不景気が続くと、仕事を失った人や、いつ仕事を失うか分からない人が、会社に頼らずに働く方法を探したり、将来に漠然と不安を持っている人が、自分でビジネスができないものかと、様々なお金を稼ぐ方法を考えます。

とはいえ、自分で一からビジネスをするとなると、どこから始めればいいのか分からなかったり、色々と調べているうちに挫折してしまったりすることも多々あります。

そんな中、簡単にビジネスオーナーになれるという謳い文句の「フランチャイズ・ビジネス」に興味を持つ人もいます。

私はカナダに来る前は、会社で働く方法しか知らず、自分でビジネスを持つことなど考えたことはありませんでした。

ですが、親の病気をきっかけに、会社で働く方法以外で稼げた方が良い状況になって、自分でできる稼ぐ方法を考えるようになりました。

そして、お金をかけずに始められる方法を探して、ブログを書くことを始めました。

ブログを書いてグーグルアドセンス広告収入を狙ったお小遣い稼ぎや、アフィリエイトマーケティングを学んで実践したものの、思うように稼げず…

そして、ある時友人の手伝いで参加したフランチャイズ・ショーで、ネットワークビジネス(MLM)に出会いました。

フランチャイズ・ショーで、ネットワークビジネス?と不思議に思う人もいると思いますが、仕組みが少し似ているんです。

フランチャイズ(FC)には、フランチャイザー(マクドナルドなどの企業)の店舗拡大したい側と、フランチャイジー(事業主になりたい個人など)の両者がいて成り立ちます。

フランチャイザーは、確立したブランド名・オペレーションを提供して、他の人(フランチャイジー)に投資してもらって店舗拡大を目指します。

フランチャイジーは、その名前とオペレーションを使ってお店を運営する権利や、お店を作る工事費などの費用を投資して、実際の店舗を管理運用します。

北米では一般的に、フランチャイジーは、数百万円ほどのフランチャイズ費用をフランチャイザーに支払って、会社からビジネスする権利を買い、チェーン店の展開・運営をします。

ネットワークビジネス(アムウェイなど)も似たように、会員登録費(フランチャイズ費用に当たる)を支払って、ビジネスをする権利を買いますが、その初期投資金額は多くの場合1万円前後と、フランチャイズに比べたら少ない金額で始められるのが売りです。

またフランチャイズを買った場合は、多くの場合、店の工事が必要になってきますが、この工事費用が、フランチャイズを始める際にかかる費用の中でも高額な部分です。

その点、ネットワークビジネスはお店を作る必要がないので、毎月その会社の製品を購入し続けるだけの費用負担が少ない分、簡単にビジネスが始められるという風に説明されては、なるほどと思うわけです。

過剰な健康ブームにはまっていた当時の私は、ある自然派化粧品のMLM会社の商品に目がいきました。

また、一人でブログを書いてもうまくいかない…と、孤独感が付きまとっていた時期でもあったので、MLMは、そんな当時の私の状況にうまいことはまったように感じました。

分かり合える友達探しをした結果、孤独こそが真の信頼関係を結んで成長できる道であることに気づく

そうしてMLMを始めてアップラインに報酬プランなどを教わったものの、いまいち理解できず、なぜこんなに複雑にしなければいけないか?不思議に思いました。

ロイヤルティーの発生の仕方なども合わせると、一見して、色々なところからお金が入る印象を受けたりするのですが、よくよく考えてみれば、かなりまやかしな感じです。

それでも中には、私のアップラインだった人のように、「これしかない!」とその意気込みでベンツを乗れるレベルにまで達した人も、少なくても存在します。

ですが、私は、友達100人リストを作ったりするやり方がどうも引っかかって、その後インターネットを活用するやり方のMLMにすぐ変更したものの、やはり複雑な報酬プランのあり方に違和感を感じて、結局は、商品をしばらく購入するだけで、そのうちそれすら完全に辞めてしまいました。

今回のフランチャイズ・ショーでも、改めて気になったことが、フランチャイザーの収入源であるロイヤルティー(権利収入)についてでした。

その昔、ファッションの分野で、ロイヤルティービジネスをしている会社で働いたことがあって、その時の経験を思い出しても、MLMの話で出てくる権利収入の考え方をとっても、なんとなくスッキリしない感が残っていました。

このロイヤルティー(権利収入)とは、家賃や印税のように「継続的に生まれる収入」のことをいいます。一部の人が持つ特権のような感じですが、果たしてどこまでエシカル(道徳的)なものでしょうか?

確かに、フランチャイズを提供する側も、トレーニングチームを準備したり、店のデザインチームを持ったりと、マーケティングマテリアルを製作したりなど、お店を作るのに必要な費用は確実に存在しますし、ビジネスとして利益も上げなけばいけないでしょう。

とは言え、トレーニングやデザインなどフランチャイジーが必要な部分は、パッケージとしてフランチャイズ費用に含められているか、別に請求されるような仕組みになっています。

ロイヤルティーや宣伝広告費というのは、それらの費用とは別に、毎月、売り上げから%計算されてフランチャイザーに支払い続けるものです。

さらに、フランチャイズ企業によっては、「マークアップ」で稼ぐところも多いのだそうです。

お店が常に必要な(食)材料やサプライを本社がまとめて仕入れるわけですが、フランチャイザーはその原価に「マークアップ」を乗せて、フランチャイジーに販売するので、直に仕入れるよりも値段設定が高めになります。

フランチャイジーは、ここから買わなければいけないので、彼らにとって利益が少なくなります。

フランチャイジーは、多くの場合、個人や少人数のパートナーによってビジネス投資として考えられますが、フランチャイザー側は規模はそこそこ大きいです。マクドナルドまでいけば大企業です。

マクドナルドをフランチャイズ化して広めた「レイ・クロック」。

彼が稼ぐことができるようになったのは、フランチャイジーを探して増やすことよりも、不動産を買い占めて、フランチャイジーに土地を貸すことを条件にリース料を取る仕組みに変えたことにありました。



これを知った時に思い出したのは、近年にあったカナダ「バンクーバー」「トロント」での不動産バブルでした。

できるだけ安く家を買って、すぐに転売して、利益を得る、要は土地転がしっていうやつです。

不景気の中、人々が必要なのは、仕事やビジネスなどの本当の意味での経済だと思いますが、結局のところ、お金をすでにたくさん持っている人(またはお金を借りることができる人)だけが、このような仕組みを利用して、それをコントロールすることで、これら一部の人たちだけが稼げるという社会が築き上げられている。

そこでもがきながら、私たち一般人は生きているというのが厳しい現実なのです。

そんなある意味「グレー」なロイヤルティー・ビジネスですが、今回のフランチャイズ・ショーで知ったあるピザのフランチャイザーは、なんと「ロイヤルティー0%」「宣伝広告費も0%」をうたっていました。

それがどうやって可能なのか聞いてみると、ピザ生地を作る機械に投資して、ピザ生地を作る時間・人件費を大幅に削減することに成功したからと言っていました。

そうしてピザ生地などほとんどの食材を現地調達できるようにして、その原価に「マークアップ」を乗せることもせず、カナダの西側で70店舗を展開しているとのこと。

このピザのフランチャイザーのオーナーは、「お金目的にビジネスをやっていない」「フランチャイジーが成功しなければ意味がない」と言っているようです。

これを聞いた時、エシカルにフランチャイズ・ビジネスは成り立つのだと分かりました。

同時に、いかに多くのフランチャイズ事業主たちが、貪欲になって、いかにフランチャイジーからお金を稼ごうとしているのか、を感じざるを得ません。

不景気な世の中であるからこそ、お金を持っている人たちは、お金のない人たちのかき集める資金(ローン)を使ってビジネスを拡大する、政治家・上級国民のようなやり方ではなく、仕事のために事業をする人たちが、ビジネスが始められやすいような金額設定ができないものかと思います。

実際、今回のショーに来ていた人から聞いて分かったのは、フランチャイズを買ってローンを組もうと銀行に行っても、12%しかローンが降りないそうです。

そうなると、フランチャイザーのビジネス拡大も起こらなければ、人々が事業をして生計を立てることもできない状態。

これがロイヤルティービジネスがエシカルかが問われるところではないでしょうか?

さらに、権利収入にまつわるウワサに下記のようなものもあります。

叶姉妹の姉の祖父が、ある携帯電話の会社が立ち上がったときに、第一次権利を購入して、今でもその携帯電話会社から毎月ロイヤリティが入っていて、その金額はコンスタントに100億円くらいあるとか。

働かずして100億円ほどの権利収入が入ってくるなんて、普通の会社で働いて、地道にお給料を得ている立場からしたら、夢のまた夢・・・

私がどうもしっくりこないのは、上級国民やその関係大企業のように、元々お金のある一部の人たちが、さらに楽してお金が入ってくる仕組みをあらゆる形で作っていることです。

そうして、いつの間にか私たちの生きる社会は、上級国民たちによって作られた利権社会になってしまったと言っても過言ではありません。

癌利権、原発利権、石油利権、在日利権、ダイヤモンド利権、保険利権、エイズ利権、派遣利権、LGBT利権…

マスコミと有名陰謀論者が「郵政民営化」を叩いたのは、我々国民の利益を守るためではなく、トヨタとロスチャイルドの利権を守るためでした。

何から何まで奇妙な原発利権。日本の原発は「天皇派」と「教皇派」の核軍拡競争のために建造されました。

「エボラ熱騒ぎはロスチャイルドのダイヤモンド利権のため」という記事を書いてから、やたらと当ブログへの攻撃が激しくなっています。

理研・笹井氏暗殺によるSTAP細胞つぶしの成功により、早くも新たな保険利権が誕生する模様です。

なぜSTAP細胞は握りつぶされたのか。ガン利権という巨大な闇。

派遣利権だけではない。JA全中全廃もクールジャパンも全ては創価=パソナ=竹中平蔵の利権だった。

石油利権がますます追い詰められる。トヨタが12月にも燃料電池車発売へ。

カジノ合法化は在日利権の温床。創価=コナミがカジノ運営に参画。

金融ユダヤ人は石油利権から原発利権へと舵を切りつつある。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」

こんな上級国民だけが楽して稼ぐ、利権だらけの社会に対抗して、彼らの悪事の数々を爽やかに暴いてくださったのが、上記リンクの記事を書かれたRaptさん。

私は、Raptブログでこの世の中の複雑に入り組んだカラクリを、スッキリ理解できるようになりました。

そして今、多くの人たちがRaptブログに出会って、Raptさんの御言葉を聞いて、この混沌とした世の中にも希望を見出して生きることができるようになっています。

そして共に戦っています。

上級国民の嘘はもう通用しません。

上級国民だけにお金が流れるような社会の仕組みは、確実に終わりが近づいています。

イルミナティの終焉まであとわずか。

 

ロイヤルティービジネスも同様、トップだけが儲かるようなシステムには、限界が来ています。

だからこそ、私たち一般人は、助け合ってビジネスをしていく方法をどんどん生みだしていく時だと感じます。

Raptブログで明らかになったことを持って色々と考えさせられた、フランチャイズ・ショーでした。

Rapt有料記事