Month: September 2020

ただほど怖いものはない⁈カナダのフリーヘルスケア制度と中国共産 (創価)化の関係

 

カナダに移民する道を選んだ私。

いちばんの理由はなんだったろうか?と考えてみると、日本での仕事ばかりの生活に疲れて、逃げ出すように来てしまった…

そんな計画性のない無茶な理由で移民を目指す人は、どれだけいるかは不明ですが、カナダに移民してくる人の多くは、「フリーヘルスケア」を目当てに来ていると言われています。

そう、一部の薬代などを除いて、病院代が無料なのです。

ともすると、その昔知り合いだった人も言ってたように、病院代がただなんだから、大したことなくても子供を病院に連れて行かなきゃ損らしいそうです。

私は、昔から病院嫌い。

大人になってから花粉症に悩まされて、皮膚に塗るかゆみ止めをもらうために皮膚科に行ったり、仕事でストレスが溜まっていた時に食べた物に当たって、当時住んでいたところの近所の町医者に行ったくらい。

歯医者と眼医者は必要に応じて行っていたので、カナダのフリーヘルスケア制度でカバーされないのは残念ですが。

タダだからか、こちらの病院で特に緊急病棟はいつも激混みで、数時間以上待たされるのはザラのようです。

が、今年は、コロナ騒動が起きてから、いつも混んでいる病院も、いっ時はガラガラだったようで…

コロナに感染するのを恐れて病院に行くのを避けているか?

それとも、無駄に病院に通ってコロナ感染者扱いを受けたくないからか?

ロックダウンなどが行われていた頃、オンタリオ州にある病院Markham Stouffville Hospitalでは、コロナ(COVID-19)感染患者の呼吸器が取れたことを祝って、集中治療室で働く医者や看護師たちが、ダンスを踊っている様子を映した動画がSNSで出回っていました。


テレビやネット上でコロナの恐怖を煽っている割には、この映像からその危機感は全く伝わってきませんね。

中国・武漢で始まったと言われているコロナパンデミックは、アメリカのトランプ大統領にも「チャイナウィルス」などと呼ばれていますが、なんと、創価学会が引き起こした茶番劇であることがラプト理論で明らかになりました。

厳密に言えば、大本教・出口王仁三郎のコロナ計画を、今の時代に実行したのが創価学会ということです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

池田大作は、元々は、大本教分派の生長の家の信者だったそうで、なんと中国人でした。

なぜ政府やマスコミは、このようにコロナ禍を捏造したのでしょうか?

その主な理由は上記動画にあるように、企業や土地の強奪をして、コンピューター管理のスマートシティの建設がありました。

スマートシティ建設は、原発事故のあった福島ではすでに開発が進んでいるようです。

あれ、原発や放射能って危ないんじゃなかった?って感じですよね?

そう、コロナ茶番と似たようなことが、原発でも行われていたんです。ただの風邪のコロナや、存在しない原発・放射能で恐怖を煽って人々を追い出しては、安く土地やビジネスを買い上げてきたのです。

【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

そのほかには、ワクチン接種の強制や、李家などユダヤ人の移民があります。

【麻生太郎と安倍晋三はユダヤの末裔!!】水面下で進むユダヤ人日本移住計画

「チャイナウィルス」の背後にはまさしく中国人=李家(イルミナティ13血流の一つ)の存在があったのです。

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家。)

カナダや世界のあちこちに中国人移民が増えている理由にも、繋がってくると言えます。

李家の安倍晋三も、辞任後はカナダかドバイに行きたいなどと言っていましたが、それもこのユダヤ人つながりのコネがあったからでしょうね。

カナダが中国・共産国のようだと感じている人がいるのも、納得です。

創価学会の存在は、世界は192カ国以上と言われ、カナダにもトロントにあるナショナルオフィスを始め、主要都市にはその活動拠点があります。

創価学会は、仏教がベースにありますが、仏教もヒンドゥー教も共に「サナト・クマーラ」という悪魔を拝んでいます。

池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

ちなみに「サナト・クマーラ」の仏教名は、「梵天」。ヒンドゥー教の釈迦も悪魔崇拝者でした。

やはり「釈迦」は紛れもない悪魔崇拝者でした。その確固たる証拠をお見せします。

カナダのトルドー首相が、親中家として知られているのも、悪魔崇拝つながりでしょう。

現に彼の母はフラワーチルドレン(ヒッピー)でした。ヒッピーと言えば、平和を求めるとしながらやっていることは、フェミニズム運動やら、ドラッグで覚醒やら、フリーセックスなど。

RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

フェミニズムのトルドーが、首相になる前に掲げていた項目でもっとも注目を浴びたのが「大麻の合法化」。2018年10月に大麻が合法化されました。

また、トルドー首相は、「LGBT」のプライドパレードにも積極的に参加するほど、その思想を応援。

悪魔崇拝思想がこのようにして、見事に繋がってしまいます。そしてその創価思想が、ゆとり教育へと繋がっていったのでしょう。

ゆとり教育が浸透しているカナダ。中国共産化していると言われるカナダ。共に、カナダでの創価学会(=李家)の力が強くなっていることを表していると言えそうです。

RAPT×読者対談〈第109弾〉カナダは次の秦氏=ロスチャイルドの拠点となる。

コロナ騒動で、世界征服を目論む悪魔教・創価学会。

悪魔を拝んでいるからこそ、私たちの想像を絶する悪の数々を起こすことができるんでしょう。

そんな悪魔を拝む人々が世界の政治やマスコミを操っているのですから、カナダのフリーヘルスケア制度もかなり微妙ですね。

「ただほど怖いものはない」とは、よく言ったものです。

#カナダ移民 #カナダ移住 #カナダ留学 #ヘルスケア #コロナの影響 #ただほど怖いものはない # #theway #oneway #blusky #wildflowers #countrysidephotography

女の幸せとは〜与えられた個性才能を知って、開花させること。

 

所々、紅葉が見られるようになりました。

季節の変わり目に加えて、時代の変わり目を感じる頃。

今まで常識とされてきた物事が覆される、変化の時が訪れています。

従来の社会の常識に従って、引かれたレールを歩んできた人生から、個々に与えられた個性や才能を生かして、実力をつける人生を歩む時代に入りました。

私たち人間は、それぞれみんなに個性や才能が与えられていました。

でも、どれだけの人が自分の個性や才能について、真剣に考え求めてきたでしょうか?

誰しも幼い頃は、将来何になりたいか考えては夢見たことがあっても、大人になるにつれていつの間にか、学校教育や社会で一般的とされているように、良い大学に行って、大企業に就職すること=安定した成功かのように、夢が作られた現実へと変わってしまったのではないでしょうか?

もしくは女性なら、大企業に勤めている男性と結婚して、子供を産むこと=女の幸せであるかのように錯覚してきたのではないでしょうか?

せっかく個性や才能が与えられていたというのに、それを探し求めたり、それで実力をつけたりすることもなく…

私は、こんなみんな同じような考え方をする社会にいつも疑問を抱いていました。

特に、結婚して子供産むことについては、一般的であっても、不思議で仕方がありませんでした。

なんで、子供が欲しいかも分からないのに、子供を産んでいないと友人や親戚からも不思議がられたり、幸せを逃しているかのように言われたりしなきゃいけないのか。

「子供を産むことを前向きに考えてみて」と叔母に言われたこともありましたが、私にとっての幸せの定義とは違うような気がするのにな、、、そう思っていました。

そんな「一般的」な思想を作り上げて、マスコミを通してあらゆる分野で洗脳してきた人達がいた…

ということをラプト理論で知ってから、私たちが生活してきた社会は、どこまでも本来の世の法則に反したやり方で、本質を見失うように仕組まれてきたことに気づかされました。

それを知った時は、それはそれは衝撃でしたが、私が抱いてきた社会への疑問や感じた矛盾について、みるみると明らかになっていきました。

ラプトブログが示してくれた真理の存在。

その本来あるべき世界において、私たち人間の幸せとは、与えられた個性才能を探し求めて、そこで実力をつけることに成功への秘訣がありました。

それを知らずに過ごしてきた、嘘で固められた常識に囚われた生活。

そこから解放されるときがきた、それを実感し始めては、希望が湧いてきます。

子供がいない人にも、いる人にも、届けたい。

現代を生きる私たちに与えられた最高の贈り物。

BLOG by RAPT

RAPT有料記事139(2017年1月21日)自分の中に眠っている個性と才能を開花させてこそ、真の救いが完成する。

#紅葉 #季節の変わり目 #時代の変わり目 #青空 #快晴 #子供のいない人生 #未婚 #幸せとは #秋の空 #change #colourchange #fallishere #autumnishere #bluesky #colouredtrees #country

「引かれたレール」を作った悪魔教・創価の存在に気づけば見えてくる真理の法則=「幸せへの道」

 

ふと、人生を振り返ってみる。

私は、いったいどこに向かって走ってきたのだろう?

ごく普通の家庭に生まれ育って、学校に行って、働いて、疲れて、移住した。

これまでの40年強の人生を振り返ると、心の中から不安が無い日よりも、何かしらの心配事を抱えて暮らした日の方が圧倒的に多かったなと。

記憶を辿ってみれば、小学校2年から卒業するまでは、在日の男子にいじめられ続けたし(先生は助けてくれなかった)、

中学に入って、生徒数もクラスも増えて、その男子から離れることができたけど、常に何かが心配だった。

放課後に部活をして体を動かしているときだけが、不安感や心配事から解放されたけれど…

そんな状態や環境で学ぼうものなら、集中することなんてできず、中間や期末テストのたびに、静まる時間帯を求めて、夜遅くまで起きてみても、学ぶ(暗記する)どころか、教科書を読んでは眠気が襲って、金縛りにあるのがオチ。

高校に入ってからも、いじめに遭うことはなかったけど、学校の先生の個々の生徒に対する対応や、部活生活から感じた様々な不公平感。

思い起こせば、随分と暗い10代の生活だったけど、海外に住む親戚から帰国するときにもらった、お土産の絵本やお菓子のパッケージデザインに惹かれて、いつしか海外に行きたいということが明るい夢になっていった。

そうして英語の勉強と面接だけでいける推薦枠で、短大の英文科に入ってみた。

高校までずっと共学の環境に身を置いていた私は、短大に入って女子ばかりの環境にしばらく馴染めず…

(共学だからといって、会話するのはいつも女子の友人達だけだったけど)

女子しかいない環境から作られる雰囲気は、なんとも殺伐としたと記憶している。

そんな短大で、英語の勉強をした訳だけど、、、気づけば、次のステップはみんな普通に就職すること。

バブル経済が崩壊した時と同じくして私の就職活動は始まった。

履歴書は、手書きで軽く100通は書いたけど…

世間では就職難が始まっていた頃。

なんとか世間一般でいう入社時期前までには就職先が決まったものの…短大卒の女子は、働き始めて3年くらいの間に、会社で旦那を探して結婚するみたいな風潮が少なからずあって、人の人生って、ずいぶん限られた中で生きなきゃいけないんだなって不思議だった。

勉強して、短大なり大学なり行って、そこで結婚相手を見つけて、男性はそこで一生働いて出世することが次の目標になって、女性は子供を持って家庭に入るみたいな。

何に向かって人生走ってきたんだろう?

そんなある意味単純な質問の答えすら持たずに、周りと同じように生きようとしたところで、幸福感は湧かないし、もちろん不安や心配が心から消えることはなかった。

日本にいた時の私は、結婚することなく、何度と転職を繰り返しては、常に新しいことを求めていた気がする。

とは言え、社会に出て働くという限られた中で。

20代後半からは、残業続きで、タクシー帰りの日々を過ごした。

それでも仕事が終わらない気がしては、休日出勤したり。

周りからは、そんなに働いてばかりいないで、結婚相手を見つけて子供を産んで家庭に入った方が良いよ、と何度と言われた。

何に向かって走っていたんだろう?

残業と周りからのプレッシャー、先が見えなくなって、海外移住が次の夢に。

振り返ってみれば、私の人生選択って、一般的な女性の人生を歩むことに疑問を抱えるばかりに、その環境から逃げ出してしまった感じ。

逃げ出した後でラプトブログに出会って気づいたことはこちら→(海外移住しても救われない。自分が変われば、どこにいても幸福でいられる。

そうして今もカナダにいるわけですが、、、

ある時、カナダ移民してきた中国人に対する冗談を聞いた。

「中国という共産主義国から逃げ出してカナダに来てみたものの、現状は、もう一つの共産主義国に移動したにすぎないね。」

これを聞いた当時の私の心境は、かなり微妙…日本から逃げるようにして移民してきた先が共産主義国の手が伸びていたところだった!とは。

その現実を理解するようになるまでには数年かかったけど、ほとんどの移民者にとってカナダはイメージの良い国。

だから、カナダを共産主義国呼ばわりするような移住者はいないし、カナダで生まれ育った人の多くは、カナダは先進国だと思って疑わないから、気を悪くするかもしれない訳で…

そして世界的に起こっているコロナ騒動。

それを引き起こした犯人がなんと創価学会だったという衝撃的な事実がラプト理論で明らかになってからと言うもの、現代社会で常識とされていることも元を辿れば、創価の根底にある大本教の宗教思想だったとは。

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

さらに、池田大作はなんと中国人で、コロナで来年に延期された東京オリンピックは、創価学会と中国共産党の祭典だったと言う…


中国共産主義や、創価学会などのカルト宗教とは無関係に生きてきたつもりの自分の人生が、なんと、その思想にどっぷり使って生きてきた(「無宗教」というカルト思想から解放されて、心の平安を得ることができるようになりました。)ということが分かって、

私の人生で経験してきた不公平感や不条理、一般的とされていることへの疑問、常につきまとってきた不安や心配の原因こそが、創価学会に繋がったという…

言葉を失いますね。

日本にいた時から、そして今ではカナダでも、そして世界中どこにいても、多かれ少なかれ、私たちは彼らの嘘で作られた罠の中で生かされてきたのです。

だから、その思想の元に作られた常識の中で、幸せになろうと思ってもがいては、やれ健康ブーム、やれスピリチュアル、やれヨガだ、、、と、彼らの金儲け話に足を突っ込んでしまうようになっているのが、厳しい現実でした。

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

とはいえ、世の中には社会の仕組みになんの疑問をもたない人もいるので、そういう人たちにとっては、世の中は不公平なものとして受け入れては、真実を追求することの方が怖いことなのかもしれません。

今回、コロナをきっかけに、コンピュータ管理の社会「スマートシティ」を世界的に作ろうとしているのが、大本教の計画を実行に移した創価学会であることがラプト理論で暴かれました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

これまでにも、この世の中のカラクリを様々な事件・事故を通して真相を追及してきたラプトブログ

世の中には、今こそたくさんのユーチューバーやブロガーなどが、それぞれの政治的立場を持って、真実を知るべきだ、覚醒しろなどと言っていますが、そこには、嘘も本当も混ぜこぜに語られているものが多く、人々は混乱させられるばかり。

今回ラプト理論で分かったこと、GoogleもYouTubeも創価関連企業だということ一つとっても然り。

Googleのサーチエンジンは、創価の悪事がバレるような記事は、検索に上がってこないように仕組まれていました。

そんな、この世の誰も暴けなかった複雑に入り組んだ社会のシステムとそのカラクリを、シンプルに解いてくれたのがラプトブログ。

そこから、過去に起きた事件・事故をはじめ、世の中のカラクリを知ると、嘘のような本当の話、彼らは悪魔を本気で拝んでいたことに繋がるのです。

創価学会のようなカルト宗教思想というのは、まさに、悪魔の思想な訳なのです。

池田大作と上行菩薩と日蓮聖人と法華経とサナト・クマーラと鞍馬山の関係。創価学会が悪魔教であるという歴然たる証拠。

このような壮大な話が隠されてきたと知った今、自分の人生を振り返ってみると恐ろしくなります。

ラプト理論を知らずに、あのままカルト思想が作った世の中の常識に従って、その思想をもとに作られた社会システムの中で、「引かれたレール」に乗るだけの人生を歩んでいたなら、、、それは、ただの生き地獄。

だから、不安や心配が付き纏うのが当たり前だった訳です。

不安や心配が付き纏うのが当たり前の人生なんて、本来は、当たり前じゃないのです。

だから今こそ、常識とされてきたことを破壊するとき。

その方法もラプトブログにあります。

世の中のルールに従っても幸せになれない原因は、この世の中に存在する目に見えない法則があることを理解できなかったからにほかならないのです。

その法則こそが真理であり、人々が抱える不安・心配から解放されて幸せに生きるための原因でした。

人間がロボットのように扱われるような奴隷社会から抜け出し、本来の人間らしく生きられる自由を勝ち取ってほしい、そう願って止みません。

RAPT有料記事491(2020年8月22日)自分の評価も他人の評価も全く何の意味もない。ただ主が評価した通りに、あなたの運命が決まるからだ。

恋人を作っても幸せになれない理由は、物事が起こる本当の原因に対して無知だったからでした。

 

今日は終日20度以下で、肌寒い1日でした。

寒くなってくると、人肌恋しいなんていう表現をチラホラ聞いたりします。

世間一般には、人肌恋しいと言えば、恋人を作りたいと言った心境にさせられるのかもしれませんね。

私も昔は、そう言う周りの雰囲気から変なプレッシャーを感じていた気がします。

でもそんな理由で彼氏を作ったところで、虚しいだけでした。

彼氏がいれば人肌恋しく思う必要もないはずなのに、かえってその存在を煩わしく思ったりもしたものです。

世間でまかり通っているいわゆる常識と、自分の心が感じることのギャップ。

その意味がずっと分かりませんでしたが、去年出会ったラプトブログでその答えを見つけることができました。

そして、本当の意味での愛が何かを知って、人肌なんて全然恋しく無くなりました。

私は、仕事ばかりしていた時、それこそ秋が終わって冬に差し掛かろうと言う頃に、好きかどうかもわからない人と付き合ってしまったことがありました。

人肌恋しさを満たそうとしたものの、返って面倒くさい思いをする羽目に。

また、別の人と付き合っていた時、一緒に何をやっても上手くことが運ぶことがありませんでした。

むしろ、何をするにもいちいち無駄な作業が発生したり、心配事が生じたり。

一緒にどこかへ出かけたりすれば、その時はそれなりに楽しいと思うこともありましたが、特に付き合い始めた最初の頃、普通に運転していても何度も何度も警察に止められたり

私一人で運転している時は、スピード違反とかの理由なしに警察に止められることはないし、幸いにも一度も止められたことがないのに。

私の運転が上手い訳では決してありませんし、むしろ彼の方が運転能力に長けていました。

それなのになんでかな?と思いながらも、彼氏はいないよりいた方が良い気がしていたし(体裁的にも)、付き合っていれば情も湧いてきます。

で、情が湧いてくると今度はその情が足かせになって、判断力が鈍っては本質を見失い、そうして、様々な心配事で頭がいっぱいになったり、物事が複雑になったりしてきたんですよね。

そんなことを考えることもなく、ある意味惰性的に人とつきあている人って、案外多いのではないでしょうか?

さらに人の考えというのは、複雑になった社会を映し出すかのように、コロコロ変わったり、一貫性がなかったり、矛盾していたり、偏っていたり。

だから、意見が食い違って簡単に別れては、その理由を深く追求することもなく、次の人に移っていく

私も世の中の常識の中で生きてきたときは、そうでした。

だから、誰と付き合おうとも、根本的なことを学ばないままなので、同じ間違えを繰り返してしまっていました。

ラプトブログで物事が起こる本当の原因を知ってから当時を振り返ると、なんと虚しいことに、時間やエネルギーを消耗されてきたのだろうと思いました。

これほど、世の中で常識とされていることは、人々が幸せになるために必要な物事の本質から、とことん私たちを引き離すものだったのです。

日々の生活の中で起こる困難の数々、取るに足りないように見える小さいことも、誰が見ても分かるような大きな災いも、そこには起こる原因とその法則が存在していたのです。

それを知らずに、世の中で常識とされていること(=間違った情報)で作られてしまった自分の考えで、人生の選択をしてきてしまった、、、という

彼氏を作る=幸せの道、であるかのように思わされてきたことも同様に、その情報・認識をもとに彼氏を作ったところで幸せになったような気持ちになるのも束の間。

むしろ、彼氏を作るために(作った後も)、無駄なところにお金を使ったり、時間も労力をも消耗してきたのです。

これが意味することはつまり、私たちは、幸せに生きるための法則とはかけ離れた人生を歩んできた、ということ。

その法則は、いつの時代も悪人によって隠され続けては、彼らが儲けるように、さらには、人々から真実を遠ざけるように仕組まれてきたという、想像を絶することが行われてきたのです。

だから、どんな有名人も、世界の要人と言われる人たちも、必死で真実を人々から隠してきました。

そんな誰も教えてくれなかった揺るがない真実の話が書かれているのが、ラプトブログなのです。

この世の中のカラクリを解きながら、真実の法則について分かりやすく、興味深く伝えてくれる記事がたくさん詰まっています。

真実の法則こそが、すべての物事が起こる原因であること、それを知ることを皮切りに、人々の身に起こるいいことも悪いことも、すべてはそこに通じていることを教えてくれています。

幸せな人生とは、心に常に平安がある状態。不安や心配事さえなければ、どんだけ人生は生きやすいでしょうか?

お金を稼いでも人は幸せになれないのと同様に、物質的なことに囚われず、物事の本質を見極めることが第一優先されるべき。

私は、ラプトブログに出会うまで、テレビは見なくなっていたものの、ネット上に溢れる情報に翻弄されていた時期がありました。

あふれる情報に惑わされた日々からRaptブログは解放してくれた。やっと出会えた人生の生き抜き方

あの専門家はこう言うけど、別の専門家はああ言う。時に、同じテーマの話でも全く正反対の話をしているかと思えば、それぞれの金儲けになる方の意見をただ支持しているだけという…

お金儲けに絡む彼らの内部争いが見え隠れした時点で、どちらも正しくないんだろうと思うしかありませんでした。

そんな世の中に溢れる矛盾すら、ラプトブログを読んでみれば、頭の中が整理整頓されていき、不思議と世の中で起きていることを俯瞰できるようになります。色々なことが分かるようになっていきます。

そして、分かることが増えていくと、心配事はどんどん減っていくとういことが体感できるようになります。

今までの私は、分からないことが多いから情報に踊らされたり、心配事が常に付き纏ったりしてきたんだということが、今でははっきりと分かります。

最初は、この世の中で常識とされてきたことと、ラプトブログに書かれている真実があまりにもかけ離れていて衝撃を受けましたが、ものすごく理にかなっていました。

この世の「常識」は「真実」から遠くかけ離れている。

そして、ラプトブログの一般記事で世の中のカラクリをある程度学んだ後、有料記事にある御言葉を学んで従っていくと、人生が良い方向に向かっていくことを体感することができるようになりました。

時に、私個人で悩んでいることへの答えがふと浮かんでは、その閃いたキーワードやアイデアについて調べてみると、自分では想像もつかなかった視点を持って、ある物事が分かるようになることを経験しました(これについては別途証したいと思っています)。

私は、社会の中で当たり前のように蔓延っている不公平感や不条理なことが疑問でなりませんでした。

悪人が悪いことをしても、それで咎められることがない不公平な世界

そんな、世の中の不公平・不条理、また疑問に対する答えを、やっと見つけることができました。

今では、ラプトブログを読んで、社会の仕組みやカラクリを理解するだけに留まらず、その社会の中で、どのように人生を歩んでいくか、そうしてその言葉に忠実に歩んでいけば、希望に満たされた気持ちで毎日生活することができるということを実感できるようになりました。

人は正しい言葉(情報)によって初めて、様々なしがらみから解放されることも身をもって知ることもできるようになって、世の中は、不公平なもの、、、そうやって諦めて受け入れるしかないように思われた人生から、一転しました。

この世の中の原理はどこまでも公平な世界でした。自分が考えたり、行ったことによって人生が決まるし、どんな経験も無駄にならないのです。

このことを知れた時の感動は計り知れまん。

世の中にある矛盾や不条理を感じていたら、ぜひ一度ラプトブログをのぞいてみてください。たくさんの疑問に関する答えが詰まっています。

BLOG BY RAPT

【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

 

RAPT有料記事247(201823日)愛の根源は主だけであり、主の愛を受けた者しか真実の愛を知ることができない。

© 2020 GINGER SPICE

Theme by Anders NorenUp ↑