GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: 白血病

母の癌治療を皮切りに、正しい情報を求め続けて出会った「Raptブログ」で見つけた人生の法則

Sunset photo in Canada

癌という病気は存在しない。

このタイトルを見たとき、それはそれは衝撃を受けました。

今や2人に1人は癌になる時代であるとマスコミでは報道されいるので、「まさか!」というリアクションが普通なのかもしれませんが、私の心の中の反応は、「だからか!」でした。

なぜなら、私は母が白血病だと言われてから他界するまでの3年半強、癌にまつわる様々な情報を読んできましたし、後半は、食事療法などの自然療法について情報を集めていました。

食事療法関連の情報の中には、〇〇は癌に効くとか、〇〇が予防になるとか、それはそれは色々な情報で溢れかえっていました。

時に、それらの情報が生み出す矛盾に不信感を覚えながらも、いつの間にか、健康ブームに乗ってしまっていました。

そうすると、徐々に、西洋医学が悪くて、東洋医学が良いと言った考えに変わっていきます。

そんな時にマクロビを知っては玄米菜食よりな食生活に挑戦したり、ヴィーガンレシピなどをYouTubeで見てはたいして好きでもない大豆で作られた大豆ミートを試してみたり、乳がんを食事療法で治したという人のブログを紹介されては読んだりしていました。

次第に、これらの食事法を語る人たちに共通している思想が見えてきます。

それは、自己啓発やスピリチュアル、環境問題そして、宇宙の話。

食と平和をかけたり、一見すると聞こえの良いことを言うのですが、人間の体と宇宙をかけて話が空想ぽくなって行くと、どこか宙に浮いているような、現実味および説得力にかけているような、そんな印象を持ったことを記憶しています。

その感覚はある意味正しかったのか、なんと、宇宙も存在していないし、太陽が地球から1億4960万kmも離れているというのも噓ぱちでした。

その嘘が分かってから改めて太陽を観察して見ると、確かに近くで浮いてることに気づきました。

太陽も月も実は近いところで浮いていた!目が離せない「Rapt理論で見る地球平面説(フラットアース)」

Raptブログに出会ってからというもの、私たちの目はどれほど塞がれていたのかと感じては、世の中で常識とされてきたことがいかに真実から遠くかけ離れていたことか、マスコミの洗脳の恐ろしさを目の当たりにしました。

癌という病気も、作られた病気だったのです。

それを私たちに悟られないように、怖い病気だと言う嘘で恐怖を煽っては、ガン保険を進めたり、治療を進めたり。

そんな情報ばかりがマスコミで流れていれば、万が一の時に備えてガン保険に入ったり、いざ癌宣告をされようものなら、治療をしないほうが怖いと言う心理状態になっていきます。

そうして、抗がん剤をやりながら食事療法も調べたりして、あの専門家はこう言うけど、別の専門家はこう言うといった感じで、情報を得れば得るほど、実はどんどん無知になってしまうと言う負の連鎖に陥っていたのです。

存在しない病気のために、あれこれ嘘の理論を組み立てるから矛盾が生じるわけで、そうやって彼らの話はどんどん複雑になっていき、一般人の私たちには難しくて分からないと、専門家の言うことを聞いていれば安心といった肩書き信仰が登場してしまうのかもしれません。

いづれにしても、存在しない癌を治療するのが前提にあるので、西洋医学が悪い、東洋医学が良いという論点自体がズレているわけですが、これが彼ら上級国民のやり方なんですよね。

政治に右翼と左翼があるのと同じように。

一見すると、選択肢があるようにも思えるわけですが、どちらを選んでも、正しい情報ではありませんでした。それこそが最大の盲点だったと思います。

そんな彼らのやり方は、事件・事故・存在しない病気などを作り上げて、それを元にどっちがより儲けるかと言う勢力争いが常にありました。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

RAPT×読者対談〈第111弾〉人工地震3.11を起こした真犯人は出雲族である。

3.11では、放射能の危険が煽られ、多くの人が強制的に避難に追い込まれましたが、そこではなんと「スマートシティ」が建設されています。

放射能が危険でそこには住めないはずなのに…そこにスマートシティを建設中となればそれが何よりの証拠で、原発も放射能も存在していませんでした。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

なぜそこまで大きな嘘をついてまで土地を略奪したいのか、一般人の私たちには理解できませんが、要は、スマートシティを建設するのに、その土地に住人が居ては工事がスムースに進まなくなってしまうので、放射能の恐怖を作り出して人々を一気に追い出したという、想像を絶する国を上げての詐欺事件だと言うことです。

嘘が大き過ぎて信じがたい?私もそうでした。

特に、福島原発事故が発生した時、私の父親は福島にいました。

後に聞いた話では、地震が来て揺れが落ち着いてから、車の中に移動し、様子を見ながら近くにあった喫茶店に入ったところで流れていたラジオ放送で、「福島原発が爆発した。」と聞いた父親は、「そんなまさか、聞き間違えか?」とにかく相当ビックリしたと言っていました。

当日は、家に帰ろうにも渋滞がひどい道路。通常なら5時間ほどで帰れるところ、結局、2日強かかったと言っていました。

当時私は、カナダのカレッジに通っていたので、クラスメートや先生達も、私の家族の安否を伺ってくれました。

また、その学校で寄付を募るイベントをやることになっては、私を含む他何人かの日本人とボランティアの人たちで、おにぎりを作って、鶴を折って、それら販売しました。

そうして10万円相当が集まったと記憶していますが、後日聞いた話では、この種の募金で私たちが集めたレベルの金額だと、ほとんどが赤十字社の手数料で消えた…と。

*********
その事故から2年経つかたたないうちに、母は白血病と診断され入院し、抗がん剤治療を行いました。

医者は、白血病の原因はわからないと言いましたが、ネットや雑誌で見つけた記事の中には、放射能が白血病の原因であると言ったような話もちらほら目にしました。

また、一般的に血液は骨髄でつくられると言われていますが、これまたネットで調べものの中には、血液は腸でつくられると言われていると。

血液が作られる場所にも諸説あるは、原因が分からない病気なのに、なぜか治療法は分かっているという矛盾。

また、もし、放射能が白血病の原因なら、福島原発事故当時に現場付近にいた父親の方が、そこから車で5時間ほど離れた実家にいた母よりも、白血病になる可能性は高かったのでは?

そんな風にも考えましたが、とにかく専門家によって言うことが全く違っていました。

当時はまさか放射能が存在していなかったとは考えたことも疑問視することもなかったので、原発について書かれた記事や、癌に効く食べ物、オーガニック、マクロビなど、抗がん剤+で出来ることがあればと、何冊も本を読み漁りました。

放射性物質には何があって、半減期までに要する期間が何日〜何年あって、やれ外部被曝だの、内部被曝だと恐怖がどんどん煽られては、オーガニックが安全だという風に話に感化されていきました。

そうして、今まで行ったことのなかった健康食店を調べては足を運びました。

その中には、暗い雰囲気のお店もあって、そう言うところは気が滅入るので、綺麗なお店を探すようになりました。

母が退院している時には、一見オシャレな自然食品店に併設されたレストランなどで食事をしたりもしました。

行ったことのないお店に行くのは、母にとっても楽しみとなりましたし、化学調味料不使用のメニューなどもよかったのですが、場所によっては、レストラン併設のミニスーパーで売っている野菜に、放射性物質の一つであるセシウムの残留量が表示されているところもありました。

放射能が嘘だと知らなかった当時は、そんなお店の対応を見てある意味良心的だと思いならがら、残留量が少なめの野菜を選んでも少しは残っているんだよな…と思いながら購入したものです。

嘘だと分かってからこうして当時のことを振り返ってみると、偽善的な行為に怒りを通り越したなんとも言えない気持ちにもなりますが、偽善的なビジネスの典型と言えば、輸血です。

人から無料で集めた献血の血液のほとんどは癌治療に使われると言われています。存在しない治療に使われる献血…

母の治療中もそうでしたが、抗がん剤治療に輸血はつきものでした。中でも白血病の治療に使われる抗がん剤の量は相当なもので、一日置きに行われる血液検査の結果を見ながら、赤血球(赤い血)と血小板(黄色い血)が交互に輸血されていました。

そうして、母は何度と何ヶ月にも渡る入院を繰り返しては、その度に抗がん剤+輸血での治療が行われ、最期は皮肉にも輸血のみの治療をして他界しました。

なんと、輸血は天皇家の金儲けビジネスでした。さらに、雅子皇后は日本赤十字社の名誉総督であり、なんと池田大作の実の娘だそうです

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

皮肉にも母は皇族の特集があれば必ず見るほどのファンでした。

*********
あれから数年経って、Raptブログに出会いました。

そして、福島原発事故が人工地震であったこと、原発も放射能も存在しないこと、癌も存在しないことを知りました。

私が家族を通して経験したことの全てが、上級国民が仕掛けた詐欺に繋がってしまいました。

まさか、こんな悪さをする悪人がいて、それが国を支配する天皇家始め、上級国民達であったとは…

さらに、今の天皇家=創価学会と言う状態にあり、雅子皇后も紀子様も共に創価信者でした。


そして、今世間を騒がしているコロナパンデミックも然り、コロナも存在していませんでした。

そんなコロナの真相もRapt理論によって解明されています。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

コロナ騒動が引き起こされた目的も、福島原発事故が引き起こされた目的と同様に、土地の略奪をしたところにスマートシティを建設するというものでした。

そんな一般人の私たちには想像することもできない悪なる計画の元には、大本教の宗教思想があったのです。

で、その計画を今の時代に実行したのが、なんと「創価学会」でした。

大本教・出口王仁三郎と創価学会の繋がりは上田家の系図を見れば一目瞭然で、大本教の出口王仁三郎も、創価初代会長の牧口常三郎も共に「上田家」の人間でした。

Image

この家系図の右上には北朝鮮に誘拐されたはずの横田めぐみの名前も出てきます。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

どこまでも闇な天皇家と、その裏にある支配体制は、日本を始め世界に浸透しているというのは、ここ10年ほどカナダに住む私が見聞きしてきた社会情勢を見ても明らかです。

まさにRapt理論で明かされた通りでした。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

特にトルドーが首相になってからここ5〜6年の間に行われた政策を見ても、どこの国よりも率先してこの宗教思想が広められているのではないかとすら思えます。

大麻は合法化されましたし、LGBTの権利はもはや一般人よりも強いような勢いで、性教育も早くから学校で行われては、その内容にちょくちょく変更が加えられながら学校教育を通して若者へと浸透してきたように感じます。

出会い系サイトを利用する人も多く、LGBTのこともあるからか、かなり細分化されているようです。

そのため、性の乱れは本当に半端なく、ここ数年で良く耳にした話によると、出会い系サイトは、多くの女性にとって養ってくれる人を探す場となっていました。

そんな大本教の宗教思想が元にある一種のムーブメントは、創価学会によって引き継がれ、彼らが持つコネと資金力と共に、世界中に広められてきたと言えます。

いつの時代もムーブメントに感化されるのは大学生などの若者が多いですが、創価学会による洗脳も大学生をターゲットに行われているのではないかと考えられます。

現に、トロント大学には、創価学会インターナショナル(SGI)の仏教サークルがあります。

また、ラバル大学、ゲルフ大学においては、創価大学創立者である池田大作に名誉博士を与えていますし、私が通ったカレッジの一般教養で選んだ「エシカルイ問題」のクラスで私は、仏陀のことを学びました。

スピリチュアル系の本を読んだ時も、やたらと東洋思想との共通点も見えてきたり、スピリチュアル系の若者の関心ごとは、菜食主義的だったり、ヨガだったり、大麻だったり、LGBTだったり…

まさにニューエイジ時代に流行った、ヒッピー文化を受け継いでいるかのようでした。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

ヒッピーは一部のキリスト教派に批判的だったと言われていましたが、近年ではそこに、カトリック教会の幼児虐待事件などが合わさって、キリスト教離れがさらに進んでいるような感じです。

そうして、宗教と関わりのない生活をする「無宗教」の人も増えている感じがします。

この無宗教という概念も、大本教が作り出した、救いのない世界でした。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

日本に無宗教人口が多いのも偶然ではなく、無宗教になるように仕向けられてきたのです。

私も、宗教と言えば、オウム真理教とか、創価学会など思い浮かべてしまい、全く良いイメージなかったので、無宗教だとずっと思って生きてきましたが、まさか、神様の存在を隠すために作られたのが無宗教だったとは…

どこまでも悪な行いは、天皇を始め、上級国民によって、世界的に行われてきました。

庶民の私たちには想像を絶する悪事の数々。それは、「悪魔崇拝」と関連していたと知って、辻褄が合うようになりました。

最初はそんなものが実在しているのか?と驚きましたが、Raptブログを読み進めていくうちに、いわゆる陰謀論にこの悪魔崇拝の概念が抜けていたから、どんなに彼らのいうところの陰謀なり真実を聞いても、腑に落ちなかったことが分かるようになりました。

彼らが、本気で悪魔を拝んでいるということはつまり、悪魔が存在していたということになり、そして、悪魔がいるなら、神様もいる?

彼ら上級国民は、必死で神様の存在を私たちから遠ざけてきました。無宗教の世界を作ったのもその一貫。

私もそうでしたが、無宗教だと思っているから、神様を探し求めようとせずに、そうして救いを見失ってきたのです。

むしろ世の中は救いどころか、不条理・不公平が当たり前。矛盾もまかり通るという世界。それによって上級国民たちは庶民を彼らの支配下に起き続けてきたのです。

Raptブログでは、そんな上級国民達の正体が次々に明かされました。で、悪の根源である天皇は、なんと神様に反逆したユダヤの末裔だったのです。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

ユダヤ人の歴史は、聖書の中に書かれていますが、私たち日本人には馴染みがないどころか、一度も読まずに人生を終える人がほとんどで、それこそが上級国民による最大の陰謀だったのです。

Raptさんが上級国民の正体を明かすことができたのも、聖書をたくさん読んできたからでした。

彼ら上級国民は、聖書の言葉を捻じ曲げては悪用し、ありえない方法で金儲けしたり、支配体制を築いてきたのです。

そんな壮大な歴史、真実の歴史は長いこと隠されてきましたが、Raptブログはこの世のカラクリを見事に解き明かしてくれました。

複雑に絡み合った嘘のまた嘘、それが常識となって長い年月が経って、彼らもまさかバレるとは思っていなかったでしょうが、Raptさんは理路整然と突っ込みどころがないレベルで、多岐にわたる分野においてこの世の嘘を明かされました。

そこには、神様の存在を感じざるを得ません。

そんな神様の御言葉を伝えてくださっているのもRaptさん。その愛の言葉を一度聞いたら、これがこの世の原理だと悟しかありません。

私たちは、そんな真理に、正しい情報にどこまでも目を塞がれてきました。だから、どんなに幸せを装っても、心の中は不安や心配でいっぱいだったのです。

真理の世界は、矛盾がひとつもない公平な世界でした。御言葉には、私たち人間が幸せに生きるために必要な真理が詰まっています。

それを聞いて、生活の中に取り入れる様になって、癌のような存在しない病気に騙されなくなることはもちろん、幸せに導かれる、成功に導かれる人生の生き方を見つけることができました。

rapt-neo.com

https://www.instagram.com/rapt_neo/

*********

自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

コロナの嘘、マスコミの嘘に騙されないために知っておきたい、世界のカラクリと真実

 

前回の記事では、私たちが生活してきた社会は、思っていたものとは全く違うものであったこと、それを知らずに、社会の法律やルールに従っては、私たち庶民が上級国民達にとって都合がいいように行動するため、洗脳工作が行われていたことについて書きました。

また、そのような状況から抜け出すことができる方法をRaptブログで見つけたことにも触れました。

「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。

この救いのない「無宗教」社会において、人々は目先の問題ばかりに囚われては、物事をシンプルに捉えることも、大きな視点で見ることもできなくなり、日々のルーティンをロボットのようにこなしています。

そうして、そこには必然的に愛のない社会ができあがってきました。

私が住むカナダも、すっかり愛のない社会になってしまった感が否めません。

例えば、ある人の家の敷地内に植えてある木の枝が伸びて、隣の家にほんの少しはみ出しただけで、市役所に通報されては罰金を課せられたり、敷地の広い田舎にある家の庭で鶏を飼っていた人の隣人の通報で、役所の人がその家を訪ねに来ては、8匹飼っていた鶏を6匹に減らされたという話を聞いたことがありました。

正直、近所の人の家で何が行われているかいちいち観察して通報するって、政府のスパイみたいではないですか?少しの飛び出た木や、人ん家の鶏が危害や不都合をもたらしたならまだしも、それでも、政府機関を絡める前に近所の人どおし話せば済むことではないでしょうか?

私たちはマスコミや学校教育を通して、このように、彼らに都合良く私たちが行動するように教え込まれてきたのです。

まるで、人の気持ちを考えない、知能を必要としない作業をプログラミングされた、愛を知らないロボットのように。

学校の授業で暗記物が多いのも、物事が起こる理由やその背景に疑問を持ったり、考えたりすることのないように仕組まれた洗脳工作のようなものだったと考えられます。

社会に出てからも、毎朝仕事に行く前にマスコミの垂れ流す嘘を聞きながら支度をしては、嘘の情報も何度と聞いているうちに、いつの間にか常識的にその情報を捉えるようになってきました。

そして、今回のコロナパンデミックで、テレビで流される情報だけを見聞きしている人々は、得体の知れない新型コロナウィルスであると信じては恐怖に怯え、マスコミで言われる通り外出自粛をした結果、日光浴不足で元気が出なかったり、家にこもりすぎて精神的に病んでしまった人も少なくありません。

このように、嘘の情報が常識化してきた社会が、直接人々の心や健康にもたらす害は計り知れません。

私は、Rapt理論を通して「コロナは嘘」だと分かっていたので、外に散歩に出かけて日に当たったり、たったそれだけでも気持ちが晴れています。

なぜ世の中は混沌としてしまったのか。

Raptブログは、その状況を作り出しているのが世界の上級国民たちであること、彼らが人々を支配する体制を作るために引き起こしてきた悪事の数々、この世のカラクリを解いてくれました。

彼らエリート達は、テレビと言うメディアを使って信用を売りにしては、実はその情報は多くの嘘が混じっていただけでなく、彼らが意図的に起こしてきた悪事の数々を隠すために利用してきた…

そんな想像を絶するカラクリがあったとは、私たち庶民は疑う余地もなかったのではないでしょうか。

「無宗教」人口の多い日本、「無宗教」というカルト思想の世界の住人である私たちの多くは、彼らが仕向けた洗脳工作に長いこと騙されてきました。

そうやってマスコミの言うことを鵜呑みにするように洗脳されて、その情報を元に人生の選択をしてきたのです。

例えば、癌の早期発見という悪質な詐欺。

早期発見しようとマスコミで宣伝、人々は不安を煽られて病院に足を運んだり、癌になった時のためにと、芸能人が宣伝する保険会社からガン保険に加入したりしています。

海外に住む人も、日本に帰国するたびにそれなりのお金を支払っては健康診断や乳がん検査を受けるという人の話も耳にします。

まさか、「癌という病気は存在しない」とは…

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

もしかしたら、いきなりそんなこと言って余計な不安を煽るなとおっしゃる人もいるかもしれませんが、残念ながら、マスコミや政治家が嘘をつくわけないと言う「信じたい」気持ちは、真実を見極めることから遠ざけてしまいます。

これがマスコミ洗脳の恐ろしさ。

ですが、それに長いこと洗脳され続けていると、彼らが煽るがままに不安になっては、進められるがままに必要のないところにお金を使ってしまうことになります。

今までずっと信じ込んできた存在を疑うことはできればしたくはないものですが、マスコミや政治家は、嘘つき・詐欺集団で、悪人以外の何者でもありません。

私たち庶民はそんな彼らの目論見通り、彼らのつく巧妙な嘘に騙され続けてきたのです。

マスコミ情報を鵜呑みにして、自分の頭で考えないことが、どれだけ恐ろしいことでしょうか?

どんな人のことも、どんな情報も疑ってかかるのは悪いことではありません。むしろ、賢く生きるために必要な知恵でした。

マスコミが言うままに、テレビに登場する御用学者や専門家、時に有名人の話に耳を傾けては、「あの有名人が言っているんだから間違いない」と言う根拠のない妄想が生まれます。

そうしているうちに、もれなく彼らのつく嘘に騙されては、彼らの金儲けビジネスに貴重な時間やお金をつぎ込んでしまう、かなり危険な行為に自ら足を踏み入れてきたのです。

癌の早期発見やガン保険に促すことを思い出してみても、そもそも「癌という病気は存在しない」のですから、その悪質な詐欺には、驚きを通り越して怒りが込み上げてきます。

でも、彼らのこのような悪事の行い方が理解できると、マスコミが巧みに私たち庶民を騙してきたこと、そうやって作った仕組みを使って上級国民とその関係者だけが稼いできたという詐欺だらけの社会に生きてきたことがよく見えてきます。

北朝鮮とカルトと政界と芸能界を結ぶヤクザ「住吉会」(陰謀論を否定する堀江貴文のドス黒い闇)

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

もちろん、信じるか信じないかは個々の自由ですが、繰り返し声を大にしてお伝えしたいのは、マスコミの垂れ流す情報や専門家の言うことを、自分で考えたり確認したりすることなく、そのまま鵜呑みにするのは危険だということです。

「専門家の言うことを信じる」方が断然楽ですし、人を疑うのも疲れます。

ただ、人を疑わずとも、与えられた情報が理に適っているかどうかを考えたり、正しい情報なのかどうか疑問に思ったりすることは少なくともできると思います。

私も母が白血病だと言われて入院したことを機に、自分で情報を取りに行くようになり、最初は、どこから手をつければいいのか分からず戸惑いました。

あふれる情報の中から納得できる・理に適う情報を探すのに苦労しました。それについては下記の記事に書いています。

あふれる情報に惑わされた日々からRaptブログは解放してくれた。やっと出会えた人生の生き抜き方

それでも、知りたいことから自分で情報を探し始めると、自然と物事を洞察したり分析したりする力がついてきて、自分で考えるようになっていきました。

「分からないことを知りたい」が原動力になって、自分の頭であれこれ考えるようになると、マスコミの話しが「理に適っていないのでは?」と感じるようになりました。

とは言え、この時はまだRaptブログに出会っていなかったので、色々な情報を読んでは混乱していきました。特に、この専門家はこういうけど、あの専門家は違うことを言うのように、専門家の言うことが違ったり。

なので、専門家の言うことを聞けって言われても、どの専門家が正しいのか?を見極めるために疑問に思うことを調べては、次の疑問につながるという出口のない迷路に迷い込んだかのようでした。

そんな中、「癌は遺伝性」という説があるからでしょうか、家族に半ば無理やり連れられては、日本郵政のガン保険に入りました。海外で暮らす私でも受け取れるのか、といった質問を家族がしていたのを思い出します。

私のことを心配してくれているのは分かるのですが、私は全然乗り気ではありませんでした。どうしても何かがしっくりこなかったのです。

この時は母が入院したので日本に帰国していましたが、カナダに住み始めてから、私はテレビを見なくなっていたので、必要以上にテレビに洗脳されることから免れていました。

それが、テレビから情報を得る家族との意見の違いを作る要因になったことは、言うまでもありません。

「癌という病気は存在しない」とは当時は知る由もありませんでしたが、それでも、副作用ばかりの抗がん剤治療を受けて辛そうな母の様子を見ては、癌を治すはずのその治療法に納得することなどできませんでした。

抗がん剤治療を受けるための長期入院を3回繰り返して母は他界。それから数年経って私は、Raptブログに出会いました。

そして「癌という病気は存在しない」という上記リンクの記事を読んで、これが探し求めた真実だと分かりました。

母の入院中に経験したこと、人々の取る行動を観察したことを考えても、理に適った解釈をすることができました。

テレビ脳が恐ろしいのは、マスコミが言うことしか聞き入れられなくなってしまうこと。だからそれ以外のことを言われても理解に及ばないし、物事の判断基準が伝えられた情報の中で決まることです。

マスコミ以外の情報があってもそれを知ろうとするどころか、今まで聞いてきたことと違うことを知ることが怖いかのように、目を塞いでしまいます。

真実を知らないことの方がどれほど怖いことでしょうか。

不安や恐怖を減らしたいと、早期発見のために病院に行くのも、癌になった時のことを考えてガン保険に入ったりするのも、マスコミが報道することの範疇で、何度も何度も聞いて行くうちに、真実かどうかを通り越して、常識としてとらわれるようになってきました。

このような状況が一般とされてしまったわけですから、それと違う発想を持ってこられた日には、「不安にさせるような事は言ってくれるな」と反発したり、拒否したりして、ますます真実を知ることから遠ざかってしまいます。

ここでも負の連鎖。

母が入院中、担当医が「芸能人にも同じ治療をする」と話してきては、それを聞いて家族は安心感を得ていました。家族なのにまるで赤の他人かのうように私とは感じ方が違いました。

家族からすれば、私のことを外国に住むエイリアンのように思っていたかもしれませんが、そんな私からすると、芸能人と同じ治療だから何が話のポイントなのか全くもって不明で、説得されるようなものではありませんでした。

むしろ、芸能人=庶民より上の人間であり、そんな上級国民と同じ治療だから、安心とでも言いたいのか?と悪意さえ感じました。

それでもテレビ脳人口が多いので、多数決で真実が負けてしまうという、嘘が常識になっている世の中の現状を見ては、心が痛みます。

それに追い討ちをかけるかのように巷では「肩書きのない人の話は信用ならない」という考え方が出回っています。

人と会話をしていても、「それ、誰が言ってる情報?」と聞かれる機会って結構ありますよね。

中には、マスコミからの情報、ある政治家がテレビで言ってたこと、学校の先生が言っていたこと、掛かりつけの医者が言ってたことなどなど、人々は肩書きのある人をその分野の専門家とみなして、その人たちの話は聞くという傾向があります。

そんな状況を上手く利用するかのように、それぞれの分野の専門家の話を聞けと言う、自称キチガイ医師の「内海聡」氏がいます。

私はRaptブログで真実を見つける前に、彼の話を「バクロスTV」とか「内海塾」などのチャンネルをユーチューブで見ていました。

彼の話の中に、「各分野でその道の専門家になれば、人はその人の話に耳を傾ける」と言うようなことが出てきました。

これも、今思えば人々が自分で考えるのではなく、専門家の言うことを鵜呑みにするように誘導しているように思いますが、彼の場合は、薬を使わない治療を進めているので、中でも、東洋思想の分野でそれぞれが専門家になりましょうと言う意味合いで話していた感じがしました。

内海聡氏の話の中でも私は、食の陰謀論やワクチンが毒というトピックをよく聞いていました。特にワクチンに関しては、その危険性を原材料を説明しながら訴えているのを見て、毒性が強そうなものばかりで作られているなという印象を持っていました。

彼の話しでは、薬を使う西洋医学や農薬なども否定していて、代わりに自然農法とかオーガニックが良いって言う発想に繋がるようになっています。

とは言え、彼自身はハワイで健康とはあまり関係のない普通の弁当屋をやっているそうです。


ハワイは日本人も多いし、アメリカに9箇所ある生長の家(大本教分派)の会館のうち5箇所はハワイにあって、医者という肩書きとコネを使えばいろんなビジネスができるのでしょう。

私の知り合いにも、彼の話に感化されて、40過ぎてから学校に3年間通った後、鍼師になった人がいました。

彼女は、福島原発事故を機に人生が変わったと言っていました。放射能を恐れ、家族に脱原発の話をしても、山本太郎に投票するように説得しても、聞いてもらえない。

けど、鍼師という「専門家」になれば、家族が話を聞いてくれるかもしれないと熱く語ってくれたのを思い出します。

「内海聡」のいうところの「専門家の話を聞く(専門家になって人を説得できる)」は、このようにして東洋思想の各分野へと誘導されて行くのだとのちに気づきました。

健康ブームにはまっていた私も同様に、彼のこのような話を聞いては、ナチュロパス の資格を取ろうと本気で考え、学校まで探していました。

そんな時にRaptブログの下記の記事を読んで、スッパリとこのカルト思想から抜け出し、ハマっていた健康ブームとも縁を切ることができました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

健康的なものに興味はあったけど、カルト宗教思想に引きづり込まれるのは断固としてごめん!一見聞こえがいい自然療法なのに、心の何処かに何か引っかかるものがあったのは、こういうことかと納得しました。

上記の記事にあるように、自然農法は「世界救世教」という新興宗教と関連があり、その教祖「岡田茂吉」は、元々「大本教」の信者だったようです。

彼が大本教に入信した理由が、「薬が病気の本(もと)ではないか」という自分の考えと、大本の薬毒の教えが一致していたから。

医原病や薬害の専門家であると言う「内海聡」と考え方が同じです。

とは言え、私もそうでしたが、健康ブームにハマっている人の中でも、この「大本」と言う宗教の名前を聞いたことがない人は多いと思います。

でも、この記事の冒頭でも少し触れたように、今世間を騒がせているコロナパンデミックを仕掛けた犯人こそがこの「大本教」でした。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

世界的に起こっているコロナ騒動を起こしたほどの力を持っていながら、その名前が今まで表に出てこなかった隠れカルト宗教が「大本教」であり、政治家を含む多くの有名人がその信者である可能性が高いことが次々とRapt理論で分かってきました。

板垣退助はロスチャイルドの傀儡で、その子孫である中田敦彦は大本教の工作員だった。

芸能界は大本教信者と満州人脈の巣窟である。(コロナパンデミックを焚きつける芸能人たちの正体)

トランプを熱烈に支持するQアノンも、大本教だった。

こうなってくると、彼らのような「有名人」やテレビに出てくる「専門家」が言うことほど当てにならないことがよく分かります。

もうお腹いっぱいって位に、彼らの作ってきたカルト思想に、マスコミの嘘に洗脳されてきたことを思っては吐き気すらしてきます。

この「コロナの嘘」であるパンデミックは、そんな彼ら悪人の正体をあらわにするキッカケにもなりました。

彼ら悪人とは、神様に反逆したユダヤ人の末裔で、本気で悪魔を拝んできた人たちでした。彼らは悪魔崇拝をして、あらゆる悪智恵を得ては、人々をあらゆる事件事故に巻き込んできたのです。

そうして、原爆や人工地震、原発事故などを起こしては、財産や土地を略奪してきたと言う恐ろしい歴史がありました。

今回のコロナパンデミックも、ビジネスや土地を略奪して、そこにコンピュータ化社会「スマートシティ」を作って、世界統一政府を目指すと言うなんとも一般庶民の私たちの想像を絶するものでした。

ここでちょっと複雑なのは、そのユダヤ人の末裔たちが内部で利権争いをしていること。そして、その争いが多くの矛盾を生んでいることです。

そんな矛盾の例の一つは、彼らが支配するマスコミを使って、各分野の専門家の言うことを聞けと言いつつ、IT専門のビル・ゲイツが専門外の医療分野のワクチン摂取を推奨しています。このワクチン推奨に関しては同じくIT専門のホリエモンも同様。

この矛盾を隠すかのように、要は、なんの分野でもいいからまず、有名人になって、自分の話に耳を傾けさせるという魂胆が見えてきます。

そうして、カルト思想に人々を巻き込み、人々は彼らの出版した本を買って読んだり、本くらいで済めばいいですが、その他にも様々な彼らの金儲けビジネスの餌食にされてきたのです。

本を出版するにも、カルト宗教団体とその資金力でもなければ難しいわけですし。

こうして、無宗教だと思っていた一般の人々も、オシャレに演出されたヴィーガンや、LGBTなどのライフスタイルがファションのように持て囃されては、知らずにそのカルト思想に足を踏み入れて行くのだと分かるようになりました。ヨガも然り…

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

ヨガに癒しを求める人たちへ:それ危険です!(Part 2)

私たちが常識としてきたことや、正しいものだと思っていた情報は、必ずしも真実ではありませんでした。

私たちが生きてきた世界が思っていたものとは全く違ったという意味は、このように驚くほどの「悪魔崇拝」要素に囲まれて生活してきたにも関わらず、その実状を全くもって知らなかったというところに行き着きます。

何かを学んでいるのに、彼らの嘘を常識的に捉えることを学んでいたので、真実を知るという意味においては無知だったと言うパラドックス…

「知らぬが仏」という言葉は、このカルト思想社会を正当化するためにある言葉だった感じがしてきます。

知らない方が幸せといったニュアンスで使われることの多いこの言葉は、人々が苦悩や抱えている問題などを「考えない」瞬間を持つだけで、スピリチュアルと同様、人々が救われることは絶対にありません(なんせ悪魔を拝んでいるのですから)。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

どんな問題も悩みも、その原因が何かを自分で考えたり追求してこそ、その答えが得られます。それをしないのは、問題に目をつむって過ぎ去るのを待つのと同じこと。

「時が解決する」という言葉も考えないようにするために作られた言葉かも知れませんね。

私たちがこれからの将来を正しい情報を元に選択していくためには、有名人や専門家が言っているからとその話を鵜呑みにするのではなく、自分で考えて真実を追求するしか方法はありません。

マスコミに出てくるような専門家の言うことを聞こうは、自分で考えることから遠ざける「無宗教」カルトの仕掛けた詐欺であることを肝に命じて、まずはRaptブログで真実を学びながら、自分で考える力をつけて、正しい知識を学んで欲しいと心から願います。

Raptブログ

かなり深い学びを得られると思う、今回の記事に関連するRaptブログの記事はこちら↓

RAPT有料記事57 (2016年4月9日)真に知るべき知識を数多く得て生きる。

RAPT有料記事172(2017年5月15日)嘘を常識とする世の中ではなく、真実を常識とする世の中に作り変えなさい。

白血病が増えた理由は、福島原発事故と関係なし。なぜなら原発も放射能も存在しないから

 

2013年始まってから急に起こった災難、母が白血病だと言われたことでした。

それまでの人生が特別順調であったわけでは決してありませんが、自分のことではなく、親の身に起こったことは、想像以上に辛いものでした。

とにかく直ぐ治療をと脅されては、即入院、翌日から抗がん剤治療開始となりました。

白血病の治療は、本人のサインなしではできないものだったので、母は自分が大病にかかってしまったことを知りたくなかったかもしれませんが、副作用について、治療の注意事項的な文章を読んでサインして、抗がん剤治療が始まりました。

医者は母を説得するかのうように、「芸能人にも同じ治療をする」と話したようで、当時の母にとっては、一種の安心感を受けたようでしたが、のちにそれを聞いた私は、なんとも微妙な気持ちになったのを覚えています。

同意書的な書面にサインしてから行うほどの抗がん剤治療は、それだけ見ても命に関わる治療ということだと思いますが、白血病の知識なんて家族の誰も持ち合わせていなかったので、とにかく医者に言われるがままに治療は始まりました。

(今思えば、患者にサインさせて「同意しましたよね」として、訴えられないようにするための対策でしょう。)

私もまさか母が白血病だなんて最初は信じられず、その病気がどいうものなのかもよく知らなかったので、それから私の情報収集が始まりました。

母の担当医が言ったように、「白血病の原因はわからない」とされながらも、ネット上の病院関係以外の情報を見ると、様々な専門家という人たちが「放射線被曝」と「白血病」の関係について話していました。

直近で放射線被曝が心配された事故と言えば、2011年に起きた福島の原発事故「3.11」です。その事故の話をするのに引き合いに出される過去の事例と言えば、第二次大戦時の「広島」と「長崎」の原爆です。

そんなある日見つけた記事に、以下のことが書かれていました。

 

ーーー(チルチンびと2012年春71季刊「住まいと健康を考える⑤」よりーーー

放射線のリスク(2) 文●東賢一(近畿大学医学部講師)

広島と長崎の原発被害者を追跡調査したところ、被爆後2年から3年で白血病が増加し始め、5年から10年で頂点に達し、その後時間の経過とともに白血病の発生率は低くなっています。

白血病以外の固形ガン(乳ガン、甲状腺ガン、食道ガン、結腸ガン、胃ガン、肝臓ガン、肺ガン、卵巣ガン、皮膚ガン、膀胱ガンなど)は、被爆後10年目くらいから増加が始まります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このような記事を読んでは、福島原発事故から2年弱で白血病と診断された母の状況は、当てはまるのかもと思って、それからは、放射性物質の付着が出来るだけ少ないと言われる食材を探すようになったわけです。

特に2015年に再発してからは、「大地を守る会」や「らでぃっしゅぼーや」(現在は、共にオイシックス・ラ・大地に経営統合されている)などの有機・無添加食品の宅配を利用したりもしました。

当時、友人が乳癌の治療をしていて、彼女が人参ジュースが癌に良いらしいという情報を調べて実践して、肌ツヤが良くなってきたと話していたのを機に、それも試しました。

人参ジュースが癌に効くも効かないも、論点がズレていると考える方が辻褄が合うという、矛盾した情報社会

マクロビもかじっては、生まれて初めて玄米を食べて見たり…とにかく家でできることは試そうと必死でした。

この頃あたりに出会った有名陰謀論の多くは、西洋医学批判が多く、東洋医学的アプローチを推薦していました。

(内海聡氏などがそれに当たります。)

それもあって、母が再々発をした時には、担当医に代替医療のことを聞いてみました。

西洋医学の治療をしている母の担当医は、代替医療についてはかなりネガティブな話をしてきました。

せっかく得た患者を逃したくないかのような印象さえ、私には感じられてなりました。

こうなるともう何がなんだかわかりません。どんないわゆる専門家も本当に患者のことを考えてくれている人がどれくらいいるのか、患者やその家族が納得できるような説明をしてくれる人は存在しないのか。

その後少しして、母の寿命は残り3ヶ月ほどだろうと言われました。

それからは母の親戚が訪ねてくれたりしました。母の叔父に当たる人が言ってたことは、親戚の中で他に二人も白血病でなくなっているということ。

母親の親戚はある原発の近くに住んでいました。もしかしてやっぱり放射線被曝が白血病の原因かも?

でも、3.11の時にまさに原発事故現場付近にいたのが私の父でしたが、その父はとても元気に今も暮らしています。

やっぱり白血病の原因は違うところにあるのか、本当にわからないものなのか。

母が亡くなる前の1ヶ月は、週に一回の輸血で過ごし、もう自分で歩くことができなくなってからは、病院に戻って、どこからかくる痛みをモルヒネで紛らしつつ、母は他界しました。

それから3年ほどが経っても、健康にまつわる情報を探し続けた私は、それにまつわる仕事ができないかと、ナチュロパス・コンサルタントの資格を検討するようになっていきました。

その矢先にあるブログに出会います。

このブログにある数々の記事からは、母の治療中に関係する話だけではなく、私が今まで疑問に思ってきたこと、専門家の話では納得できなかったことの答えがありました。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

バチカンが既に「天皇派」に乗っ取られていたという現実。または広島と長崎に原爆が投下された理由。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

 

私たちが信じ込まされてきた一般に出回る情報のほとんどが嘘だった…

これが分かった途端、全ての疑問が晴れた感じがしました。

 

有名陰謀論者も暴けなかった本当の情報。というか、あえて隠してきた情報といった方が正確でしょうか。

「有名陰謀論者と大手マスコミ」は「陰と陽」の関係。しかも、彼らが隠すことは共通して「天皇の陰謀」です。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

 

母は、美智子上皇后のファンでした。

読売新聞を読んでいました。

ヤマザキの食パンが朝食でした。

私は医者ではありません。一母の一娘でしかありません。でもだからこそ、最愛なる母の病院生活を通して観察したこと、体験したことから言えるのは、嘘の情報によって母は命を失ったということです。

白血病の原因は、原発も放射能も存在しないので、福島原発事故とは全く関係がないのです。

専門家を使って情報を作り上げて、大手メディアを使って人々を洗脳し続けた…犯罪以外の何者でもありませんが、これが今流行りの言葉でいう上級国民のやり方なのでしょう。

人生を駄目にしたくなければテレビは見るな。テレビに関わるな。
この世の「常識」は「真実」から遠くかけ離れている。

天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

 

Raptブログが証てくれたように、「癌という病気は存在しない」という正しい情報が常識とされる世の中に生きていたら、白血病を起こす可能性がある食品添加物を使って、食パンを作って販売する「ヤマザキパン」のような悪なる企業の製品を買うことをしないでしょう。

 

実は、このヤマザキパンのロゴから読み取れることがあります。

それが太陽信仰=悪魔崇拝です。

古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

 

悪魔崇拝なんて初めて聞いたときは信じられないと思いますが、それこそが私たちが洗脳された社会に生きてきた証拠と言えます。

上記リンクのタイトルからもわかるように、国の象徴であるはずの「天皇」こそが、悪魔崇拝を行っていて、ありとあらゆる悪事を行っては、人々を陥れてきたのです。

JAL123便墜落事故の真相。すべては「天皇派」と「教皇派」との戦いに原因がありました。

はい、あのジャンボ墜落事故にも彼ら悪人が関係していました。

 

さらに天皇は、自らを「神」として人々に拝ませるような、聖書で禁じられている「偶像崇拝」を行おうとしたこともあります。

天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

【地下鉄サリン事件の真相】オウム真理教を操っていたのは、生長の家と天皇家だった!!

【小泉純一郎・安倍晋三】日本の歴代首相は、旧皇族と朝鮮王族の血筋である。

私たち日本人は、このように日本人のふりをしたユダヤ末裔の朝鮮人たちによって支配されてきたという、信じがたい真実が隠されてきたのです。

そして彼らは、エンパイアを取り戻そうと企んでいるようです。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

 

それでもこの悪人たちが、本気で悪魔を拝んだからこそ、人の想像を超えた悪事を平気で行ってこれたのだと考えると、様々な不可解な出来事の辻褄があってきます。

 

ここに紹介したブログ記事の数々を書いたRaptさんは、「聖書」を持って彼らの悪事を見事に暴かれました。

有名陰謀論者たちが隠してきた、天皇が行ってきた悪事の数々。その天皇は、悪魔を拝んで悪知恵を得ては、人々を騙し続けてきた。

「悪魔がいるなら、神様がいるんではないか?」そうやって私は、真理に辿り着くことができました。

この真理こそが神様の存在であり、有名陰謀論者が隠してきたこと。

だから、有名陰謀論者が話す事実とされることをいくら聞いても、ただ不安が残るばかりだったのです。

まるで、私たちは奴隷なんだから、神様を知って救われることなく、死ぬまで生きろと言われているかのように。

そんなことを知らない私たち日本人は、意味も分からず働けど働けど生活が楽になるどころか、消費税が10%まで上がったり、老後は2000万円貯めろと言われたりして、お先真っ暗な思いで生きています。

Raptブログを読めば、この世の中のカラクリがよくわかるようになります。悪魔の囁きに騙されない方法を知ることができます。

また、Raptさんの御言葉を聞けば、この混沌とした世の中で、私たちはどうやって過ごして、幸福な人生を手に入れるかについて学ぶことができるようになります。

私たち善人には、神様とういう強い味方がいたという事実を知った時は、希望が湧いてきました。

Raptさんの御言葉は、この目に見えない世界である「霊界」について、「神様」とどのようにして人々が生きるべきか、どこまでも具体的に教えてくださいます。どこまでも次元の高い話が聞けます。

世の中の情報に惑わされてきた私たちは、正しい情報を持ってその洗脳から解かれなければいけません。

隠されてきた真理の存在を知って、人々が力強く人生を歩んでいかれますように。

そう心から願ってやみません。

Rapt有料記事

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑