GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: 癌

母の癌治療を皮切りに、正しい情報を求め続けて出会った「Raptブログ」で見つけた人生の法則

Sunset photo in Canada

癌という病気は存在しない。

このタイトルを見たとき、それはそれは衝撃を受けました。

今や2人に1人は癌になる時代であるとマスコミでは報道されいるので、「まさか!」というリアクションが普通なのかもしれませんが、私の心の中の反応は、「だからか!」でした。

なぜなら、私は母が白血病だと言われてから他界するまでの3年半強、癌にまつわる様々な情報を読んできましたし、後半は、食事療法などの自然療法について情報を集めていました。

食事療法関連の情報の中には、〇〇は癌に効くとか、〇〇が予防になるとか、それはそれは色々な情報で溢れかえっていました。

時に、それらの情報が生み出す矛盾に不信感を覚えながらも、いつの間にか、健康ブームに乗ってしまっていました。

そうすると、徐々に、西洋医学が悪くて、東洋医学が良いと言った考えに変わっていきます。

そんな時にマクロビを知っては玄米菜食よりな食生活に挑戦したり、ヴィーガンレシピなどをYouTubeで見てはたいして好きでもない大豆で作られた大豆ミートを試してみたり、乳がんを食事療法で治したという人のブログを紹介されては読んだりしていました。

次第に、これらの食事法を語る人たちに共通している思想が見えてきます。

それは、自己啓発やスピリチュアル、環境問題そして、宇宙の話。

食と平和をかけたり、一見すると聞こえの良いことを言うのですが、人間の体と宇宙をかけて話が空想ぽくなって行くと、どこか宙に浮いているような、現実味および説得力にかけているような、そんな印象を持ったことを記憶しています。

その感覚はある意味正しかったのか、なんと、宇宙も存在していないし、太陽が地球から1億4960万kmも離れているというのも噓ぱちでした。

その嘘が分かってから改めて太陽を観察して見ると、確かに近くで浮いてることに気づきました。

太陽も月も実は近いところで浮いていた!目が離せない「Rapt理論で見る地球平面説(フラットアース)」

Raptブログに出会ってからというもの、私たちの目はどれほど塞がれていたのかと感じては、世の中で常識とされてきたことがいかに真実から遠くかけ離れていたことか、マスコミの洗脳の恐ろしさを目の当たりにしました。

癌という病気も、作られた病気だったのです。

それを私たちに悟られないように、怖い病気だと言う嘘で恐怖を煽っては、ガン保険を進めたり、治療を進めたり。

そんな情報ばかりがマスコミで流れていれば、万が一の時に備えてガン保険に入ったり、いざ癌宣告をされようものなら、治療をしないほうが怖いと言う心理状態になっていきます。

そうして、抗がん剤をやりながら食事療法も調べたりして、あの専門家はこう言うけど、別の専門家はこう言うといった感じで、情報を得れば得るほど、実はどんどん無知になってしまうと言う負の連鎖に陥っていたのです。

存在しない病気のために、あれこれ嘘の理論を組み立てるから矛盾が生じるわけで、そうやって彼らの話はどんどん複雑になっていき、一般人の私たちには難しくて分からないと、専門家の言うことを聞いていれば安心といった肩書き信仰が登場してしまうのかもしれません。

いづれにしても、存在しない癌を治療するのが前提にあるので、西洋医学が悪い、東洋医学が良いという論点自体がズレているわけですが、これが彼ら上級国民のやり方なんですよね。

政治に右翼と左翼があるのと同じように。

一見すると、選択肢があるようにも思えるわけですが、どちらを選んでも、正しい情報ではありませんでした。それこそが最大の盲点だったと思います。

そんな彼らのやり方は、事件・事故・存在しない病気などを作り上げて、それを元にどっちがより儲けるかと言う勢力争いが常にありました。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

RAPT×読者対談〈第111弾〉人工地震3.11を起こした真犯人は出雲族である。

3.11では、放射能の危険が煽られ、多くの人が強制的に避難に追い込まれましたが、そこではなんと「スマートシティ」が建設されています。

放射能が危険でそこには住めないはずなのに…そこにスマートシティを建設中となればそれが何よりの証拠で、原発も放射能も存在していませんでした。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

なぜそこまで大きな嘘をついてまで土地を略奪したいのか、一般人の私たちには理解できませんが、要は、スマートシティを建設するのに、その土地に住人が居ては工事がスムースに進まなくなってしまうので、放射能の恐怖を作り出して人々を一気に追い出したという、想像を絶する国を上げての詐欺事件だと言うことです。

嘘が大き過ぎて信じがたい?私もそうでした。

特に、福島原発事故が発生した時、私の父親は福島にいました。

後に聞いた話では、地震が来て揺れが落ち着いてから、車の中に移動し、様子を見ながら近くにあった喫茶店に入ったところで流れていたラジオ放送で、「福島原発が爆発した。」と聞いた父親は、「そんなまさか、聞き間違えか?」とにかく相当ビックリしたと言っていました。

当日は、家に帰ろうにも渋滞がひどい道路。通常なら5時間ほどで帰れるところ、結局、2日強かかったと言っていました。

当時私は、カナダのカレッジに通っていたので、クラスメートや先生達も、私の家族の安否を伺ってくれました。

また、その学校で寄付を募るイベントをやることになっては、私を含む他何人かの日本人とボランティアの人たちで、おにぎりを作って、鶴を折って、それら販売しました。

そうして10万円相当が集まったと記憶していますが、後日聞いた話では、この種の募金で私たちが集めたレベルの金額だと、ほとんどが赤十字社の手数料で消えた…と。

*********
その事故から2年経つかたたないうちに、母は白血病と診断され入院し、抗がん剤治療を行いました。

医者は、白血病の原因はわからないと言いましたが、ネットや雑誌で見つけた記事の中には、放射能が白血病の原因であると言ったような話もちらほら目にしました。

また、一般的に血液は骨髄でつくられると言われていますが、これまたネットで調べものの中には、血液は腸でつくられると言われていると。

血液が作られる場所にも諸説あるは、原因が分からない病気なのに、なぜか治療法は分かっているという矛盾。

また、もし、放射能が白血病の原因なら、福島原発事故当時に現場付近にいた父親の方が、そこから車で5時間ほど離れた実家にいた母よりも、白血病になる可能性は高かったのでは?

そんな風にも考えましたが、とにかく専門家によって言うことが全く違っていました。

当時はまさか放射能が存在していなかったとは考えたことも疑問視することもなかったので、原発について書かれた記事や、癌に効く食べ物、オーガニック、マクロビなど、抗がん剤+で出来ることがあればと、何冊も本を読み漁りました。

放射性物質には何があって、半減期までに要する期間が何日〜何年あって、やれ外部被曝だの、内部被曝だと恐怖がどんどん煽られては、オーガニックが安全だという風に話に感化されていきました。

そうして、今まで行ったことのなかった健康食店を調べては足を運びました。

その中には、暗い雰囲気のお店もあって、そう言うところは気が滅入るので、綺麗なお店を探すようになりました。

母が退院している時には、一見オシャレな自然食品店に併設されたレストランなどで食事をしたりもしました。

行ったことのないお店に行くのは、母にとっても楽しみとなりましたし、化学調味料不使用のメニューなどもよかったのですが、場所によっては、レストラン併設のミニスーパーで売っている野菜に、放射性物質の一つであるセシウムの残留量が表示されているところもありました。

放射能が嘘だと知らなかった当時は、そんなお店の対応を見てある意味良心的だと思いならがら、残留量が少なめの野菜を選んでも少しは残っているんだよな…と思いながら購入したものです。

嘘だと分かってからこうして当時のことを振り返ってみると、偽善的な行為に怒りを通り越したなんとも言えない気持ちにもなりますが、偽善的なビジネスの典型と言えば、輸血です。

人から無料で集めた献血の血液のほとんどは癌治療に使われると言われています。存在しない治療に使われる献血…

母の治療中もそうでしたが、抗がん剤治療に輸血はつきものでした。中でも白血病の治療に使われる抗がん剤の量は相当なもので、一日置きに行われる血液検査の結果を見ながら、赤血球(赤い血)と血小板(黄色い血)が交互に輸血されていました。

そうして、母は何度と何ヶ月にも渡る入院を繰り返しては、その度に抗がん剤+輸血での治療が行われ、最期は皮肉にも輸血のみの治療をして他界しました。

なんと、輸血は天皇家の金儲けビジネスでした。さらに、雅子皇后は日本赤十字社の名誉総督であり、なんと池田大作の実の娘だそうです

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

皮肉にも母は皇族の特集があれば必ず見るほどのファンでした。

*********
あれから数年経って、Raptブログに出会いました。

そして、福島原発事故が人工地震であったこと、原発も放射能も存在しないこと、癌も存在しないことを知りました。

私が家族を通して経験したことの全てが、上級国民が仕掛けた詐欺に繋がってしまいました。

まさか、こんな悪さをする悪人がいて、それが国を支配する天皇家始め、上級国民達であったとは…

さらに、今の天皇家=創価学会と言う状態にあり、雅子皇后も紀子様も共に創価信者でした。


そして、今世間を騒がしているコロナパンデミックも然り、コロナも存在していませんでした。

そんなコロナの真相もRapt理論によって解明されています。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

コロナ騒動が引き起こされた目的も、福島原発事故が引き起こされた目的と同様に、土地の略奪をしたところにスマートシティを建設するというものでした。

そんな一般人の私たちには想像することもできない悪なる計画の元には、大本教の宗教思想があったのです。

で、その計画を今の時代に実行したのが、なんと「創価学会」でした。

大本教・出口王仁三郎と創価学会の繋がりは上田家の系図を見れば一目瞭然で、大本教の出口王仁三郎も、創価初代会長の牧口常三郎も共に「上田家」の人間でした。

Image

この家系図の右上には北朝鮮に誘拐されたはずの横田めぐみの名前も出てきます。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

どこまでも闇な天皇家と、その裏にある支配体制は、日本を始め世界に浸透しているというのは、ここ10年ほどカナダに住む私が見聞きしてきた社会情勢を見ても明らかです。

まさにRapt理論で明かされた通りでした。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

特にトルドーが首相になってからここ5〜6年の間に行われた政策を見ても、どこの国よりも率先してこの宗教思想が広められているのではないかとすら思えます。

大麻は合法化されましたし、LGBTの権利はもはや一般人よりも強いような勢いで、性教育も早くから学校で行われては、その内容にちょくちょく変更が加えられながら学校教育を通して若者へと浸透してきたように感じます。

出会い系サイトを利用する人も多く、LGBTのこともあるからか、かなり細分化されているようです。

そのため、性の乱れは本当に半端なく、ここ数年で良く耳にした話によると、出会い系サイトは、多くの女性にとって養ってくれる人を探す場となっていました。

そんな大本教の宗教思想が元にある一種のムーブメントは、創価学会によって引き継がれ、彼らが持つコネと資金力と共に、世界中に広められてきたと言えます。

いつの時代もムーブメントに感化されるのは大学生などの若者が多いですが、創価学会による洗脳も大学生をターゲットに行われているのではないかと考えられます。

現に、トロント大学には、創価学会インターナショナル(SGI)の仏教サークルがあります。

また、ラバル大学、ゲルフ大学においては、創価大学創立者である池田大作に名誉博士を与えていますし、私が通ったカレッジの一般教養で選んだ「エシカルイ問題」のクラスで私は、仏陀のことを学びました。

スピリチュアル系の本を読んだ時も、やたらと東洋思想との共通点も見えてきたり、スピリチュアル系の若者の関心ごとは、菜食主義的だったり、ヨガだったり、大麻だったり、LGBTだったり…

まさにニューエイジ時代に流行った、ヒッピー文化を受け継いでいるかのようでした。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

ヒッピーは一部のキリスト教派に批判的だったと言われていましたが、近年ではそこに、カトリック教会の幼児虐待事件などが合わさって、キリスト教離れがさらに進んでいるような感じです。

そうして、宗教と関わりのない生活をする「無宗教」の人も増えている感じがします。

この無宗教という概念も、大本教が作り出した、救いのない世界でした。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

日本に無宗教人口が多いのも偶然ではなく、無宗教になるように仕向けられてきたのです。

私も、宗教と言えば、オウム真理教とか、創価学会など思い浮かべてしまい、全く良いイメージなかったので、無宗教だとずっと思って生きてきましたが、まさか、神様の存在を隠すために作られたのが無宗教だったとは…

どこまでも悪な行いは、天皇を始め、上級国民によって、世界的に行われてきました。

庶民の私たちには想像を絶する悪事の数々。それは、「悪魔崇拝」と関連していたと知って、辻褄が合うようになりました。

最初はそんなものが実在しているのか?と驚きましたが、Raptブログを読み進めていくうちに、いわゆる陰謀論にこの悪魔崇拝の概念が抜けていたから、どんなに彼らのいうところの陰謀なり真実を聞いても、腑に落ちなかったことが分かるようになりました。

彼らが、本気で悪魔を拝んでいるということはつまり、悪魔が存在していたということになり、そして、悪魔がいるなら、神様もいる?

彼ら上級国民は、必死で神様の存在を私たちから遠ざけてきました。無宗教の世界を作ったのもその一貫。

私もそうでしたが、無宗教だと思っているから、神様を探し求めようとせずに、そうして救いを見失ってきたのです。

むしろ世の中は救いどころか、不条理・不公平が当たり前。矛盾もまかり通るという世界。それによって上級国民たちは庶民を彼らの支配下に起き続けてきたのです。

Raptブログでは、そんな上級国民達の正体が次々に明かされました。で、悪の根源である天皇は、なんと神様に反逆したユダヤの末裔だったのです。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

ユダヤ人の歴史は、聖書の中に書かれていますが、私たち日本人には馴染みがないどころか、一度も読まずに人生を終える人がほとんどで、それこそが上級国民による最大の陰謀だったのです。

Raptさんが上級国民の正体を明かすことができたのも、聖書をたくさん読んできたからでした。

彼ら上級国民は、聖書の言葉を捻じ曲げては悪用し、ありえない方法で金儲けしたり、支配体制を築いてきたのです。

そんな壮大な歴史、真実の歴史は長いこと隠されてきましたが、Raptブログはこの世のカラクリを見事に解き明かしてくれました。

複雑に絡み合った嘘のまた嘘、それが常識となって長い年月が経って、彼らもまさかバレるとは思っていなかったでしょうが、Raptさんは理路整然と突っ込みどころがないレベルで、多岐にわたる分野においてこの世の嘘を明かされました。

そこには、神様の存在を感じざるを得ません。

そんな神様の御言葉を伝えてくださっているのもRaptさん。その愛の言葉を一度聞いたら、これがこの世の原理だと悟しかありません。

私たちは、そんな真理に、正しい情報にどこまでも目を塞がれてきました。だから、どんなに幸せを装っても、心の中は不安や心配でいっぱいだったのです。

真理の世界は、矛盾がひとつもない公平な世界でした。御言葉には、私たち人間が幸せに生きるために必要な真理が詰まっています。

それを聞いて、生活の中に取り入れる様になって、癌のような存在しない病気に騙されなくなることはもちろん、幸せに導かれる、成功に導かれる人生の生き方を見つけることができました。

rapt-neo.com

https://www.instagram.com/rapt_neo/

*********

自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

癌、放射能、コロナの恐怖など、常識とされていることが、真実からかけ離れていることを教えてくれたラプトブログ。

 

昨晩から明け方にかけて雨が降りました。

今は晴れ間が出てきて、栽培中のトマトとラディッシュの様子を見に外に出てみると、湿気があって、今日は暑くなるかもという感じです。

それでも、雨なのか朝露なのかがついた木々は清々しく、体で感じる湿気と目で見る木々の涼しげな様子にギャップを感じました。

こんな風に自然の風景を頻繁に見るようになったのは、ラプトブログに出会って、御言葉を聞き始めてから。

散歩に出るようになったのは、寒さが和らいだ頃。今年はコロナ騒動で外出自粛「ステイホーム」が騒がれ始めた頃でした。

世間では、コロナ騒動でお店が閉まったり、遊びに行ける場所がなくなったり、ソーシャルディスタンスなども推奨されていたために、ハイキングトレイルに散歩やサイクリングにくる人が増えた感じでした。

私は、コロナパンデミックが計画的に行われたものだと言うことラプト理論から学んでいたので、無駄に恐怖を煽られることもなく、むしろ、散歩をしながら綺麗な風景を見ては写真に収めたりして、今まで見過ごしてきた短にあった自然を楽しむようになりました。

そうしてインスタにも以前よりも楽しんで写真をあげるようになりました。

御言葉を聞き始めてから1年と2ヶ月。

自然の写真を撮ることもそうですが、他にも最近新たに挑戦したことは、家庭菜園+ガーデニングです。また、ちょっと離れていた物作りも再開しました。

こちらでインテリアの勉強をして、その中で図面を書いたり、何か作ったりと少しづつ色々学んだのですが、中でも私は生地を使って何かを作るのが好きでした。

いっ時は、ポーチやトートバッグ作りにハマって作っていたこともありましたが、母親が入院したのを境に、日本に戻っていた時期から、いつの間にか物作りから離れ、健康オタクになっていきました。

母が入院中、放射能の本や健康食関連の本をいくつも読んだり、インテリアの勉強の延長で風水セラピストの資格を取ったりもして、、、何でもいいけど、母が少しでも良くなってくれたら…そんな思いが過剰な健康ブームへの入り口でした。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

その後母は、再発、再々発と抗がん剤治療を経て他界。生まれて初めて経験した親の死は想像以上に辛いものがありました。

あれから数年経ってラプトブログで、癌という病気は存在しないこと、原発も放射能も存在しないことを知りました。

一瞬「え?」っとあまりにも衝撃的な内容に驚きましたが、私が母の入院中に経験したことで、府に落ちなかったことの数々の理由がはっきりと分かりました。

そもそも存在しない病気に対して、やれ抗がん剤治療だ、すごい副作用だといった議論をするというナンセンス。

癌も、放射能も怖いものとマスコミに取り上げられていましたし、私の家族はじめ、周りにいた人たちも誰一人としてテレビで報道されていることが嘘だらけだとは疑っていませんでした。

お人好しの日本人、平和ボケの日本人などと言われたりしますが、そんな私たちをマスコミの洗脳によって作りあげ、真実をことごとく隠してきた人達が存在していたのです。

癌が悪い病気なのではなくて、悪人によって癌という病気が作り上げられては、抗がん剤や、健康食品などで彼らが儲ける仕組みになった社会に暮らしてきたという…

平和ボケした私たち日本人にとっては、「まさか政治家が嘘をつくわけない」、と思って過ごしてきたでしょうし、彼らがつき続けてきた嘘、その内容があまりにも大きいので、理解が及ばないかもしれません。

また、医者が言うことが府に落ちなくても質問しちゃいけない風潮すらあるのが、今の日本社会なんだということも私は経験しました。

何が正しくて、何が間違っているのか、本質を見極めることを失ったまま、嘘も本当も、善も悪もごちゃ混ぜの中で、マスコミの情報に流されて暮らしているのです。

その失われた本質を見抜くには、真理の言葉を聞くしかありませんでした。当時の私は、真理の言葉というのが存在していることすら知り得ませんでした。

それをどこまでも分かりやすく教えてくれたのが、ラプトさんが伝えてくださる御言葉でした。

巷にあふれている情報のほとんどは、企業や個人(上級国民)の利害関係のもとに出回っていました。

そのため、その中で庶民の私たちが必要とする正しい情報を見極めるのは、相当困難でした。

健康情報一つとっても然り、癌に効く食べ物だとか、食事法だとか、人参ジュースがどうのって、、、癌という病気が存在しないんですから、議論のあり方そのものが間違っていたのです。

嘘も大きくつけば、見抜かれにくいとでも言わんばかりに、政治、経済、歴史、科学、始め、文化芸術にもその思想が植え付けられて、常識となってしまった社会。

そして今年に入って、コロナ騒動が始まりました。

私は、ラプト理論でコロナの真相を知っていたので、コロナに感染したらどうしようなどという恐怖を持つこともなく生活してこれたので、もちろん精神的に病むこともなく過ごせてきましたが、嘘が常識の社会で生きてきた私たちのほとんどは、いつの間にか難しく語られた矛盾だらけのマスコミの情報に流されて生活してきました。

そうして、無駄に恐怖を感じたり、そこから派生する精神的なダメージを負ったり、無駄にお金を使ったり(例えば、がん保険)など。

ラプトブログに出会ってから、私はずっと、一人でも多くの人に真実を知ってほしいと願ってきました。

けど、躊躇することばかりでした。

それは、世間で常識とされてきたことが真実からあまりにもかけ離れているからです。

うまく伝わらなかったら、大事な家族・友人から真実を遠ざけることにもなってしまうかもしれないし。

とは言え、年々増え続ける癌患者に、原発を恐れては海外移住したり、健康ブームに無駄にお金をつぎ込んだり…

そのような様子を見たり聞いたりしては、本当に心が痛みました。

マスコミが作り上げた恐怖のほとんどは、私たちの頭の中に植え付けられてしまっています。

だから、今まで長いこと信じてきた政治家や専門家の言うことと違うことを書く私のような人に嫌悪感を感じる人もいるのかもしれませんし、真実を知るのが怖いと思う人もいるかもしれません。

それでも、伝えたい。

真実を知って楽になってもらいたい。

これほどシンプルに世の中のことを理解できるようになったり、混沌とした社会の中にいながらもどう生きていけばいいかが分かったり、どうやったら不安を払拭できるか、その方法までも教えてもらえるような場所は他にはない、ということが確信できたからには伝えずにはいられません。

一人でも多くの人が、ラプトブログで世の中のカラクリをシンプルに理解し、唯一正しい情報=御言葉を学んで、心配や不安から解放されて欲しい。

そう願って今日は筆をとりました。

ーーー

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

この世の「常識」は「真実」から遠くかけ離れている。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑