GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: ユダヤ人

悪人支配の世の中から解放されて本当の自由を得るには、真理を証して人々を救いに導くことにありました。

 

コロナパンデミックの影響で、世間は活気を失い、人々は先が見えない状況に不安を抱かずにはいられない状態になっています。

アメリカではすでに1700万人以上もの人が失業したとも言われるほどに、経済的な打撃はかなり大きくなりそうです。

そんなコロナパンデミックのカラクリについて、とても分かりやすく説明されている動画が「KAWATAとNANAのRAPT理論」から配信されました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

今回のコロナウィルスのパンデミックは、例によってユダヤ人によって人為的に起こされていること、そして、世界各地の都市を乗っ取っては、そこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしていることが分かりました。

その背景には、カルト宗教の「大本(おおもと)教」の計画がありました。

大本教の教祖である「出口王任三郎」は、天皇家やこの日本を支配している「麻生太郎」や「安倍晋三」同様に、ユダヤ人の末裔でした。

大本教は、神道系の新宗教とされていますが、Rapt理論で分かっているように、神道もユダヤ人が作った宗教であるだけでなく、なんと嘘のような本当の話、本気で悪魔を拝んできた悪魔崇拝でした。

そして、この大本教が求めた世界が、人々から救いを奪った無宗教な世界を作ること。この発想こそが、神様に反逆したユダヤ人の特徴をよく表していました。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

神道は「悪魔崇拝」であり、生みの親は「ユダヤ人」だった。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

そもそもユダヤ人とは、紀元前11世紀ごろに「イスラエル」を建国して、聖書の神様「ヤハウェ」を崇めることで、大きく栄えた民族でしたが、彼らの中から神様に反逆する者が現れては、神様を崇めるのではなく悪魔(サタン)を拝むようになっていきました。

そんな彼らが忌み嫌ったのが、「イエス・キリスト」でした。

イエス・キリストは、今から2000年以上も前に、神様が遣わした人類の救い。多くの人が救われるということを知り、「ペトロ」や「パウロ」などの弟子たちによって、キリスト教は広まっていきました。

しかし、ユダヤ人達はイエス・キリストを迫害し十字架にかけて処刑、彼の弟子達も迫害して殺害してしまいました。

その上、キリスト教に悪魔崇拝の要素を吹き込んで、真の教理を捻じ曲げては、ことごとく真の救いを人々から奪ってきたという異常なほどの悪質な行いをしてきたのです。

こんな話をしても聖書を知らない私たち日本人にとっては、大昔に外国で起きたことでどこか他人事のように感じられるかもしれません。

ですが、私がこのことをRaptブログで知ったとき初めて、日本に無宗教人口が多いことが理解できました。私たち日本人の多くは、救いのない無宗教国家にずっと生かされてきたということです。

無宗教国家と言えば、なんの宗教も信じないイメージがあって、創価学会とか幸福の科学などの宗教にアレルギーがある日本人も多い中、ある意味いいことのような印象すら覚えるかもしれません。

しかし、このような仕組みを作ってきたのが大本教のような隠れカルト宗教であり、その根底には悪魔を拝む神道(道教)や仏教(密教)のようなカルト思想があったのです。

なので、無宗教だと思っていても、多くの日本人は正月になれば初詣に出かけたり、厄年にはお金を払って厄除けなどをしに神社に出かけては悪魔崇拝に加担してきたことになります。

こうして、カルトのその本性は隠されたまま、日本人の生活に当たり前のように習慣的に浸透してきました。

 

現に、私自身ずっと無宗教であると思ってきました。

親戚に創価学会の人がいたり、高校・短大生の時は、クラスメートから電話が掛かってきては宗教の勧誘を受け、宗教に対して良い印象がありませんでした。

一度は、どっかの仏教系宗教の教理本らしきものが送りつけられてきたので、開封せずに送り返したこともありました。

働き始めたばかりの頃は、先輩同僚の間で「かもめのジョナサン」の本の話がよく持ち上がっていたのを記憶しています。

かもめのジョナサンーウィキペディア

この本は、一言で言えば自己啓発本で、一見すると宗教とは違うもののように思うのですが、1970年にアメリカで出版当初はヒッピー文化とあいまって口コミで広がったそうです。

ヒッピー文化といえば、キリスト教文明に批判的で、新しいムーブメントや哲学や宗教、およびスピリチュアルな体験を求めたとされます。

そうしてニューエイジ・ムーブメントに繋がっては、日本では精神世界の名で広まったのちにスピリチュアルへと受け継がれていったというのです。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

このような流れを見ても、世界は常に悪魔崇拝者がキリスト教に反する行いをあらゆるムーブメントなどを持って繰り広げられてきたと言えます。LGBTも然り。

感が良い人はお気づきだと思いますが、大麻合法化の動きや、異常な動物愛護運動、環境問題の嘘などについても、悪魔崇拝者である世界に散らばったユダヤ人=上級国民=イルミナティによって仕掛けられて来ました。

私はRaptブログに出会うまで、健康ブームにはまっていて、マクロビを独学で勉強したことがありました。

マクロビは、ヴィーガンの前進的なものですが、ヴィーガンはどちらかというと動物愛護に対する感情が強く現れているのに対して、マクロビは、食べ物にも陰と陽があって、体を冷やす食べ物とあたためる食べ物があるという思想。

桜沢如一によって提唱された「食養+陰陽論」のことをマクロビと言って、それの元にある陰陽論思想もまたユダヤ人の作ったものでした。

その根底にある悪魔崇拝を広めるべく、マクロビがアメリカで普及していった時の最初の弟子がヒッピー達だったことも、偶然ではないでしょう。

「ジョン・レノン」や「ヨーコ・オノ」もマクロビ食を実践していたと言われていますし、「ビートルズ」は、この「東洋思想」に興味を持っては、インドまで出向いてヨガ・瞑想の修行を受けたりもしていました。

東洋思想は、自由と平等と博愛などの聞こえの良い言葉を捻じ曲げたカルト思想と共に、表立ってカルトだと分からないように、時におしゃれなイメージを加えては、有名人を使って宣伝して来ました。

このようにして人々をカルト思想に巻き込んで、本当の救いから遠ざけてきたわけです。

東洋思想が西洋に渡り逆輸入されることで日本でも流行る。菜食主義やヨガなどはその良い例だと思います。

「スティーブ・ジョブス」など多くの著名人が東洋思想に傾倒していたカラクリは、こういうことだったわけですね。

Raptブログに出会ってから、今まで自分で選択してきたつもりの健康法などの物事や考え方全てが、彼らユダヤ人によって仕組まれてきた洗脳工作であったことに気づきました。

そして健康法だけに限らず、あらゆる分野で行われて来た洗脳工作の共通点は、悪魔崇拝者によるキリスト教潰しに通づると言えます。人々から救いを隠して奪うなんて、これぞ最も悪なる洗脳です。

中でも日本人の私達は、唯一の救いであったキリスト教の存在を隠された社会の中で長いこと生活してきて、本当の意味での善悪の区別すら自分ではっきりつけられず、知らずのうちに悪魔崇拝の仕掛ける罠に引っかかっては、悪人の仕掛けた人生を進むべき道だと思わされてきました。

それと違うことをしたりして目立とうものなら、「出る杭は打たれる」…

そんな状況だから、悪魔崇拝者が作った自己啓発やスピリチュアルの本を読んでも救われないのは当然ですし、健康ブームに乗ってマクロビなどを実践しても、健康的な生活というより活力がなくなったような感覚を覚えたり、極め付けに有名陰謀論者の話を聞いては恐怖を煽られて、「この世の中に救いなどない」と絶望的な気持ちになっていくのです。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

そんな時に出会ったRaptブログで、私は悪魔崇拝について学びました。

悪魔崇拝という言葉を初めて目にした時には、そんなものがこの世に存在するのか?と疑うほど、私は宗教に対する知識を持ち合わせていませんでした。

が、悪人たちが悪魔を拝んで悪知恵を得て人の想像を絶する規模の悪事を働いていること、人々が救われない無宗教社会を作ってきたことが分かるようになってくると、悪人たちに悪魔がついているなら、私たちには神様がいるのではないか、ということが理解できるようになっていきました。

そして、この神様の存在こそが、悪魔崇拝者であるユダヤ人達がひたすら隠してきた人々の救いだったことをはっきりと気づくことができたのです。

まさかこのような壮大な歴史があったとは誰が想像することができたでしょうか?聖書に書かれているような壮大な歴史の中に生かされていた私たちという人間の存在は、決して過去の話ではなく、現在も続いていたわけです。

それに気付かずに生活してきたわけですから、それはそれは、理不尽なことがしょっちゅう起きては、分からないことが多すぎて苦しかったわけです。

真理の存在なしに、この世の中のカラクリや仕組みを理解しようと思っても、無駄な足掻きだったのです。

こんな壮大な歴史は、反逆者ユダヤ人によって、複雑にかつ密かに進められてきました。その悪事の数々を、誰もが分かるようにシンプルに解いてくれたのがRapt理論でした。

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

天皇家の闇関連記事

こんな誰も語ることのなかった真実を解き明かし、Rapt理論を組み立てて、誰もがわかるように書き上げたRaptさんのワザはまさに神業です。

Raptさんは、聖書を何度も読んでいたから、聖書に出てくるユダヤ人の特徴を熟知されており、そのユダヤ人の末裔の正体を暴いて世の中のカラクリを紐解いてこられました。

普通の人は、人々から救いを奪うというそんな悪なる発想が存在していたことすら知り得ないですし、ましてやそんな悪人がいるなどと疑う余地もなかったのではないでしょうか。

彼らユダヤ人は、人々から救いを奪いつつ、自分たちの奴隷のようにするためには手段を選ばず、今回のコロナパンデミックのような恐怖をでっち上げては、私たち庶民をどこまでも貶めようとしてきたのです。

そんな中でも、私は恐怖を感じることなく、むしろ心持ち穏やかに生活することができているのも、Raptさんの伝えてくださる神様の御言葉を聞いてきたから。

真理の御言葉は、これを聞いたことのない人には想像するのが難しいかもしれませんが、どこまでも現実的かつ具体的で、例えば、悪魔の思想に引っかかるないようにするためには、悪魔の手口にはどんなものがあるかと言ったことが分かるようになります。

そうすることで、誘惑に負けることがなくなって、悪魔の手口に引っかからないようにできます。

宗教は弱い人のものという悪人が作り上げた発想を持っている人もいまだ多いかもしれませんが、弱い人のものではなく、むしろ正しい道を見つけられる人のものだったのです。それが分かるとさらに強くなれます。

善良に生きてきた人ほど見つけやすいその正しい道は、悪人社会にどっぷり浸かって来た私たち人間には見つけることが出来なかったでしょう。

その真理に気づき、本当の世の中の成り立ち方を知り、誰も語ることができなかった奥深い話を、教授してくださるのがRaptさんなのです。

そのRaptさんが解いた世の中のカラクリをRaptブログから読めることも感謝ですが、さらにRaptさんが伝えてくださる神様の御言葉を聞けること、これがどれほどの奇跡か計り知れません。

真理の言葉を聞けば、悪人達の仕掛ける罠とその特徴を自分で見極めることができるようになります。

また、庶民の私達がどのように人生を生きるべきか、そしてどのようにして成功を手に入れていくべきか、それらの方法をRaptさんがご自身の経験を含めて分かりやすく説明してくださいます。

神様の存在を知ってからというもの、私も神様の存在を証しすることができる人間になれるようにともがく日々を送っています。

そうして、少しづつ神様から構想やひらめきをいただけるようになってきました。

実力はお金で買えない。真理の愛の言葉に従って、努力し成長することで備わるのが真の実力であることをRaptブログは教えてくれました。

この証を書いた1ヶ月ほど前は、特に今年に入ってからの御言葉に従って、Rapt理論を元にカナダの状況や自分の興味のある分野で記事を書いたり、ユーチューブで動画も作り始めたりして、とにかく夢中になって作業をしていました。

その結果、パソコン作業が続いて体がバリバリに硬くなっていて、肉的に偏った状態を露わにしました。

そんな時に私が投稿したあるツイートに対して、フォロワーの方から質問を受けました。

一瞬、疑われるようなことを書いてしまったかとヒヤッとして落ち込みそうになったのですが、そのことをきっかけに、私の今後の人生の方向転換にも関わる重大な悟りを得ることができました。

これについては、時が来たら証しできればと思っているのですが、この大きな悟りを得た時は、神様が力づけてくれるかのように感動が押し寄せてきました。

そのお陰で落ち込みそうになった気持ちが一気に吹き飛び、その悟りを元に進んでいけばいいのだと確信しました。

時を同じく聞いた過去の御言葉に、肉的に疲れたら、霊的に癒すと言った内容の話が出てきました。

また、霊的にも肉的にも、様々な実力をつける話が出てきました。そこには霊的に肉的にバランスを取るのもそうですが、体調管理と言ったことも含まれていました。

私は確実に運動不足でした。朝から晩までパソコン付けになって肉的に偏って、それ以外のことを全ておろそかにしていました。

それからは、もっと霊的に実力をつけようと聖書を読む時間を増やし、聖書にある神様の御言葉をより理解するために、Raptの最初の頃の有料記事を読むようになりました。

何事も継続できなければ意味がなくなってしまいますし、そこまで努力したことも無駄になってしまいかねません。

そうして霊的な行いに集中して挽回しようと思っているうちに(あと、また誤解されてしまうような内容を書いてしまったらどうしようという消極的な気持ちにもなっていたと思います)、今度はブログ記事を書く肉的な作業から遠ざかってしまいました。

すると、徐々に神様の存在が遠ざかって行くような感じがし、同時に、霊的な解放感が薄れて行くのを感じました。

これではいけない、バランスが必要だと気づいた頃に、読んだ下記の記事でさらに目が覚めました。

RAPT有料記事416(2019年10月28日)真の義人とは人の評価など気にせず、最後まで主の御心を成す人のことを言うのだ。

今回のコロナパンデミックで明らかになったように、悪人支配社会に加速がかかっています。

世界中のあちこちの都市でコロナを使った嘘で人々の恐怖を煽って、土地を略奪をしてはそこに「スマートシティ」なるコンピューター管理の世界を作ろうとしている悪人たち。

同時に今回のコロナ騒動は、多くの人が政府の対応のおかしさに気づくきっかけにもなっています。現に、多くの一般の人たちが、病院がガラガラだということを知ったり、テレビでは芸能人がコロナになっているのに、自分の周りにはかかっている人がいないことに違和感を感じたり。

そうやって次に出てくる人々の疑問は、悪人支配社会から解放されて、真の自由を手に入れるにはどうしたらいいのか?ということではないでしょうか。

その答えを私はRaptさんの伝えてくださる御言葉で見つけました。この「答えが見つかる」「分からなかったことが分かる」という体験ができることこそが御言葉を聞く醍醐味。

そして、奴隷社会から救わるためにも、人類が救われるためにも、悪人の滅びをお祈りしています。

そこで大事なのは、その祈りを神様に叶えてもらうためには、私達一人一人が真理を悟って、Raptさんを悟って、御言葉からたくさんの悟りを積み重ね、それを証していく必要があることにも気づきました。

今はそれを行う時です。

悪人達が長い間私たちに隠してきた神様の存在。神様は目には見えないけど確実にいらっしゃいます。

Raptさんが証してくださったように、目に見えないその偉大なる真理の存在を証しするには、自分の個性才能を磨いて行くようにと、その方法を具体的に御言葉を通して教えてくださいます。

1日2日でできるような簡単なものではありませんが、私はそこに生きる意味と希望を見つけました。

コロナパンデミックが露わにした人々の反応は、自分のことしか考えない人があまりにも多いこと。それを感じてはとても残念だと思いました。

そんなんでは、いつまで経っても悪人の支配から解放されることはありません。

私たちが、本当の自由を手に入れるためにもまずは、一人でも多くの人に私達には救いの道があったことを知って欲しいと思います。

そして、救いの道、確かな成功への道を御言葉からしっかりと学んで、まずは不安から解放されて、どこまでも正しい道を歩む努力をしていきたいものです。

悪人支配の世界では、正しく生きる純粋な人は成功するどころか、どこか格好悪いことのように思わされてきました。

しかし、そんな悪人思考から解放される時が来ました。

正しく生きる、またはその努力をして、確かな幸せを手に入れることほど、確かな生き方はありません。

そうして神様の愛を知って、自分の人生が良い方向へ確実に変わって行くことを実感してもらいたい。

たくさんの人が自分にもできるという希望を持って、有意義な人生を送れるようにと願ってやみません。

人を救いたい一心で神様と共に歩まれてきたRaptさんの人生から、そのRaptさん伝えてくださる神様の御言葉から、正しい道を学んで、多くの人々が栄える本当の平和な社会が作られる日が来る日を信じて。

BLOG BY RAPT

血液型ダイエットから見るイルミナティの勢力争い。トランプは天皇派=ロスチャイルド。

 

「血液型ダイエット」ってご存知ですか?

簡単に言うと、血液型によって体に合う食べ物が違ってくるという考え方で、血液型に合っていないとされるものを食べると、それが体重増加の原因になったり、体調を崩したりする原因になるというもの。

私がこのダイエット(食事)法を知ったのは、色々な健康法を勉強しては自分の食生活に取り入れていた時。「オーガニック」「ナチュラルフード」「菜食主義(マクロビ)」などに傾倒していた頃でした。

それぞれの専門家や、専門的にブログを書いている人たちの記事を読んだりしては、様々な健康法にまつわる知識をつけて来ましたが、Raptブログに出会ってから、私の健康に対する考え方は180度変わりました。

「今まで培ってきた健康情報は一体なんだったんだ?」「ただ支配層の勢力争いや、彼らの利権争いに加担されていただけではないか?」そんな構図・仕組みが見えてくるようになりました。

今回は、 Raptブログの血液型に関する記事を元に、血液型繋がりの「血液型ダイエット」を掛け合わせて、血液型別に見える勢力争いを見ていきたいと思います。

この記事を書き始めた時には考えもしなかった繋がりが、書き終える時には見えてくる、それがRapt理論です。

*****

血液型で相性を見る考え方は、日本では日常的に使われて来たと言えるのではないでしょうか?

あの人「A型」だから神経質なのよとか、あの人「B型」だから自分勝手で困るわとか、あの人「O型」で頑固だから話し合いにならないとか、「AB型」は考えていることが読めない「宇宙人」みたいなど、人の説明をする時に使ったりしますよね。

そうして、馬が合う合わないを、血液型で相性を見るという考え方も出てきては、自身の経験からしても、占星術なんかよりも当たっている気がしていました。

そんなある時、Raptブログで見つけた記事:人間の血液型を無理やり四種類に分けたのは、我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類するためでした。

人類を分類するために血液型が無理やり四種類に分けられた…確かに、人の性格なんて十人十色、全てを四種類に分類するには無理があると言われれば、その通りですよね。

—–(上記のRaptブログ記事より以下抜粋)—–

なぜか「A型」の人が関西にばかり偏り、「B型」の人は関東から東北に偏り、「O型」は北海道や東海に偏っていますよね。

普通に考えれば、それぞれの血液型の人がもっとバラバラに存在していてもおかしくないようなものですが、どうしてこんな風に「A型」は「A型」、「B型」は「B型」、「O型」は「O型」と固まって存在しているのでしょうか。

この理由についてあれこれ考えてみたときに、私がパッと思いついたのは、もしや血液型というのは、「大和族」と「出雲族」と「月派」のことをそれぞれ表しているのではないか、ということでした。

例えば、「大和族」は邪馬台国を西日本に築いたわけですから、関西に多い「A型」が「大和族」。

で、その「大和族」に追われて東北地方に逃げていった「出雲族」が「B型」。

そして「大和族」と「出雲族」に追われて北海道に逃げていった縄文人が「O型」だという風に考えられるわけです。

(中略)

このように「A型」はヨーロッパとオーストラリアに多く、「B型」はロシア、中国、中東に多く、「O型」は南北アメリカに多い。

これでなんとなく「大和族」と「出雲族」と「月派」がどの辺りにたくさん住み着いているかが分かりますね。

アメリカに「O型」、すなわち「月派=教皇派」が多いというのは実に面白いです。実際、アメリカは「月派」の拠点になっていますからね。

あと、ロスチャイルドの拠点であるヨーロッパに「A型」が多いのも実に興味深いです。やっぱりロスチャイルドは「大和族」を担いでいるだけあって、「大和族」の血が最も濃いようですね。

—–(転載ここまで)—–

ここに書かれた血液型ごとの民族分布を、日本と世界の地域でまとめると下記のようになります。

「A型」=「大和族」=「関西」&「ヨーロッパとオーストラリア」

「B型」=「出雲族」=「東北」&「ロシア、中国、中東」

「O型」=「月派」=「北海道」&「南北アメリカ」

これを念頭に置いて、血液型ダイエットの特徴を見て見ましょう。

 

—–(こちら)より転載—–

「血液型ダイエット」の画像検索結果

ルーツ
O型 … 狩猟民族 紀元前約40,000年頃 →
A型 … 農耕民族 紀元前約25,000年頃~約15,000年頃 →
B型 … 遊牧民族 紀元前約15,000年頃~約10,000年頃 →
AB型 … 約1000年前誕生

O型(狩猟民族)
胃酸が多く出る → 動物性たんぱく質を消化しやすい
アドレナリンを多く分泌 → 活発な運動が良い

A型(農耕民族)
胃酸が少ない → 野菜・魚・大豆製品を消化しやすい
ストレスホルモンを多く分泌 → ヨガ等でのストレス解消が大切

B型(遊牧民族)
乳製品を分解しやすい → 頭を使うスポーツ向き

AB型
食事も運動もバランス良く

—–(転載ここまで)—–

「O型」が一番古くからあって、次に「A型」、その次に「B型」、最後に「AB型」ができたという説。

それぞれの民族の生活様式をベースに、血液型を当てはめて、それぞれの血液型に合う食事を見るのが、血液型ダイエットなんですね。

例えば、「A型」は農耕民族だから、「野菜を中心にした食事法」が良いという思想。

次に、「O型」は、血液型ダイエットでいうところの一番古くからある血液型だから、世界で一番人口が多いということなのかは分かりませんが、「O型」に勧められているのは「動物性タンパク質」、要は「肉食」です。

菜食主義の一つの「ヴィーガン」と言う言葉に対抗するなら、肉食は「パレオダイエット(または原始人食)」と表現すれば分かりやすいですね。

パレオダイエット(ウィキペディア)

「O型」が多い北海道では、確かに、ジンギスカン(羊)が有名ですし、アメリカやカナダでも夏になればBBQで肉を食べる機会は多かったり、特に牛肉は日本に輸入されるほど、肉食は盛んです。

また、羊と言えばモンゴルを思い出しますが、そのモンゴルの「O型」の割合はなんと、55.4%と国民の半数以上が「O型」なんです。ーWikipedia(Blood type distribution by country

「B型」は、遊牧民族だったから乳製品が合っていて、肉の中でも羊の肉がオススメされていますが、北海道にでも住んでいない限り、羊の肉って日本人が日常で食する機会って結構少ない気はするものの、動物性食品が血液型ダイエットによって勧められているという意味においては、「O型」と近いと言えそうです。

ちなみに、羊肉を良く食するモンゴル人は、チュルク民族。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

または、「世界は、菜食主義(ベジタリアン)と肉食(パレオなど)の抗争の上に成り立っている」とも言えるかも。

現代のの歴史において行われている勢力争いについては、下記の動画でまとめられています。

さらに、この動画では、それぞれの勢力が分かりやすく色分けされています。

・ロスチャイルド家(赤)

・ロックフェラー家(青)

・李家(黄色)

このRapt理論と血液型ダイエットを図にしてみました。それが↓

また、以前のRaptブログの記事では、「出雲族」のシンボルカラーは「青」で、「月派」のは「黄」とあります。

RAPT×読者対談〈第97弾〉ジャパン・ハンドラーズは存在しない。またはFEMAキャンプと赤青黄のマークの謎。

出雲族と月派(チュルク族)は共に協力しあって、アーリア人(秦氏)=ロスチャイルドと抗争を繰り広げてきたというわけです。

ここで補足したいのは、昨年 Rapt理論で明らかになった、天皇家を含む「李家」の存在について。天皇家はロスチャイルド家とグルな関係ですが、他の李家メンバーは、勢力の強い方の民族とグルになってきたようです。

例えば、

安倍晋三(B型)はアメリカ側に働きかける(出雲族+月派)

麻生太郎(A型)娘をフランス企業に嫁がせるほどのザ・ロスチャイルド

(歴代の総理大臣の血液型情報はこちらから。)

彼らはそれぞれの血筋を養子縁組や政略結婚などで増やしながら、こうして大きく2つの勢力に分かれては、争いを繰り返してきた歴史がありました。

この世界は「天皇=ロスチャイルド」と「バチカン=ロックフェラー」の抗争の上に成り立っています。

まさか、大和族、ロスチャイルドが全員全く同じ血液型ってことは、庶民的に普通に考えるとあり得ないのですが、特に皇族は、近親婚や政略結婚を持って血筋を守ろうとしてきたわけですから、一つの血液型に偏っている方がある意味自然。

そんな天皇家の血液型について触れているブログ記事がありました(どうやって調べたか詳しく書かれていませんが)

———-(以下、こちらから転載)———-

ホリエモンと故田中角栄の血液型を調べていたら、皇室の方々の血液型も調べられる所発見!皇室サイトには血液まで書いてないので早速調べてみると・・・なんと

全員A型。

しかも雅子様と紀子様まで!いくら日本にAが多いからって、ねぇ。まぁそういう家庭も結構あるしいいんですが。あ、昭和天皇だけABでした。

———-(転載終わり)———-

これによれば、昭和天皇は「AB型」で、他全員「A型」だそう。

何型は何型にしか輸血ができないのように限定されているのも、彼らの血筋が薄まらないようにするだけのものだったりと考えると、一瞬ギョッとしますが、輸血も天皇のビジネスですし、ありえなくもありません。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

この世界は「A型」と「BO型」の抗争の上に成り立っているという言い方もできるかもしれません。

そもそもABO式血液型っていつから使われているのだろうと、疑問に思って調べてみると、比較的最近の1900年、「カール・ラントシュタイナー」という人によって発見されました。

Karl Landsteiner 1930b-cr2.jpg

<カール・ラントシュタイナー>

———-(以下、こちらより転載)———-

11月14日は「血液型が発見された日」です。1900年のこの日、オーストリアの学者、カール・ラントシュタイナーが人間の血液は「A型」「B型」「O型」にグループ分けできることを発表しました。

ちなみに「AB型」は次の年に、ラントシュタイナーの同僚によって発見されています。

20世紀初頭の当時は、輸血による事故が多発していたため、血液について早急の研究と解明に迫られていました。この功績でのちの1930年にラントシュタイナーは、「ノーベル生理学・医学賞」を受賞します。

(中略)

ちなみに、血液型を発見したラントシュタイナーさんはユーロが導入されるまでのオーストリアで「1000シリング紙幣」に採用されるほどの偉人だそうです。日本でいう野口英世さんのような存在だったんですね。

———-(転載終わり)———-

 

上記の記事には書かれていませんが、彼は、ユダヤ人でした。誕生日は、ドナルド・トランプと同じ6月14日生まれ。

「ラントシュタイナーはバーデン・バイ・ウィーンでユダヤ人として生まれた。」ーウィキペディア

また、彼がこのABO式血液型を発表した時点ではA型、B型、C型としていたそうです。このC型がO型に変わった理由には諸説あるようですが、

・C型は「AとBのいずれの抗原物質ももたない」という0(ゼロ)という意味で「0(ゼロ)型」=O型になったという説

・「~ない」の意味を持つドイツ語「ohne」の頭文字を取って「O型」としたという説 など他。

Rapt理論で「C」は悪魔の数「6」を表していることが分かっていますが、それと何か関係があったり?

RAPT×読者対談〈第112弾〉現代科学の知識はどこまで本当か。

アルファベット順にするなら、ABCでいいところをあえてABOにすることで、人々の関心を引き、なぜ「C」じゃなく「O」なんだろうと考えさせることで、その影なる存在を隠しつつも示したかったとか?私の想像でしかありませんが、ありえなくも有りません。

特に、ノーベル賞の創設目的を考えれば、彼らイルミナティのやりそうなことです。

RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

ラントシュタイナーも例によって、ノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

血清学の研究、ロックフェラー研究所、彼の肖像が1000オーストリア・シリング紙幣に使用されていたなど、野口英世と似ている功績がいくつか有ります。

ロックフェラー医学研究所が設立されたのは、1901年(明治34年)、ラントシュタイナーがABO式血液型を発表した翌年です。ラントシュタイナーがロックフェラー研究所に加わったのは、1922年弟子アレクサンダー・ウィーナーとRh因子を発見。

ABO式血液型にRh因子の発見は、ロックフェラー家との関わりが強いと言えます。

血液型ダイエットは、ナチュロパス(自然療法士)であるダダモ博士によって提案された、東洋思想からくる発想です。

もしかしたら、ここでもABO式血液型 vs 血液型ダイエットの抗争があったりするのかも知れません。

実は、人の血液型は、ABO血液型のほかに数十種類もあります。でも、ABO型がよく知られているのは、医学的に特に重要な情報だから。https://www.excite.co.jp/news/article/Goorank_3931/

医学的に重要なのか勢力争い的に重要なのか、そんなことを勘ぐってしまいます。

最後に発見された「AB型」にしてもなんだか取ってつけられた感がある気がして、それについて調べてみると、その少ない数の割に、アメリカ大統領の何人もが「AB型」であるという話を見つけました。

—–(こちら)より転載—–

(フジテレビ「ホンマでっか!?TV」で、血液型で人生は変わる?の番組内容をメモした方のブログより)
(*私のコメントをオレンジ色で入れています。)

No.03
アメリカではAB型が1~2%の割に大統領が多い!?
→ バラク・オバマ、ビル・クリントン、ジョン・F・ケネディ 、(ヒラリー・クリントンも)

(*すごいメンツが揃っています。クリントン夫妻、二人してAB型というのもすごいですね。)

No.04
O型は動物性タンパク質と活発な運動でやせる!?

No.05
A型は穀物・魚・大豆製品などの日本食が消化しやすい!?
→ 欧米などの肉食に向かない

No.06
海外ではO型の比率が高い国が多く 南米にはB型がほぼいない!?

No.07
ペルー・ブラジルのネイティブのインディオは100%O型!?
→ 約1万2千年前に祖先が東アジアから渡り 全員がO型だったため

No.08
B型は浮気をしやすく後悔もしない傾向が!?
「浮気して幸せだった」と回答 → 全体約35%・B型約50%(しらべぇ調べ)

No.09
浮気を後悔しないのは60代のB型に多い!?
別の調査ではB型の男性は妻・彼女を大事にする傾向が
A型の男性は妻・彼女の記念日を忘れやすい人の割合が高い(しらべぇ調べ)

No.10
最近の総理大臣は36人中18人がO型!?
一般の(O型の)割合約3割 首相の割合約5割 → O型首相になりやすい

(*これは、良く聞く話ですね。これで日本の政治も影で天皇派と教皇派に別れては、常に内部争いが行われているわけですね。で、天皇派が強いと共産主義国のようになり、教皇派が強いときは資本主義要素が強い。)

No.11
O型の脳が一番大きいと2年前に証明された!?
O型は小脳が大きい → 記憶に関する部分も大きい
O型は認知症になりにくいというデータも
小脳が大きいとバランス感覚も良い傾向が

No.12
すい臓がんになりやすいのは B型>AB型>A型>O型!?
10万人あたり1年間ですい臓がんになる割合 B型…44.5人/AB型…41.8人/A型…39.9人/O型…28.9人

(*RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

No.13
合コンで圧倒的にモテるのはO型の男性!?
彼氏にしたい血液型は? ①O型…52% ②A型…31% ③B型…11.3% ④AB型…5.6%

AB型の女性…AB型の男性にはモテる 「AB型の女性が良い」…全体6.7% AB型30.9%
AB型の芸能人…古舘伊知郎・ウッチャンナンチャン・稲川淳二・ウド鈴木・柳沢慎吾・間寛平…

No.14
米国で一番離婚率が多いのはA型とB型の夫婦!?
ミランダ・カー(A型)-オーランド・ブルーム(B型)

(*A型とB型は一般的にも相性が悪いと言われていますね。)

—–(転載ここまで)—–

この番組がフジテレビのものだから「O型」が持ち上げられているのでしょうか。フジテレビの筆頭株式を見るとその意味が分かりやすくなります。


フジテレビの筆頭株主は、ホリエモンと激似である韓鶴子(統一教会の教祖・文鮮明の妻)です。

ホリエモンが肉(特に牛肉)を推すのも、彼が「月派」で、ロックフェラー家との繋がりがあると考えると、なんともしっくりきます。

ライブドア事件はロックフェラーによる天皇つぶしの計画でした。ホリエモン逮捕も口封じのためです。

だから「ヴィーガンぶっ潰す」と発言するのも、「大和族」=「ロスチャイルド」を潰したい勢力争いの元にでたコメントなのでしょう。

また、多くの人が気になるのは、アメリカ大統領「ドナルド・トランプ」の血液型ではないでしょうか?

陰謀論では、彼は以前ロスチャイルド家からお金を借りているから、ロスチャイルド家側の人間だと言われています。

———-(こちらから転載)———-

外国人の血液型

アメリカ大統領

■O型

  • アイゼンハワー(D. D. Eisenhower)
  • フォード(Gerald Ford)
  • レーガン(Donald Reagan)
  • ブッシュ(父)(George H. W. Bush, Sr.)
  • ブッシュ(子)(George W. Bush, Jr.)

■A型

  • リンカーン(Abraham Lincoln)
  • ジョンソン(Lyndon B. Johnson)
  • ニクソン(Richard Nixon)
  • カーター(Jimmy Carter)
  • トランプ(Donald Trump) 2017.5.10追加

■B型

  • ワシントン(George Washington) 2018.7.8追加

■AB型

  • ケネディ(John. F. Kennedy)
  • クリントン(Bill Clinton)
  • オバマ(Barack Obama)

■2016年の候補者

  • ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton) AB型RH-(サンダース氏も同じ)
  • ドナルド・トランプ(Donald Trump) A型

———-(転載終わり)———-

 

トランプ大統領は、日本の天皇家と同じく「A型」です。と言うことは、大和族=ロスチャイルド家側と言うことになります。

また、トランプ大統領と反対政党のヒラリークリントン(AB型)には、共通の先祖がいると言われています。

そんな二人の違いは、ドナルド・トランプは「共和党」に対して、ヒラリー・クリントンは「民主党」。

「ドナルドトランプ 政党」の画像検索結果 「ヒラリークリントン 政党」の画像検索結果

<共和党>      <民主党>

政党のロゴの色をRapt理論で見てみると、トランプの所属する「共和党」は「赤」=ロスチャイルド側、ヒラリーの所属する「民主党」は「青」=ロックフェラー側になりますね。

ちなみに、トランプが彼が好きな食べ物は、ファーストフードだと言われています(ウォーレン・バフェットのよう)。彼の血液型ダイエットで勧められる「A型」=「農耕民族」の食は、野菜中心ですので、この点に関しては一見合っていないように感じられれますが…

———-(こちらから転載)———-

初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

トランプはハンバーガーやポークチョップが大好き Jim Young-REUTERS

<コカコーラとファストフードをこよなく愛する大食漢のトランプは、訪問先の中東やヨーロッパで食べ物に困るだろう>

ドナルド・トランプ米大統領の食べっぷりは、100キロを超える若者のようだ。しかもホワイトハウスでは、注文ボタンさえ押せばよく冷えたコカ・コーラが運ばれてくる。

(中略)

■トランプの好物は1人前54ドルの乾燥熟成肉のステーキ。硬い肉が皿の上でカチコチ音を立てるほど、焦げるまでよく焼いたのが好きだ。豪快にケチャップをかけるのがトランプ流。

ハンバーガー好きは潔癖症だから?

■トランプは極度の潔癖症で有名だ。それは自分でも認めていて、彼が2013年にロシアのモスクワで宿泊したホテルに複数の売春婦を呼び、ベッドに放尿させて眺めたという噂が流れたときも、「私は潔癖症だ」と言って否定した。

潔癖症はトランプの食事にも表れている。彼のファストフード好きは有名で、定番はマクドナルドのハンバーガーとケンタッキーフライドチキン。昨年の大統領選中の対話集会で、好きなマクドナルドのメニューを問われたトランプは「ビッグマックは素晴らしい。クォーターパウンダーもね。あれはうまいぞ」と熱弁をふるった。

【参考記事】トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?

———-(転載終わり)———-

アメリカ第一主義、ナショナリズムをうたうだけあって、アメリカンなファーストフードや、肉好きをアピールしているのでしょうか。

菜食主義を押すのがロスチャイルド家側なのに、肉好きじゃ「血液型ダイエット」的には合わないように一見思われますが、肉を食べるときにわざわざケチャップをかけたり、彼が好きだといっているファースフード系企業は、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ダイエットコーラーなどの企業のロゴの色は「赤」で、「赤」=ロスチャイルド系企業です。

また、上記にある参考記事には、北朝鮮のリーダー「金正恩」とハンバーガーを食べるのか?とありますが、「金正恩」の血液型もトランプや日本の天皇家と同じ「A型」です。

昨年には、トランプ大統領は、金正恩から個人的な手紙をもらったとまで言っていましたしね(金正恩氏からトランプ大統領に届いた「美しい」手紙、実質的な内容はなし)。

こうやってみていくと、「トランプ」=「A型」=「ロスチャイルド」=「赤」=「天皇派」=「ユダヤ人」という繋がりがはっきりしてくると言えるのではないでしょうか。

現に、トランプは、大統領になってからユダヤ教に改宗したと言われていますし、彼の両親は共に「ロングアイランドユダヤ人メディカルセンター」でなくなっています。Donald Trump’s Mother: the story of Mary Anne MacLeod Trump as BBC documentary uncovers the US President’s Scottish roots

さらに、昨年2019年6月には、ゴラン高原にあるユダヤ人入植地には、「トランプ高原」と命名されたとうニュースも流れました。

———-(こちらから転載)———-

イスラエル、ゴラン高原の入植地を「トランプ高原」と命名


「トランプ高原」と書いた看板の前でスピーチをするイスラエルのネタニヤフ首相 Ammar Awad-REUTERS

<トランプとネタニヤフの蜜月は続く>

イスラエルのネタニヤフ首相は6月16日、ゴラン高原にあるユダヤ人入植地をドナルド・トランプ米大統領にあやかり「ラマト・トランプ」(ヘブライ語で『トランプ高原』の意)と命名する式典に出席した。

シリアとイスラエルが領有を争うゴラン高原に関し、トランプは3月、その主権はイスラエルにあると正式に認める方針を明らかにした。これを受けてネタニヤフは、ゴラン高原の入植地にトランプにあやかった名前を付けたわけだ。

「今日はゴラン高原の歴史における一里塚として。何世代にもわたって記憶されるだろうめでたい日だ」とネタニヤフは式典で述べた。式典にはアメリカのデービッド・フリードマン大使も出席したと地元紙は伝えている。

「ゴラン高原に新たな入植地が建設されてから長い年月が経ったが」とネタニヤフは述べた。「今日ようやく、われわれはラマト・トランプの繁栄に向けた重要な一歩を踏み出そうとしている。入植地はイスラエルの非常に偉大な友の名を誇らしく背負っていくこととなるだろう。私も偉大なわが友の名をここで語るのを非常に誇らしく思う。ドナルド・トランプ大統領だ」

———-(転載終わり)———-

イスラエルの国旗に描かれている六芒星は、ロスチャイルドを表していましたね。

関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。

この「ゴラン高原」は、以前は「シリア高原」と呼ばれていました。

———-(以下、ウィキペディアから転載)———-

2019年3月21日にはアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領が、ゴラン高原の主権はイスラエルにあるとの見解を表明し、翌22日にはシリアとアラブ連盟が非難する声明を発表。

3月25日にアメリカは正式にイスラエルの主権を認める手続きを行ったが、国際連合や日本などは引き続きイスラエルの主権を認めていない。

6月16日にはイスラエルがゴラン高原の新たな入植地をトランプ高原と命名するなど、イスラエルによる実効支配は一段と強まっている

———-(転載終わり)———-

トランプ大統領がイスラム教徒の移民の受け入れをしないのも、この一連の流れなのでしょう。

シリアは、イスラム教徒が87%(ウィキペディアより)と、国民のほとんどがイスラム教徒の国。そのシンボルカラーは「緑」です。

Allah-green-transparent.svg

<イスラム教>

また、シリアは、スティーブ・ジョブスの血の繋がった父とされる人の出身地でもあります。そんなスティーブ・ジョブスの血液型は「O型」で「月派」に属する人。

彼がすい臓がんで亡くなったとされている年は、2011年、福島で人工地震があった年でした。

RAPT×読者対談〈第111弾〉人工地震3.11を起こした真犯人は出雲族である。

「福島」で「3.11」を起こした真犯人は、この世界規模で結成された「緑の党」の人たち、すなわち「月派・出雲族」であると考えて間違いありません。

ゴラン高原のニュースが流れて2ヶ月程がたった頃に、彼がエジプトで見つかったというニュースが流れました。


亡くなったはずのスティーブ・ジョブス、Rapt理論で癌という病気は存在しないことも分かっているので、彼が生存していてもおかしくないわけですが、彼が生きていたとしたら、彼がアメリカから出た理由はなんだったのか?

福島の3.11と何か関係しているのか?なぜエジプトなのか?

エジプトと言えば、天皇と悪魔崇拝を繋げる要素がある国です。東洋思想に系統していたスティーブ・ジョブスが見つかったエジプトの国旗と、彼の父親の出身シリアの国旗を見るととても似ています。

「エジプト」の画像検索結果 「シリア」の画像検索結果

<エジプトの国旗>       <シリアの国旗>

シリア人(アラブ系)の父親を持つスティーブ・ジョブス、例によって、二つの勢力の抗争の元、アメリカから追い出されてしまった、もしくはアメリカから逃亡した、そんな風にも考えられるのかも知れません。

最後に、今回のテーマ、「血液型ダイエット」の本の著者ダダモ博士と、スティーブ・ジョブスが似ている気がするのは、何かの偶然でしょうか?

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑