GINGER SPICE

真実は、Raptブログに。

タグ: コロナ

11月11日の祝祭の日、主から受けた恵みの証

 

今年2020年11月11日の祝祭日は、私にとって2回目。信仰歴が数ヶ月と浅かった昨年よりも、主からの恵みをはっきりと感じられた日となりました。

今年は、コロナパンデミックに始まり、これを書いている今現在も私が住んでいる辺りでは、第二波からロックダウンが始まりました。

そのため、レストランに行っても食事ができない状態ではありますが、私にとって奇跡の出会いをお祝いする日、普段は行かないところへとナイアガラの滝へ行ってきました。

当日の明け方には、ざっとひと降りしたので現地での天気が少し心配でしたが、結果、雨に降られることはなく、所々晴れ間にも恵まれ、帰路の道中では美しい夕日に、その日の光が反射するオンタリオ湖の美しさにうっとりするほど、終日素敵な風景を楽しませていただきました。

まさか、このような恵み深い日を過ごすことができるようになるとは、RAPTブログに出会う前まで想像することすらできませんでした。

目に見えない存在とその法則が、まさか私たちの身の回りに起こること全てに確実に作用していたとは、ただただ驚きでした。

ですが、その真理の法則が少しづつ理解できるようになると、今まで体験してきた良いことも悪いことも、あらゆる出来事が起こる理由も、さらには、なぜこのようなことが起こったのだろうといった疑問にも、次々に辻褄が合うようになりました。

そうして、分からなかったことが少しづつ分かるようになると、漠然と抱えていた不安や心配も徐々に無くなって行く感覚が味わえるようになりました。

**********

そんな奇跡の出会いをお祝いするこの日、ナイアガラの滝へ向かう行きの車中では大きい声で賛美をしました。

すると、いつもより早く、どこからともなく湧いてくる感動。その大きな感動と共に溢れる涙。心の中がスッキリすると同時に、安心感が湧いてくる感じがありました。

今回と同じくらい強く感動を感じたのは、今年の3月にある大きな罪に気づいた時でした。

その時について書いた証記事はこちらになります↓

人のため・自分のために生きてきた人生から、真理を求める人生へ

ナイアガラの滝への道中は、この3月の日から今日のこの日まで、御言葉を学びながら悟ったことがいくつも思い起こされては感謝の気持ちで一杯になりました。

今までの人生、嘘も常識な社会で生きてきて、疑問に思うことがあっても、なかなかしっくりくる答えが得られず、結局、よく分からないまま目先のことに追われて日々を過ごし、そうやって不安や心配を抱えながら生きてきたこと。

時に、どこにもやれない思いを押しつぶしては、それなりに幸せに生きてきるんだと言い聞かせながら生活してきたこと。

全然幸せじゃなかなった…。むしろ、その反対だった…。

御言葉を聞くようになってから、不安や心配の理由や、不公平感や理不尽な思いをした理由とその原理が少しづつ分かるようになってきました。

それらは、今まで生きてきた社会の中では、誰一人として教えてくれることのなかったことばかり。

それどころか、その真理の存在は長いこと意図的に隠されてきたことを知って、今まで正しいことかのように植え付けられてきたことのほとんどが間違った認識だったことに気づき、それを正せるようにと導いてもらえたことに心から感謝をしました。

そんな想いに浸りながら、1時間ほど車を走らせたところにあったサービスエリアに立ち寄りました。

そこでコーヒーを買おうと注文したら、いつもほとんど聞かれたことがない「ポイントカード持ってますか?」の質問。

そういえば、知り合いが何枚か同じポイントカードを持っていて、ある時その一枚を私にくれたことを思い出したので、提示してみました。

すると、「今日のコーヒー代はタダですよ。」とお店の人。

まるでこの日に合わせてプレゼントしてもらったかのようで、嬉しい気持ちになりました。

御言葉を聞くようになって、そこで学んで理解したことを少しづつ生活の中で実践すると、不思議と物事がタイミングよくスムースに運ぶことが出てくるようになったことに気づきました。

例えば、運転中、信号が変わるタイミングが良かったり、車線変更がスムースに出来たり、ちょどいい場所の駐車場に車を止めることが出来たり。

渋滞でイライラする人が多くいることなどを考えてみても、このようなちょっとしたことがスムーズに進むだけでも無駄にストレスを抱える必要が無く済みます。

私の事実婚パートナーとの生活は、これと正反対に、物事がスムースに運ばないことのオンパレードでした。

例をあげればキリがないのですが、例えば、付き合い始めたばかりの頃、彼の運転で出かけていると、何度も警察に止められるということがありました。

スピードを出していた訳でもなかったり、止められた理由が不明だったり、何か注意されるだけで罰金は免れることはあったにしても、「こんなに頻繁に止められるものなの?」と不思議で仕方ありませんでした。

その当時は、彼との恋愛関係がまさか様々ないざこざに起因しているとは知る由もありませんでしたが、この3月にこの異性の罪に気づいてから彼と過ごしてきた10年強の私の人生を振り返ると、この罪のために茨の道を歩んでいたということが今はよく分かるようになりました。

以前の私は、異性との関係について、世間で一般的とされてきたように考えていました。

彼氏を作ることが女性の幸せであるかのような風潮がある中、私も多かれ少なかれその考え方に感化されては、彼氏を得るまでいつもどこかで求めていた気がします。

そうして彼氏を作ったとしても幸せに感じることより、煩わしさを感じることの方が多かったことには目を瞑り…。

独身女性で仕事ばかりしていた当時の私は、それこそ彼氏がいないといわゆる「負け犬」状態。

東京での仕事ばかりの生活と、引かれたレールに乗っかっていないといけない雰囲気が漂う日本社会に嫌気がさして…、そうこうして、カナダ移住をしたものの…。

家族のいない海外で生活していく上で、一生一人で暮らすことを想像して心細く思っては、時に意見が合わないことがあっても、誰かいた方がまだマシ、そんな風にも思っていました。

そうして、彼との付き合いも10年が経ち、今年に入って引き起こされたコロナ騒動の中、この幸せに対する考え方自体が間違っていたことに気づきました。

それを悟った時には、それこそ滝のように感動と涙が押し寄せてきたのを体感して、これが真理だと確信したあの3月の日。

あの日から今日のこの日までに気づいた大きな罪に付随するいくつもの罪。まるで、罪は罪を呼ぶかのように…。

それらを思い出せる限り一つづつ思い出しては、気づかせてもらえたことに本当に感謝しました。

そうこうしている内に、感極まってか、ナイアガラの滝に向かうのに降りるべきだった高速の出口を見過ごしてしまい、それに気づかぬまましばらく走っていると、雲行きまで怪しくなってきました。

ふと周りを見渡してみると普通の車の数が急激に減っていて、トラックばかりが走っています。

それに気づいてから次の出口で折り返すことにして、また高速に乗って来た道を戻り始めて一安心したところでまた賛美を続けました。

すると雲の合間から日差しが差し込み、まるでこの道であってるよと言われているような感じでした。

それから少しして無事ナイアガラの滝付近に到着し、レストランに併設された駐車場が安くて良いかもと、そのサインを読んでいた矢先、後ろから来た人に半ば煽られるようにしてそこに駐車することになりました。

そこからは歩いてナイアガラの滝へと向かいました。

駐車場付近から撮った写真

ナイアガラの滝アメリカ側

ナイアガラの滝・アメリカ側を左手に、カナダ側の滝に向かう道を歩きながら、感動を分かち合いたくてここでも賛美しました。

滝からの距離はかなり離れている歩道ではありますが、カナダ側の滝が近付くにつれて水しぶきが飛んできます。風向きにもよりますが、結構濡れることもあります。

この日私はフード付きのジャケットをたまたま羽織ってきていたので、そのフードをかぶりながら歩きました。水しぶきで歩道が濡れている様子が写真からも見てもらえるかと思います。

大きく綺麗な虹も見ることができました。

ナイアガラの滝と虹

この日の観光客はそれほど多くなかったので、ゆっくり歩きながらところどころで写真や動画の撮影をしました。

コロナのせいか、いつもならちょくちょく写真を撮って欲しいと頼まれるのですが、今回は1組だけ。

そのお陰で途中途中遮られることもなく、スムースにカナダ側の滝まで歩くことが出来ました。

長いこと抱えていたしがらみがほどけて行くような感覚。

一つのしがらみは、何年と続いてきた居候との同居生活。

事実婚の彼との生活には、いつもこの居候の存在が大きくありました。東欧から移民してきた40半の彼は、一年の内合計半年の間、私たちと同居する生活をここ何年と送って来ました。

というのも彼は、高校時代の同級生が36歳になった時に「今子供を産まなければ産めなくなる」、「子育てには関わらなくていいから」と懇願されて、子供を作ることに同意しました。

が、子供が産まれると、当然、母親になった彼女から子育てを理由に色々と頼まれるようになっていきました。

そんな彼女との生活から逃れるようにしてカナダに帰って来ては、「人生は短いから楽しまなければ。」「ここでの生活が俺の自由なんだ。」などと言っては、お酒を大量に飲んで、その勢いで、同じ女性である私に八つ当たりをしたり、家政婦のようにあれこれ用事を言付けて来ました。

事実婚の彼は、見て見ぬ振りかと思いきや、彼にも離婚歴があるので、時に、女性に対する嫌悪感が思い出されては、居候に味方をする状態。

彼をも私の味方をしてくれない…。そうして不公平だと感じる場面を何度と味わいました。

例えば:ある日のインスタ投稿

日に日に居候との生活に嫌気がさし、彼が酔っ払っている時には口論になることも出て来て、家を出たいと思ったことも何度もありましたが、なんで私が出なきゃいけないんだとも思ったりもしました。

この居候との同居生活で感じた様々な不条理、不公平感に対する疑問の答えも、また私の中に存在した被害者意識の罪にも気づかせてもらうことが出来ました。

そしてつくづく思うのは、「恋は盲目」という悪魔の囁きとも言える言葉は、悪の思想を正当化させるものだなと。

御言葉に出会う前は、好き合って一緒に居るわけだし、たとえ様々な困難に見舞われて苦しくても、「人生はそもそも不公平なものなんだ。」、そう自分に言い聞かせていました。

多くの結婚している夫婦のように、毎日お互い一緒に暮らすことで幸せを感じていなかったにしても、日々の生活が普通に送れればそれで十分幸せなんだ、そう思うようにしては、事実婚の彼とこれからもずっと一緒にいるものなんだと思っていました。

彼との関係自体が罪であったことに気づいてからは、彼と生活する上でつきまとって来た様々なしがらみからも解放されるんだと、自由を得た気持ちになりました。

こうして、罪に気づいてそれを悔い改めれば、幸せに一歩づつ近づける、自分の間違った考えや認識が幸せを遠ざけて来たのだと、その意味が身を持って分かるようになりました。

罪というと大げさなように聞こえるかもしれませんが、その根底には、私たち人間に罪がある状態だと、本当の幸せや自由から遠ざかってしまうという真理の法則があって、それこそが神様の心情から来ているものだったのです。

そしてその法則はどこまでも公平なもの。

私が間違った認識で物事を行えばそれ相応の裁きを受け、それが悔い改めの機会になって、軌道修正することができる。

私にとって、彼との異性の罪に気づいて悔い改めた時に体験したあの感動が、何よりもその証です。

そんな私の今の願いは、1日も早く自活できるようになること。

先に紹介した前回の証にも書かせていただきましたが、事実婚の彼には、今後は別々の道を歩むとお互いに理解しているので、今は同居人のような生活をしています。

御言葉に出会わなければ、嘘の常識で作られた社会の中で、彼氏がいることが幸せだという間違ったこの世の一般的な認識のもと、茨の道をあのまま歩んでいたでしょう。

そうして、ところどころ不条理な思いや不公平を感じたとしても、無理やり自分を説得しては、そのどこにもやれない気持ちに蓋をしたまま、不幸な人生を送っていたでしょう。

そうして、将来に漠然と不安や心配を抱えながら生きていたかもしれないと思うと、ゾッとします。

真実が常識となる世界になりますように、今まで植えつけられた間違った認識が正されますようにと願いながら、ナイアガラの滝を眺め、お腹がすいてきたので早めの夕食を取ろうとレストランを探し始めました。

冒頭でチラッと触れたように、私が住んでいる地域では、レストラン店内で食事をすることができませんでしたが、幸いにもナイアガラの滝付近では空いているレストランがいくつかありました。

車を止めたところのイタリアンレストランも空いていたので、そこで好物のトマトソーススパゲティを食べることにしました。

程よい酸味のトマトソースにパルミジャンチーズをかけて、とても美味しくいただきました。

特別な感じがするメニューではなかったかもしれませんが、食べている間ずっと心温まる思いで満たされました。

最後にコーヒーを注文し飲みながらお会計を済ませ、駐車場も無料にしてもらえて、ナイアガラの滝に行こうと行き先を決めた以外は全て行き当たりばったりの旅でしたが、全てがスムースに進んだ1日でした。

帰りの道中は、眩しい夕日に照らされて思わず「わー綺麗」と独り言を漏らしてしまうほど美しかった。

さらに、右手に出てきたオンタリオ湖が、夕日に照らされてキラキラしている様子が気になって気になって、これまた行き当たりばったり、高速を途中で降りてみたところ、ちょうどあった湖が見渡せるスポット。

そこから街を対岸に見渡しながら撮った写真が↓。

心に引っかかっていたしがらみを全て取り除いていただいたような、恵み深い1日でした。

普段行かないところへ行って、普段食べないものを食べてお祝いするようにしてくださった、神様の心情にも感動し、この日をより鮮明に覚えておきたいと、記念に短いですがインスタストーリーを作りました。

11月11日の祝祭の日-2020

これからは、恩返しをしていきたい。

**********

私は、RAPTブログに出会ってからまず、この世のカラクリを知りることができました。

それによって、誰がなんのためにこの世界を支配しようとしているのか、今まで隠されてきた本当の歴史を含め、歴史に興味があったわけでもない私でも、この世のカラクリが明確に見えるようになりました。

2016年のアメリカ大統領選キャンペーンが始まった頃から、私の周りにはトランプ支持側のいわゆる陰謀論を聞いては賛同する人が多く、そんな彼らの言動が日に日に荒れていくのを目の当たりにしてきました。

彼らが言うことが正しいとしたら、真実は人を凶暴にするものなのか?

そんな疑問を持っていたので、RAPT理論に出会って、地上界で起きている真実=陰謀論だけでは全体像が見えないことがわかりました。

この世の中で起きていることは、霊界で起きていることの反映だったのです。

この世の中を支配しているイルミナティという悪魔崇拝者達の存在に、彼らが本気で悪魔を拝んで様々な悪事をしてきたということ。

私の周りにいた人たちの言う真実と言う陰謀論だけを聞いていた時は、イルミナティという巨大な組織に支配されているなら、庶民である私達は彼らの奴隷のように扱われて終わりなのかと、なかば投げやりに、絶望的な思いを抱いていました。

が、RAPTブログで霊界の存在を知って、悪人が悪魔を拝んで様々な悪事を行っているとしたら、庶民の私たちには神様がいるのではないか?

そうやって、霊界の存在をはっきりと理解できるようになって、全体像が見えると共に、みるみる希望が湧いてきました。

私たちには、神様という救いの存在があった!

このように、目に見える地上界のことと見えない霊界のこと、その繋がりなしには、真実が見えてこないんだと言うことに気づけた時は、本当に頭の中がスッキリしたのを覚えています。

トランプ支持者が言う真実は、イルミナティの勢力争いに加担するためにあるから、片側のせいにしては、その言動に凶暴性をおびていたのか、だから、辻褄も合わなかった。

あの時の分からなかったことが分かった瞬間の衝撃は次に、こんな風に理路整然とこの世界のカラクリを分かりやすく記事にしているRAPTブログを書いた人は、どうやってこの世の謎をつなぎ合わせることができるのだろう?

そうして、RAPTブログの有料記事を読み始めたのですが、そこには「霊界の奥義」がありました。

これこそが、右も左も共に悪人達が隠してきた最大の秘密が「真理」の存在だったことを知って驚嘆し、そのこの世の全ての原理が欠けていたが故に私たち庶民は、イルミナティが作り出したあらゆる思想の元にある政治、経済、歴史、文化芸術など、ありとあらゆる角度から騙され続けてきたという…。

私たちを騙し続けるために、彼らはあらゆる偽善的行為を行って、人々を惑わしながら金儲けをし、人々に神様の存在を悟られないようにしてきたのです。

だから、彼らが作った法律を守ったり、彼らが作った幸せの定義に沿ったところで、幸せになれる訳もなく、むしろ不幸の道を歩むように仕掛けられていたのです。

RAPTさんが伝えてくれている神様の御言葉を聞けば、彼らが隠してきた真理の存在を感じるしかありません。

それが、私たち人間が、この世の中を幸せに生きるための法則でした。

私は、その真理の言葉を聞いて行ったことで、目に見えない存在を感じることを経験しました。

まだまだ分からないことはたくさん残っていますが、御言葉に従って行けば少しづつ不安や心配から解放されて、本当の意味での自由が得られるのだということが分かるようになったので、希望を持って毎日を生きられるようになりました。

今回ここに記した私の体感した感動こそが、真理の証です。

隠されてきた真の愛の存在が世界中に広がり、一人でも多くの人が混沌とした世の中から救われて、希望を持って人生を歩むことができますように。

Home

悪人支配の世の中から解放されて本当の自由を得るには、真理を証して人々を救いに導くことにありました。

 

コロナパンデミックの影響で、世間は活気を失い、人々は先が見えない状況に不安を抱かずにはいられない状態になっています。

アメリカではすでに1700万人以上もの人が失業したとも言われるほどに、経済的な打撃はかなり大きくなりそうです。

そんなコロナパンデミックのカラクリについて、とても分かりやすく説明されている動画が「KAWATAとNANAのRAPT理論」から配信されました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

今回のコロナウィルスのパンデミックは、例によってユダヤ人によって人為的に起こされていること、そして、世界各地の都市を乗っ取っては、そこにコンピューター管理の社会「スマートシティ」を作ろうとしていることが分かりました。

その背景には、カルト宗教の「大本(おおもと)教」の計画がありました。

大本教の教祖である「出口王任三郎」は、天皇家やこの日本を支配している「麻生太郎」や「安倍晋三」同様に、ユダヤ人の末裔でした。

大本教は、神道系の新宗教とされていますが、Rapt理論で分かっているように、神道もユダヤ人が作った宗教であるだけでなく、なんと嘘のような本当の話、本気で悪魔を拝んできた悪魔崇拝でした。

そして、この大本教が求めた世界が、人々から救いを奪った無宗教な世界を作ること。この発想こそが、神様に反逆したユダヤ人の特徴をよく表していました。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

神道は「悪魔崇拝」であり、生みの親は「ユダヤ人」だった。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

そもそもユダヤ人とは、紀元前11世紀ごろに「イスラエル」を建国して、聖書の神様「ヤハウェ」を崇めることで、大きく栄えた民族でしたが、彼らの中から神様に反逆する者が現れては、神様を崇めるのではなく悪魔(サタン)を拝むようになっていきました。

そんな彼らが忌み嫌ったのが、「イエス・キリスト」でした。

イエス・キリストは、今から2000年以上も前に、神様が遣わした人類の救い。多くの人が救われるということを知り、「ペトロ」や「パウロ」などの弟子たちによって、キリスト教は広まっていきました。

しかし、ユダヤ人達はイエス・キリストを迫害し十字架にかけて処刑、彼の弟子達も迫害して殺害してしまいました。

その上、キリスト教に悪魔崇拝の要素を吹き込んで、真の教理を捻じ曲げては、ことごとく真の救いを人々から奪ってきたという異常なほどの悪質な行いをしてきたのです。

こんな話をしても聖書を知らない私たち日本人にとっては、大昔に外国で起きたことでどこか他人事のように感じられるかもしれません。

ですが、私がこのことをRaptブログで知ったとき初めて、日本に無宗教人口が多いことが理解できました。私たち日本人の多くは、救いのない無宗教国家にずっと生かされてきたということです。

無宗教国家と言えば、なんの宗教も信じないイメージがあって、創価学会とか幸福の科学などの宗教にアレルギーがある日本人も多い中、ある意味いいことのような印象すら覚えるかもしれません。

しかし、このような仕組みを作ってきたのが大本教のような隠れカルト宗教であり、その根底には悪魔を拝む神道(道教)や仏教(密教)のようなカルト思想があったのです。

なので、無宗教だと思っていても、多くの日本人は正月になれば初詣に出かけたり、厄年にはお金を払って厄除けなどをしに神社に出かけては悪魔崇拝に加担してきたことになります。

こうして、カルトのその本性は隠されたまま、日本人の生活に当たり前のように習慣的に浸透してきました。

 

現に、私自身ずっと無宗教であると思ってきました。

親戚に創価学会の人がいたり、高校・短大生の時は、クラスメートから電話が掛かってきては宗教の勧誘を受け、宗教に対して良い印象がありませんでした。

一度は、どっかの仏教系宗教の教理本らしきものが送りつけられてきたので、開封せずに送り返したこともありました。

働き始めたばかりの頃は、先輩同僚の間で「かもめのジョナサン」の本の話がよく持ち上がっていたのを記憶しています。

かもめのジョナサンーウィキペディア

この本は、一言で言えば自己啓発本で、一見すると宗教とは違うもののように思うのですが、1970年にアメリカで出版当初はヒッピー文化とあいまって口コミで広がったそうです。

ヒッピー文化といえば、キリスト教文明に批判的で、新しいムーブメントや哲学や宗教、およびスピリチュアルな体験を求めたとされます。

そうしてニューエイジ・ムーブメントに繋がっては、日本では精神世界の名で広まったのちにスピリチュアルへと受け継がれていったというのです。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

このような流れを見ても、世界は常に悪魔崇拝者がキリスト教に反する行いをあらゆるムーブメントなどを持って繰り広げられてきたと言えます。LGBTも然り。

感が良い人はお気づきだと思いますが、大麻合法化の動きや、異常な動物愛護運動、環境問題の嘘などについても、悪魔崇拝者である世界に散らばったユダヤ人=上級国民=イルミナティによって仕掛けられて来ました。

私はRaptブログに出会うまで、健康ブームにはまっていて、マクロビを独学で勉強したことがありました。

マクロビは、ヴィーガンの前進的なものですが、ヴィーガンはどちらかというと動物愛護に対する感情が強く現れているのに対して、マクロビは、食べ物にも陰と陽があって、体を冷やす食べ物とあたためる食べ物があるという思想。

桜沢如一によって提唱された「食養+陰陽論」のことをマクロビと言って、それの元にある陰陽論思想もまたユダヤ人の作ったものでした。

その根底にある悪魔崇拝を広めるべく、マクロビがアメリカで普及していった時の最初の弟子がヒッピー達だったことも、偶然ではないでしょう。

「ジョン・レノン」や「ヨーコ・オノ」もマクロビ食を実践していたと言われていますし、「ビートルズ」は、この「東洋思想」に興味を持っては、インドまで出向いてヨガ・瞑想の修行を受けたりもしていました。

東洋思想は、自由と平等と博愛などの聞こえの良い言葉を捻じ曲げたカルト思想と共に、表立ってカルトだと分からないように、時におしゃれなイメージを加えては、有名人を使って宣伝して来ました。

このようにして人々をカルト思想に巻き込んで、本当の救いから遠ざけてきたわけです。

東洋思想が西洋に渡り逆輸入されることで日本でも流行る。菜食主義やヨガなどはその良い例だと思います。

「スティーブ・ジョブス」など多くの著名人が東洋思想に傾倒していたカラクリは、こういうことだったわけですね。

Raptブログに出会ってから、今まで自分で選択してきたつもりの健康法などの物事や考え方全てが、彼らユダヤ人によって仕組まれてきた洗脳工作であったことに気づきました。

そして健康法だけに限らず、あらゆる分野で行われて来た洗脳工作の共通点は、悪魔崇拝者によるキリスト教潰しに通づると言えます。人々から救いを隠して奪うなんて、これぞ最も悪なる洗脳です。

中でも日本人の私達は、唯一の救いであったキリスト教の存在を隠された社会の中で長いこと生活してきて、本当の意味での善悪の区別すら自分ではっきりつけられず、知らずのうちに悪魔崇拝の仕掛ける罠に引っかかっては、悪人の仕掛けた人生を進むべき道だと思わされてきました。

それと違うことをしたりして目立とうものなら、「出る杭は打たれる」…

そんな状況だから、悪魔崇拝者が作った自己啓発やスピリチュアルの本を読んでも救われないのは当然ですし、健康ブームに乗ってマクロビなどを実践しても、健康的な生活というより活力がなくなったような感覚を覚えたり、極め付けに有名陰謀論者の話を聞いては恐怖を煽られて、「この世の中に救いなどない」と絶望的な気持ちになっていくのです。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

そんな時に出会ったRaptブログで、私は悪魔崇拝について学びました。

悪魔崇拝という言葉を初めて目にした時には、そんなものがこの世に存在するのか?と疑うほど、私は宗教に対する知識を持ち合わせていませんでした。

が、悪人たちが悪魔を拝んで悪知恵を得て人の想像を絶する規模の悪事を働いていること、人々が救われない無宗教社会を作ってきたことが分かるようになってくると、悪人たちに悪魔がついているなら、私たちには神様がいるのではないか、ということが理解できるようになっていきました。

そして、この神様の存在こそが、悪魔崇拝者であるユダヤ人達がひたすら隠してきた人々の救いだったことをはっきりと気づくことができたのです。

まさかこのような壮大な歴史があったとは誰が想像することができたでしょうか?聖書に書かれているような壮大な歴史の中に生かされていた私たちという人間の存在は、決して過去の話ではなく、現在も続いていたわけです。

それに気付かずに生活してきたわけですから、それはそれは、理不尽なことがしょっちゅう起きては、分からないことが多すぎて苦しかったわけです。

真理の存在なしに、この世の中のカラクリや仕組みを理解しようと思っても、無駄な足掻きだったのです。

こんな壮大な歴史は、反逆者ユダヤ人によって、複雑にかつ密かに進められてきました。その悪事の数々を、誰もが分かるようにシンプルに解いてくれたのがRapt理論でした。

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

天皇家の闇関連記事

こんな誰も語ることのなかった真実を解き明かし、Rapt理論を組み立てて、誰もがわかるように書き上げたRaptさんのワザはまさに神業です。

Raptさんは、聖書を何度も読んでいたから、聖書に出てくるユダヤ人の特徴を熟知されており、そのユダヤ人の末裔の正体を暴いて世の中のカラクリを紐解いてこられました。

普通の人は、人々から救いを奪うというそんな悪なる発想が存在していたことすら知り得ないですし、ましてやそんな悪人がいるなどと疑う余地もなかったのではないでしょうか。

彼らユダヤ人は、人々から救いを奪いつつ、自分たちの奴隷のようにするためには手段を選ばず、今回のコロナパンデミックのような恐怖をでっち上げては、私たち庶民をどこまでも貶めようとしてきたのです。

そんな中でも、私は恐怖を感じることなく、むしろ心持ち穏やかに生活することができているのも、Raptさんの伝えてくださる神様の御言葉を聞いてきたから。

真理の御言葉は、これを聞いたことのない人には想像するのが難しいかもしれませんが、どこまでも現実的かつ具体的で、例えば、悪魔の思想に引っかかるないようにするためには、悪魔の手口にはどんなものがあるかと言ったことが分かるようになります。

そうすることで、誘惑に負けることがなくなって、悪魔の手口に引っかからないようにできます。

宗教は弱い人のものという悪人が作り上げた発想を持っている人もいまだ多いかもしれませんが、弱い人のものではなく、むしろ正しい道を見つけられる人のものだったのです。それが分かるとさらに強くなれます。

善良に生きてきた人ほど見つけやすいその正しい道は、悪人社会にどっぷり浸かって来た私たち人間には見つけることが出来なかったでしょう。

その真理に気づき、本当の世の中の成り立ち方を知り、誰も語ることができなかった奥深い話を、教授してくださるのがRaptさんなのです。

そのRaptさんが解いた世の中のカラクリをRaptブログから読めることも感謝ですが、さらにRaptさんが伝えてくださる神様の御言葉を聞けること、これがどれほどの奇跡か計り知れません。

真理の言葉を聞けば、悪人達の仕掛ける罠とその特徴を自分で見極めることができるようになります。

また、庶民の私達がどのように人生を生きるべきか、そしてどのようにして成功を手に入れていくべきか、それらの方法をRaptさんがご自身の経験を含めて分かりやすく説明してくださいます。

神様の存在を知ってからというもの、私も神様の存在を証しすることができる人間になれるようにともがく日々を送っています。

そうして、少しづつ神様から構想やひらめきをいただけるようになってきました。

実力はお金で買えない。真理の愛の言葉に従って、努力し成長することで備わるのが真の実力であることをRaptブログは教えてくれました。

この証を書いた1ヶ月ほど前は、特に今年に入ってからの御言葉に従って、Rapt理論を元にカナダの状況や自分の興味のある分野で記事を書いたり、ユーチューブで動画も作り始めたりして、とにかく夢中になって作業をしていました。

その結果、パソコン作業が続いて体がバリバリに硬くなっていて、肉的に偏った状態を露わにしました。

そんな時に私が投稿したあるツイートに対して、フォロワーの方から質問を受けました。

一瞬、疑われるようなことを書いてしまったかとヒヤッとして落ち込みそうになったのですが、そのことをきっかけに、私の今後の人生の方向転換にも関わる重大な悟りを得ることができました。

これについては、時が来たら証しできればと思っているのですが、この大きな悟りを得た時は、神様が力づけてくれるかのように感動が押し寄せてきました。

そのお陰で落ち込みそうになった気持ちが一気に吹き飛び、その悟りを元に進んでいけばいいのだと確信しました。

時を同じく聞いた過去の御言葉に、肉的に疲れたら、霊的に癒すと言った内容の話が出てきました。

また、霊的にも肉的にも、様々な実力をつける話が出てきました。そこには霊的に肉的にバランスを取るのもそうですが、体調管理と言ったことも含まれていました。

私は確実に運動不足でした。朝から晩までパソコン付けになって肉的に偏って、それ以外のことを全ておろそかにしていました。

それからは、もっと霊的に実力をつけようと聖書を読む時間を増やし、聖書にある神様の御言葉をより理解するために、Raptの最初の頃の有料記事を読むようになりました。

何事も継続できなければ意味がなくなってしまいますし、そこまで努力したことも無駄になってしまいかねません。

そうして霊的な行いに集中して挽回しようと思っているうちに(あと、また誤解されてしまうような内容を書いてしまったらどうしようという消極的な気持ちにもなっていたと思います)、今度はブログ記事を書く肉的な作業から遠ざかってしまいました。

すると、徐々に神様の存在が遠ざかって行くような感じがし、同時に、霊的な解放感が薄れて行くのを感じました。

これではいけない、バランスが必要だと気づいた頃に、読んだ下記の記事でさらに目が覚めました。

RAPT有料記事416(2019年10月28日)真の義人とは人の評価など気にせず、最後まで主の御心を成す人のことを言うのだ。

今回のコロナパンデミックで明らかになったように、悪人支配社会に加速がかかっています。

世界中のあちこちの都市でコロナを使った嘘で人々の恐怖を煽って、土地を略奪をしてはそこに「スマートシティ」なるコンピューター管理の世界を作ろうとしている悪人たち。

同時に今回のコロナ騒動は、多くの人が政府の対応のおかしさに気づくきっかけにもなっています。現に、多くの一般の人たちが、病院がガラガラだということを知ったり、テレビでは芸能人がコロナになっているのに、自分の周りにはかかっている人がいないことに違和感を感じたり。

そうやって次に出てくる人々の疑問は、悪人支配社会から解放されて、真の自由を手に入れるにはどうしたらいいのか?ということではないでしょうか。

その答えを私はRaptさんの伝えてくださる御言葉で見つけました。この「答えが見つかる」「分からなかったことが分かる」という体験ができることこそが御言葉を聞く醍醐味。

そして、奴隷社会から救わるためにも、人類が救われるためにも、悪人の滅びをお祈りしています。

そこで大事なのは、その祈りを神様に叶えてもらうためには、私達一人一人が真理を悟って、Raptさんを悟って、御言葉からたくさんの悟りを積み重ね、それを証していく必要があることにも気づきました。

今はそれを行う時です。

悪人達が長い間私たちに隠してきた神様の存在。神様は目には見えないけど確実にいらっしゃいます。

Raptさんが証してくださったように、目に見えないその偉大なる真理の存在を証しするには、自分の個性才能を磨いて行くようにと、その方法を具体的に御言葉を通して教えてくださいます。

1日2日でできるような簡単なものではありませんが、私はそこに生きる意味と希望を見つけました。

コロナパンデミックが露わにした人々の反応は、自分のことしか考えない人があまりにも多いこと。それを感じてはとても残念だと思いました。

そんなんでは、いつまで経っても悪人の支配から解放されることはありません。

私たちが、本当の自由を手に入れるためにもまずは、一人でも多くの人に私達には救いの道があったことを知って欲しいと思います。

そして、救いの道、確かな成功への道を御言葉からしっかりと学んで、まずは不安から解放されて、どこまでも正しい道を歩む努力をしていきたいものです。

悪人支配の世界では、正しく生きる純粋な人は成功するどころか、どこか格好悪いことのように思わされてきました。

しかし、そんな悪人思考から解放される時が来ました。

正しく生きる、またはその努力をして、確かな幸せを手に入れることほど、確かな生き方はありません。

そうして神様の愛を知って、自分の人生が良い方向へ確実に変わって行くことを実感してもらいたい。

たくさんの人が自分にもできるという希望を持って、有意義な人生を送れるようにと願ってやみません。

人を救いたい一心で神様と共に歩まれてきたRaptさんの人生から、そのRaptさん伝えてくださる神様の御言葉から、正しい道を学んで、多くの人々が栄える本当の平和な社会が作られる日が来る日を信じて。

BLOG BY RAPT

コロナパンデミック騒動の中でも慌てることなく、穏やかな気持ちで生活できるのもRaptブログのおかげです。

 

コロナパンデミック騒動で、世の中は目に見えない恐怖に包まれていると言えるでしょうか?

カナダでも、先が見えないこの状況を不安に思いながら、かろうじて人々は生活しているという感じがあります。

インフルエンザが流行していてもマスクをする人を見かける機会はほとんどありませんでしたが、連日のマスコミによるコロナウィルスの恐怖を煽る報道の成果あってか、多くの人がマスクや、バンダナ、スカーフなどを口の周りに巻きつけて、スーパーで買い物するようになりました。

さらに、人と人の距離を保つ(ソーシャル・ディスタンス)という意味で、レジに並ぶにも距離を取るべく待機する場所にそれぞれ印がつけられるようにもなりました。

また、レジで働く人と買い物客の間を区切るのに、大きな透明のガラス板が設置されるようになりました。


私が住むオンタリオ州では、学校は5月まで閉鎖、公共のイベントは6月30日まで全て中止になりました。

人づてに聞いた話では、ある人が仕事に出かけようと運転していたら警察に止められて、「どこに行くんだ?」と聞かれ、「仕事に行きます。」と答えたところ、「家に帰りなさい。」と言われてしまったり。

多くの人が在宅勤務をしては、終日家族とベッタリ過ごすことにもストレスを感じたり、窓から外を見渡せば、閑散とした様子にこれまた不安感にかられるようです。

私は田舎に住んでいるので、窓から見渡す外の風景に変わりがなく、無駄に不安を煽られることもないのですが、食材を買いに出かければ入場制限している店などもあって、人が外にずらっ〜と並んでるのを見ては、入場制限しなくていいスーパーに行くといった生活をしています。

日本にいる友人にたまにカナダのコロナパンデミックの様子を聞かれて簡単に説明すると、カナダすごいね、日本に帰ってきたら?と言われれたりしています。

ここ最近は、毎日のように領事館やら外務省からメールがきています。昨日領事館から来たメールには、ワーキングホリデーや短期ビザでカナダに滞在している人へ、自分で帰国できる資金があるうちに、日本への帰国を視野に入れた行動をするように呼びかけられていました。

とは言え、トロントから羽田空港直行便は4月末までキャンセルになっているので、帰国するにも運行されている経路や航空会社を探すのもちょっと手間がかかりそうです。

そんな状況の中、これらの動きを観察しながらも、不安にかられることもなく生活できている私。それもこれもRaptブログで世の中のカラクリについて学んでいたからなんです。

昨年初夏にRaptブログを知ってから、当時健康ブームにまんまとハマっていた私はその分野の記事から読み始め、気づいたら興味のなかった政治のこと、宗教のこと、本など読んでいたスピリチュアルのことなど、私たちが生活して来た社会には様々な罠が仕掛けられていたことを知りました。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

健康ブームにしても、スピリチュアルや自己啓発にしても、その背後にはカルト宗教思想がありました。

宗教アレルギーだと思っていたのに、知らずのうちにカルト宗教思想に誘導されて、あちら側の罠にハマりそうになっていたと気づいたときは、今までよく分からなかったことの理由が分かりそうな気がしてスッキリしました。

カルト宗教思想というのは、どこまでも意味がわかりにくく、嘘をそれらしく理論的に説明しようとしては、複雑に語られている傾向があるのですが、私がハマった健康ブームのように、ハマっている時にはそれに気づかず、複雑に語られていると感じるのは、自分の知識不足のためだと錯覚していたのです。

そんなカルト宗教思想は、「大本教」・「生長の家」によって、ヤクザ政府によって、様々な形で推進活動が行われて来ました。

ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。

私は、ヴィーガンの全身的存在のマクロビを数ヶ月試したことがあって、砂糖がダメとか、玄米が良いとかっていうマクロビの教えを独学で学んでいました。

それを学んでいても、表向きには宗教の名前など出てこないので、まさか宗教の中でもカルトの思想が背後にあったとは、本当に驚きでした。

Raptブログを読んで初めて「大本教」・「生長の家」などのカルト宗教団体を知った私。他の健康ブーム系のブログでは語られることがなかったカルト思想…。むしろ、ヴィーガンとか、オーガニックなどのオシャレに演出されていたイメージ洗脳に引っかかていました。

この宗教団体を抜きに世の中を見ていたから、見えないこと=分からないこと=辻褄の合わないことがあったんだということが、Raptブログによって分かるようになり、これはとても大きい発見でした。

カルト宗教団体「生長の家」は「凶悪犯罪」・「詐欺」の巣窟です。

大本教のウェブサイトは、世界共通言語とされるエスペラント語でも閲覧することができます。このエスペラント語は、ユダヤ人によって作られた人工言語です。

元号が「令和」になった時も、この言葉をエスペラント語にするとなんとも卑猥な言葉であることが、知る人の間では話題になりました。

エスペラント語を話す人たちは、例によってあちら側の人間です。あちら側とは、上級国民=イルミナティ=ユダヤ人のことです。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

彼らイルミナティは、なんと本気で悪魔(サタン)を拝んでいました。

サタンとは、そう、聖書に出てくるあのサタンです。

嘘のような本当の話、彼らユダヤ人は聖書を理解し、聖書にある神様の御言葉の逆手をとって神に反逆し、悪魔に仕え、今の支配体制を築いて来たというのです。

私たち日本人が聖書の知識をほとんど持ち合わせていないのも、彼らによって意図的に遠ざけられて来たから。

だから、私たちはいきなり悪魔を崇拝している人たちが社会の仕組みを作って来たなどと言われても、信じない人がほとんどでしょうが、彼らが目指して来たことを理解すると、誰も否定することができないでしょう。

意外な真実!「大本教」の最終目的は、完全に救いのない「無宗教」の世界をつくることです。

彼らは、人々の救いの言葉が聖書にあることを知っていて、私たちが聖書を学ばないように遠ざけ、そうすることで完全に救いのない無宗教の世界を作ろうとして来たのです。

私たち日本人の多くが宗教アレルギーなのも、彼らの洗脳作戦にまんまと引っかかって来た証拠。

私も、正しい善なる宗教と、悪なるカルト宗教があったことを知ろうともせず、宗教いっしょくたにして「悪」だと思っていましたが、それこそが彼ら極悪人の思う壺でした。

本物の宗教は人の徳を高めますが、カルトは人の徳を貶めます。しかし、なぜかこの世にはカルトに入って活躍し、光り輝く人がいます。

今回のコロナパンデミック騒動も、イルミナティの仕掛けた罠。

マスコミや芸能人が嘘ばかりつくこのご時世、私たち庶民は、彼らの煽り作戦を知って、それに振り回されないようにしなければなりません。

コロナパンデミックのせいで、良くも悪くも自宅で過ごす時間が多い今こそ、Raptブログで世の中のカラクリを学んでみる良い機会だと思います。

Raptブログでは、様々な不可解な事件、事故を始め、イルミナティが行って来た悪事を理路整然と解いています。

この真実を抜きに、人生をいくら設計しても上手くいきませんし、むしろイルミナティ政府や彼らの仲間のビジネスが仕掛ける彼らの金儲けビジネスに無駄に加担させられたりして、大切な時間やお金をも失うことになりかねません。

この真実が分かるだけでもスッキリしますが、さらに有料記事を読めば、私たち凡人がどのようにすれば幸福な人生を手にすることができるか、自分を成長させて本物の実力をつける方法までも学ぶことができます。

もっと早く知っておきたかったRaptブログ。

誰も教えてくれなかった、真理の言葉が聞ける唯一のオアシスです。

知らないうちに渇ききった私たちの心に、潤いを与えてくれる言葉が詰まっています。

BLOG BY RAPT

© 2021 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑