、トランプ大統領がアメリカで受け入れないイスラム教徒を、トルドー首相がカナダで受け入れるという構図ができていると、考えられるのではないでしょうか。

大統領>首相の力関係を見ても、北米における力関係は、トランプ>トルドー。

アメリカ・ファーストをうたうトランプは、ロスチャイルド化(共産主義国家)をカナダに作ることで、ナショナリズム化(資本主義国家)をアメリカにもたらす役割でも果しているのかもしれません。

このようにトランプはロスチャイルド側のエージェント色が強い印象があるのですが、一部ネット上では、ロックフェラーとも繋がっていると噂されています。

気になってトランプに似ている人の写真を探して見たところ、目に付いたのがデイヴィッド・ロックフェラーの若い時の写真。

Image
さらに、

「trump rockefeller」の画像検索結果
Is Donald Trump Anything Like Nelson Rockefeller?より)

 

上記写真(左)は、ネルソン・ロックフェラー。ジョン・ロックフェラー2世の次男で、ニューヨーク州知事およびアメリカ合衆国第41代副大統領。愛称はロッキーRocky)。


このトランプのロッキーの写真が、ネルソン・ロックフェラーの愛称から来ているかはわかりませんが、ネルソンの父ジョン・ロックフェラー2世は、デヴィッド・ロックフェラーの父でもあり、ウィキペディアのプロフィールにあるように「フランス系アメリカ人」。

ジョン・ロックフェラー2世は、彼の父のビジネス「スタンダードオイル」でディレクターを勤め、また、モルガン家のJPモルガン・USスティールのディレクターも勤めた人物です。

モルガン家といえば、ロスチャイルドの持ち物ともで言われていますね。

ロックフェラー家とロスチャイルド家をつないだのは、ジョン・ロックフェラー2世と彼の妻アビゲイル・グリーン・アルドリッチの結婚にあったと考えられます。

彼女の父は、ネルソン・W・オルドリッチ、アメリカ合衆国上院議員(共和党)を務めた人です。オルドリッチの一族からは上院議員、副大統領をはじめ多数の政治家が生まれ、米政界で一時代を築いています。

彼とJPモルガンの繋がりも強かったようです。

———–(以下、ウィキペディアより転載)———–

1906年、オルドリッチは所有していたロードアイランド路面鉄道株を、J・P・モルガンの忠実なる協力者チャールズ・サンガー・メレンが社長をつとめるニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道に売却した。

1907年、J・P・モルガンはニッカーボッカー信託会社が破産状態にあるとの噂を公表した。後年の歴史家には、これは意図的な市場操作で、1907年恐慌を招き、モルガンによる銀行支配の優位性を強化するための行為であったと信ずる者もいる。

この1907年の金融恐慌の影響を受けて、1908年オルドリッチ=ブリーランド法(Aldrich–Vreeland Act)が議会を通過し国家金融委員会が設立され、オルドリッチが委員長となった。30冊もの報告書が出された後、同委員会でオルドリッチ・プランが策定され、後の連邦準備制度の基礎が形作られた。

———–(転載終わり)———–

ジョン・ロックフェラー2世は、世界大恐慌の時に、ロックフェラーセンターの建設の資金繰り、開発に貢献して、ニューヨークの不動産王の一人になったそうです。(トランプと不動産の繋がりが匂ってきますね。)

彼の持つビルにはブルーチップ企業が集まり、ジェネラルエレクトリックや、スタンダードオイル(現エクソンモービル)、タイム誌や、チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)の支店などがテナントとなりました。

チェースマンハッタン銀行と言えば、彼の息子、デヴィッド・ロックフェラーが会長およびCEOでしたね。チェースマンハッタン銀行はのちにJPモルガン・チェースとなっています。

デヴィッド・ロックフェラーの名が世に強く出たのも、彼こそがロックフェラー家とロスチャイルド家両方の血筋があったからと言うことができるのかもしれません。

それを関連付けるかの様に、フランスのロスチャイルド分家の子分に、ロックフェラーがあるとういう話もあります。

———–(以下、こちらから転載)———–

「ロスチャイルド家」の画像検索結果
 

このように、ロックフェラー家は、ロスチャイルド家の分家と政略結婚などを通して血縁関係を気付いては、イギリス系ロスチャイルドと敵対関係にあったのかもしれません。

さらに、トランプとヒラリーには共通の先祖がいると言う話もあります。


さらに、さらに、ヒラリーとトルドーも、フレンチ系の血筋で繋がっていると言われています。

 


Ancestry of Justin Trudeauより)

もういいよってくらい、みんな繋がってしまう…

Rapt理論でも分かっている様に、イルミナティは、近親婚や政略結婚や養子などで血筋を繋いできました。

そして、時に協力しながらも、勢力争いを繰り広げてきた。

なぜ「天皇派」と「教皇派」は互いに敵対しながら、常にぴったりとくっついて行動してきたのか。

こうやって見てみると、トランプは、ロックフェラーとロスチャイルドのどちらとも血筋で、繋がっている可能性大と言えるかもしれません。

どちらの勢力とも繋がっているからこそ、国境を超えて政策をしたり、イスラエルの「ゴラン高原」を「トランプ高原」などと命名してもらうことができるのでしょう。

そうして、漂流民族である「ユダヤ人」を大きく二つに分けては、それぞれの移住先を決めているのかもしれません。

 

———–(以下、Raptブログこちらより転載)———–

ちなみに、ユダヤ人には「スファラディ(アラブ系)」と「アシュケナジ(ヨーロッパ系)」がいて、「アシュケナジ」だけが悪人、と今までの私は考えていましたが、どうやらその考えは間違いだったようです。

というのも、アヘンでボロ儲けしたサッスーン家は「スファラディ」のユダヤ人だからです。(彼らはロスチャイルド系ですが、ロスチャイルドにも「スファラディ」がいるということですね。)

なので、「スファラディ」は善、「アシュケナジ」は悪、という区分けの仕方は適当ではないようです。もっとも、「スファラディ」全員が悪人かどうかは今のところまだ分かりませんが……。

しかし、一方の「アシュケナジ」はほとんどが偽ユダヤ人(悪魔崇拝者)と考えて間違いないのではないかと思います。

———–(転載終わり)———–

血液型ダイエットから見るイルミナティの勢力争い。トランプは天皇派=ロスチャイルド。にも書いた様に、死んだはずのスティーブ・ジョブスが去年エジプトで見つかったというニュースがありました。

彼の本当の父親がシリア人であることを考えると、彼は、「スファラディ」アラブ系ユダヤ人で、何かの事件(3.11?)をきっかけに、当時のアメリカから追い出されてしまった。

特に、スティーブ・ジョブスがすい臓がんで死んだとされているあたり、怪しいです。

Rapt理論で明かされた様に、癌は存在しませんから。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)
RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

トルドーがカナダの首相になってからすぐに行った政策が、シリア移民の受け入れであったこと、彼が月派の人間であろうことを考えるとなおさら、カナダのロスチャイルド化は、同じ北米にあるアメリカの大統領トランプ主導で行われていると言えるのではないでしょうか。

または、イギリス系のロスチャイルドやエリザベス女王など、イギリスに敵対するトランプ側勢力が、イギリス系ユダヤ人をもカナダに集めようと言う動きがあるのかもしれません。

そう考えると、カナダ・西側のブリティッシュコロンビア州にイギリス王室の色が濃く、東側のオンタリオ州がロスチャイルド(イギリス系?)の色が濃いと考えるとしっくりきます。

いづれにせよ、トランプ狂のカナダ人にとって、これほど皮肉なことはありません。

なんせ、カナダが共産国化しているのを恨んで、全てをカナダ政府のせいにしては、カナダから脱出することまで考える人がいるのですから。

「真理」を知らずに、トランプという偽善者を信じるばかりに、嘘の情報で自分の人生をとんでもなく大変なものにする…

そんな事にならないように、私たちは、Rapt理論で世の中のカラクリを知って、「真理」を学んで、正しい道を歩みたいものだとつくづく思いました。

血液型ダイエットから見るイルミナティの勢力争い。トランプは天皇派=ロスチャイルド。


 

「血液型ダイエット」ってご存知ですか?

簡単に言うと、血液型によって体に合う食べ物が違ってくるという考え方で、血液型に合っていないとされるものを食べると、それが体重増加の原因になったり、体調を崩したりする原因になるというもの。

私がこのダイエット(食事)法を知ったのは、色々な健康法を勉強しては自分の食生活に取り入れていた時。「オーガニック」「ナチュラルフード」「菜食主義(マクロビ)」などに傾倒していた頃でした。

それぞれの専門家や、専門的にブログを書いている人たちの記事を読んだりしては、様々な健康法にまつわる知識をつけて来ましたが、Raptブログに出会ってから、私の健康に対する考え方は180度変わりました。

「今まで培ってきた健康情報は一体なんだったんだ?」「ただ支配層の勢力争いや、彼らの利権争いに加担されていただけではないか?」そんな構図・仕組みが見えてくるようになりました。

今回は、 Raptブログの血液型に関する記事を元に、血液型繋がりの「血液型ダイエット」を掛け合わせて、血液型別に見える勢力争いを見ていきたいと思います。

この記事を書き始めた時には考えもしなかった繋がりが、書き終える時には見えてくる、それがRapt理論です。

*****

血液型で相性を見る考え方は、日本では日常的に使われて来たと言えるのではないでしょうか?

あの人「A型」だから神経質なのよとか、あの人「B型」だから自分勝手で困るわとか、あの人「O型」で頑固だから話し合いにならないとか、「AB型」は考えていることが読めない「宇宙人」みたいなど、人の説明をする時に使ったりしますよね。

そうして、馬が合う合わないを、血液型で相性を見るという考え方も出てきては、自身の経験からしても、占星術なんかよりも当たっている気がしていました。

そんなある時、Raptブログで見つけた記事:人間の血液型を無理やり四種類に分けたのは、我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類するためでした。

人類を分類するために血液型が無理やり四種類に分けられた…確かに、人の性格なんて十人十色、全てを四種類に分類するには無理があると言われれば、その通りですよね。

—–(上記のRaptブログ記事より以下抜粋)—–

なぜか「A型」の人が関西にばかり偏り、「B型」の人は関東から東北に偏り、「O型」は北海道や東海に偏っていますよね。

普通に考えれば、それぞれの血液型の人がもっとバラバラに存在していてもおかしくないようなものですが、どうしてこんな風に「A型」は「A型」、「B型」は「B型」、「O型」は「O型」と固まって存在しているのでしょうか。

この理由についてあれこれ考えてみたときに、私がパッと思いついたのは、もしや血液型というのは、「大和族」と「出雲族」と「月派」のことをそれぞれ表しているのではないか、ということでした。

例えば、「大和族」は邪馬台国を西日本に築いたわけですから、関西に多い「A型」が「大和族」。

で、その「大和族」に追われて東北地方に逃げていった「出雲族」が「B型」。

そして「大和族」と「出雲族」に追われて北海道に逃げていった縄文人が「O型」だという風に考えられるわけです。

(中略)

このように「A型」はヨーロッパとオーストラリアに多く、「B型」はロシア、中国、中東に多く、「O型」は南北アメリカに多い。

これでなんとなく「大和族」と「出雲族」と「月派」がどの辺りにたくさん住み着いているかが分かりますね。

アメリカに「O型」、すなわち「月派=教皇派」が多いというのは実に面白いです。実際、アメリカは「月派」の拠点になっていますからね。

あと、ロスチャイルドの拠点であるヨーロッパに「A型」が多いのも実に興味深いです。やっぱりロスチャイルドは「大和族」を担いでいるだけあって、「大和族」の血が最も濃いようですね。

—–(転載ここまで)—–

ここに書かれた血液型ごとの民族分布を、日本と世界の地域でまとめると下記のようになります。

「A型」=「大和族」=「関西」&「ヨーロッパとオーストラリア」

「B型」=「出雲族」=「東北」&「ロシア、中国、中東」

「O型」=「月派」=「北海道」&「南北アメリカ」

これを念頭に置いて、血液型ダイエットの特徴を見て見ましょう。

 

—–(こちら)より転載—–

「血液型ダイエット」の画像検索結果
ルーツ
O型 … 狩猟民族 紀元前約40,000年頃 →
A型 … 農耕民族 紀元前約25,000年頃~約15,000年頃 →
B型 … 遊牧民族 紀元前約15,000年頃~約10,000年頃 →
AB型 … 約1000年前誕生

O型(狩猟民族)
胃酸が多く出る → 動物性たんぱく質を消化しやすい
アドレナリンを多く分泌 → 活発な運動が良い

A型(農耕民族)
胃酸が少ない → 野菜・魚・大豆製品を消化しやすい
ストレスホルモンを多く分泌 → ヨガ等でのストレス解消が大切

B型(遊牧民族)
乳製品を分解しやすい → 頭を使うスポーツ向き

AB型
食事も運動もバランス良く

—–(転載ここまで)—–

「O型」が一番古くからあって、次に「A型」、その次に「B型」、最後に「AB型」ができたという説。

それぞれの民族の生活様式をベースに、血液型を当てはめて、それぞれの血液型に合う食事を見るのが、血液型ダイエットなんですね。

例えば、「A型」は農耕民族だから、「野菜を中心にした食事法」が良いという思想。

次に、「O型」は、血液型ダイエットでいうところの一番古くからある血液型だから、世界で一番人口が多いということなのかは分かりませんが、「O型」に勧められているのは「動物性タンパク質」、要は「肉食」です。

菜食主義の一つの「ヴィーガン」と言う言葉に対抗するなら、肉食は「パレオダイエット(または原始人食)」と表現すれば分かりやすいですね。

パレオダイエット(ウィキペディア)

「O型」が多い北海道では、確かに、ジンギスカン(羊)が有名ですし、アメリカやカナダでも夏になればBBQで肉を食べる機会は多かったり、特に牛肉は日本に輸入されるほど、肉食は盛んです。

また、羊と言えばモンゴルを思い出しますが、そのモンゴルの「O型」の割合はなんと、55.4%と国民の半数以上が「O型」なんです。ーWikipedia(Blood type distribution by country

「B型」は、遊牧民族だったから乳製品が合っていて、肉の中でも羊の肉がオススメされていますが、北海道にでも住んでいない限り、羊の肉って日本人が日常で食する機会って結構少ない気はするものの、動物性食品が血液型ダイエットによって勧められているという意味においては、「O型」と近いと言えそうです。

ちなみに、羊肉を良く食するモンゴル人は、チュルク民族。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

または、「世界は、菜食主義(ベジタリアン)と肉食(パレオなど)の抗争の上に成り立っている」とも言えるかも。

現代のの歴史において行われている勢力争いについては、下記の動画でまとめられています。



さらに、この動画では、それぞれの勢力が分かりやすく色分けされています。

・ロスチャイルド家(赤)

・ロックフェラー家(青)

・李家(黄色)

このRapt理論と血液型ダイエットを図にしてみました。それが↓

また、以前のRaptブログの記事では、「出雲族」のシンボルカラーは「青」で、「月派」のは「黄」とあります。

RAPT×読者対談〈第97弾〉ジャパン・ハンドラーズは存在しない。またはFEMAキャンプと赤青黄のマークの謎。

出雲族と月派(チュルク族)は共に協力しあって、アーリア人(秦氏)=ロスチャイルドと抗争を繰り広げてきたというわけです。

ここで補足したいのは、昨年 Rapt理論で明らかになった、天皇家を含む「李家」の存在について。天皇家はロスチャイルド家とグルな関係ですが、他の李家メンバーは、勢力の強い方の民族とグルになってきたようです。

例えば、

安倍晋三(B型)はアメリカ側に働きかける(出雲族+月派)

麻生太郎(A型)娘をフランス企業に嫁がせるほどのザ・ロスチャイルド

(歴代の総理大臣の血液型情報はこちらから。)

彼らはそれぞれの血筋を養子縁組や政略結婚などで増やしながら、こうして大きく2つの勢力に分かれては、争いを繰り返してきた歴史がありました。

この世界は「天皇=ロスチャイルド」と「バチカン=ロックフェラー」の抗争の上に成り立っています。

まさか、大和族、ロスチャイルドが全員全く同じ血液型ってことは、庶民的に普通に考えるとあり得ないのですが、特に皇族は、近親婚や政略結婚を持って血筋を守ろうとしてきたわけですから、一つの血液型に偏っている方がある意味自然。

そんな天皇家の血液型について触れているブログ記事がありました(どうやって調べたか詳しく書かれていませんが)

———-(以下、こちらから転載)———-

ホリエモンと故田中角栄の血液型を調べていたら、皇室の方々の血液型も調べられる所発見!皇室サイトには血液まで書いてないので早速調べてみると・・・なんと

全員A型。

しかも雅子様と紀子様まで!いくら日本にAが多いからって、ねぇ。まぁそういう家庭も結構あるしいいんですが。あ、昭和天皇だけABでした。

———-(転載終わり)———-

これによれば、昭和天皇は「AB型」で、他全員「A型」だそう。

何型は何型にしか輸血ができないのように限定されているのも、彼らの血筋が薄まらないようにするだけのものだったりと考えると、一瞬ギョッとしますが、輸血も天皇のビジネスですし、ありえなくもありません。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

この世界は「A型」と「BO型」の抗争の上に成り立っているという言い方もできるかもしれません。

そもそもABO式血液型っていつから使われているのだろうと、疑問に思って調べてみると、比較的最近の1900年、「カール・ラントシュタイナー」という人によって発見されました。

Karl Landsteiner 1930b-cr2.jpg
<カール・ラントシュタイナー>

———-(以下、こちらより転載)———-

11月14日は「血液型が発見された日」です。1900年のこの日、オーストリアの学者、カール・ラントシュタイナーが人間の血液は「A型」「B型」「O型」にグループ分けできることを発表しました。

ちなみに「AB型」は次の年に、ラントシュタイナーの同僚によって発見されています。

20世紀初頭の当時は、輸血による事故が多発していたため、血液について早急の研究と解明に迫られていました。この功績でのちの1930年にラントシュタイナーは、「ノーベル生理学・医学賞」を受賞します。

(中略)

ちなみに、血液型を発見したラントシュタイナーさんはユーロが導入されるまでのオーストリアで「1000シリング紙幣」に採用されるほどの偉人だそうです。日本でいう野口英世さんのような存在だったんですね。

———-(転載終わり)———-

 

上記の記事には書かれていませんが、彼は、ユダヤ人でした。誕生日は、ドナルド・トランプと同じ6月14日生まれ。

「ラントシュタイナーはバーデン・バイ・ウィーンでユダヤ人として生まれた。」ーウィキペディア

また、彼がこのABO式血液型を発表した時点ではA型、B型、C型としていたそうです。このC型がO型に変わった理由には諸説あるようですが、

・C型は「AとBのいずれの抗原物質ももたない」という0(ゼロ)という意味で「0(ゼロ)型」=O型になったという説

・「~ない」の意味を持つドイツ語「ohne」の頭文字を取って「O型」としたという説 など他。

Rapt理論で「C」は悪魔の数「6」を表していることが分かっていますが、それと何か関係があったり?

RAPT×読者対談〈第112弾〉現代科学の知識はどこまで本当か。

アルファベット順にするなら、ABCでいいところをあえてABOにすることで、人々の関心を引き、なぜ「C」じゃなく「O」なんだろうと考えさせることで、その影なる存在を隠しつつも示したかったとか?私の想像でしかありませんが、ありえなくも有りません。

特に、ノーベル賞の創設目的を考えれば、彼らイルミナティのやりそうなことです。

RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

ラントシュタイナーも例によって、ノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

血清学の研究、ロックフェラー研究所、彼の肖像が1000オーストリア・シリング紙幣に使用されていたなど、野口英世と似ている功績がいくつか有ります。

ロックフェラー医学研究所が設立されたのは、1901年(明治34年)、ラントシュタイナーがABO式血液型を発表した翌年です。ラントシュタイナーがロックフェラー研究所に加わったのは、1922年弟子アレクサンダー・ウィーナーとRh因子を発見。

ABO式血液型にRh因子の発見は、ロックフェラー家との関わりが強いと言えます。

血液型ダイエットは、ナチュロパス(自然療法士)であるダダモ博士によって提案された、東洋思想からくる発想です。

もしかしたら、ここでもABO式血液型 vs 血液型ダイエットの抗争があったりするのかも知れません。

実は、人の血液型は、ABO血液型のほかに数十種類もあります。でも、ABO型がよく知られているのは、医学的に特に重要な情報だから。https://www.excite.co.jp/news/article/Goorank_3931/

医学的に重要なのか勢力争い的に重要なのか、そんなことを勘ぐってしまいます。

最後に発見された「AB型」にしてもなんだか取ってつけられた感がある気がして、それについて調べてみると、その少ない数の割に、アメリカ大統領の何人もが「AB型」であるという話を見つけました。

—–(こちら)より転載—–

(フジテレビ「ホンマでっか!?TV」で、血液型で人生は変わる?の番組内容をメモした方のブログより)
(*私のコメントをオレンジ色で入れています。)

No.03
アメリカではAB型が1~2%の割に大統領が多い!?
→ バラク・オバマ、ビル・クリントン、ジョン・F・ケネディ 、(ヒラリー・クリントンも)

(*すごいメンツが揃っています。クリントン夫妻、二人してAB型というのもすごいですね。)

No.04
O型は動物性タンパク質と活発な運動でやせる!?

No.05
A型は穀物・魚・大豆製品などの日本食が消化しやすい!?
→ 欧米などの肉食に向かない

No.06
海外ではO型の比率が高い国が多く 南米にはB型がほぼいない!?

No.07
ペルー・ブラジルのネイティブのインディオは100%O型!?
→ 約1万2千年前に祖先が東アジアから渡り 全員がO型だったため

No.08
B型は浮気をしやすく後悔もしない傾向が!?
「浮気して幸せだった」と回答 → 全体約35%・B型約50%(しらべぇ調べ)

No.09
浮気を後悔しないのは60代のB型に多い!?
別の調査ではB型の男性は妻・彼女を大事にする傾向が
A型の男性は妻・彼女の記念日を忘れやすい人の割合が高い(しらべぇ調べ)

No.10
最近の総理大臣は36人中18人がO型!?
一般の(O型の)割合約3割 首相の割合約5割 → O型首相になりやすい

(*これは、良く聞く話ですね。これで日本の政治も影で天皇派と教皇派に別れては、常に内部争いが行われているわけですね。で、天皇派が強いと共産主義国のようになり、教皇派が強いときは資本主義要素が強い。)

No.11
O型の脳が一番大きいと2年前に証明された!?
O型は小脳が大きい → 記憶に関する部分も大きい
O型は認知症になりにくいというデータも
小脳が大きいとバランス感覚も良い傾向が

No.12
すい臓がんになりやすいのは B型>AB型>A型>O型!?
10万人あたり1年間ですい臓がんになる割合 B型…44.5人/AB型…41.8人/A型…39.9人/O型…28.9人

(*RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

No.13
合コンで圧倒的にモテるのはO型の男性!?
彼氏にしたい血液型は? ①O型…52% ②A型…31% ③B型…11.3% ④AB型…5.6%

AB型の女性…AB型の男性にはモテる 「AB型の女性が良い」…全体6.7% AB型30.9%
AB型の芸能人…古舘伊知郎・ウッチャンナンチャン・稲川淳二・ウド鈴木・柳沢慎吾・間寛平…

No.14
米国で一番離婚率が多いのはA型とB型の夫婦!?
ミランダ・カー(A型)-オーランド・ブルーム(B型)

(*A型とB型は一般的にも相性が悪いと言われていますね。)

—–(転載ここまで)—–

この番組がフジテレビのものだから「O型」が持ち上げられているのでしょうか。フジテレビの筆頭株式を見るとその意味が分かりやすくなります。

フジテレビの筆頭株主は、ホリエモンと激似である韓鶴子(統一教会の教祖・文鮮明の妻)です。

ホリエモンが肉(特に牛肉)を推すのも、彼が「月派」で、ロックフェラー家との繋がりがあると考えると、なんともしっくりきます。

ライブドア事件はロックフェラーによる天皇つぶしの計画でした。ホリエモン逮捕も口封じのためです。

だから「ヴィーガンぶっ潰す」と発言するのも、「大和族」=「ロスチャイルド」を潰したい勢力争いの元にでたコメントなのでしょう。

また、多くの人が気になるのは、アメリカ大統領「ドナルド・トランプ」の血液型ではないでしょうか?

陰謀論では、彼は以前ロスチャイルド家からお金を借りているから、ロスチャイルド家側の人間だと言われています。

———-(こちらから転載)———-

外国人の血液型

アメリカ大統領


■O型
  • アイゼンハワー(D. D. Eisenhower)
  • フォード(Gerald Ford)
  • レーガン(Donald Reagan)
  • ブッシュ(父)(George H. W. Bush, Sr.)
  • ブッシュ(子)(George W. Bush, Jr.)
■A型
  • リンカーン(Abraham Lincoln)
  • ジョンソン(Lyndon B. Johnson)
  • ニクソン(Richard Nixon)
  • カーター(Jimmy Carter)
  • トランプ(Donald Trump) 2017.5.10追加
■B型
  • ワシントン(George Washington) 2018.7.8追加
■AB型
  • ケネディ(John. F. Kennedy)
  • クリントン(Bill Clinton)
  • オバマ(Barack Obama)
■2016年の候補者
  • ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton) AB型RH-(サンダース氏も同じ)
  • ドナルド・トランプ(Donald Trump) A型
———-(転載終わり)———-

 

トランプ大統領は、日本の天皇家と同じく「A型」です。と言うことは、大和族=ロスチャイルド家側と言うことになります。

また、トランプ大統領と反対政党のヒラリークリントン(AB型)には、共通の先祖がいると言われています。


そんな二人の違いは、ドナルド・トランプは「共和党」に対して、ヒラリー・クリントンは「民主党」。

「ドナルドトランプ 政党」の画像検索結果 「ヒラリークリントン 政党」の画像検索結果
<共和党>      <民主党>

政党のロゴの色をRapt理論で見てみると、トランプの所属する「共和党」は「赤」=ロスチャイルド側、ヒラリーの所属する「民主党」は「青」=ロックフェラー側になりますね。

ちなみに、トランプが彼が好きな食べ物は、ファーストフードだと言われています(ウォーレン・バフェットのよう)。彼の血液型ダイエットで勧められる「A型」=「農耕民族」の食は、野菜中心ですので、この点に関しては一見合っていないように感じられれますが…

———-(こちらから転載)———-

初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!



トランプはハンバーガーやポークチョップが大好き Jim Young-REUTERS

<コカコーラとファストフードをこよなく愛する大食漢のトランプは、訪問先の中東やヨーロッパで食べ物に困るだろう>

ドナルド・トランプ米大統領の食べっぷりは、100キロを超える若者のようだ。しかもホワイトハウスでは、注文ボタンさえ押せばよく冷えたコカ・コーラが運ばれてくる。

(中略)

■トランプの好物は1人前54ドルの乾燥熟成肉のステーキ。硬い肉が皿の上でカチコチ音を立てるほど、焦げるまでよく焼いたのが好きだ。豪快にケチャップをかけるのがトランプ流。

ハンバーガー好きは潔癖症だから?

■トランプは極度の潔癖症で有名だ。それは自分でも認めていて、彼が2013年にロシアのモスクワで宿泊したホテルに複数の売春婦を呼び、ベッドに放尿させて眺めたという噂が流れたときも、「私は潔癖症だ」と言って否定した。

潔癖症はトランプの食事にも表れている。彼のファストフード好きは有名で、定番はマクドナルドのハンバーガーとケンタッキーフライドチキン。昨年の大統領選中の対話集会で、好きなマクドナルドのメニューを問われたトランプは「ビッグマックは素晴らしい。クォーターパウンダーもね。あれはうまいぞ」と熱弁をふるった。

【参考記事】トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?

———-(転載終わり)———-

アメリカ第一主義、ナショナリズムをうたうだけあって、アメリカンなファーストフードや、肉好きをアピールしているのでしょうか。

菜食主義を押すのがロスチャイルド家側なのに、肉好きじゃ「血液型ダイエット」的には合わないように一見思われますが、肉を食べるときにわざわざケチャップをかけたり、彼が好きだといっているファースフード系企業は、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ダイエットコーラーなどの企業のロゴの色は「赤」で、「赤」=ロスチャイルド系企業です。

また、上記にある参考記事には、北朝鮮のリーダー「金正恩」とハンバーガーを食べるのか?とありますが、「金正恩」の血液型もトランプや日本の天皇家と同じ「A型」です。

昨年には、トランプ大統領は、金正恩から個人的な手紙をもらったとまで言っていましたしね(金正恩氏からトランプ大統領に届いた「美しい」手紙、実質的な内容はなし)。

こうやってみていくと、「トランプ」=「A型」=「ロスチャイルド」=「赤」=「天皇派」=「ユダヤ人」という繋がりがはっきりしてくると言えるのではないでしょうか。

現に、トランプは、大統領になってからユダヤ教に改宗したと言われていますし、彼の両親は共に「ロングアイランドユダヤ人メディカルセンター」でなくなっています。Donald Trump’s Mother: the story of Mary Anne MacLeod Trump as BBC documentary uncovers the US President’s Scottish roots

さらに、昨年2019年6月には、ゴラン高原にあるユダヤ人入植地には、「トランプ高原」と命名されたとうニュースも流れました。

———-(こちらから転載)———-

イスラエル、ゴラン高原の入植地を「トランプ高原」と命名

「トランプ高原」と書いた看板の前でスピーチをするイスラエルのネタニヤフ首相 Ammar Awad-REUTERS

<トランプとネタニヤフの蜜月は続く>

イスラエルのネタニヤフ首相は6月16日、ゴラン高原にあるユダヤ人入植地をドナルド・トランプ米大統領にあやかり「ラマト・トランプ」(ヘブライ語で『トランプ高原』の意)と命名する式典に出席した。

シリアとイスラエルが領有を争うゴラン高原に関し、トランプは3月、その主権はイスラエルにあると正式に認める方針を明らかにした。これを受けてネタニヤフは、ゴラン高原の入植地にトランプにあやかった名前を付けたわけだ。

「今日はゴラン高原の歴史における一里塚として。何世代にもわたって記憶されるだろうめでたい日だ」とネタニヤフは式典で述べた。式典にはアメリカのデービッド・フリードマン大使も出席したと地元紙は伝えている。

「ゴラン高原に新たな入植地が建設されてから長い年月が経ったが」とネタニヤフは述べた。「今日ようやく、われわれはラマト・トランプの繁栄に向けた重要な一歩を踏み出そうとしている。入植地はイスラエルの非常に偉大な友の名を誇らしく背負っていくこととなるだろう。私も偉大なわが友の名をここで語るのを非常に誇らしく思う。ドナルド・トランプ大統領だ」

———-(転載終わり)———-

イスラエルの国旗に描かれている六芒星は、ロスチャイルドを表していましたね。

関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。

この「ゴラン高原」は、以前は「シリア高原」と呼ばれていました。

———-(以下、ウィキペディアから転載)———-

2019年3月21日にはアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領が、ゴラン高原の主権はイスラエルにあるとの見解を表明し、翌22日にはシリアとアラブ連盟が非難する声明を発表。

3月25日にアメリカは正式にイスラエルの主権を認める手続きを行ったが、国際連合や日本などは引き続きイスラエルの主権を認めていない。

6月16日にはイスラエルがゴラン高原の新たな入植地をトランプ高原と命名するなど、イスラエルによる実効支配は一段と強まっている

———-(転載終わり)———-

トランプ大統領がイスラム教徒の移民の受け入れをしないのも、この一連の流れなのでしょう。

シリアは、イスラム教徒が87%(ウィキペディアより)と、国民のほとんどがイスラム教徒の国。そのシンボルカラーは「緑」です。

Allah-green-transparent.svg
<イスラム教>

また、シリアは、スティーブ・ジョブスの血の繋がった父とされる人の出身地でもあります。そんなスティーブ・ジョブスの血液型は「O型」で「月派」に属する人。

彼がすい臓がんで亡くなったとされている年は、2011年、福島で人工地震があった年でした。

RAPT×読者対談〈第111弾〉人工地震3.11を起こした真犯人は出雲族である。

「福島」で「3.11」を起こした真犯人は、この世界規模で結成された「緑の党」の人たち、すなわち「月派・出雲族」であると考えて間違いありません。

ゴラン高原のニュースが流れて2ヶ月程がたった頃に、彼がエジプトで見つかったというニュースが流れました。

亡くなったはずのスティーブ・ジョブス、Rapt理論で癌という病気は存在しないことも分かっているので、彼が生存していてもおかしくないわけですが、彼が生きていたとしたら、彼がアメリカから出た理由はなんだったのか?

福島の3.11と何か関係しているのか?なぜエジプトなのか?

エジプトと言えば、天皇と悪魔崇拝を繋げる要素がある国です。東洋思想に系統していたスティーブ・ジョブスが見つかったエジプトの国旗と、彼の父親の出身シリアの国旗を見るととても似ています。

「エジプト」の画像検索結果 「シリア」の画像検索結果
<エジプトの国旗>       <シリアの国旗>

シリア人(アラブ系)の父親を持つスティーブ・ジョブス、例によって、二つの勢力の抗争の元、アメリカから追い出されてしまった、もしくはアメリカから逃亡した、そんな風にも考えられるのかも知れません。

最後に、今回のテーマ、「血液型ダイエット」の本の著者ダダモ博士と、スティーブ・ジョブスが似ている気がするのは、何かの偶然でしょうか?

© 2020 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑